• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

緊急SOSの使い方:非常事態に緊急連絡先に通知する

「緊急SOS」を使用すると、簡単な操作で「警察(110番)」「海上保安庁(118番)」「火事、救急車、救助(119番)」、そして家族など登録した連絡先に、緊急電話をかけることができます。 また(ヘルスケア)アプリの「メディカルID」に登録した緊急情報を見ることができます(iOS11以降)。
緊急SOSの画面は誰でも呼び出すことができます。 自分が緊急事態に直面した場合はもちろん、近くで急病で倒れた人が持っている iPhone / Apple Watch で血液型を確認したり、緊急連絡先に連絡を取ってあげることもできます。
なお「緊急SOS」機能があるのはiPhoneとApple Watchのみです。通話機能を持たないiPod/iPadにはありません。

緊急SOSの設定

まずは(ヘルスケア)アプリの「メディカルID」を設定しておきましょう。 メディカルIDとは、血液型やアレルギー、家族などの緊急連絡先の電話番号など、あなたが緊急事態に陥った時に、医者等に必要な情報を提示出来る機能です。 ヘルスケア アプリの使い方
iPhone 「緊急SOS」の設定は Settings(設定)-(緊急SOS)画面で行います。
「サイドボタンで通報」(iPhone 8以降)を タッチパネル:ON(オン) にすると、Sleep/Wakeボタンを素早く5回連打で「緊急SOS」の呼び出しを行うことができます。
「自動通報」を タッチパネル:ON(オン) にすると、「緊急SOS」の呼び出し操作で、自動的に緊急連絡先に通報を発信します。
ここで通報される緊急連絡先は、 (ヘルスケア)-[メディカルID]-[編集]-[緊急連絡先を追加]で指定します。

iPhoneで緊急SOSを使う

iPhone 緊急事態に直面したら、ロック画面のまま iPhone側面のSleep/Wakeボタンとボリューム(アップまたはダウン)ボタンを同時に長押し(iPhone 8以降)、 またはSleep/Wakeボタンを素早く5回連打(iPhone 7以前)します。 するとこのような画面になります。
「メディカルID」を右にスライドすると、(ヘルスケア)アプリで作成した「メディカルID」を表示することができます。 そこから「メディカルID」に登録した緊急連絡先に電話をかけることもできます。
「緊急SOS」を右にスライドすると・・・
iPhone このような画面になります。 「警察(110番)」「海上保安庁(118番)」「火事、救急車、救助(119番)」に緊急電話をかけることができます。 この通知先は、あなたがいる国と地域によって自動的に切り替わります。世界中どこにいても現地の警察などへ緊急呼び出しができます。
「自動通報」を「オン」にしているときに、Sleep/Wakeボタンとボリュームボタンを ビープ音が鳴るまで長押しすると、 カウントダウンが始まり、カウントダウン終了後に自動的に緊急通報が行われます。 間違ってスタートしてしまった緊急呼び出しを中止するには、画面の「キャンセル」をタップします。
なお、緊急呼び出しを終えると、 「メディカルID」に設定した、家族などの緊急連絡先に、テキストメッセージで、緊急SOSを発信した旨の通知がユーザーの位置情報とともに通知されます。 この通知は「キャンセル」しない限り、位置情報が変わるたびに通知されます。
iPhone なお、一度「緊急SOS」画面を呼び出すと、以降は Face ID(顔認証)TouchID(指紋認証)によるログインはできなくなります。 必ずパスコードによるログインが必要です。 これにより、他者によって強制的に自分の顔や指を使ってiPhoneにログインさせられることが無くなります。
一度パスコードによるログインを行えば、それ以降はまたFaceID、TouchIDが使用できるようになります。 Face ID(顔認証)の使い方 Touch ID(指紋認証)の使い方 パスコードロックの使い方と解除方法
iPhone で緊急 SOS を使う(アップル)

Apple Watchで緊急SOSを使う

iPhone
Apple Watchのサイドボタンを長押しすると、図のような画面となります。
「メディカルID」を右にスライドすると、iPhoneの (ヘルスケア)アプリで作成した「メディカルID」を表示することができます。
また「緊急SOS」をスライドすると、「警察(110番)」「海上保安庁(118番)」「火事、救急車、救助(119番)」のメニューが表示されます。 この通知先は、あなたがいる国と地域によって自動的に切り替わります。世界中どこにいても現地の警察などへ緊急呼び出しができます。
(Watch)-[マイウオッチ]-[緊急SOS]-[長押しして自動通報]を タッチパネル:ON(オン)にしておくと、 Apple Watchのサイドボタンをピープ音が鳴るまで長押しすると、カウントダウンが始まり、 カウントダウン終了後に自動的に緊急通報が行われます。 間違ってスタートしてしまった緊急呼び出しを中止するには、画面を強く押して「キャンセル」をタップします。
緊急通報を自動的に行うには、 (Watch)-[マイウオッチ]-[パスコード]-[手首検出]を タッチパネル:ON(オン)にしておく必要があります。
なお、緊急呼び出しを終えると、 「メディカルID」に設定した、家族などの緊急連絡先に、テキストメッセージで、緊急SOSを発信した旨の通知がユーザーの位置情報とともに通知されます。 この通知は「キャンセル」しない限り、位置情報が変わるたびに通知されます。 Apple Watch で緊急 SOS を使う(アップル)

Apple Watchの転倒検出機能を使う

Apple Watch Series 4以降では、ユーザーの「落下」「転倒」「スリップ」を検出・警告して、必要に応じて緊急連絡先に通知することができます。
この機能を有効にするには、 (ヘルスケア)アプリで「メディカルID」を設定したうえで、 (Watch)-[マイウオッチ]-[緊急SOS]の画面で「転倒検出」を タッチパネル:ON(オン) にします(65歳以上のユーザーでは自動的に「オン」となります)。
Apple Watchがユーザーの転倒を検出すると、振動とアラーム音が鳴り、 画面に「転びましたが大丈夫です」「転んでいません」「緊急SOS」の3つのボタンが表示されます。 その後Apple Watchがユーザーの動きを検知したときは、いずれかのボタンが選択されるのを待ちます。 もし1分間ユーザーの動きが検出できなかったときは、15秒のカウントダウンが始まり、カウントダウン終了後に自動的に緊急通報(119番)が行われます。
緊急通報を自動的に行うには、 (Watch)-[マイウオッチ]-[パスコード]-[手首検出]を タッチパネル:ON(オン)にしておく必要があります。
なお、緊急呼び出しを終えると、 「メディカルID」に設定した緊急連絡先に、テキストメッセージで、緊急SOSを発信した旨の通知がユーザーの位置情報とともに通知されます。 この通知は「キャンセル」しない限り、位置情報が変わるたびに通知されます。
なお、この転倒検出機能は、すべての場合に正しく検出できるわけではありません。 激しい運動をしたときに誤検出したり、あまり衝撃が激しくなかったときは転倒を検出できないこともあります。 Apple Watch Series 4 で転倒検知機能を使う(アップル)