• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

iPhone 14 Pro / Pro Maxの説明と仕様

iPhone 14 Pro / Pro Maxの特徴

iPhone 14 Pro / Pro Maxは、 2022年09月07日水曜日10:00PDT(日本時間09月08日木曜日午前2時)より アップル本社のSteve Jobs theater、およびオンラインで開催されたイベント“Far Out”において、 iPhone 14 / 14 Plus Apple Watch Ultra Apple Watch Series 8 Apple Watch SE2(2022) とともに発表されました。

iPhone 14 Pro / Pro Max の特徴


2021年9月に発売された iPhone 13 Pro / Pro Max の後継モデルです。
今回もiPhone 12シリーズから続く、アルミフレームの角ばったデザインとガラス張りの背面。 そして今回もカメラのレンズ部分が前モデルより大きくなりました。 本体サイズは前モデルと比べて iPhone 14 Proが高さで0.8mm、厚さで0.1mm大きくなり、重量は3g増加しました。 一方iPhone 14 Pro Maxは高さで0.1mm、幅で0.5mm小さく、厚さで0.2mm大きくなり、重量は2g増加しました。 iPhone 13 Proシリーズとほぼ同じ形状ですが、背面のカメラの突起部分が大きくなっているので、ケースはiPhone 14専用のものが必要です。

iPhone 14 / 14 Plus と共通の特徴


ビデオ撮影時にはアクションカメラのように激しい動きの撮影でもブレを抑える「アクションモード」を搭載。これは最大2.8K、60fpsまでサポートします。 また、米国モデルでは物理SIMスロットが無くなり、eSIMのみの対応となります。
緊急SOS機能 は新たに衛星通信にも対応、信号が弱い地域では衛星経由で緊急テキストメッセージを送信できます。 メッセージのデータ容量は1/3に圧縮され、15秒未満で緊急テキストメッセージを送信可能。アップルの中継センターを経由して、携帯電話キャリアに転送されます。 衛星通信は米国とカナダで11月から開始、iPhone14購入後2年間は無料で使用可能です。 また、緊急SOSには新たに搭載したハイダイナミックレンジジャイロ、高重力加速度センサーを使った衝突事故検出(Crash Detection)も搭載、重大な交通事故が発生したと考えられるときに、10秒間ユーザーの反応がないときには自動的に緊急電話を掛けます。
バッテリー持続時間も約1時間改善され、iPhone 14 Pro で23時間、Pro Maxで29時間のビデオ再生が可能です。 なお、Apple Watchを持たないiPhoneユーザーでもApple Fitness+サービスが使えるようになります。
そして今回も全世界でデュアルSIMに対応(携帯キャリアの対応が必要です)。 耐水性能はiPhone13/12と同じくIP68(最大水深6メートルで最大30分間)。 Bluetoothは5.3にバージョンアップ。 USBコネクタは従来通り Lightningのままで、Type-Cへの置換は行われませんでした。 日本では今回も5G NR mmWaveには非対応。またWi-Fi 6E(6GHz帯)にも未対応です。

iPhone 14 Pro / Pro Max 固有の特徴


CPUは最新のA16 Bionicを搭載。 A15同様、6コアCPUと5コアGPU、16コアのニューラルエンジンを搭載しています。 そしてApple Watch同様常時オンディスプレイを搭載、スリープから復帰させなくても、ロック画面のウィジェットや通知、時刻をいつでも見ることができます。 スリープ時には画面は若干暗くなり、リフレッシュレート1Hzで更新されます。 ただし画面を下に向けて置くと、ディスプレイは消灯します。 また、画面照度は屋外で最大2,000 nitsまで上げることができ、明るい屋外でも画面が見やすくなります。
新しく楕円形にデザインされたFace IDセンサー部分は「ダイナミックアイランド(Dynamic Island)」と呼び、各種通知はこのデザインに沿うように画面上部に表示されます。 そしてどのアプリを使っているときでも、この部分にはバックグラウンドで進行している情報が表示されます。 なお、ここを左右にスワイプすると、ダイナミックアイランドに表示されている情報を隠すこともできます。
カメラについては、 メイン(広角)カメラは新たに解像度が4倍になる4,800万画素のセンサーを使い、より鮮明な1,200万画素の写真が撮影可能。 またこのセンサーを2倍望遠カメラとして使用することにより、ドット補完が無い2倍ズームを実現します。 そしてProRAW撮影では4,800万画素そのままのイメージが得られます。 なお、超広角、望遠レンズは従来同様1,200万画素です。 シネマティックモードは新たに4K 30/24fps 対応。プロ用機材で撮影したビデオとシームレスに接続できます。 そしてGPSについては、従来のL1信号に加えて、より強力で高度なL5信号も受信できる高精度2周波GPSも搭載しています。

モデル・価格・発売日


本体カラーは前モデルからグラファイト、シエラブルーが無くなり、ゴールド、シルバー、スペースブラック、ディープパープルの4色です。 ストレージ容量は前モデル同様 128GB、256GB、512GB、1TB の4モデル。 価格は前モデルから約3~4万円高くなり、iPhone 14 Pro が149,800円~224,800円、iPhone 14 Pro Maxが164,800円~239,800円です。 9月9日(金)午後9時より予約受付開始、9月16日(金)より発売開始です。
なお、iPhone 14 Pro / Pro Maxにパソコンから音楽、ビデオなどを転送するには、 2022年09月にリリースされるiTunesバージョン12.10.10以降(12.12)、macOS Catalina 10.15、macOS El Capitan 10.11.6からmacOS Mojave 10.14.6(iTunes 12.8以降)が必要です。

旧モデルのディスカウント値上げ


iPhone 11、iPhone 12 mini、iPhone 13 Proシリーズは販売終了となり、 iPhone 12 は64GB(92,800円), 128GB(99,800円), 256GB(114,800円)モデルが、 iPhone 13 は128GB(107,800円), 256GB(122,800円), 512GB(152,800円)モデルが、 iPhone 13 mini は128GB(92,800円), 256GB(107,800円), 512GB(137,800円)モデルが、 いずれも価格を約1万円値上げして継続販売されます。

Magsafeアクセサリに対応

2020年発売のiPhone12シリーズから、新しいアクセサリシリーズ : Magsafeアクセサリに対応しています。 Magsafeに対応したiPhoneの背面には、ワイヤレス充電コイルを取り囲むように磁石が埋め込まれており、Magsafeに対応した充電器やケースが、磁石の力でピッタリ本体に吸い付きます。 一般的なQi無線充電器では7.5Wでの充電となるのに対して、Magsafe充電器を使うと、15Wのハイパワーで充電できます(アップルの20W ACアダプタ、または9V2.22A以上、PD3.0をサポートするACアダプタ接続時)。

iPhone 14 Pro / Pro Max用ケース・アクセサリ

iPhone 14 Pro / Pro MaxはiPhone 13 Pro / Pro Maxとほぼ同じ大きさです。しかし背面カメラ回りの突起が大きくなっています。 また、FaceIDのセンサーが収められている前面ガラスの「ノッチ」が「Dynamic Island」へ形状変更しています。 このため、ケースや保護シートは、iPhone 14 Pro / Pro Max専用のものが必要です。
なお、iPhone 14とiPhone 14 Proは同じ大きさ・形状ですが、背面カメラ回りの突起の大きさが異なり、前面カメラのデザインも異なります。このためiPhone 14 Proは専用アクセサリが必要です。 また、Proモデルは背面がスリガラス仕上げのため、背面保護シートがきれいに貼りつきません。このためiPhone 14 Pro / Pro Max用の背面保護シートはほとんど販売されていません
また、ACアダプタやバッテリなどの充電/電源系、スピーカなどの音声出力系などは、従来の「Lightning」コネクタ用アクセサリのほとんどで互換性があります。

iPhone 14 Pro / Pro Maxの価格

iPhoneは大手三大キャリアと楽天モバイルの店頭およびオンラインショップで購入が可能です。 また、格安SIMも使えるSIMフリーモデルはApple Store(店頭およびオンラインショップ)で購入が可能です。
本体価格(一括)
iPhone 14 Pro
128GB256GB512GB1TB
AppleStore149,800円164,800円194,800円224,800円
SoftBank175,680円201,600円238,320円275,040円
au/KDDI175,860円201,925円238,555円275,415円
NTT docomo174,130円198,880円238,480円275,220円
Rakuten164,800円181,800円214,800円247,800円
iPhone 14 Pro Max
128GB256GB512GB1TB
AppleStore164,800円179,800円209,800円239,800円
SoftBank201,600円220,320円257,040円281,520円
au/KDDI201,925円220,355円257,100円293,845円
NTT docomo201,850円220,330円257,070円289,300円
Rakuten181,800円197,800円230,800円263,800円
(契約内容により負担額は変動します)

iPhone 14 / 14 PlusとiPhone 14 Pro / Pro Maxの違い

同時に発表されたiPhone 14 / 14 PlusとiPhone 14 Pro / Pro Max、違いは見た目ですぐにわかる本体の大きさ、重さ、カラーバリエーションの他に、下記のようなものがあります。
背面カメラの数
Pro / Pro Maxは背面に超広角、広角、標準(望遠)のトリプルカメラを搭載していますが、14 / 14 Plusは超広角と広角のダブルカメラです。またPro / Pro Maxはマクロ撮影が可能となり、ナイトモード(夜景撮影)が強化されています。
CPUモデル
iPhone 14 Proシリーズは新しいA16 CPUですが、14シリーズは13シリーズと同じA15 CPUです。ただし内蔵されているGPUのコア数は1つ増加してA16と同じ5コアとなっています。
ストレージ容量
Pro / Pro Maxは 1TB / 512GB / 256GB / 128GB の4モデルですが、14 / 14 Plusは 512GB / 256GB / 128GB の3モデルです。
ディスプレイ
Pro / Pro Maxは 120Hz駆動のProMotion:アダプティブリフレッシュディスプレイが搭載されています。
LiDARスキャナ
Pro / Pro Maxには、物体への距離が測れるLiDARスキャナが搭載されています。
写真・ビデオ撮影
Pro / Pro Maxでは、マクロ写真撮影、Apple ProRAW撮影、ProResビデオ撮影、マクロビデオ撮影が可能です。またDNG形式に対応しています。
この他についてはほぼ同機能と考えて構いません。

デュアルSIMに対応

iPhone 14 Pro / 14 Pro Maxは、前モデルから引き続きデュアルSIMに対応しています。 従来の物理SIMカードに加え、SIMカードを電子回路として内蔵する「eSIM」を搭載しています。 さらにキャリアがサポートしている場合は、2つのeSIMが使用可能です。 (中国、香港、マカオモデルの iPhone 14 Pro / 14 Pro Max はデュアル物理SIMです) このため、2つのSIM(電話番号)を同時にセットして、どちらも待ち受け待機(Dual SIM Dual Standby (DSDS))できます。 会社用の電話と私用電話を1台にまとめたり、海外渡航時に、音声通話を日本の電話番号で、データ通信を現地の低価格なサービスで利用する、などが考えられます。 詳しくは下記をご覧ください。

iPhoneの耐水性能

iPhoneは、2016年発売の 7 / 7Plus シリーズからIP67等級の耐水能力を装備。 iPhone 12 シリーズ以降ではIP68等級の「最大水深6メートルで最大30分間」の耐水能力を装備しています。

オンラインマニュアル

アップルは、iPod/iPad/iPhoneのブラウザSafari(サファリ)からアクセス可能なオンラインマニュアル「iPod/iPad/iPhoneユーザーガイド」を公開しています。
さらに、アップルのiPod/iPad/iPhoneのマニュアルダウンロードページ では、このオンラインマニュアルをiBook(ePub)形式ファイルにした詳しい説明書をダウンロードすることができます。

iPhone 14 Pro / Pro Max の仕様

モデルバリエーション

iPhone 14 Pro
スペースブラック 1TB 512GB 256GB 128GB
ゴールド 1TB 512GB 256GB 128GB
シルバー 1TB 512GB 256GB 128GB
ディープパープル 1TB 512GB 256GB 128GB

Amazon.co.jpで買う 楽天で買う アップルストアで買う


iPhone 14 Pro Max
スペースブラック 1TB 512GB 256GB 128GB
ゴールド 1TB 512GB 256GB 128GB
シルバー 1TB 512GB 256GB 128GB
ディープパープル 1TB 512GB 256GB 128GB

Amazon.co.jpで買う 楽天で買う アップルストアで買う

仕様

iPhone 14 Pro / Pro Max モデル番号
iPhone 14 Pro A2650(米国、プエルトリコ), A2889(日本、カナダなど), A2892(中国・香港・マカオ), A2891(ロシア、カザフスタンなど), A2890(EU、オーストラリア、その他の国と地域)
iPhone 14 Pro Max A2651(米国、プエルトリコ), A2893(日本、カナダなど), A2896(中国・香港・マカオ), A2895(ロシア、カザフスタンなど), A2894(EU、オーストラリア、その他の国と地域)
iPhone 14 ProiPhone 14 Pro Max
メーカー アップル
発表2022年09月07日(水)10:00(日本時間09月08日02:00)
発売 2022年09月09日(金)午後9時より予約受付開始、9月16日(金)より発売開始。
サイズ 高さ147.5mm x 幅71.5mm x 厚さ7.85mm (iPhone 13 Proより0.8mm高く、0.1mm厚い、またiPhone 14より0.8mm高く、0.05mm厚い) 高さ160.7mm x 幅77.6mm x 厚さ7.85mm (iPhone 13 Pro Maxより0.1mm低く、0.2mm厚い、またiPhone 14 Plusより0.1mm低く、0.5mm狭く、0.05mm厚い)
重さ 206g (iPhone 13 Proより3g重い) 240g (iPhone 13 Pro Maxより2g重い)
容量 1TB / 512GB / 256GB / 128GB
対応オーディオフォーマット AAC、MP3、Apple Lossless、FLAC、ドルビーデジタル(AC-3)、ドルビーデジタルプラス(E-AC-3)、ドルビーアトモスなどのフォーマットに対応、 空間オーディオ再生(Spatial audio playback)
(Audible, Linear PCM の対応については言及無し, AIFF, WAVには非対応)
対応ビデオフォーマット HEVC、H.264、ProResなどのフォーマットに対応、 HDR(ドルビービジョン、HDR10、HLG)
(MPEG-4 Part 2, Motion JPEG の対応については言及無し)
表示可能なドキュメントの種類 (iPhone 13シリーズと同じ)
.jpg, .tiff, .gif (images); .doc and .docx (Microsoft Word); .htm and .html (web pages); .key (Keynote); .numbers (Numbers); .pages (Pages); .pdf (Preview and Adobe Acrobat); .ppt and .pptx (Microsoft PowerPoint); .txt (text); .rtf (rich text format); .vcf (contact information); .xls and .xlsx (Microsoft Excel); .zip; .ics; .usdz (USDZ Universal)
カラーバリエーション ゴールド、シルバー、スペースブラック、ディープパープル
防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級
(最大水深6メートルで最大30分間)
バッテリ リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵 12.38Wh / 3,200mAh
持続時間 ビデオ再生最大23時間 / ビデオ再生(ストリーミング)最大20時間 / オーディオ再生最大75時間
リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵 16.68Wh / 4,323mAh
持続時間 ビデオ再生最大29時間 / ビデオ再生(ストリーミング)最大25時間 / オーディオ再生最大95時間
最大15WのMagSafeワイヤレス充電、 最大7.5WのQiワイヤレス充電、 約30分で最大50%充電(20W以上のアダプタを使用時)
ディスプレイ 6.1インチオールスクリーンOLED(有機EL)“Super Retina XDR”ディスプレイ
(2,556 x 1,179ピクセル 460ppi)
6.7インチオールスクリーンOLED(有機EL)“Super Retina XDR”ディスプレイ
(2,796 x 1,290ピクセル 460ppi)
Dynamic Island常時表示ディスプレイ、 最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つProMotionテクノロジー、 HDRディスプレイ、 True Tone、 広色域(P3)、 触覚タッチ(Haptic Touch)、 2,000,000:1コントラスト比、 最大輝度1,000 nit(cd/m2)(標準)、ピーク輝度 1,600 nit(cd/m2)(HDR)、ピーク輝度2,000 nit(cd/m2)(屋外)、 耐指紋性撥油コーティング
携帯電話の方式 Model A2650(14 Pro) / A2651(14 Pro Max) (米国)
5G NR (Bands n1, n2, n3, n5, n7, n8, n12, n20, n25, n26, n28, n29, n30, n38, n40, n41, n48, n66, n70, n71, n77, n78, n79);
5G NR mmWave (Bands n258, n260, n261);(仕様表記ミス??)
FDD-LTE (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 11, 12, 13, 14, 17, 18, 19, 20, 21, 25, 26, 28, 29, 30, 32, 66, 71);
TD-LTE (Bands 34, 38, 39, 40, 41, 42, 46, 48);
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA (850, 900, 1700/2100, 1900, 2100 MHz);
GSM/EDGE (850, 900, 1800, 1900 MHz);
( CDMA EV-DO Rev. A には非対応)
Model A2889(14 Pro) / A2893(14 Pro Max) (日本/カナダなど販売モデル)
5G NR (Bands n1, n2, n3, n5, n7, n8, n12, n14, n20, n25, n26, n28, >n29, n30, n38, n40, n41, n48, n53, n66, n70, n71, n77, n78, n79);
FDD-LTE (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 11, 12, 13, 14, 17, 18, 19, 20, 21, 25, 26, 28, 29, 30, 32, 66, 71);
TD-LTE (Bands 34, 38, 39, 40, 41, 42, 46, 48, 53);
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA (850, 900, 1700/2100, 1900, 2100 MHz);
GSM/EDGE (850, 900, 1800, 1900 MHz);
( CDMA EV-DO Rev. A には非対応)
Model A2892(14 Pro) / A2896(14 Pro Max)(中国、香港、マカオ)
5G NR (频段 n1, n2, n3, n5, n7, n8, n12, n20, n25, n26, n28, n30, n38, n40, n41, n48, n66, n70, n77, n78, n79)
FDD‑LTE (频段 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 28, 30, 32, 66)
TD‑LTE (频段 34, 38, 39, 40, 41, 42, 46, 48)
UMTS/HSPA+/DC‑HSDPA (850, 900, 1700/2100, 1900, 2100 MHz)
GSM/EDGE (850, 900, 1800, 1900 MHz)
( CDMA EV-DO Rev. A には非対応)
Model A2891(14 Pro) / A2895(14 Pro Max)(ロシア/カザフスタンなど)
(略)
Model A2890(14 Pro) / A2894(14 Pro Max)(EU、その他の地域)
(略)
4x4 MIMO対応5G(sub-6 GHz), 4x4 MIMOとLAA対応ギガビット級LTE
SIMカードの形式デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)、デュアルeSIMに対応
CPU 6コア A16 Bionic 64bit, 5コア GPU, 16コア Neural Engine搭載
メモリ 6GB LPDDR5
無線LAN機能2x2 MIMO対応Wi‑Fi 6(802.11ax)
Bluetooth5.3
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps), 1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps), 720p HDビデオ撮影(30fps), シネマティックモード(最大4K HDR、30fps), アクションモード(最大2.8K、60fps), ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps), 最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)、 マクロビデオ撮影(スローモーションとタイムラプスに対応)、 スローモーションビデオ(1080p 解像度 120 fps, 240 fps), 手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ・ナイトモードのタイムラプス, オーディオズーム、 ステレオ録音
形式:HEVC、H.264
リアカメラ メイン(広角)カメラ: 24mm, 4,800万画素, F/1.78, 第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正
超広角カメラ: 13mm, 1,200万画素, F/2.2, FOV120°
2倍望遠カメラ(メイン(広角)カメラのクアッドピクセルセンサーを活用): 48mm, 1,200万画素, F/1.78, 第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正
3倍望遠カメラ: 77mm, 1,200万画素, F/2.8, 光学式手ぶれ補正 3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ、最大15倍のデジタルズーム
アダプティブTrue Toneフラッシュ、 Photonic Engine、 Deep Fusion、 スマートHDR 4、 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード、 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング、 ナイトモード、 LiDARスキャナを活用したナイトモードのポートレート、 パノラマ撮影(最大63メガピクセル)、 フォトグラフスタイル、 マクロ写真撮影、 Apple ProRAW、 写真とLive Photosの広色域キャプチャ、 レンズ補正(超広角)、 高度な赤目修正、 自動手ぶれ補正、 バーストモード、 写真へのジオタグ添付
形式:HEIF、JPEG、DNG
フロントTrueDepthカメラ 1,200万画素、F/1.9Focus Pixelsを使ったオートフォーカスPhotonic Engine、 Deep Fusion、 スマートHDR 4、 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード、 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング、 ナイトモード、 フォトグラフスタイル、 Apple ProRAW、 写真とLive Photosの広色域キャプチャ、 レンズ補正、 自動手ぶれ補正、 バーストモード
4Kビデオ撮影(24fps, 25fps, 30fpsまたは60fps)、 1080p HDビデオ撮影(25fps, 30fpsまたは60fps)、 シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)、 ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)、 最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)、 1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応、 手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ、 ナイトモードのタイムラプス
添付品 USB-C to Lightning Cable、マニュアル (ACアダプタ、ヘッドフォンは含まれない)
その他の機能 高精度2周波GPS(GPS、GLONASS、Galileo、QZSS、BeiDou)、 デジタルコンパス、iBeacon microlocation、 Face ID顔認証センサー、LiDARスキャナ、気圧計、ハイダイナミックレンジジャイロ高重力加速度センサー、近接センサー、デュアル環境光センサー、 空間認識に対応した超広帯域チップ(Ultra Wideband chip for spatial awareness)、 リーダーモード対応NFC、予備電力機能付きエクスプレスカード、FeliCa

iPhone 14 Pro / Pro Max 関連ニュース&リンク集

基本情報

2022年09月07日 iPhone 14 Pro / Pro Max 発表時の記事