• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchのコンパス(方位磁石)/水平儀の使い方

コンパスの使用できるApple Watch

コンパスの使用できるApple Watchは、本体に電子コンパスを内蔵した、2019年9月発売の Series 5 以降です。 なお、 ウェイポイント記録機能 バックトレース機能 が使えるのは、watchOS9以降にアップデートしたSeries 6以降のみです。

コンパス/水平儀の使い方

iPhone Apple Watchでコンパスを起動するとこのような画面になります。
iPhoneの コンパス(方位磁石)/水平儀/水準計 と同じように、シンプルに方角を知ることができます。
なお「北」を示す矢印の周りに、扇状の影が表示される場合があります。 これは精度を示しています。 その場でぐるりと一周ほど回るとキャリブレーションが行われ、扇状の影がしぼんでいきます。
詳細情報を読む
iPhone アイコンをタップすると、このような画面になります。 「傾斜」「高度」「緯度・経度」が表示されます。 「傾斜」ではApple Watchの傾きが読めます。水平儀としても使えます。
方角を覚えておく
iPhone さらに画面をスクロールすると、「方角」というボタンが現れます。 その時の、北の方角からの角度を記憶しておくことができます。
iPhone 「方角」をタップすると、このような画面になります。 「完了」をタップすると、その角度が記憶されます。 左上には記憶した角度が赤い数値で表示され、コンパス上には、その方角に赤いマーカーが付きます。 コンパスを回すと、記憶した角度と、現在向いている方角との差分が赤くマークされます。
iPhone 記憶した角度は、コンパスのメイン画面でも確認できます。 コンパスを回すと、記憶した角度と、現在向いている方角との差分がオレンジでマークされます。
iPhone 「方角」を追加した後に 画面をスクロールすると、「方角を消去」というボタンが現れます。 「方角」欄には現在記憶している方角が表示されています。これをタップすると、記憶した角度を現在の角度で上書きします。 「方角を消去」をタップすると、記憶した角度を消去します。
各種設定
iPhone Apple Watchで (設定)-[コンパス]を開くと、このような画面になります。 指針が「磁北」を示すか「真北」を示すか、またGPSの表示座標系を選択することができます。
なお、この設定は、iPhoneの(Watch)アプリにはありません。

コンパス・高度計を文字盤に大きく表示する

iPhone 文字盤に、watchOS7から追加された「特大(X-LARGE)」を使えば、コンプリケーションとして、文字盤画面一面にコンパスを表示させることができます。 ハイキングなどに便利ですね。
iPhone 同様に、Series 6 から常時動作する高度計を「特大(X-LARGE)」のコンプリケーションに選べば、ちょっとした登山に良いかもしれません。
iPhone なお、 バックトレース を有効にしているときは、常に文字盤の代わりにコンパスアプリが表示されます。

ウェイポイント(通過点)を記録・表示する

GPSの座標を記録し、それをウェイポイント(Waypoint:通過点)としてコンパスのメイン画面に表示することができます(watchOS9以降にアップデートしたSeries 6以降)。
iPhone アイコンをタップすると、このような画面になります。 現在の座標と地図が表示されます。 画面右上の「完了」をタップすると、現在の座標がウェイポイントとして記録できます。
画面の下の方では、このウェイポイントに付ける色とアイコンが選べます。
アイコンをタップするたびに、新しいウェイポイントが追加できます。
iPhone 上の画面を最後までスクロールすると、「ウェイポイントを表示」と書かれている部分があります。 これを タッチパネル:ON(オン) にすると、このウェイポイントがコンパスのメイン画面に表示されます。
iPhone コンパスのメイン画面に戻ると、このようにウェイポイントが赤い点で表示されます。
この画面のスケール/拡大率は、 デジタルクラウンで変更 できます。
iPhone メイン画面をタップすると、これまでに記録したウェイポイントの一覧が表示されます。 選択すると、ウェイポイントの詳細情報が表示されます。
iPhone ウェイポイントの詳細情報画面の一番下には「ウェイポイントを削除」ボタンがあります。 これをタップすると、記録したウェイポイントが削除できます。
iPhone ウェイポイントは 画面にも表示されます。 これをタップしてもウェイポイントの詳細情報が表示されます。

駐車場に止めたあなたの車を探す

駐車した場所を表示するには、自動車にCarPlay機器/Bluetooth接続のカーオーディオ/FMトランスミッターやハンズフリーマイクなどが取り付けられている必要があります。 Bluetooth機器との接続が切れた場所を「駐車した場所」として表示します。 まずはiPod/iPad/iPhoneを、自動車に搭載したカーオーディオ等とBluetoothで接続してください。
iPhone 自動車に搭載した機器とのBlueTooth通信が切断された場所が、自動的にウェイポイントとして記録されます。 コンパスを開いて、デジタルクラウンを回してスケールを変更すると、その場所に青いウェイポイントが表示されます。 そしてその方角を向くと、青いウェイポイントが自動車のアイコンに変わります。
iPhone 画面をタップして「駐車中の車」を「選択」すると...
iPhone このような画面になります。 自動車の方角と距離がわかります。 画面右下のアイコンをタップすると、地図上で自動車の位置を確認することができます。
iPhone また、この機能は「駐車中車両のウェイポイント」という名前で、文字盤のコンプリケーションとしても提供されています。
iPhone なお、駐車した場所は、iPad/iPhoneのマップアプリでも知ることができます。 詳しくは マップ(地図)で車を駐車した場所を表示する をご覧ください。

コンパスの表示・スケールを切り替える

iPhone コンパスを表示しているときにデジタルクラウンを廻すと、スケールを変更することができます。 このように、コンパスの円内に表示される範囲を調整できます。 デジタルクラウンを右(上)に向かって回わすと、表示範囲が広がっていきます。
iPhone デジタルクラウンを左(下)に向かって回し切ると、このように文字表示に切り替わります。

バックトレースを行う/遭難に備えて経路を記録する

GPSの座標を自動的に連続して記録し、それを移動経路としてコンパスのメイン画面に表示することができます(watchOS9以降にアップデートしたSeries 6以降)。 遭難に備えて、元の位置に戻るための経路を記録することができます。
iPhone アイコンをタップすると、このような画面になります。 「開始」をタップするとバックトレースが開始されます。
iPhone コンパスはメイン画面に切り替わり、あなたの移動経路が赤いラインで描画されます。 このままハイキングを続けてください。 経路が見にくいときは、デジタルクラウンを回して、スケールを変更してください。
iPhone 道に迷ったら、あるいはバックトレースが不要になったら アイコンをタップします。
「足取りを削除」をタップすると、これまで記録した移動経路を削除し、バックトレースを終了します。
「足取りをたどる」をタップすると...
iPhone このような画面に切り替わります。 進むべき(戻るべき)方向が白いラインで示されます。 ラインに従って進むと、出発点(バックトレースを開始した場所)に戻れます。
この画面のスケール/拡大率は、 デジタルクラウンで変更 できます。
なお、マップアプリのように、曲がり角をナビゲーションしてくれるわけではありません。 経路を外れてズンズン進んでいっても、警告などは通知されません。
iPhone 戻っているときに、画面右下の (足跡アニメーション) をタップすると、このような画面になります。
「バックトレースを続ける」をタップすると、戻るのをやめて、その場所からバックトレースが再開できます。 無事予定していたハイキングコースに戻れたら、これをタップしてバックトレースを再開してください。

もっとApple Watchのことを知りたい