• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Remoteアプリの使い方

Remoteアプリとは、iPod/iPad/iPhoneから、Wi-Fi(無線LAN)経由でパソコンのiTunesをリモコン操作できる、アップル純正の無料アプリです。
(iOS14以降、RemoteアプリでのAppleTVのサポートは終了しました。 AppleTVは Apple TV Remote でコントロールできます。 )

Remoteアプリのインストール

まずはApp Storeで、無料の「Remote」アプリをインストールしましょう。
  • Remote

    iPhone

    Apple エンターテインメント 無料

    Remoteがあれば、コンピュータやApple TVでの音楽再生をiPod touchとiPhoneでコントロールできます。 再生、一時停止、早送り、シャッフルも思いのまま。iPod touchやiPhoneの曲、プレイリスト、アルバムアートも、目の前のコンピュータと同じ感覚で楽しめます。 無料で入手できるRemoteは、Wi-Fiネットワークを利用するため、家中どこからでも音楽をコントロールできます。

自分のパソコンのiTunesをコントロールする

Remoteアプリの起動
iPad iPhone パソコンでiTunesを起動します。 そしてiPod/iPad/iPhoneを、そのパソコンと同じ家庭内LANにWi-Fi接続します。 RemoteをタップしてRemoteアプリを起動します。 このような画面になるので「手動で接続」をタップします。
上の画面で 「ホームシェアリング」で接続することもできます。 すでにiTunesで「ホームシェアリング」を設定済みの場合は、 「すべてのiTunesをコントロールする」 から続けてください。
iPad iPhone このような画面に切り替わります。 4桁のパスコードが表示されています。 ここで、パソコンのiTunesの画面を見てください。
PC 画面の左上に、Remoteアプリのアイコンが表示されています。 これをクリックしてください。
PC するとパスコードの入力画面になります。iPod/iPad/iPhoneの画面に表示されている4桁のパスコードをiTunesに入力します。
うまくつながらないとき
iPad iPhone もしうまくつながらないときには、無線LAN“のみ”に接続してみてください。 BluetoothやGPSなど、その他の無線通信は一旦すべて遮断します。
これにはまず設定-[機内モード]メニューを タッチパネル:ON(オン)にし、一旦すべての無線通信を遮断した上で、 設定-[Wi-Fi]-[Wi-Fi]メニューを タッチパネル:ON(オン)にし、無線LANのみに接続します。
一旦ホームシェアリングに参加してしまえば、 設定-[機内モード]メニューを タッチパネル:OFF(オフ)にして、すべての無線通信を有効にしてもかまいません。 後で接続が切れてしまったときは、[機内モード]の「オン」からやり直してみて下さい。
もしホームシェアリングに参加できないときは、下記のページを参考にしてみて下さい。
注意:SIMカードの入っていないiPhoneではホームシェアリングに参加できない場合があります。
PC パソコンのiTunesとiPod/iPad/iPhoneの接続に成功すると、このような画面になります。
iPad iPhone iPod/iPad/iPhoneの画面が切り替わり、パソコンのiTunesライブラリが表示されます。 普通にiPod/iPad/iPhoneで音楽を再生するのと同じ操作で、iTunesの操作ができます。
画面の下にある からプレイリスト、アーティスト、その他いろいろな条件で曲を選び演奏を指定できます。
iPad iPhone 「その他」をタップするとさらに多くの操作を行うことができます。
ここで左上の「ライブラリ」をタップすると、ライブラリ一覧の画面に切り替えることができます。
iPad iPhone これがライブラリ一覧の画面です。 「手動で接続」したライブラリの一覧が表示されます。
iPad iPhone ライブラリ一覧の右上にある「設定」をタップするとこのような画面になります。 ホームシェアリングのON/OFFを切り替えたり、「iTunesライブラリを追加」で、さらに他のパソコンのiTunesライブラリと接続したりできます。

RemoteアプリとiTunesの切り離し

iPad iPhone 接続しているiTunesライブラリ一覧の画面で、左上にある「編集」ボタンをタップすると、このような画面になります。 ここで切り離したいライブラリのバッテンマークをタップすれば、接続を切り離すことができます。
PC また、iTunes側からも接続を切断することができます。
iTunesの[編集]-[環境設定]-[デバイス]画面で、「すべてのRemoteを解除」ボタンをクリックすればOKです。

すべてのiTunesをコントロールする

「ホームシェアリング」機能を使うと、自宅のネットワークにつながっているすべてのパソコンのiTunesをコントロールすることができます。 なお、事前にiTunesでもホームシェアリングを設定しておいてください。
iPad iPhone RemoteをタップしてRemoteアプリを起動します。 このような画面になるので「ホームシェアリングを使用する」をタップします。
iPad iPhone するとホームシェアリングで使用するAppleIDと、そのパスワードの入力画面になります。 ライブラリを共有したいすべてのiTunesで同じAppleIDを入力する必要があります。 AppleIDについては Apple IDの作り方・使い方をご覧ください。
iPad iPhone するとこのような画面になります。「OK」をタップします。
iPad iPhone ホームシェアリングの参加に成功すると、このような画面になります。 ここには、ホームシェアリングに参加しているすべてのパソコンのライブラリの一覧が表示されます。 iTunesの音楽やビデオをiPhoneで楽しんだりできます。
ここで任意のライブラリを選ぶと、その情報が画面に表示され、iTunesの操作ができます。

Apple WatchでiTunes/Apple TVをコントロールする

RemoteアプリをiPhoneにインストールすると、それとペアリングされたApple WatchでもRemoteアプリが使えるようになります。 詳しくはApple WatchでiTunes/AppleTVをリモートコントロールするのページをご覧ください。

RemoteアプリからiTunesに接続できない!?

RemoteアプリからiTunesに接続できない場合、またはiPod/iPad/iPhoneがホームシェアリングに参加できない理由はいくつか考えられます。 そんな時は下記のページをご覧ください。

iPod/iPad/iPhoneでApple TVをコントロールする

Apple TV RemoteアプリをiPhoneにインストールすると、iPod/iPad/iPhoneがApple TVのリモコンになります。 詳しくはiPhoneをApple TVのリモコンとして使う:Apple TV Remoteアプリの使い方のページをご覧ください。