• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

iPod/iPad/iPhoneの初期設定

ここでは初めて購入したiPod/iPad/iPhoneの初期設定の手順を紹介します。 いままで使っていたiPod/iPad/iPhoneの買い替えについては iPod/iPad/iPhoneの機種変更・データ移行のページをご覧ください。

SIMカードのセット&電話機の切り替え

iPhone
SIMフリー機、または携帯電話会社(キャリア)のオンラインストアでiPad/iPhoneを購入した人は、自分でSIMカードのセットを行う必要があります。 SIMカードのセット方法についてはSIMカードのセット方法のページでご紹介しています。 また、機種変更/買い増しの場合は、切り替え手続きが必要な場合があります。 キャリアからのメール通知などを参考に操作を行います。
なお、iPod touch/iPadのWi-FiモデルではSIMカードのセットは必要ありません。

電源をON

iPod/iPad/iPhoneの上部または右上にあるSleep/Wakeボタンを長押しすると本体の電源が入ります。 最初にアップルのロゴが表示され、しばらくすると起動画面が表示されます。 iPod/iPad/iPhoneのモデル、内蔵されたiOSのバージョンにより、その画面は異なります。
iOS5.0以降の場合
iPad iPhone この画面が現れた場合は、 iOS5.0以降/iPhone 4S,iPad 2以降のモデルです。iPod/iPad/iPhone単体で初期設定が可能です。 下のiPod/iPad/iPhoneの初期設定から作業を続けて下さい。
なお、この画面で右下の をタップすると、デバイスのMEID、IMEI、ICCIDを見ることができます。
iOS4.3以前、または内蔵iOSが破損している場合
iPhone iPhone この画面が現れた場合は、 iOS4.3以前/iPhone4,初代iPad以前のモデル、またはiPod/iPad/iPhoneの内蔵iOSが破損しています。 最初はiPod/iPad/iPhoneだけでは何の操作もできません。 パソコンに接続して初期化作業が必要です。 iPhoneをパソコン/iTunesに接続する方法から作業を続けて下さい。
初期設定済みの場合
iPad iPhone このような待ち受け画面が現れた場合は、 すでにショップにてiPod/iPad/iPhone本体の初期設定はすんでいます。 パソコンと接続することで、古いiPhoneからデータ移行を行ったり、音楽・ビデオをiPhoneに転送したりできます。 iPhoneをパソコン/iTunesに接続する方法から作業を続けて下さい。

iPod/iPad/iPhoneの初期設定

初期設定は画面に表示される指示に従うだけでOKです。 なお、機種やiOSのバージョン、あなたのiCloudの設定によって、表示されない画面もあります。
クイックスタート:他のデバイスからの設定移行
PC すでにiOS11以降を搭載したiPod/iPad/iPhoneを持っているときは、そのデバイスに設定されているApple ID/iCloud/Wi-Fiアクセスポイントの情報を、Bluetooth経由で新しいデバイスに移行することができます。 これについてはiPhoneの機種変更:クイックスタートの使い方をご覧ください。
iOS11以降を搭載したiPod/iPad/iPhoneを持っていない時は「手動で設定」をタップします。 以降は「手動で設定」を選択した場合の画面です。
言語と地域の設定
iPad iPhone アクティベーション前の初回起動時に限り、このように言語の設定の画面が現れます。「日本語」を選べばOKです。
なお、この設定は、後から 設定(設定)-(一般)-[日付と時刻]および[言語と地域]で変更可能です。
iPad iPhone つづいて地域の設定の画面が現れます。「日本」を選べばOKです。
(参考:「言語」と「地域」の画面は一度アクティベーションを行うと二度と表示されません。設定終了後に再度この画面を出したいときは、SIMカードを抜いて「復元」するか、「復元」直後のiPod/iPad/iPhone再起動中にパソコンから取り外します。)
キーボードの選択
iPad iPhone 使用する言語、キーボード、音声入力の言語の種類を選択します。 表示されている「優先する言語」「キーボード」「音声入力」の言語を確認してください。 まずは初期値のままで良いでしょう。 「続ける」をタップします。
もし変更したい場合は「設定をカスタマイズする」をタップします。 すると「優先する言語」「キーボード」「音声入力」それぞれについて言語が選択できます。
なお、この設定は、後から 設定(設定)-(一般)-[キーボード]-[キーボード]で変更可能です。
Wi-Fi(無線LAN)への接続
iPad iPhone つづいてWi-Fi(無線LAN)の設定画面が現れます。 自宅に無線LANルーター/アクセスポイントを設置しているなら、そこにiPod/iPad/iPhoneを接続しましょう。 一覧から自宅のSSID(アクセスポイント名)、または「別のネットワークを選択」を選びます。
あとで設定する場合
ここで無線LANを設定しない場合は 「モバイルデータ通信回線を使用(iPhone, iPad Wi-Fi+Cellularモデル)」 「MacまたはPCに接続(iPod touch, iPad Wi-Fiモデル)」をタップします。
iPad iPhone 無線LANのSSIDを選択すると、必要に応じてパスワードなどの入力画面が現れるので、入力すればOKです。 詳しくは無線LAN(Wi-Fi)の使い方のページをご覧下さい。
なお、この設定は、後から 設定(設定)-[Wi-Fi]で変更可能です。
無線LANを設定しない場合
iPhone 「MacまたはPCに接続」を選択した時は、以降はパソコンに接続して設定します。 この場合はiPhoneをパソコン/iTunesに接続する方法から作業を続けて下さい。
SIMフリーiPadの場合
iPad SIMを挿入していないSIMフリーiPadの場合「デバイスの準備ができました」という画面になります。 そのまま初期設定を進めるときは画面右上の「続ける」をタップします。 なお、SIMを挿入するのは、初期設定を始める前でも、初期設定がすべて完了してからでも構いません。
アクティベーションロックの解除
iPhone 中古で購入したiPod/iPad/iPhoneや、リカバリ・モードを使って復元(初期化)した場合は、 「iPhoneをアクティベートします」画面が表示されることがあります。 この場合、そのデバイスにはアクティベーションロックがかかっています。 初期設定時に使用したApple IDとそのパスワードを入力する必要があります。 これは盗難されたiPhoneが、盗難者によって使用されることを防ぐための処置です。
アクティベーションロックについては、アクティベーションロックとその解除のページをご参照ください。
データとプライバシーの注意
iPad iPhone 続いてデータとプライバシーの注意文が表示されます。 「続ける」をタップします。
Face ID:顔認証機能の設定(対象機種のみ)
iPad iPhone Face IDとは利用者の顔の立体情報を認識して本人確認を行う、顔認証機能です。 登録は簡単、画面の指示に従って顔を回すだけです。 一旦登録すると、あとはiPhoneの画面を見つめるだけでロックを解除したり、パスワード入力の代わりに使用できます。 1台のiPhoneに登録できる利用者は1人だけです。 詳しい設定方法についてはFace ID(顔認証)の使い方のページをご覧ください。
あとで設定する場合
Face IDを設定しないときは「“設定”で後で設定」を選びます。
なお、この設定は、後から 設定(設定)-[Face IDとパスコード] で設定・変更可能です。
Touch ID:指紋認証機能の設定(対象機種のみ)
iPad iPhone Touch IDとは、ホームボタンに内蔵された指紋センサーを使って、iPod/iPad/iPhoneのロックを解除したり、パスワード入力の代わりに使用するものです。 設定したいときは、認証に使う指をホームボタンに触れてください。 詳しい設定方法についてはTouch ID(指紋認証)の使い方のページをご覧ください。
あとで設定する場合
Toch IDを設定しないときは「Toch IDを後で設定」を選びます。
なお、この設定は、後から 設定(設定)-[Touch IDとパスコード] で設定・変更可能です。
パスコードの作成
iPad iPhone 他人が勝手に操作できないようにするための暗証番号を設定します。 6桁または4桁の数字、または英数字、句読点、特殊文字を組み合わせた文字列を使うことが出来ます。 詳しい設定方法についてはパスコードロックの使い方と解除方法のページをご覧ください。
あとで設定する場合
パスコードを設定しないときは、または6桁の数字以外のパスコードを使いたいときは「パスコードオプション」をタップします。
なお、この設定は、後から 設定(設定)-[Face ID/Touch IDとパスコード] で設定・変更可能です。

データの移行・過去のバックアップから復元

ここまで設定できたら、iPod/iPad/iPhoneの中身を、過去のバックアップから復元することができます。
iPad iPhone この画面では、新しいデバイスの中身を、他のデバイスや過去のバックアップから復元するか、全く新しいiPod/iPad/iPhoneとしてすべて手動で設定するかを選びます。
初めてiPod/iPad/iPhoneを購入した場合は 「Appとデータを転送しない」 を選びます。 それ以外の場合は・・・
機種変更の時
買い換え、買い増し、キャリアの移行など、以前にもiPod/iPad/iPhoneを所有していた場合は、そのデータを移行することができます。
以前にパソコン(iTunes)でバックアップを取っていたときは 「MacまたはPCから復元」を選びます。
以前にiCloudでバックアップを取っていたときは 「iCloudバックアップから復元」を選びます。
「MacまたはPCから復元」を選ぶと、この後パソコンに接続するよう促されます。 本体付属のUSBケーブルを使ってパソコンにiPod/iPad/iPhoneを接続します。 後はiPod/iPad/iPhoneの機種変更・データ移行のページを参照して作業を続けて下さい。
アンドロイド機からの乗り換え
アンドロイド機からの乗り換えの時は、ここで「Androidからデータを移行」を選びます。 するとアンドロイド機に“Move to iOS”というデータ移行アプリインストールするように促されます。 このアプリを利用して、電話帳、メールアカウントなどの情報が移行できます。 詳しくは下記をご覧ください。

その他の初期設定

iPod/iPad/iPhoneの中身を、過去のバックアップから復元しないときは、つづいてその他の設定を続けます。 なお、機種やiOSのバージョン、あなたのiCloudの設定によって、表示されない画面もあります。
Apple IDの設定
iPad iPhone この画面では、新しいデバイスにApple IDを設定し、iCloudにログインします。
すでにApple IDを持っているときは「Apple ID」欄をタップして、Apple IDとパスワードを入力し、右上の「次へ」をタップします。
をタップするたびに、 キーボードのタイプを切り替えることができます。お好みのキーボードを使ってください。
Apple IDを設定しないとき、または忘れたときは「パスワードをお忘れかApple IDをお持ちでない場合」をタップします。
Apple IDを設定しない場合
iPad iPhone 「パスワードをお忘れかApple IDをお持ちでない場合」をタップするとこのような画面になります。
「あとで“設定”でセットアップ」をタップするとApple IDを入力せずに次に進めます。
なお、この場合は後から 設定(設定)の App StoreとiTunes Store(App StoreとiTunes Store) および iCloud(iCloud) 画面でApple IDを設定することができます。
利用規約への同意
iPad iPhone つづいてiPod/iPad/iPhone搭載ソフトの「利用規約」の画面になるので、内容を確認して「同意する」をタップします。
エクスプレス設定の利用
iPad iPhone iOS11以降では初期化を省略する「エクスプレス設定」が利用できます。利用するときは「続ける」を選びます。 初期化を省略したくない場合は「設定をカスタマイズする」を選びます。
ただ、「エクスプレス設定」を選択したときに省略されるのは「位置情報サービス」と「iPhone解析」(どちらもONに設定される)のみです。
iOS自動アップデート機能の利用
iPad iPhone iOS12以降では、常に自動的に最新のiOSにアップデートを行う「iOS自動アップデート」が利用できます。利用するときは「続ける」を選びます。 自分で手動でアップデートしたいときは「手動でアップデートをインストール」を選びます。
なお、この設定は、後から 設定(設定)-(一般) -[ソフトウェア・アップデート]-[自動アップデート] で設定・変更可能です。
電話番号のメッセージ/FaceTimeでの使用
iPhone iPhoneの場合は、 (メッセージ) (FaceTime) で他の人からあなたを呼び出してもらうときに、あなたの電話番号を使って呼び出せるようにするか否かを設定します。 電話番号を使っても良い時は「続ける」をタップします。 電話番号を使わない場合は「今はしない」をタップします。
なお、この設定は、後から 設定(設定)-(メッセージ)-[送受信] および 設定(設定)-(FaceTime) で設定・変更可能です。
位置情報サービスの設定
iPad iPhone つづいて「位置情報サービス」を許可するか否かの選択画面になります。 現在のiPod/iPad/iPhoneの位置情報を、写真や各種アプリに提供することを許可するか否かの指定です。 通常は「位置情報サービスをオンにする」をタップすればよいでしょう。
なお、この設定は、後から 設定(設定)-プライバシー(プライバシー)-[位置情報サービス]で変更可能です。
Siriの設定
iPad iPhone Siri(シリ)とは、自然な言葉で語りかけてiPod/iPad/iPhoneを操作できる音声コントロール機能です。 ネット経由でアップル社のサーバーで言語の解析を行い、ただの操作だけでなく、いろいろな質問や問いかけにも答えてくれる、ちょっとした人工知能です。 詳しい設定方法については人工知能 Siriの使い方:iPhoneを音声で操作のページをご覧ください。
あとで設定する場合
Siriを使わない場合は「Siriを後で設定する」を選びます。
なお、この設定は、後から Settings(設定)- Siri(Siriと検索) で変更可能です。
スクリーンタイムの設定
iPad iPhone スクリーンタイムとは、iPad/iPhoneをどの程度の頻度で使用しているか、よく使用するアプリは何か、持ち上げた回数、各アプリからの通知の数、などの統計を取ってくれて、 スマートフォンの使い過ぎを減らすのに役立つ情報を提供してくれる機能です(iOS12以降)。 詳しい設定方法についてはスクリーンタイムの使い方:子供のスマホアプリ使用に制限をかける/ペアレンタルコントロールのページをご覧ください。
あとで設定する場合
スクリーンタイムを使わない場合は「“設定”であとで設定」を選びます。
なお、この設定は、後から 設定(設定)-スクリーンタイム(スクリーンタイム) で変更可能です。
iPhone解析
iPad iPhone つづいてこのような画面になります。 これはiPod/iPad/iPhoneの不具合発生時に、その情報などをアップル社に送付して、今後の製品改善に役立ててもらうためのものです。 お好みで設定して下さい。
この画面は「エクスプレス設定」使用時には表示されません。
なお、この設定は、後から 設定(設定)- プライバシー(プライバシー)- [解析および改善(iOS11以降)] または [診断/使用状況(iOS10以前)] の [iPhoneとWatch解析を共有]で変更可能です。
App解析
iPad iPhone つづいてこのような画面になります(iOS8以降)。 これはインストールしたアプリの不具合発生時に、その情報などをアプリの開発者に送付して、今後のアプリ改善に役立ててもらうためのものです。 お好みで設定して下さい。
この画面は「エクスプレス設定」使用時にしか表示されません。
なお、この設定は、後から 設定(設定)- プライバシー(プライバシー)- [解析および改善(iOS11以降)] または [診断/使用状況(iOS10以前)] の [Appデベロッパと共有]で変更可能です。

モデル別の設定

ここからは、モデル別の各機能の設定が続きます。 使用しているモデルやiOSのバージョンによっては、表示されない場合があります。
ホームボタンの設定(対応機種のみ)
iPhone つづいてこのような画面になります。 ホームボタンがタッチパネルに変わったiPhone 7/7 Plus以降では、ホームボタンをタッチしたときのフィードバック(振動の強さ)を選択することができます。 「開始」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 フィードバック(振動の強さ)を1(弱)、2(標準)、3(強)から選んだうえでホームボタンをタッチしてみましょう。 選んだら画面右上の「次へ」をタップすると決定です。
なお、この設定は、後から 設定(設定)-(一般)-[ホームボタン]で変更可能です。
拡大表示(対応機種のみ)
iPhone つづいてこのような画面になります。 画面が大きくなったiPhone 6/6 Plus以降では、画面に合わせてアイコンなどを拡大表示することができます。 「表示サイズを選択」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 「標準」「拡大」の好きなほうを選択し、画面右上の「次へ」をタップします。 ただし「拡大」を選ぶと、本体を横に持った時の横長(ランドスケープ)画面に切り替わらなくなります。
なお、この設定は、後から 設定(設定)-[画面表示と明るさ]-[表示]で変更可能です。
True Tone設定(対応機種のみ)
iPad iPhone つづいてこのような画面になります。 True Toneとは周囲の照明の色に合わせて、画面の色調(寒色/暖色)を調整してくれる機能です。 通常は「続ける」をタップすればよいでしょう。 デザインなどの仕事に使う場合、勝手に色調が調整されたら困る場合は「True Toneなしを試す」を選びます。
なお、この設定は、後から 設定(設定)-[画面表示と明るさ]-[True Tone]で変更可能です。
外観モード(ダーク/ライトモード)設定(iOS13以降)
iPad iPhone つづいてこのような画面になります。 背景色が白ベースの「ライトモード」と、背景色が黒ベースの「ダークモード」から選べます。 この切り替えは時間、あるいは日の出と日の入りを指定して、自動的に行うことも可能です。 まずはお好みのモードを選んで「続ける」をタップします。
なお、この設定は、後から 設定(設定)-[画面表示と明るさ]-[外観モード]で変更可能です。

ホームボタン無しモデルの使い方の紹介

ここからは、Face ID(顔認証)搭載モデル、およびiOS12以降にアップデートしたiPadシリーズで使える、 ホームボタンを使わずに操作する方法の説明画面が続きます(対応機種のみ)。
なお、当サイトでも ホームボタン無しモデルの使い方:iPhone 11/XS/XR/XシリーズとiPad(iOS12以降)の操作方法 のページでGIFアニメーション動画を使ってiPhone Xシリーズ、およびiOS12以降にアップデートしたiPadシリーズの操作方法を解説しています。ご参照ください。
iPad iPhone 最初はホーム画面に戻る方法です。 画面の一番下端から、上に向かってスワイプするとホーム画面に戻れます。
iPad iPadの場合は、ここでiPadのみに有効な機能、Dockの呼び出し方法の説明が表示されます。 画面の一番下端に指を置き、Dockが表示されたらゆっくり上に向かって指をドラッグします。
iPad iPhone つづいて最近使用したアプリへの切り替え(Appスイッチャーの呼び出し)です。 画面の一番下端から、上に向かってスワイプし、途中で一時停止(そのまま長押し)するとAppスイッチャー画面になります。 そこで左右にスワイプすればOKです。
iPad iPhone 最後はコントロールセンターの呼び出し方です。 画面右上から下に向かってスワイプすると、コントロールセンターが表示されます。

初期設定の完了

iPad iPhone ここまで来ればiPod/iPad/iPhoneの初期設定は完了です。画面を下端から上に向かってスワイプ、または「さあ、はじめよう!」をタップしてすぐに使い始めることができます。 下記の各ページを参照して、iPod/iPad/iPhoneを使いこなしていって下さい。 なお、iTunesをインストールしたパソコンと接続すれば、パソコンに格納された音楽、ビデオなどを転送して楽しむことができます。 パソコンをお持ちの方は、是非つづいてiPhoneをパソコン/iTunesに接続する方法の説明に従って、パソコンで設定を続けて下さい。
最後に、セキュリティの観点から、iPhoneの名前を変更しておきましょう。

クイックスタートの使い方

クイックスタートとは、デバイスの初期設定時に、既存のiPod/iPad/iPhoneから新しいデバイスに無線でデータをコピーする方法です(iOS11以降)。 Apple ID/iCloud/Wi-Fiアクセスポイントなどの情報を、Bluetooth経由でコピーします。 ケーブルなどを接続する必要なく、ただ、古いデバイスと新しいデバイスをそばに置くだけでコピーできます。

iPod/iPad/iPhoneの名前を変える

iPhoneはその初期設定時に自動的に「[あなたの名前]のiPhone」という名前が付けられます。 しかしこのままだと、 AirDrop機能 を使うと、近くの人にこの名前が見えてしまうことがあります。 セキュリティの観点から、個人名などを含まないようにiPhoneの名前を変更しましょう。
設定(設定)-(一般)-[情報]-[名前]で変更可能です。

パソコンへのデバイスの接続

iPhone
パソコン/iTunesと接続すると、パソコンに格納された音楽、ビデオなどを転送して楽しむことができます。 また、事前にパソコンと接続しておくと、パスコードを忘れたときや不具合が発生したとき、そのパソコンで復元することもできます。 もしパソコンをお持ちなら、iTunesをインストールして、パソコンとiPhone/iPod touchを接続しましょう。 詳しくはiPhoneをパソコン/iTunesに接続する方法をご覧下さい。

その他の設定


緊急地震速報への対応
iPhone 緊急地震速報の通知を受け取るか否かも設定できます。 Settings(設定)-(通知)画面を一番下までスクロールさせると、緊急地震速報の設定が現れます。 お好みでセットして下さい(iOS5&iPhone 4S,4以降)。
なお、iPad/iPod touchでは緊急地震速報への対応はありません。

子供、家族向けの初期設定

iPhone
お子様や家族にiPod/iPad/iPhoneを買い与えた場合、有害サイトのフィルタリングを行ったり、機能制限を掛けたい場合があります。 また、iPod/iPad/iPhoneを所有するお子様や家族の現在位置を確認したり、やりとりしているEメールの内容を閲覧したい場合もあります。 またお年寄り向けに文字や表示を大きくしたい場合もあります。
iPhoneシリーズは、子供、家族向けにペアレンタルコントロールを設定したり、音楽・アプリを家族で共有する機能も充実しています。
これらの設定方法は子供、家族向けのiPhone設定方法:AppleID、有害サイトフィルタ、アプリ使用制限のページをご覧下さい。

iPod/iPad/iPhoneのバックアップを取る

iPod/iPad/iPhoneの設定が完了したら、今後iTunes(パソコン)とタッチパネルモデルのiPod/iPad/iPhoneを接続(同期)すると、毎回最初にiPod/iPad/iPhoneの中身がパソコンにバックアップされます。 もしiPod/iPad/iPhoneの中身を消去したり破損、紛失するようなことがあっても、バックアップから復元したり、新しく購入したiPod/iPad/iPhoneにバックアップの内容をコピーすることが出来ます。 時々はiPod/iPad/iPhoneをパソコンと同期しましょう。
そしてパソコンの中にあるiTunesのデータも定期的にバックアップすれば完璧ですね。

時々は電源のOFF-ONを

通常、iPod/iPad/iPhoneを使用しないときは、本体右上のスリープボタンをおしてスリープさせておけばOKです。 しかし、ずっとスリープのON-OFFだけで使用していると、徐々にiPod/iPad/iPhoneの動作性能が低下したり、バッテリの消費が早くなったり、動作が不安定になったりすることがあります。
こんな時は電源のOFF-ONをすると直ります。手順については下記のページをご覧下さい。