• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchのコンパス(方位磁石)/水平儀の使い方

コンパスの使用できるApple Watch

コンパスの使用できるApple Watchは、本体に電子コンパスを内蔵した、2019年9月発売の Series 5 以降です。

コンパス/水平儀の使い方

iPhone Apple Watchでコンパスを起動するとこのような画面になります。 起動直後は「北」を示す矢印の周りに、扇状の赤い影がついています。 これは精度を示しています。
その場でぐるりと一周ほど回るとキャリブレーションが行われ、扇状の赤い影がしぼんでいきます。
iPhoneの コンパス(方位磁石)/水平儀/水準計 と同じように、シンプルに方角を知ることができます。
iPhone 画面をスクロールすると、「傾斜」「高度」「緯度・経度」が表示されます。 「傾斜」ではApple Watchの傾きが読めます。水平儀としても使えます。
iPhone さらに画面をスクロールすると、「方角を追加」というボタンが現れます。 その時の、北の方角からの角度を記憶します。
iPhone 「方角を追加」をタップすると、このような画面になります。 「完了」をタップするとその角度が記憶されます。 左上には記憶した角度が赤い数値で表示され、コンパス上には、その方角に赤いマーカーが付きます。 コンパスを回すと、記憶した角度と、現在向いている方角との差分が赤くマークされます。
iPhone 「方角を追加」した後に画面をスクロールすると、「方角を編集」「方角を消去」というボタンが現れます。 「方角を編集」をタップすると、記憶した角度を現在の角度で上書きします。 「方角を消去」をタップすると、記憶した角度を消去します。
iPhone Apple Watchで (設定)-[コンパス]を開くと「磁北」を示すか「真北」を示すかを選択することができます。
なお、この設定は、iPhoneの(Watch)アプリにはありません。

コンパス・高度計を文字盤に大きく表示する

iPhone 文字盤に、watchOS7から追加された「特大(X-LARGE)」を使えば、コンプリケーションとして、文字盤画面一面にコンパスを表示させることができます。 ハイキングなどに便利ですね。
iPhone 同様に、Series 6 から常時動作する高度計を「特大(X-LARGE)」のコンプリケーションに選べば、ちょっとした登山に良いかもしれません。

もっとApple Watchのことを知りたい