iPod/iPad/iPhone関連ニュース

最新のページを表示するには、ブラウザの最新の情報に更新(最新の情報に更新)ボタンを押してください。
アップル、iTunes12.9.2.6を公開。

2018/12/08

アップルは、 iTunes12.9.2.6を公開しました。 今回の修正点は、リリースノートによると、「 この更新プログラムでは、iTunesで他社製のAirPlayスピーカーからメディアを再生できないことがある問題が解決されます。また、アプリケーションやパフォーマンスも若干改善されます。 」とのことです。
また、同時にiCloud for Windowsもバージョン7.9.0に改善されました。 今回の修正点は、リリースノートによると、「 この更新は、iCloud for Windows のセキュリティを改善するもので、すべてのユーザーに推奨されます。 」とのことです。 iTunesダウンロード(アップル) iTunesの紹介(アップル) iTunesのバージョンアップ/アップデート手順 iTunesのインストール手順 Windows用iCloudの使い方
アップル、watchOS 5.1.2リリース。米国では心拍計(ECG)機能が有効に。

2018/12/07

アップルは、watchOS 5.1.2をリリースしました。 ウワサ通り米国では、Series 4 において心拍計(ECG)機能が有効になります。 そしてInfograph文字盤で使える、メール、メッセージ、ホーム、マップなどの純正アプリを起動するコンプリケーション、 コントロールセンターでのトランシーバ機能のON/OFFも搭載されます。
また、バックグラウンドで脈拍をモニターし、心房細動(atrial fibrillation : AFib)の可能性も通知してくれます。 初代モデルを除く、Series 1 以降のすべてのAppleWatchで、この不整脈の通知機能が有効となります。 これは不規則なリズムが5回のリズムチェックで最低65分以上検出された場合に通知します。
心拍計(ECG)機能を使うには、最初にiPhoneの (ヘルス)アプリでセットアップが必要です。 ただし22歳未満のユーザーではこの機能を有効にすることはできません。
セットアップが終わればAppleWatchでECGアプリを起動し、デジタルクラウンに指をあてるだけで自動的に計測が始まります。 カウントダウンが始まり、約30秒たつと結果が表示されます。 そして(ヘルス)アプリの[ヘルスケアデータ]-[心臓]のページに記録され、ここからPDFファイルにして、かかりつけの医師と共有することもできます。
なお、今回心拍計と不整脈の通知機能が有効になるのは、米国、プエルトリコ、グァム、USバージン諸島で、 iOS 12.1.1 にアップデートした iPhone 5s 以降とペアリングされた AppleWatch Series 4 のみです。 日本では、(News)アプリのように、iPhoneの[地域]を対象の国に変更しても、有効にはできないようです。 ECG app and irregular heart rhythm notification available today on Apple Watch(アップル) Apple releases watchOS 5.1.2 with ECG feature, restricted to U.S.-purchased devices only(ilounge) Apple Releases watchOS 5.1.2 With ECG, New Infograph Complications and Walkie-Talkie Control Center Toggle(macrumors) Apple rolls out watchOS 5.1.2 update, complete with ECG function(appleinsider) Changing Your Apple Watch or iPhone's Region Won't Enable ECG App Outside of United States(macrumors) Hands on: How to use the ECG app on Apple Watch(appleinsider) Hands-On With the ECG Feature for Apple Watch Series 4(macrumors) Apple Watchのバージョンアップ/アップデート手順 Apple Watchの使い方
アップル、iOS 12.1.1、tvOS 12.1.1リリース。

2018/12/06

アップルは、iOS 12.1.1、tvOS 12.1.1をリリースしました。 今回の修正点は、iOS12.1で行われた「FaceTime」機能と「デュアルSIM」対応の改善、絵文字の追加などです。
今回の修正点は、リリースノートによると「 iOS 12.1.1では、iPhoneおよびiPad用の機能が追加され、バグも修正されました。以下の機能および改善が含まれます: ・ iPhone XRで触覚タッチを使って通知のプレビューを表示可能 ・ iPhone XR、iPhone XS、およびiPhone XS MaxでeSIMを使ったデュアルSIMに対応した通信事業者をさらに追加 ・ FaceTime通話中に1回のタップで背面側カメラと前面側カメラを切り替えることが可能 ・ 1対1のFaceTime通話中にLive Photosを撮影可能 ・ iPadおよびiPod touchでWi-Fi通話時にリアルタイムテキスト(RTT)を使用可能 ・ 音声入力とVoiceOverの安定性を改善
以下のバグ修正が含まれます: ・ Face IDが一時的に利用できなくなることがある問題を修正 ・ ユーザによってVisual Voicemailをダウンロードできないことがある問題に対処 ・ “メッセージ”で、中国語または日本語のキーボードから入力したときに予測変換の候補が表示されないことがある問題を修正 ・ “ボイスメモ”の録音がiCloudにアップロードされないことがある問題に対処 ・ 時間帯が自動的に更新されないことがある問題を修正
このリリースには、HomePodの以下の追加機能およびバグ修正も含まれます: ・ 中国本土および香港でのサポート ・ グループFaceTime通話中にHomePodのLEDが点灯
このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください: <https://support.apple.com/ja-jp/HT201222>
」とのことです。 iOS12/watchOS5/tvOS12の新機能と使い方 iOSのバージョンアップ/アップデート手順 Apple Releases iOS 12.1.1 With Expanded eSIM Support, Redesigned FaceTime With Live Photos, Haptic Touch for Notifications on iPhone XR, and More(macrumors) Apple releases macOS Mojave 10.14.2, tvOS 12.1.1, plus iOS 12.1.1 with FaceTime changes, eSIM expansion(appleinsider) iOS 12.1.1提供開始。FaceTime通話中にLive Photos撮影(AVWatch) 「iOS 12.1.1」提供開始、iPhone XRで通知プレビュー追加やFace IDの不具合修正(ケータイWatch)
バッテリ交換値下げ終了迫る。ほとんど予約が取れない状況に。

2018/11/28

2017年12月30日に発表された、バッテリ交換価格値下げサービスの年末終了を受け、 予約サイト からの予約がほとんど取れない状況になっています。
iPhone 6sユーザーがiOSアップデート時の性能低下を投稿したことをきっかけに、 アップルに対して複数の集団訴訟が起こされていた件に絡み、 アップルは公式の謝罪文書の日本語ページを公開し、 そのなかで「Appleは、バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降をお持ちの方全員に対して、保証対象外のiPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から5,600円減額し、3,200円とします。この対応は2018年12月まで全世界で継続します。」 と発表していました。
「予約ぜんぜん取れない」 iPhone電池交換プログラム終了間近で“予約難民”続出(ITMedia) iPhone のバッテリー交換が必要ですか?(アップル) iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと(アップル) iPhone のバッテリーとパフォーマンス(アップル) バッテリーのサービスとリサイクル(アップル) iPhone の修理サービス料金(アップル)
iFixit、11インチiPad Pro の分解記事を発表

2018/11/12

iPod/iPad/iPhone等の補修用パーツを販売するオーストラリアのショップ:iFixitは、11/7に発売となった 11インチiPad Pro と Apple Pencil の分解記事を発表しました。
この記事によると、 ロジックボードには、 XS/XS Max同様 Apple APL1083 A12X Bionic SoCの上に重なるようにMicronの SDRAMが搭載され、 東芝の フラッシュメモリ、Appleの Wi-Fi / Bluetooth モジュールなどが搭載されている様子が見られます。 バッテリは 10インチiPad Pro(30.8 Wh) よりやや小容量化された、29.45 Wh : 7812 mAh のものががっしりと糊付けされており、 FaceIDのカメラユニットはiPhoneXとほぼ同じものを搭載、リアカメラもより薄いものに変わり(それでもレンズは本体からかなり飛び出しています)、 アルミの筐体と一体化されたスピーカーハウジングに組み込まれた4つのウーファーと4つのツイーター、 アクセサリとの位置合わせのためにあちこちに配置された大量の磁石などを見ることができます。
また、Apple Pencilには触れられた位置を検出できるセンサーが巻きつけられており、ただタップを検知するだけでなく、将来より複雑なゼスチャに対応できる可能性があります。 iPad Pro 11" Teardown(iFixit) Teardown of new iPad Pro shows familiar Face ID tech and lots of glue(appleinsider) iFixit Shares Full Teardown of 11-Inch iPad Pro and New Apple Pencil(macrumors) iFixit tears down 11-inch iPad Pro(ilounge)
アップル、iPhone X ディスプレイモジュール交換プログラム開始

2018/11/11

アップルは、「iPhone X ディスプレイモジュールのコンポーネントに故障可能性があり、それによって一部の iPhone X のディスプレイにタッチに関する問題が起きる場合がある」として、無償交換プログラムを開始しました。 対象のiPhone Xでは、ディスプレイ (またはディスプレイの一部) がタッチにまったく反応しないか、反応したり反応しなかったりする、タッチしていないのにディスプレイが反応する、等の症状が発生するとのことです。 今回は、特に対象となるシリアル番号や販売時期などは明示されていません。 対象と思われる問題に遭遇したときは、 アップルのサイトにある修理手続きに沿って手続きを行います。 アップルは、9月にも iPhone 8 ロジックボード交換プログラム を発表したばかりでした。 タッチの問題に対する iPhone X ディスプレイモジュール交換プログラム(アップル) iPhone 8 ロジックボード交換プログラム(アップル) iPhone X(テン)の説明と仕様
第二世代 Apple Pencilの最初のセットアップ後に反応がなくなる件。

2018/11/09

macrumorsの記事によると、 アップルから販売店向けに、第二世代 Apple Pencilの最初のセットアップ後に反応がなくなる件についての説明メモが配布されているようです。
第二世代 Apple PencilをiPad Proとペアリングすると、iPad ProはインターネットからApple Pencilの最新ファームウェアをダウンロードし、 Bluetooth経由で約10分間かけてApple Pencilに転送します。この間はApple Pencilは普通に使用できます。 そしてApple Pencilの使用をやめて(アイドル状態に入って)から約60秒後にファームウェアの更新が始まり、この間、約2分間はApple Pencilが反応しなくなるとのことです。 Three Things to Know About the New Apple Pencil(macrumors) iPad Pro 3G(2018)の説明と仕様
GigSky、iPhoneのeSIMに対応。iPhne XS/XRなどでデーター通信利用可能。

2018/11/08

以前よりiPadのApple SIM向けに世界中でデータ通信プランを提供しているGigSkyは、iPhone XS/XS Max/XRのeSIMに対応しました。 GigSky World Mobile Dataアプリをインストールすると、いつでもデータプランを申し込むことができるようになります。 例えば北米では最小1日300MBでUSD10、1GB(15日有効)でもUSD20で使えます。 おそらくiPad Pro 3G(2018)のeSIMにも対応しているものと思われます。 GigSky Data Plans for Dual SIM iPhone(GigSky) GigSky オフィシャルサイト(GigSky) GigSky World Mobile Dataアプリをダウンロードする(App Store) GigSky Announces eSIM Support for iPhone XS, XS Max, and XR(macrumors) Apple SIMの使い方
アップル、watchOS 5.1.1リリース。動作しなくなる問題解消か。

2018/11/06

アップルは、watchOS 5.1.1をリリースしました。 先週の5.1リリース時に発生したApple Watch Series 4 が動作しなくなる(アップデート時に1時間以上アップルロゴ表示となったままとなる)問題が改修されたものと思われます。 ただ、5.1を適用して動作しなくなったApple Watchは、今回のアップデートでも治らず、アップルに交換を依頼する必要があるようです。
今回のリリースには、新しい絵文字、新しい単色の文字盤、転倒検知の改善、トランシーバーとアクティビティの成果の一部が表示されない不具合の修正が含まれます。 Apple ships watchOS 5.1.1 update without Apple Watch bricking bug(appleinsider) Apple Releases watchOS 5.1.1 to Solve watchOS 5.1 Bricking Issue(macrumors) Apple Watchのバージョンアップ/アップデート手順
アップル、iTunes12.9.1.4を公開。

2018/10/31

アップルは、 iTunes12.9.1.4を公開しました。 主に本日発表された新型iPad pro対応などに関する改善と思われます。 今回の修正点は、リリースノートによると、「 この更新では、アプリケーションやパフォーマンスが若干改善されます。 」とのことです。
また、同時にiCloud for Windowsもバージョン7.8に改善されました。 今回の修正点は、リリースノートによると、「 この更新は、iCloud for Windows のセキュリティを改善するもので、すべてのユーザーに推奨されます。 」とのことです。 iTunesダウンロード(アップル) iTunesの紹介(アップル) iTunesのバージョンアップ/アップデート手順 iTunesのインストール手順 Windows用iCloudの使い方
Apple Watch 4、watchOS 5.1の適用で動作しなくなる問題が発生。

2018/10/31

ニュースサイト9to5macの報告 によると、いくらかのユーザーから、watchOS 5.1にアップデートした Apple Watch Series 4 が動作しなくなる(文鎮化/bricked)との報告が Reddit, Twitterに寄せられているとのことです。 これを受けてアップルは watchOS 5.1 の公開を停止したもようです。 もしすでにiPhoneにアップデートモジュールがダウンロードされていた時は、その適用は待ったほうがよさそうです。 Some Apple Watch users experiencing bricked devices after updating to watchOS 5.1(9to5mac) 「watchOS 5.1」アップデート適用後に「Apple Watch」が文鎮化--複数のユーザーが報告(CNETJapan) Apple Watchのバージョンアップ/アップデート手順
アップル、新しいiPad Pro、Apple Pencil 、USB-Cアクセサリ、MacBook Air、Mac Miniを発表。

2018/10/31

アップルは、10月30日火曜日にニューヨークの Brooklyn Academy of Music(BAM), Howard Gilman オペラハウスで、現地時間10:00EDTより開催されたメディアイベント「There's more in the making」にて、 新しいiPad Pro、Apple Pencil 、USB-Cアクセサリ、13インチMacBook Air、Mac Miniを発表しました。 同時にiOS 12.1、watchOS 5.1、tvOS 12.1をリリースしました。
iPad Pro
カラーはシルバーとスペースグレイの2種類。 サイズは11インチモデルと12.9インチモデルの2種類。 ストレージは64GB、256GB、512GB、1TBの4モデルを準備。 11インチモデルは従来の10.5インチモデルと同じ大きさ。 12.9インチモデルは従来からより小さい本体サイズ、 いずれも従来モデルより薄く軽くなっています。 iPhone XRと同じLiquid Retina液晶ディスプレイを搭載。 そしてホームボタンは無くなり、顔認証FaceID、 従来より90%速い8コアの最新CPU「A12X Bionic」、 USB-Cコネクタを搭載し、4K/5Kディスプレイに接続したり、ここからiPhoneを充電することも可能です。 価格は前モデルから約2万円高くなっており 11インチモデルが89,800円~172,800円(Wi-Fi)/106,800円~189,800円(Cellular)。 12.9インチモデルが111,800円~194,800円(Wi-Fi)/128,800円~211,800円(Cellular)。 本日より予約開始。11月7日発売です。
同時にApple PencilとSmart Keyboard Folioも発表。 Apple Pencilは無線充電に対応、マグネットで充電器に接続し、常に満充電の状態を保ちます。 iPad Proの解説(アップル) Apple Pencilの解説(アップル) Smart Keyboard Folioの解説(アップル) iPad Pro 3G(2018)の説明と仕様
MacBook Air
待望のRetinaディスプレイとThunderbolt 3を搭載。 カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3種類。 指紋認証Touch IDを搭載しますが、Touch Barは非搭載です。 価格は134,800円(128GB)、156,800円(256GB)で メモリやストレージ容量は変更可能です。 本日より予約開始。11月7日発売です。 MacBook Airの解説(アップル)
Mac mini
4年ぶりとなる新モデルは従来の5倍も高速。Thunderbolt 3を搭載。 本体はスペースグレイ仕上げ。 価格は89,800円(128GB)、122,800(256GB)で メモリやストレージ容量は変更可能です。 本日より予約開始。11月7日発売です。 Mac miniの解説(アップル)
iPad Pro関連ニュース
待望のMacとiPad Proリニューアル。「クリエイティビティ」に立ち返るApple(AVWatch) クリエイター、そしてSurfaceも意識した、アップルのiPad Pro発表(週刊アスキー) すべてが変わったiPad Proと、ついにリニューアルしたMacBook Air&Mac mini実機をチェック(AVWatch) Apple、「A12X Bionic」搭載でノートPCより速い「iPad Pro」(PCWatch) 新iPad Proは12.9型と11型で最大1TB。USB-CでiPhone充電&ディスプレイ出力(AVWatch) ホームボタンの代わりにFace IDを搭載する新iPad Pro発表会詳報(ケータイWatch) Appleが狭額縁でスリムになった「iPad Pro」発表、外部端子はUSB Type-Cに(ケータイWatch) 新iPad Pro登場--Face ID搭載でフルスクリーン化、Apple Pencilもリニューアル(CNETJapan) 第2世代「Apple Pencil」はワイヤレス充電対応、側面タップでツール切り替え(CNETJapan) Apple、新型「iPad Pro」発表 USB-CとFace IDを採用、ホームボタンは廃止(ITMedia) Apple's new 11- & 12.9-inch iPad Pros sport a massive redesign and gain Face ID, USB-C(appleinsider) New Apple Pencil for iPad Pro arrives with touch controls & wireless charging(appleinsider) Apple intros new USB-C accessories to support 2018 iPad Pros(appleinsider) Apple's Smart Keyboard Folio offers full-size keyboard for 2018 iPad Pro(appleinsider) Apple highlights iPad Pro's USB-C connectivity to an external 4K or 5K display(appleinsider) Apple Reveals New 11-Inch and 12.9-Inch iPad Pro Models With Slim Bezels and Face ID(macrumors) 2018 iPad Pro Hands-On Impressions: 'Might Be the Truest Embodiment of a Tablet Yet'(macrumors)
MacBook Air関連ニュース
Apple、待望のRetina化を実現した新しい13.3型MacBook Air(PCWatch) 新型MacBook Air登場--Retinaディスプレイ搭載、税別13万4800円から(CNETJapan) Apple、新型「MacBook Air」を発表 13.3インチRetinaディスプレイ搭載(ITMedia) Apple unveils an all new 13-inch MacBook Air with Retina display, Thunderbolt 3 and more(appleinsider) Apple Announces New MacBook Air With 13-Inch Retina Display and Touch ID(macrumors)
Mac mini関連ニュース
Apple、4年ぶりの刷新で従来より5倍速くなった新「Mac mini」(PCWatch) 新型「Mac mini」が約9万円で登場--6コアCPU、64Gバイトメモリ搭載可能(CNETJapan) Appleが「Mac mini」新製品を発表 最大6コア、メモリは最大64GBに(ITMedia) Apple's new Mac mini finally arrives with 5X performance, Thunderbolt 3, more(appleinsider) Apple Announces New Space Gray Mac mini With 4-Core or 6-Core Intel Processor and Up to 64GB RAM, Starting at $799(macrumors)
アップル、iOS 12.1、watchOS 5.1、tvOS 12.1リリース。

2018/10/30

アップルは、iOS 12.1、watchOS 5.1、tvOS 12.1をリリースしました。 今回の修正点は、延期されていたiOS12の目玉機能「グループFaceTime」機能と「デュアルSIM」対応の搭載、 そして、その他のFaceTime機能強化、70種類以上の新しい絵文字、カメラの深度コントロールなどの追加です。 アップルは、これらの新機能を詳しく紹介する専用のiOS 12.1紹介ページを公開しています。 なお、「デュアルSIM」対応とカメラの深度コントロールが使用できるのは、iPhone XS / XS Max / XR のみです。
今回の修正点は、リリースノートによると「 iOS 12.1では、グループFaceTimeが導入され、70種類を超える新しい絵文字が追加されました。また、iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRのeSIMを使ったデュアルSIMに対応しました。このアップデートにはバグの修正および改善も含まれます。
グループFaceTime
・ 最大32人の参加者との同時ビデオ通話およびオーディオ通話に対応 ・ エンドツーエンドの暗号化により会話のプライバシーを保護 ・ “メッセージ”のグループチャットからグループFaceTimeを開始。グループFaceTime通話に途中から参加することも可能
絵文字
・ 赤毛、白髪、巻き毛の新しいキャラクター、頭髪がない人の新しい絵文字、より感情豊かな笑顔のほか、動物、スポーツ、食べ物を表す追加の絵文字など、70種類以上の絵文字が新たに追加
デュアルSIMに対応
・ eSIMを使ったデュアルSIMを導入。iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRでは、1台のデバイスで2つの電話番号の使用が可能
その他の改善および修正
・ iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRの“カメラ”のプレビューに深度コントロールを導入 ・ iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRのモバイルデータ通信接続を改善 ・ Face IDまたはTouch IDを使って、お子様のスクリーンタイムのパスコードを変更またはリセットできる機能を追加 ・ iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRの前面側カメラで撮影した写真で最もシャープな参照フレームが選択されないことがある問題を修正 ・ 2人のユーザが同じApple IDを使って複数のiPhoneでサインインしていたときに、メッセージが1つのスレッドに結合されてしまう問題を解決 ・ 一部の留守番電話が“電話” Appに表示されない問題に対処 ・ “電話” Appでその電話番号の連絡先の名前が表示されないことがある問題を解決 ・ 特定のWebサイトがスクリーンタイムのアクティビティレポートで報告されないことがある問題を修正 ・ ファミリー共有で家族を追加または削除できないことがある問題に対処 ・ iPhone X、iPhone 8、およびiPhone 8 Plusで、デバイスが突然システム終了しないようにするパフォーマンス管理機能を追加(機能を無効にすることも可能) ・ iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRにApple純正バッテリーが搭載されているかどうかを検証できない場合に、ユーザに通知する機能を“バッテリーの状態”に追加 ・ カメラ、Siri、およびSafariにおけるVoiceOverの信頼性を改善 ・ 一部のエンタープライズユーザに対して、MDM Device Enrollmentで無効なプロファイルエラーが報告されることがある問題を修正
このアップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: <https://support.apple.com/ja-jp/HT201222>
」とのことです。 iOS12/watchOS5/tvOS12の新機能と使い方 iOSのバージョンアップ/アップデート手順 iOS 12.1登場、グループFaceTimeと新しい絵文字がiPhoneとiPadで利用可能に(アップル) iOS 12.1提供開始。グループFaceTimeや新絵文字対応など(AVWatch) 「iOS 12.1」提供開始、最大32人の「グループFaceTime」や新しい絵文字など(CNETJapan) Apple releases iOS 12.1 with Group FaceTime, dual-SIM compatibility(appleinsider) Apple issues watchOS 5.1 with ECG app for Apple Watch Series 4(appleinsider) Apple releases tvOS 12.1 for Apple TV 4K, fourth generation Apple TV with bug fixes(appleinsider) Apple Releases iOS 12.1 With eSIM Support, Real-Time Depth Control, Group FaceTime, New Emoji and More(macrumors)
iFixit、iPhone XR の分解記事を発表

2018/10/27

iPod/iPad/iPhone等の補修用パーツを販売するオーストラリアのショップ:iFixitは、10/26に発売となった iPhone XR の分解記事を発表しました。
この記事によると、今回初めて独立したSIMカードリーダーモジュールが使用され、 iPhone 8/Xと同じように四角いバッテリーと長方形のロジックボードを搭載。 ロジックボードには、 XS/XS Max同様 APL1W81 A12 Bionic SoCの上に重なるようにMicronのLPDDR4X SDRAMが搭載され、 Qualcommとの訴訟がらみで採用されたIntel 9955 (おそらく XMM7560 LTE Advanced Pro 4G LTE baseband processor)、 その他 アップル製の多くのカスタムチップ、東芝の フラッシュメモリ などが搭載されている様子が見られます。 そして3D Touchは無くなりましたが、Haptic Touchを実現するHaptic Engineは他のiPhoneと同じパーツが使用されているようです。 バッテリは XS や iPhone 8 Plus より大容量の、11.16 Wh のものが搭載され、Qi無線充電コイルには、X/XR のFPCで組まれたものに対して、より起電力が高い銅が使用されているのがわかります。 iPhone XR Teardown(iFixit) iPhone XR teardown shows few differences versus iPhone XS(appleinsider) iFixit Gives Us a Peek Inside iPhone XR With New Teardown(macrumors)
Apple Store渋谷店、10月26日にリニューアルオープン

2018/10/24

2017年11月26日から、長らくリニューアルのため閉店していたApple Storeの渋谷店が再オープンするようです。 アップルのサイトにはすでに 店舗の紹介ページ が公開されています。 場所はこれまでと同じ公園通りビル。外装、内装ともに最新のApple Storeデザインにリニューアルされています。 10月26日(金)の8:00より営業開始。営業時間は午後9時までです。 またオープン初日には数量限定のプレゼントも用意されるようです。 Apple Store渋谷店の紹介(アップル) お帰りApple 渋谷10月26日朝8時にオープン!【Apple 渋谷内覧会レポ】(週刊アスキー) 「Apple 渋谷」で最長の螺旋階段と3Fを体験 Appleのアレに触れる?(ITMedia)
アップル、10/30にイベント「There's more in the making」を開催

2018/10/19

アップルは、10月30日火曜日にメディアイベント「There's more in the making」をニューヨークの Brooklyn Academy of Music(BAM), Howard Gilman オペラハウスで、現地時間10:00EDTより開催するようです。 プレスなどの関係者には、それぞれ異なるアップルロゴがデザインされた案内状が届き始めています。 今回のイベントでは FaceIDを搭載する新型iPad Pro、そして MacBook、MacBook Air、Mac miniの更新モデルの発表が見込まれています。 Apple Special Eventのオフィシャルサイトでは動画配信が行われる見込みです。 また、オフィシャルサイトの表紙デザインも、リロードするたびに異なるアップルロゴが表示される仕掛けが施されています。 情報サイト:macrumorsでは、この350を超えるバラエティに富んだロゴのすべてを オンライン画像共有サイト:imgurで公開しています。 Apple Special Eventのオフィシャルサイト(米アップル) BAM Howard Gilman オペラハウスの場所を確認する(BAM) Apple Invites Media to October 30th Event in New York City(macrumors) Apple Launches Special Event Page for October Event With Dynamic Set of Apple Logos(macrumors) Apple issues invites to October 30 iPad Pro and Mac 'There's more in the making' event in NYC(appleinsider) Apple announces Oct. 30 special event in Brooklyn, New York(ilounge) Here Are All of the Apple Logos Included in the October 30 Event Invites(macrumors)
アップル、iOS 12.0.1リリース。

2018/10/09

アップルは、iOS 12.0.1をリリースしました。 今回の修正点は、一部のiPhoneで報告された2.4 GHz Wi-Fiの接続問題と、Lightningケーブルからの充電が始まらないことがある問題などの不具合修正です。 ただし日本のリリースノートはまだiOS12から変更されていません。 リリースノートによると「 iOS 12.0.1には、iPhoneおよびiPadのパフォーマンスの改善および様々な新機能が含まれます。“写真”には、ライブラリから写真を見つけたり共有したりしやすくなる新機能が搭載されました。ミー文字(まったく新しい、カスタマイズ可能なアニ文字)により、“メッセージ”でより表情豊かで楽しいコミュニケーションが可能になります。スクリーンタイム機能により、あなたやファミリーメンバーがiPhoneやiPadで何にどれぐらいの時間を費やしているかを把握し、時間をより有効に活用するためのお手伝いが可能になりました。Siriが使用可能なAppでSiriショートカットを使えば、今までよりももっと素早く作業を終わらせることができます。拡張現実(AR)は機能が強化充実され、デベロッパはAR体験を複数台で共有する機能を利用することができます。また、新しいプライバシー機能により、Webサイトによるトラッキングを防ぐことができます。このアップデートには以下の新機能および改善が含まれます:
パフォーマンス
・ ユーザの操作により素早く機敏に反応するように、iOSを全体的に改良 ・ iPhone 5sおよびiPad Airに至るすべての対応デバイスでパフォーマンスを改善 ・ カメラの起動は70%高速化、キーボード表示は50%高速化、またタイプ入力の反応も改善(*) ・ デバイスに高負荷がかかっている場合のAppの起動が最大で2倍高速化(*)
写真
・ 新しい“For You”タブに“おすすめの写真”や“エフェクトの提案”などが導入され、ライブラリにあるたくさんの写真から素早く目的のものを探すことが可能 ・ “共有の提案”機能により、写真に写っている人たちと写真を共有するように能動的に提案 ・ 検索機能が強化され、複数のキーワード検索に対応、検索候補も賢くなり、より簡単に写真の検索が可能 ・ 撮影地、店舗名/会社名、または写真を撮影したときのイベントから写真の検索が可能 ・ カメラからの読み込み速度が改善、また写真を大きくプレビュー表示することが可能 ・ RAWイメージの編集に対応
カメラ
・ ポートレートモードで、“ステージ照明”および“ステージ照明(モノ)”を使用したときに、被写体と背景間の詳細部分を保持するよう改善 ・ スキャンしやすいように、カメラフレームでQRコードをハイライトするよう改良
メッセージ
・ ミー文字(まったく新しい、カスタマイズ可能なアニ文字)により、“メッセージ”で独自のキャラクター使ってより表情豊かで楽しいコミュニケーションが可能 ・ アニ文字にティラノサウルス、お化け、コアラ、トラを追加 ・ ミー文字およびアニ文字でウインクおよび舌を出す動作を認識 ・ 新しいカメラエフェクトにより、“メッセージ”で撮影した写真やビデオで、アニ文字、フィルタ、テキストエフェクト、iMessageステッカーパック、図形が使用可能 ・ アニ文字の録画が30秒まで可能
スクリーンタイム
・ あなたやファミリーメンバーのAppやWebサイトの適切な使用時間を判断するための詳細情報やツールを提供 ・ Appの使用時間、Appカテゴリごとの使用状況、通知の受信数、デバイスを持ち上げた回数についての情報を表示 ・ “App使用時間の制限”で、あなたおよびお子様がAppやWebサイトで費やすことができる時間の長さを設定可能 ・ お子様のiPhoneまたはiPadの使用の仕方を、親/保護者が自分のデバイスから直接管理することが可能
おやすみモード
・ 所定の時間、場所、またはカレンダーのイベントのあとで“おやすみモード”をオフにすることが可能 ・ “ベッドタイム中のおやすみモード”により、就寝中はロック画面にすべての通知を表示しないようにすることが可能
通知
・ 通知の管理を簡単にするため、同じAppからの通知を自動的にグループ化して表示可能 ・ ロック画面から直接通知設定を操作可能 ・ 新しい“目立たない形で配信”機能により、サウンドやバナーを出さずに通知を通知センターだけに表示させることが可能
Siri
・ Siriが使用可能なAppでSiriショートカットを使えば、今までよりももっと素早く作業を終わらせることが可能 ・ Siri対応Appの“Siriに追加”ボタン、または“設定”>“Siriと検索”で、ショートカットを追加可能 ・ ロック画面または検索内でショートカットの提案を表示 ・ モータースポーツの結果、スケジュール、Formula 1、Nascar、Indy 500、MotoGPの統計および順位表を入手可能 ・ 時間、撮影地、ピープル、最近行った旅行などで写真やメモリーを検索可能 ・ 40以上の言語の組み合わせで語句の翻訳に対応 ・ 著名人に関する事柄(例: 誕生日)や、食べ物に関する質問(例: カロリーや成分/原料)を調べることが可能 ・ フラッシュライトのオン/オフが可能 ・ 英語(アイルランド)、英語(南アフリカ)、デンマーク語、ノルウェー語、中国語(広東語)、中国語(北京語-台湾)でより自然で表現豊かな声が利用可能
拡張現実
・ ARKit 2による共有機能により、デベロッパはほかの人とAR体験を共有できる革新的なAppを作成可能 ・ AR体験の保存/再読み込みが可能になり、デベロッパはAR体験を持続させることが可能 ・ オブジェクト認識およびイメージトラッキング機能により、空間を移動中に現実世界のオブジェクトを認識したり、イメージを追跡したりするツールをデベロッパに提供 ・ ARクイックルック機能により、仮想オブジェクトをNews、Safari、“ファイル”などの内蔵Appで表示したり、iMessageや“メール”で共有することが可能
計測
・ 物体および空間を計測するための新しい拡張現実App ・ 物体の表面や空間に線を引いて長さを計測し、線上のラベルをタップして詳細情報を表示 ・ 長方形の物体を自動的に計測 ・ 計測物のスクリーンショットの取り込み、共有、マークアップが可能
プライバシーおよびセキュリティ
・ Safariの強化されたトラッキング防止機能により、Webサイトに埋め込まれたコンテンツやソーシャルメディア用ボタンが、あなたの許可なしにあなたを追跡するのを防ぐことが可能 ・ 広告主によるiOSデバイスの固有情報の収集を防いで、ターゲット広告の配信を減らすことが可能 ・ SafariおよびほとんどのAppで、パスワードの新規作成または変更時に、強力かつ固有なパスワードを自動的に提案 ・ パスワードを再利用している場合、“設定”>“パスワードとアカウント”で警告マークを表示 ・ セキュリティコードの自動入力機能により、SMS経由で送られた使い捨て(ワン・タイム)パスコードをQuickTypeバー上に表示 ・ “設定”>“パスワードとアカウント”から、AirDropを使用して登録済みの連絡先にパスワードを簡単に共有可能 ・ 認証済みのデバイスで、Siriにパスワードを尋ねることが可能
Apple Books
・ まったく新しいデザインにより、本やオーディオブックを楽しく簡単に探して読むことが可能 ・ “今すぐ読む”機能により、現在読書中の本に戻ったり、次に読む本のおすすめを受け取ることが可能 ・ “読みたい”コレクションに本を追加して、次に読みたい本を管理することが可能 ・ 新しい“ブックストア”では、新刊、話題作、ベストセラー、Apple Booksエディターのおすすめなどから、お気に入りのブックをより簡単に探すことが可能 ・ 新しいオーディオブックストアでは、お気に入りの著者、俳優/女優、著名人のナレーターによる真に迫ったストーリーや有益なノンフィクション本などを探すことが可能
Apple Music
・ 歌詞による検索に対応し、歌詞の一部を使って曲を検索することが可能 ・ アーティストのページが見やすいデザインに改良され、どのアーティストからでもパーソナライズされたステーションを作成可能 ・ 新しい“フレンズ・ミックス”により、友達が聴いている曲からプレイリストを作成可能 ・ 世界各国のトップ100曲を表示する新しいチャートを追加
株価
・ まったく新しいデザインが導入され、iPhoneおよびiPad上で株価情報、インタラクティブなチャート、トップ記事を利用可能 ・ ウォッチリストに、一日の株価の推移が一目で分かる色つきの小さなチャート(スパークライン)を表示 ・ 各銘柄のインタラクティブなチャート、および時間外取引や出来高などの情報を表示
ボイスメモ
・ より使いやすくなった新デザイン ・ 録音/編集データをiCloud経由で各デバイス間で同期 ・ iPadで使用可能、横向きおよび縦向き両方に対応
Apple Podcast
・ 番組でチャプタに対応 ・ 車内またはヘッドフォンで利用時に進む/戻るボタンで30秒進めたり、次のチャプタに移動することが可能 ・ “今すぐ聴く”画面から、エピソードの通知を簡単に管理することが可能
アクセシビリティ
・ ライブリスニングがAirPodsに対応 ・ RTT通話がAT&Tで使用可能 ・ “選択項目の読み上げ”がSiriの声の使用に対応
その他の機能および改善
・ FaceTimeのカメラエフェクトで、自分の顔をリアルタイムでアニ文字/ミー文字に変身させることが可能 ・ CarPlayで他社製のナビゲーションAppを使用可能 ・ Walletに追加した非接触型の学生IDカードを使って建物に入ったり、Apple Payで支払いをすることが可能(対応しているキャンパスのみ) ・ “設定”>Safariで、iPadでタブにWebサイトのアイコンを表示可能 ・ “天気”に空気質指数を追加(対応している地域のみ) ・ iPadで、画面の下端から上にスワイプしてホーム画面に移動するようにジェスチャを変更 ・ iPadで、画面の右上隅から下にスワイプしてコントロールセンターを開くようにジェスチャを変更 ・ マークアップに、より多くの色と、線の太さと各ツールの透明度を変更できるオプションを追加 ・ “設定”のバッテリー使用状況に、過去24時間または過去10日以内の使用状況を追加、バーをタップするとその期間のApp使用状況を表示可能 ・ 3D Touchに対応していないデバイスで、スペースキーを長押ししてキーボードをトラックパッドに変更可能 ・ 中国で、“マップ”が空港およびショッピングセンターの建物内部マップに対応 ・ ヘブライ語の辞書、アラビア語-英語およびヒンディー語-英語の二言語辞典を追加 ・ 新しい英語の類語辞典を追加 ・ iOSアップデートを夜間に自動的にインストールする機能を追加
* 標準のピークパフォーマンスに対応するiPhone 6 Plus、リリース前のiOS 11.4、リリース前のiOS 12を使用し、2018年5月にAppleが実施したテスト結果によります。キーボードのテストではSafariを使用し、カメラはロック画面からスワイプしてテストしました。パフォーマンスは特定の構成、コンテンツ、バッテリーの状態、使用状況、ソフトウェアのバージョン、その他の要素によって異なります。
一部の機能は、デバイスや国や地域によっては利用できないことがあります。詳しくは次のWebサイトを参照してください: および
このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください: <https://support.apple.com/ja-jp/HT201222>
」とのことです。 iOS12/watchOS5/tvOS12の新機能と使い方 iOSのバージョンアップ/アップデート手順 iOS 12.0.1 update available, fixes Wi-fi connectivity on iPhone XS, Lightning charging issues(appleinsider) Apple Releasing iOS 12.0.1 With Fixes for Wi-Fi 2.4GHz Bug, Lightning Charging Issue(macrumors) 「iOS 12.0.1」リリース、「iPhone XS」の充電問題などを修正(CNETJapan)
アップル、App Store対応のiTunes12.6.4.3を公開。

2018/10/04

アップルは、 エンタープライズユーザー向けに、App Store/App管理画面が削除されていないバージョンの、iTunes12.6.4.3を公開しました。 App Store/App管理画面はiTunes12.7から削除されていますが、今回はこの機能が残っているバージョンのリリースです。 これは、企業などで一括管理されているiPhone/iPadに企業専用アプリなどをインストールすることを目的に公開するもので、 一般ユーザーの使用も可能ですが、サポート対象外となります。 iTunes12.6.4.3は、アップルのサポートページのリンクから、 Mac版、Win32bit版、Win64bit版がダウンロードできます。 ただしMac版は、最新のOS Mojaveには非対応です。 また日本語ページにはMac版はありません。
このiTunesは、パソコンにインストール済みの最新iTunesを上書きすることが可能です。 また、インストール後は最新バージョンのiTunesへのアップグレード通知は表示されなくなります。
アップルは2017年10月にも、おなじページでiTunes12.6.3.6を公開していました。 今回はそのマイナーバージョンアップとなります。 企業環境で iTunes を使って App を配布する(アップル) Deploy apps in a business environment with iTunes(アップル) iTunes that can manage apps updated, but incompatible with macOS Mojave(appleinsider) Apple now blocks iOS app backups, but you can do something about it(appleinsider)
アップル、不具合を修正した watchOS5.0.1 リリース。

2018/09/28

iFixit、Apple Watch Series 4 の分解記事を発表

2018/09/25

iPod/iPad/iPhone等の補修用パーツを販売するオーストラリアのショップ:iFixitは、21日に発売となった Apple Watch Series 4 の分解記事を発表しました。
この記事によると、従来とほぼ同容量の 1.113 Wh (291.8 mAh at 3.81 V)(44mmモデル)のバッテリ、 薄くて長くなったTaptic Engine、ネジで蓋が開けられるS4 SiP、心電図のための電圧センサーも兼ねた、小さくて複雑な構造のデジタルクラウン、 などが見て取れます。 Apple Watch Series 4 Teardown(iFixit) Apple Watch Series 4 teardown shows slight battery increase, svelte new components(appleinsider) Apple Watch Series 4 Teardown: 4% More Battery Capacity, Hidden Barometric Sensor, and Streamlined Internals(macrumors)
iFixit、iPhone XS / XS Max の分解記事を発表

2018/09/21

iPod/iPad/iPhone等の補修用パーツを販売するオーストラリアのショップ:iFixitは、09/21に発売となった iPhone XS / XS Max の分解記事を発表しました。
また、恒例の、分解写真をベースにした「中身が透けているように見える壁紙」も公開しました。
この記事によると、ロジックボードはiPhone Xとほぼ同じで、XSとXS Maxに同じものが使用されているのがわかります。 ロジックボードには、 APL1W81 A12 Bionic SoCの上に重なるようにMicronのLPDDR4X SDRAMが搭載され、 その他 アップル製の多くのカスタムチップ、東芝の フラッシュメモリ などが搭載されている様子が見られます。 バッテリは XS については X より小さくなり、10.13 Wh ( 2,659 mAh, 3.81 V )のものが、 また XS Max については 12.08 Wh ( 3,179 mAh, 3.80 V )のものが搭載されているのがわかります。 iPhone XS and XS Max Teardown(iFixit) iPhone XS Teardown Wallpapers(iFixit) iFixit: iPhone XS Has 'Notched' Battery and iPhone XS Max Has Apple-Designed Power Management Chip(macrumors)
アップル、iPhone XS / XS Max 、Apple Watch Series 4を発売

2018/09/21

アップルは、予定通り本日08:00より、アップルストア及び各キャリアショップなどで iPhone XS / XS Max 、Apple Watch Series 4を発売開始しました。 14日に事前予約した人にも、本日配送されました。 アップルストア表参道には、あいにくの雨模様の中、250人が並んだようです。 iPhone XS/XS Maxが本日発売。雨のなか250人がApple表参道に並ぶ(PCWatch) 雨のApple 表参道に250人が並ぶ【iPhone XS/XS Max発売】(ケータイWatch) iPhone XSシリーズ発売開始--Apple Store表参道で恒例のハイタッチ(CNETJapan) 神木隆之介さんと松本穂香さんがVTuber初体験--au「iPhone XS」発売イベント(CNETJapan) ソフトバンク、iPhone XS/XS Max発売セレモニー開催--上戸彩さんのお気に入りの機能は?(CNETJapan) ドコモが「iPhone XS」シリーズの発売イベント--吉澤社長「最速ネットワークで楽しんで」(CNETJapan) 祝iPhone XS/XS Max発売開始、雨の表参道に約250人(週刊アスキー) iPhone XS発売イベント ソフトバンクは上戸彩とキズナアイ登場(週刊アスキー) Apple and Tim Cook Celebrate iPhone XS, XS Max, and Apple Watch Series 4 Launch Day(macrumors) Thousands of Customers Waiting in Line at Apple Retail Stores for iPhone XS, XS Max and Apple Watch Series 4 as Global Launch Continues(macrumors) iPhone XS / XS Max(テンエス、テンエスマックス)の説明と仕様 Apple Watch Series 4 の説明と仕様
アップル、iOS12、watchOS5、tvOS12正式リリース。

2018/09/18

アップルは、予告通り、iOS12、watchOS5、tvOS12を正式リリースしました。 また、HomePodもバージョンアップされました。 そして「Siri Shortcuts」もApp Storeで利用可能となりました。 今回の修正点は、リリースノートによると「 iOS 12には、iPhoneおよびiPadのパフォーマンスの改善および様々な新機能が含まれます。“写真”には、ライブラリから写真を見つけたり共有したりしやすくなる新機能が搭載されました。ミー文字(まったく新しい、カスタマイズ可能なアニ文字)により、“メッセージ”でより表情豊かで楽しいコミュニケーションが可能になります。スクリーンタイム機能により、あなたやファミリーメンバーがiPhoneやiPadで何にどれぐらいの時間を費やしているかを把握し、時間をより有効に活用するためのお手伝いが可能になりました。Siriが使用可能なAppでSiriショートカットを使えば、今までよりももっと素早く作業を終わらせることができます。拡張現実(AR)は機能が強化充実され、デベロッパはAR体験を複数台で共有する機能を利用することができます。また、新しいプライバシー機能により、Webサイトによるトラッキングを防ぐことができます。このアップデートには以下の新機能および改善が含まれます:
パフォーマンス
・ ユーザの操作により素早く機敏に反応するように、iOSを全体的に改良 ・ iPhone 5sおよびiPad Airに至るすべての対応デバイスでパフォーマンスを改善 ・ カメラの起動は70%高速化、キーボード表示は50%高速化、またタイプ入力の反応も改善(*) ・ デバイスに高負荷がかかっている場合のAppの起動が最大で2倍高速化(*)
写真
・ 新しい“For You”タブに“おすすめの写真”や“エフェクトの提案”などが導入され、ライブラリにあるたくさんの写真から素早く目的のものを探すことが可能 ・ “共有の提案”機能により、写真に写っている人たちと写真を共有するように能動的に提案 ・ 検索機能が強化され、複数のキーワード検索に対応、検索候補も賢くなり、より簡単に写真の検索が可能 ・ 撮影地、店舗名/会社名、または写真を撮影したときのイベントから写真の検索が可能 ・ カメラからの読み込み速度が改善、また写真を大きくプレビュー表示することが可能 ・ RAWイメージの編集に対応
カメラ
・ ポートレートモードで、“ステージ照明”および“ステージ照明(モノ)”を使用したときに、被写体と背景間の詳細部分を保持するよう改善 ・ スキャンしやすいように、カメラフレームでQRコードをハイライトするよう改良
メッセージ
・ ミー文字(まったく新しい、カスタマイズ可能なアニ文字)により、“メッセージ”で独自のキャラクター使ってより表情豊かで楽しいコミュニケーションが可能 ・ アニ文字にティラノサウルス、お化け、コアラ、トラを追加 ・ ミー文字およびアニ文字でウインクおよび舌を出す動作を認識 ・ 新しいカメラエフェクトにより、“メッセージ”で撮影した写真やビデオで、アニ文字、フィルタ、テキストエフェクト、iMessageステッカーパック、図形が使用可能 ・ アニ文字の録画が30秒まで可能
スクリーンタイム
・ あなたやファミリーメンバーのAppやWebサイトの適切な使用時間を判断するための詳細情報やツールを提供 ・ Appの使用時間、Appカテゴリごとの使用状況、通知の受信数、デバイスを持ち上げた回数についての情報を表示 ・ “App使用時間の制限”で、あなたおよびお子様がAppやWebサイトで費やすことができる時間の長さを設定可能 ・ お子様のiPhoneまたはiPadの使用の仕方を、親/保護者が自分のデバイスから直接管理することが可能
おやすみモード
・ 所定の時間、場所、またはカレンダーのイベントのあとで“おやすみモード”をオフにすることが可能 ・ “ベッドタイム中のおやすみモード”により、就寝中はロック画面にすべての通知を表示しないようにすることが可能
通知
・ 通知の管理を簡単にするため、同じAppからの通知を自動的にグループ化して表示可能 ・ ロック画面から直接通知設定を操作可能 ・ 新しい“目立たない形で配信”機能により、サウンドやバナーを出さずに通知を通知センターだけに表示させることが可能
Siri
・ Siriが使用可能なAppでSiriショートカットを使えば、今までよりももっと素早く作業を終わらせることが可能 ・ Siri対応Appの“Siriに追加”ボタン、または“設定”>“Siriと検索”で、ショートカットを追加可能 ・ ロック画面または検索内でショートカットの提案を表示 ・ モータースポーツの結果、スケジュール、Formula 1、Nascar、Indy 500、MotoGPの統計および順位表を入手可能 ・ 時間、撮影地、ピープル、最近行った旅行などで写真やメモリーを検索可能 ・ 40以上の言語の組み合わせで語句の翻訳に対応 ・ 著名人に関する事柄(例: 誕生日)や、食べ物に関する質問(例: カロリーや成分/原料)を調べることが可能 ・ フラッシュライトのオン/オフが可能 ・ 英語(アイルランド)、英語(南アフリカ)、デンマーク語、ノルウェー語、中国語(広東語)、中国語(北京語-台湾)でより自然で表現豊かな声が利用可能
拡張現実
・ ARKit 2による共有機能により、デベロッパはほかの人とAR体験を共有できる革新的なAppを作成可能 ・ AR体験の保存/再読み込みが可能になり、デベロッパはAR体験を持続させることが可能 ・ オブジェクト認識およびイメージトラッキング機能により、空間を移動中に現実世界のオブジェクトを認識したり、イメージを追跡したりするツールをデベロッパに提供 ・ ARクイックルック機能により、仮想オブジェクトをNews、Safari、“ファイル”などの内蔵Appで表示したり、iMessageや“メール”で共有することが可能
計測
・ 物体および空間を計測するための新しい拡張現実App ・ 物体の表面や空間に線を引いて長さを計測し、線上のラベルをタップして詳細情報を表示 ・ 長方形の物体を自動的に計測 ・ 計測物のスクリーンショットの取り込み、共有、マークアップが可能
プライバシーおよびセキュリティ
・ Safariの強化されたトラッキング防止機能により、Webサイトに埋め込まれたコンテンツやソーシャルメディア用ボタンが、あなたの許可なしにあなたを追跡するのを防ぐことが可能 ・ 広告主によるiOSデバイスの固有情報の収集を防いで、ターゲット広告の配信を減らすことが可能 ・ SafariおよびほとんどのAppで、パスワードの新規作成または変更時に、強力かつ固有なパスワードを自動的に提案 ・ パスワードを再利用している場合、“設定”>“パスワードとアカウント”で警告マークを表示 ・ セキュリティコードの自動入力機能により、SMS経由で送られた使い捨て(ワン・タイム)パスコードをQuickTypeバー上に表示 ・ “設定”>“パスワードとアカウント”から、AirDropを使用して登録済みの連絡先にパスワードを簡単に共有可能 ・ 認証済みのデバイスで、Siriにパスワードを尋ねることが可能
Apple Books
・ まったく新しいデザインにより、本やオーディオブックを楽しく簡単に探して読むことが可能 ・ “今すぐ読む”機能により、現在読書中の本に戻ったり、次に読む本のおすすめを受け取ることが可能 ・ “読みたい”コレクションに本を追加して、次に読みたい本を管理することが可能 ・ 新しい“ブックストア”では、新刊、話題作、ベストセラー、Apple Booksエディターのおすすめなどから、お気に入りのブックをより簡単に探すことが可能 ・ 新しいオーディオブックストアでは、お気に入りの著者、俳優/女優、著名人のナレーターによる真に迫ったストーリーや有益なノンフィクション本などを探すことが可能
Apple Music
・ 歌詞による検索に対応し、歌詞の一部を使って曲を検索することが可能 ・ アーティストのページが見やすいデザインに改良され、どのアーティストからでもパーソナライズされたステーションを作成可能 ・ 新しい“フレンズ・ミックス”により、友達が聴いている曲からプレイリストを作成可能 ・ 世界各国のトップ100曲を表示する新しいチャートを追加
株価
・ まったく新しいデザインが導入され、iPhoneおよびiPad上で株価情報、インタラクティブなチャート、トップ記事を利用可能 ・ ウォッチリストに、一日の株価の推移が一目で分かる色つきの小さなチャート(スパークライン)を表示 ・ 各銘柄のインタラクティブなチャート、および時間外取引や出来高などの情報を表示
ボイスメモ
・ より使いやすくなった新デザイン ・ 録音/編集データをiCloud経由で各デバイス間で同期 ・ iPadで使用可能、横向きおよび縦向き両方に対応
Apple Podcast
・ 番組でチャプタに対応 ・ 車内またはヘッドフォンで利用時に進む/戻るボタンで30秒進めたり、次のチャプタに移動することが可能 ・ “今すぐ聴く”画面から、エピソードの通知を簡単に管理することが可能
アクセシビリティ
・ ライブリスニングがAirPodsに対応 ・ RTT通話がAT&Tで使用可能 ・ “選択項目の読み上げ”がSiriの声の使用に対応
その他の機能および改善
・ FaceTimeのカメラエフェクトで、自分の顔をリアルタイムでアニ文字/ミー文字に変身させることが可能 ・ CarPlayで他社製のナビゲーションAppを使用可能 ・ Walletに追加した非接触型の学生IDカードを使って建物に入ったり、Apple Payで支払いをすることが可能(対応しているキャンパスのみ) ・ “設定”>Safariで、iPadでタブにWebサイトのアイコンを表示可能 ・ “天気”に空気質指数を追加(対応している地域のみ) ・ iPadで、画面の下端から上にスワイプしてホーム画面に移動するようにジェスチャを変更 ・ iPadで、画面の右上隅から下にスワイプしてコントロールセンターを開くようにジェスチャを変更 ・ マークアップに、より多くの色と、線の太さと各ツールの透明度を変更できるオプションを追加 ・ “設定”のバッテリー使用状況に、過去24時間または過去10日以内の使用状況を追加、バーをタップするとその期間のApp使用状況を表示可能 ・ 3D Touchに対応していないデバイスで、スペースキーを長押ししてキーボードをトラックパッドに変更可能 ・ 中国で、“マップ”が空港およびショッピングセンターの建物内部マップに対応 ・ ヘブライ語の辞書、アラビア語-英語およびヒンディー語-英語の二言語辞典を追加 ・ 新しい英語の類語辞典を追加 ・ iOSアップデートを夜間に自動的にインストールする機能を追加
* 標準のピークパフォーマンスに対応するiPhone 6 Plus、リリース前のiOS 11.4、リリース前のiOS 12を使用し、2018年5月にAppleが実施したテスト結果によります。キーボードのテストではSafariを使用し、カメラはロック画面からスワイプしてテストしました。パフォーマンスは特定の構成、コンテンツ、バッテリーの状態、使用状況、ソフトウェアのバージョン、その他の要素によって異なります。
一部の機能は、デバイスや国や地域によっては利用できないことがあります。詳しくは次のWebサイトを参照してください: および
このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください: <https://support.apple.com/ja-jp/HT201222>
」とのことです。 iOS12/watchOS5/tvOS12の新機能と使い方 iOSのバージョンアップ/アップデート手順 Apple Releases iOS 12 With Faster Performance, Memoji, Siri Shortcuts, Screen Time, Revamped Maps App, ARKit 2.0, and More(macrumors) Apple Launches watchOS 5 With Walkie-Talkie, Apple Podcasts, Siri Shortcuts, New Watch Faces, Raise to Speak and More(macrumors) Apple's iOS 12 is here, adding improved performance, Life Balance features, Memoji, Augmented Reality, ARKit 2, and more(appleinsider) These iOS 12 improvements will help you live a less stressful digital life(appleinsider) Shortcuts launches on App Store as update to Workflow(appleinsider) Hands on with the new Apple Watch faces in watchOS 5(appleinsider) Apple's watchOS 5 with Walkie Talkie, Podcast apps is now available(appleinsider) Everything new in tvOS 12: Over 20 new features for Apple TV(appleinsider) 65+ new features in watchOS 5 for Apple Watch(appleinsider) Here are over 150 new features and changes in iOS 12 for iPhone and iPad(appleinsider) 「iOS 12」リリース--「Siri」強化やスクリーンタイムなど主な新機能をチェック(CNETJapan) watchOS 5の新機能と設定を徹底解説(ITMedia) iOS 12提供開始。カメラやシステム高速化や多くの新機能(AVWatch) 絵で見る「iOS 12」日本語環境--知っておきたい新機能と変更点(CNETJapan) iOS 12なら3D Touch非搭載でも文字入力の「長押しトラックパッド」可能に(ITMedia)
アップル、iTunes12.9.0.167を公開。

2018/09/15

アップルは、 iPhone XS/XR、そしてiOS12に対応した、iTunes12.9.0.167を公開しました。 今回の修正点は、リリースノートによると、「 この更新では、iOS 12デバイスのサポートが追加され、Apple Musicメンバー向けに以下の新機能が組み込まれています。 歌詞で検索。覚えている歌詞の一部だけで曲を検索できます。 新しいアーティストページ。ワンクリックするだけでアーティストの音楽でカスタマイズしたステーションを開始できます。アーティストのカタログのデザインが改良され、より簡単に閲覧できます。 友達のミックス。友達をフォローして、友達が楽しんでいるプレイリストの中から好みのプレイリストを発見できます。 ワールドチャート。世界各国のデイリートップ100の曲を再生できます。 」とのことです。 iTunesダウンロード(アップル) iTunesの紹介(アップル) iTunesのバージョンアップ/アップデート手順 iTunesのインストール手順
アップル、9月12日のメディアイベントのキーノートスピーチの模様をYouTubeとPodcastで配信開始

2018/09/14

アップルは、新型iPhone XS / XS Max / XR 、Apple Watch Series 4が発表された、 9月12日(現地時間)のメディアイベント「Gather Round.」のキーノートスピーチの様子をPodcastとYouTubeで配信開始しました。 Apple Keynotes Podcast(1080p) (Apple) September Event 2018 - Apple (YouTube) Podcast(ポッドキャスト)の使い方
September Event 2018 - Apple

YouTubeの大画面で見る
アップル、新型iPhone XS / XS Max / XR 、Apple Watch Series 4を発表

2018/09/13

アップルは、現地時間9月12日水曜日10:00(日本時間9月13日木曜日02:00)に本社:Apple Parkで開催したメディアイベント「Gather Round.」で、 ウワサされていた新型iPhone XS / XS Max / XR、Apple Watch Series 4を発表しました。 なお、iPadの発表はありませんでした。
iPhone XS / XS Max(テンエス、テンエスマックス)
本体カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイ。IP68の耐水性能(従来モデルはIP67)を獲得。 iPhone XSはiPhone Xと同じ大きさ&解像度、iPhone XS Maxは従来の「Plus」モデルとほぼ同じ大きさのボディに、iPhoneシリーズ最大となる2688x1242ピクセルの高解像度ディスプレイを搭載します。 ディスプレイは Super Retina OLED(有機EL)で XSは5.8"、XS Maxは6.5"を搭載。 Face ID(顔認証)も新しいアルゴリズムでより早く安全に認証が行えます。 CPUは7nmルールで製造された、A12 Bionic を搭載。6コアのCPUと4コアのGPU、ニューラルエンジンを内蔵、従来より30%高速に動作します。 カメラ解像度はiPhone Xと同じくリア1,200万画素、2倍望遠と広角のデュアルレンズ、フロントは700万画素ですが、センサーは刷新されています。 また4フレーム分の画像バッファを使用する新しいSmart HDR機能でボケ効果を出したり、撮影後に絞りを変更することもできます。 そしてビデオの音声はステレオで録音されます。 XSのバッテリはiPhone Xより30分長持ち。XS Maxでは90分も長持ちです。 そして全世界でデュアルSIMにも対応。物理SIMとeSIM、2つのSIMを同時にセットして、どちらも待ち受け待機(Dual SIM Dual Standby (DSDS))できます (キャリアの対応が必要です、また中国向けモデルでは2枚の物理SIMに対応します)。 メモリ容量は 64/256/512 GBの3モデル。価格はXSが 112,800円($999)からで、XS Maxが 124,800円($1099)から。 予約は日本時間09/14(金)16:01スタートで、09/21(金)発売開始です。 iPhone Xs / Xs Maxの解説(アップル) iPhone Xs / Xs Maxの解説(米Apple) iPhone XS / XS Max(テンエス、テンエスマックス)の説明と仕様
iPhone XR(テンアール)
「OLED(有機EL)」ではなく、従来からの「液晶」ディスプレイを搭載した普及モデルです。 本体の大きさはiPhone XSより大きく、「Plus」「Max」モデルよりは小さいサイズ。 カラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、ブルー、コーラル、イエロー、そして(PRODUCT)REDの6色。 iPhone8同様IP67の耐水性能。ディスプレイは6.1"の1792x828ピクセル, 326 ppiで「 Liquid Retina ディスプレイ」と呼びます。 Face ID(顔認証)を搭載。画面を強く押すといろいろな機能が呼び出せる 3D Touch は搭載しませんが、画面をタッチすると本体が振動するHaptic touchは搭載しています。 CPUはXS / XS Max同様A12 Bionic。カメラもXS / XS Max同様リア1,200万画素、フロント700万画素です。 シングルレンズでありながら、Smart HDR機能でボケ効果を出したり、ポートレートモード撮影も可能です。 バッテリはiPhone 8 Plusより90分も長持ちです。 メモリ容量は64/128/256 GBの3モデル。価格は 84,800円($749)から。 予約は一か月先の10/19(金)スタートで、10/26(金)発売開始です。 iPhone Xrの解説(アップル) iPhone Xrの解説(米Apple) iPhone XR(テンアール)の説明と仕様
Apple Watch Series 4
本体サイズは従来のまま画面表示エリアが30%以上拡大し、40mmと44mmモデルの2種になりました。 バンドは従来のものがそのまま使用可能。より薄くなっているので、体積は従来より小さくなっています。 文字盤には8つの新しいコンプリケーションを搭載、サードパーティアプリを含めた通知を表示可能、新しい文字盤も使えます。 Breathe(呼吸)アプリが組み込まれた文字盤も使用可能。腕を上げるだけで深呼吸のアドバイスをしてくれます。 デジタルクラウンにはhaptic(触覚)feedbackを搭載。スピーカーボリュームも50%大きくなりました。 背面は黒いセラミックとサファイヤガラスでできているため、電波の受信状況も改善します。 従来から2倍高速な64bitデュアルコアのCPU内蔵した、S4 SiPを搭載。加速度計やジャイロスコープの精度も向しています。 これによりユーザーの「落下」「転倒」「スリップ」を検出・警告することが可能となり、ユーザーが警告に1分間反応しなかったときは、自動的に緊急SOSコールを発信することもできます。 心拍計は新たに「低心拍」「心房細動」を検出して通知が可能となり、加えて世界で初めて一般ユーザー向けに心電図(electrocardiogram:ECG)センサーも搭載されました。 心電図はいつでもどこでもアプリを起動して指をデジタルクラウンに当てるだけで計測することができ、30秒で解析結果を表示、PDFファイル化してヘルスアプリに保存され、医師と共有することもできます。 バッテリー容量は従来通り18時間分を維持。 本体カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイ、素材はアルミとステンレスの2種。Nike+とエルメスモデルも引き続いて準備されますが、高級モデルのEDITIONは無くなりました。 価格はGPSモデルが45,800円($399)から、Cellularモデルが56,800円($499)から。Series 3も引き続き$279からに値下げされて継続販売されます。 予約は日本時間09/14(金)16:01スタートで、09/21(金)発売開始です。 Apple Watch Series 4の解説(アップル) Apple Watch Series 4の解説(米Apple) Apple Watch Series 4 の説明と仕様
iOS 12/watchOS 5/tvOS 12
いずれも9/17(月)より無料ダウンロードが可能となります。 HomePodも同時にアップデートされ、いくつかの機能が追加されます。 iOS 12は、iOS11が動作するすべてのモデルで使用可能ですが、WatchOS 5の対象はSeries 2以降のみです。 iOS12/watchOS5/tvOS12の新機能と使い方
従来モデル
iPhone 7、7 Plus が $449から、iPhone 8、8 Plus が $599からで継続販売されます。 Apple Watch Series 3も$279からで継続販売されます。 iPhone SE、6s、X は販売終了となります。
その他
Lightning-3.5mmヘッドフォンアダプタは、従来モデルを含む、今後販売されるすべてのモデルで添付されず、別売のみ(1,000円)となります。 iPhone XS/XS Maxレビュー。カメラがマシンラーニングで大幅進化したXSの真価(AVWatch) iPhone新モデル、一括販売価格一覧(ケータイWatch) ドコモがiPhone XS/XS Max/XRの価格を発表(ケータイWatch) ソフトバンク、Apple Watch Series 4の価格を発表(ケータイWatch) au、Apple Watch Series 4の価格を発表(ケータイWatch) ソフトバンクがiPhone XS/XS Maxの価格を発表、一括13万6800円~(ケータイWatch) auがiPhone XS/XS Maxの価格を発表、一括12万8640円~(ケータイWatch) デュアルSIM発表に興奮~アップルのイベントから見える未来(ケータイWatch) iPhone XS/XRの進化の要はカメラとマシンラーニング。健康のためのApple Watch(AVWatch) Apple debuts 5.8-inch iPhone XS and 6.5-inch iPhone XS Max with OLED screens(appleinsider) New 'Shot on iPhone XS' video highlights 4K, slo-mo, time-lapse capabilities(appleinsider) iPhone XS and XR: Everything you need to know(appleinsider) Apple to enable new iPhone eSIMs via software update, iPhone XS boasts faster wireless charging(appleinsider) iPhone XR hands-on: New model called 'fascinating,' 'a super-strange phone'(appleinsider) Apple announces colorful new 6.1-inch iPhone XR with full-screen Liquid Retina Display and Face ID(appleinsider) Apple Watch Series 4 hands-on: 'bigger is better'(appleinsider) iPhone XS, XR hands-on: Max is large but light, XR shows major potential(appleinsider) Dual-SIM and eSIM technology in iPhone XS and iPhone XR enables use of two phone plans on one device(appleinsider) iPhone XS A12 Bionic chip features 7nm design, next-gen Neural Engine(appleinsider) Apple Watch Series 4 is first consumer device to receive FDA clearance for ECG monitoring(appleinsider) Apple Watch Series 4 is here with full-screen OLED display, slimmer chassis(appleinsider) Apple Unveils Apple Watch Series 4 With 30 Percent Larger Display, Thinner Body, ECG Reader, Fall Detection, and More(macrumors) Apple Announces 'iPhone XS' and 'iPhone XS Max' With Gold Color, Faster Face ID, and More(macrumors) Apple Reveals 'iPhone XR' With 6.1-Inch Liquid Retina LCD Display and Six Color Options Starting at $749(macrumors) Apple Discontinues iPhone SE, iPhone 6s and iPhone X(macrumors) iPhone XS Hands On: XS Max Feels 'Shockingly' Light, Killer Features are Depth of Field Slider in Photos and Dual SIM(macrumors) iPhone XR Hands-On: Vibrant Colors, Solid Camera/Display, and Cheaper Price Should Entice Many Users(macrumors) Apple Watch Series 4 Hands-On: Larger Displays, New Finishes, Slightly Thinner, ECG, and More(macrumors) Electrocardiogram Functionality in New Apple Watch Series 4 Models Limited to US, Coming Later This Year(macrumors) Everything Apple Announced at Today's 'Gather Round' Event in 6 Minutes(macrumors) Apple、OLED 5.8型の「iPhone XS」と6.5型の「iPhone XS Max」(PCWatch) Apple、6.1型Liquid Retina液晶搭載の「iPhone XR」(PCWatch) 大画面&有機ELのiPhone XS/XS Max実機を体験。コスパのXRが魅力?(AVWatch) iPhone XSはカメラやプロセッサ強化で112,800円~。6.5型有機ELのXS Max(AVWatch) 6.1型液晶の「iPhone XR」。Liquid Retina採用で防水・防塵(AVWatch) 大画面化した「Apple Watch Series 4」。ユーザーの転倒検知し緊急電話(AVWatch) iPhone刷新で、Lightning-3.5mmヘッドフォンアダプタは別売に(AVWatch) iOS 12は18日提供開始。AR機能や高速アプリ起動、ポートレート撮影進化(AVWatch) Siriが歌詞から楽曲を検索。Apple「HomePod」がアップデート(AVWatch) Apple「iPhone XS/XS Max」9月21日発売、CPUの強化でカメラやゲームが進化(ケータイWatch) Apple「iPhone XR」10月26日発売、最新CPUにHD液晶ディスプレイ(ケータイWatch) 発表会で触れたiPhoneとApple Watchの新モデル(ケータイWatch) Apple、「Apple Watch Series 4」を発表(ケータイWatch) 新しいiPhone、auでは下り最大818.5Mbpsに(ケータイWatch) ソフトバンク、「iPhone XS/XS Max/iPhone XR」「Apple Watch 4」発売(ケータイWatch) au、「iPhone XS/XS Max/XR」「Apple Watch 4」を発売(ケータイWatch) ドコモ、「iPhone XS/XS Max/iPhone XR」「Apple Watch 4」発売(ケータイWatch) 「Apple Watch Series 4」9月21日発売、画面は大型化し心電図などの進化も(ケータイWatch) ビッグな進化、新iPhoneの価格まとめ(ケータイWatch) ホームボタンなくし、デュアルSIM採用--アップル「iPhone XS」と「iPhone XR」(CNETJapan) アップル、旧モデルのiPhone 7/8シリーズを価格改定--iPhone SEは継続販売せず(CNETJapan) 「WatchOS 5」、日本時間9月18日リリースへ--Series 1以降の「Apple Watch」が対象(CNETJapan) 「Apple Watch Series 4」発表--ディスプレイ約30%大型化、税別4万5800円から(CNETJapan) アップルのワイヤレス充電器「AirPower」、公式サイトから姿を消す(CNETJapan) 「iPhone XR」もワンタッチでカメラやフラッシュライトを起動可能に(CNETJapan) 「iPhone XS」など新モデル3機種と「iPhone X」のスペックを比較(CNETJapan) アップル、「HomePod」の機能をアップデート--複数タイマーの設定、音声通話などが可能に(CNETJapan) 「iPhone」シリーズからヘッドホンジャックが消える--アダプタも同梱せず(CNETJapan) 健康管理機能が強化された「Apple Watch Series 4」--心電図の記録が可能に(CNETJapan) KDDI、ソフトバンク、ドコモらiPhone XSシリーズや新Apple Watchなど発売へ(CNETJapan) アップル、「iOS 12」を日本時間9月18日に提供開始へ(CNETJapan) 「iPhone XS/XS Max/XR」は何が変わった? iPhone X/8/8 Plusと比較しながら要点をまとめ(ITMedia) iPhoneのオーディオ変換アダプタ、旧モデルも同梱なしに 1000円で別売(ITMedia) iPhone 9はどこに消えた? 「iPhoneの名前」の謎(ITMedia)
アップル、iPhone8ロジックボード交換プログラム開始

2018/09/01

アップルは、「ごく一部の iPhone 8 に、製造上の欠陥があるロジックボードが含まれていることが判明」したとして、無償交換プログラムを開始しました。 対象のiPhone8では、突然再起動する、画面がフリーズする、iPhone をオンにできない、等の症状が発生するとのことです。 問題となるのは、2017 年 9 月から 2018 年 3 月までの間に、オーストラリア、中国、香港、インド、日本、マカオ、ニュージーランド、および米国で販売された iPhone 8 です。 iPhone 8 ロジックボード交換プログラム のページでシリアル番号を入力すると、無償交換対象か否かがわかります。 シリアル番号は、 設定(設定)-(一般)-[シリアル番号]で確認できます。 iPhone 8 ロジックボード交換プログラム(アップル) iPhone 8 / 8 Plus(第11世代アイフォーン)の説明と仕様
アップル、09/12にイベント「Gather Round.」を開催

2018/08/31

アップルは、9月12日水曜日にメディアイベント「Gather Round.」をカリフォルニア州クパティーノの本社:Apple Park内の「 Steve Jobs Auditorium 」で、現地時間10:00より開催するようです。 プレスなどの関係者には、円盤型の本社をイメージしたと思われるイラスト入りの案内状が届き始めています。 今回のイベントでは iOS12, tvOS 12, watchOS 5 のリリース日の発表、3種類のiPhone Xs(?)シリーズ、表示エリアが拡大したApple Watch 4、FaceIDを搭載したiPad Pro の発表が見込まれています。 Apple Special Eventのオフィシャルサイトでは動画配信が行われる見込みです。 Apple Special Eventのオフィシャルサイト(米アップル) Steve Jobs Auditoriumの場所を確認する(GoogleMap) Apple Invites Media to September 12 Event at Apple Park: 'Gather Round'(macrumors) Apple 'Gather round' 2018 iPhone event scheduled for September 12(appleinsider) Apple sends out media invites for Sept. 12 event at Apple Park(ilounge)
新型Apple Watch 4、iPhone Xs(?)の写真がリーク!?

2018/08/31

9to5macの記事によると、 新しいApple Watch Series 4はより表示エリアが拡大する模様です。 同じく9to5macの記事によると、 新しい5.8-inch と 6.5-inch の有機EL(OLED) iPhoneはiPhone XS(?)と呼ばれ、ゴールドモデルが存在するようです。 Exclusive: Apple Watch Series 4 revealed ? massive display, dense watch face, more(9to5mac) Exclusive: This is ‘iPhone XS’ ? design, larger version, and gold colors confirmed(9to5mac)
DJI、高機能ドローン Mavic 2 Pro と Mavic 2 Zoom を発表

2018/08/23

DJIは、かねてよりウワサされていた、Mavic Proの後継機となる高機能ドローン、Mavic 2 Pro と Mavic 2 Zoom を発表しました。 重量は900g強。飛行時間31分。最大4K/30fpsの動画が撮影可能。さらに Mavic 2 Pro にはハッセルブラッド 1インチCMOS カメラが、また Mavic 2 Zoom には 24-48 mm(35mm判換算)のズーム機能が搭載されています。 国内では Mavic 2 Pro が ¥189,000、Mavic 2 Zoom が¥162,000 でいずれも9月7日より発売開始予定です。 Mavic 2シリーズの紹介(DJI) Mavic 2シリーズの仕様(DJI) DJI introduces two new drones: the Mavic 2 Pro and Mavic 2 Zoom(dronedj) Mavic 2シリーズを買う(Amazon.co.jp) iPhoneでドローンを飛ばす方法
Apple Store京都店、8月25日四条高倉にオープン

2018/08/14

かねてよりウワサされていた、Apple Storeの京都店が、8月25日四条高倉にオープンするようです。 アップルのサイトにはすでに 店舗の紹介ページ が公開されています。 場所は四条通に面して、高倉通を挟んで大丸の東隣、京都四条高倉セントラルビル:京都ゼロゲートの1階です。 8月25日(土)の10:00より営業開始。営業時間は午後9時までです。 Apple Store京都店の紹介(アップル)
moves終了!代替アプリSilentLog/Googleマップタイムラインを紹介しました

2018/07/21

インストールするだけで自分の位置情報を自動記録してくれる、GPSロガーアプリがあります。 これを使えば、旅行や出張などで、何時にどこにいたか、かかった移動時間などが後から確認できます。 有名なmovesアプリが2018年7月でサービス終了となりますが、この代替アプリとして SilentLogと、Googleマップタイムラインを紹介します。 SilentLogの使い方:GPSロガー:位置情報の自動記録 Googleマップタイムラインの使い方:GPSロガー:位置情報の自動記録
アップル、iTunes12.8.0.150を公開。

2018/07/15

アップルは、 iTunes12.8.0.150を公開しました。 今回の修正点は、リリースノートによると、「 このアップデートでは、アプリケーションやパフォーマンスが若干改善されます。 」とのことです。 iTunesダウンロード(アップル) iTunesの紹介(アップル) iTunesのバージョンアップ/アップデート手順 iTunesのインストール手順
アップル、iOS11.4.1リリース。USBポートのアクセス制限機能を有効に。

2018/07/10

アップルは、iOS11.4以来約1か月振りに、 iOS 11.4.1, HomePod 11.4.1, watchOS 4.3.2, tvOS 11.4.1 をリリースしました。 今回は不具合の修正がメインで、また新しい USBポートのアクセス制限機能 も有効にされたようです。 今回の修正点は、リリースノートによると「 iOS 11.4.1には、以下のiPhoneおよびiPadのバグの修正およびセキュリティの改善が含まれます:
・ "iPhoneを探す"で、AirPodsの最後の位置情報を見ることがいできない問題を修正 ・ Exchangeアカウントで、メール、連絡先、メモの同期の信頼性を改善
このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください: <https://support.apple.com/ja-jp/HT201222>
」とのことです。 Apple's iOS 11.4.1 update makes USB Restricted Mode active(appleinsider) Apple Releases iOS 11.4.1 With Bug Fixes, USB Restricted Mode(macrumors) Apple releases iOS 11.4.1, HomePod 11.4.1, tvOS 11.4.1 & watchOS 4.3.2(appleinsider) iOSのバージョンアップ/アップデート手順