• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

iPhoneとApple Watchで睡眠管理

iPhoneまたはApple Watchを使って、日々の睡眠管理ができます(iOS14以降)。 睡眠の情報は (ヘルスケア) アプリで管理され、毎日の就寝と起床の時刻を記録し、設定した目標睡眠時間と比較し、睡眠分析チャートを表示してくれます。
なお、この機能はiPadにはありません。 また、iOS13以前の(時計)アプリに搭載されていた ベッドタイム 機能は削除されました。

管理できる項目

「睡眠」機能では、以下のような項目を管理できます。
睡眠スケジュール
日々の睡眠時間の計画を立てます。 目標とする睡眠時間、就寝・起床時刻を設定し、達成状況を確認します。
睡眠モード
睡眠時間になったら、デバイスの設定を変更します。 おやすみモード を有効にして、電話、メールの着信、その他通知を抑止します。 また画面を暗くし、時計表示のみにして、余分な情報を隠してくれます。
就寝準備(Wind Down)
睡眠モードに入る前の準備時間を設定します。 睡眠時間が近づくと、画面には間もなく睡眠時間になることが通知されます。 また、自動的にショートカットを起動することにより、静かな音楽を聴いたり、HomeKit対応の照明を暗くしたり、歯磨きのためのタイマーをスタートするなどの設定をすることもできます。
睡眠|起床アラーム
目覚ましタイマーです。「睡眠スケジュール」で設定した時刻に従って、目覚ましを設定できます。
眠りにつくことをiPhoneに伝えるには、コントロールセンターから手動で「睡眠」アイコンをタップするか、もしくはおやすみモードの有効化、あるいはデバイスの操作状況から自動検出されます。 Apple Watchを使えば、加速度計を使用して呼吸に関連する微妙な動きを検出し、ユーザーが実際に寝ているか、または夜間に起きたかを判断してくれます。

睡眠管理の事前準備(iPhone)

睡眠スケジュールの設定
iPhone (ヘルスケア) -[ブラウズ]-[睡眠]を開くと、このような画面になります。 「次へ」をタップします。
iPhone 最初に、目標とする睡眠時間を設定します。 「+」「-」をタップして睡眠時間を設定し、 「次へ」をタップします。
iPhone つづいてスケジュールを設定します。
「有効にする曜日」欄で曜日をタップして、スケジュールを有効にする曜日を指定します。
「就寝時刻と起床時刻」欄で半円形のアイコンをドラッグすることで、就寝時刻と起床時刻を指定します。
目標の睡眠時間に満たない就寝時刻、起床時刻を指定すると、半円形のアイコンがオレンジ色になります。 この時は就寝時刻、起床時刻を見直しましょう。
iPhone この画面をスクロールすると、アラームオプションが現れます。 「目覚ましアラーム」を タッチパネル:ON(オン) にすると、睡眠スケジュールに沿って (時計) の「アラーム」に、睡眠|起床アラームが設定されます。
iPhone 睡眠スケジュールの確認画面です。 「編集」をタップすると、設定を変更できます。 「ほかの日のスケジュールを追加」することもできます。 問題なければ「次へ」をタップします。
睡眠モードの設定
iPhone つづいて睡眠モードの設定です。 計画した就寝時刻に、自動的に睡眠モードに切り替えたいときは、「睡眠モードを有効にする」をタップします。 睡眠モードに入ると、 おやすみモード が有効になります。
就寝準備の設定
iPhone つづいて就寝準備の設定です。 設定したいときは、「+」「-」をタップして就寝準備の時間を設定し、 「就寝準備を有効にする」をタップします。
就寝準備を有効にすると、上でスケジュールした就寝時刻の前、就寝準備の時間になると おやすみモード が有効になります。
iPhone 就寝準備を有効にした場合は、つづいてこのような画面になります。 就寝準備時刻になったら、お好みのショートカットを起動したいときは「ショートカットを設定」をタップします。
iPhone ショートカットについては、いくつかの提案が表示されるので、この中から選んでもかまいません。
iPhone 以上で設定完了です。「完了」をタップします。
iPhoneでどのようにあなたが睡眠していることを通知・検知するかは ヘルスケアのオプション画面 で設定できます。

睡眠管理の事前準備(Apple Watch)

Apple Watchを持っているときは、こちらにも「睡眠」を設定することにより、より正確な睡眠時間の情報が取得できます。
iPhone Apple WatchをiPhoneとペアリングしているときに、 (ヘルスケア) -[ブラウズ]-[睡眠]画面をスクロールすると、このように「Apple Watchの睡眠を設定」という画面が現れます。 「はじめよう」をタップします。
(Watch)-[マイウオッチ]-(睡眠) を開いても、この画面に誘導されます。
iPhone このような画面になります。 「有効にする」をタップするだけでOKです。
Apple Watchでどのように睡眠を通知・検知するかは (Watch)-[マイウオッチ]-(睡眠) で設定できます。

手動で睡眠モードをON/OFFする

iPhone iPhone 設定した睡眠スケジュールに従わず、すぐに睡眠モードに切り替えるには コントロールセンター を使います。 「睡眠」アイコンをタップするたびに、睡眠モードがON/OFFできます。
Apple Watchを持っていないときは、この操作を行うことで、あなたがこれから就寝すること/起床したことをiPhoneに伝えられます。

就寝準備(Wind Down)~睡眠中

iPhone 設定した睡眠時刻の前、就寝準備時間になると、iPhoneの画面はこのようになります。 睡眠の準備を始めましょう。
就寝時間の1時間以内にApple Watchのバッテリー残量が低すぎる(30%未満)場合には、ユーザーに警告します。 これにより、睡眠の前にApple Watchを確実に充電できます。
iPhone 睡眠中はこのような画面となります。 この状態でも画面を上に向かってスワイプして、ホーム画面を開くことは可能です。 さらにコントロールセンターで、強制的に睡眠モードを解除することもできます。
Apple Watchでは、デジタルクラウンを回すことにより、強制的に睡眠モードを解除することもできます。
また目を覚ました時には、Apple Watchのバッテリー残量などの情報を表示し、必要に応じてユーザーにApple Watchを充電するように促してくれます。

達成状況を確認する

iPhone iPhoneで (ヘルスケア) -[ブラウズ]-[睡眠]画面を開くと、このようになります。
iPhoneの操作状況や、手動設定で睡眠モードにした時刻などから「就寝時間」と判断された時間が、薄い緑色で表示されています。 また、Apple Watchの加速度計などから「睡眠している」と判断された時間が、濃い緑色で表示されています。
ここで「睡眠スケジュール」と書かれているところをタップすると、計画した睡眠スケジュールがグラフ表示され、実績と比較できます。
「さらに睡眠データを表示」をタップすると・・・
iPhone 「測定日数」「睡眠目標」「平均就寝時間」「平均睡眠時間」が表示され、それぞれをタップすると、グラフ表示されます。
iPhone Apple Watchでも、(睡眠)アプリを開いてスクロールすると、簡単な状況確認ができます。

睡眠スケジュールを変更する

睡眠スケジュールの変更は、iPhoneでもApple Watchでも可能です。
iPhone iPhone 設定済みのスケジュールの変更は、 iPhoneでは (ヘルスケア) -[ブラウズ]-[睡眠]から、 またApple Watchでは (睡眠)アプリ から行います。
一番上に表示されている「次のスケジュール」と書かれているところをタップ(Apple Watch)またはその「編集」をタップ(iPhone)すると、 今夜のスケジュールを一日限定で変更できます。
定期スケジュールを変更するには、その下の「通常スケジュール」をタップします。
iPhone iPhone するとこのような画面となります。
一番上の「睡眠スケジュール」をタップすると、睡眠スケジュールそのものを有効/無効にできます。
個別の定期スケジュールの詳細を変更するには、その下に並ぶスケジュールをタップします。
なお、この画面をスクロールすると「睡眠目標」「就寝準備」が表示されます。これらの時間も変更できます。
iPhone iPhone 個別の定期スケジュールをタップすると、このような画面となります。
セットアップ時に指定した、曜日、就寝時刻、起床時刻、アラームのON/OFFが変更できます。

デバイスごとの設定を変更する

使用するデバイスごとに、睡眠の記録方法などを設定できます。
iPhone iPhoneの場合は、 (ヘルスケア) -[ブラウズ]-[睡眠]画面で「通常スケジュールとオプション」をタップし、次の画面で一番下にある「オプション」をタップすると、このような画面になります。
iPhoneで、睡眠に関する情報を通知する方法、またiPhoneを操作した時間から就寝時間を判断するか否か、などが指定できます。 「iPhoneで就寝時間を記録」を タッチパネル:ON(オン) にすると、あなたのiPhoneの操作状況から就寝時間を推測してくれます。
iPhone Apple Watchの場合は、 iPhoneで (Watch)-[マイウオッチ]-(睡眠) または Apple Watchで (設定)-(睡眠) 画面で設定します。
iPhone同様、Apple Watchに、睡眠に関する情報を通知する方法、またApple Watchの加速度計などから就寝時間を判断するか否か、などが指定できます。