• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

ヘルスケア アプリの使い方

ヘルスケアは、健康・フィットネス関連のアプリ/周辺機器からの情報を集約して統計表示してくれるアプリです(iOS8以降)。
ここではiPod/iPad/iPhoneのヘルスケア アプリの使い方を紹介します。

ヘルスケア・アプリ単体でできること

ヘルスケア・アプリは、脈拍や血圧、睡眠時間、体重など、iPhoneと連動する 各種ヘルス&フィットネスアクセサリApple Watch からの情報を一か所に集約してくれるアプリです。 しかし、これらのアクセサリを持っていなくても、iPhoneだけあれば下記のことができます。
  • iPhone内蔵のモーションコプロセッサで歩数を測る(iPhone5s以降)
  • 歩数情報をもとに移動距離を測る
  • 気圧計の情報をもとに「上がった階数」を測る(iPhone6以降)
  • ベッドタイム」機能で睡眠時間を集計・分析する(iOS10以降)
  • 緊急時にiPhoneの画面に緊急連絡先や血液型などを表示する「メディカルID」を作る
歩数、移動距離、上がった階数は、何も設定することなく自動的にiPhoneが計測・情報採取してくれます。 また、iPhoneと連動する装置を持っていなくても、すべてのデータは手動で入力することによりグラフ化・管理することが可能です。

ヘルスケアのクイックアクション

iPhone アイコンをタップして、ヘルスケアを起動しましょう。 「3D Touch」に対応したモデル(2015年発売のiPhone 6s / 6s Plus以降、ただしSE, XRを除く)なら、アイコンを強く押すと図のようにクイックアクションを呼び出せます。
また「Appを並べ替える」をタップすると、ホーム画面の編集・アイコンの並べ替えができます(iOS13以降)。 タッチパネル操作方法の基本