• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

歩数その他のアクティビティを表示する | ヘルスケア アプリの使い方

(ヘルスケア) を起動して、画面下の (ブラウズ) をタップするとこのような画面になります。 「アクティビティ」をタップすると・・・
このような画面になります。 ここにはあなたの活動量の情報がまとまっています。
Apple Watchユーザーなら、 Apple Watchの「アクティビティ」アプリ で採取したデータも表示されています。 Apple Watchでフィットネス:アクティビティ
各項目をタップすると詳細情報を見ることができます。
右上の「データを追加」をタップすると、手動で各項目の情報を入力することができます。 Bluetooth接続の装置を持っていなくても、手動で入力することによりグラフ化・管理することが可能です。
詳細情報画面の一番下には「オプション」があります。
ここからも「概要」画面の「よく使う項目」に追加することができます。
「すべてのデータを表示」をタップすると、これまでの情報をすべて見ることができます。
「データソースとアクセス」をタップすると、この情報を採取したデバイス、この情報を読み出しているアプリを確認することができます。
情報の種類によっては「単位」を切り替えることもできます。 [ウォーキング+ランニングの距離]の単位を切り替えると、 Apple Watchの アクティビティ の表示単位も変更されます。
次のデータがiPhone単体で表示可能です。
  • 歩数
  • ウォーキング+ランニングの距離(移動距離)
  • 上った階数
Apple Watchを身に着けていると、次のデータが表示可能です。
  • アクティビティ(ムーブ・エクササイズ・スタンドの進捗)
  • アクティブエネルギー(エネルギー燃焼量)
  • 安静時消費エネルギー
  • エクササイズ時間( 早歩き、またはそれ以上の激しい運動をした時間)
  • 最大酸素摂取量
  • ワークアウト

もっとヘルスケア アプリのことを知りたい