• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

翻訳アプリの使い方

iOS14から、オフラインでリアルタイム動作し、11カ国語が扱える「翻訳(Translate)」アプリが搭載されました。 利用できる言語は、アラビア語、中国語(北京語)、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語です。 ここではiPod/iPad/iPhoneの翻訳アプリの使い方を紹介します。

翻訳アプリの事前準備

iPhone 「翻訳」を起動すると、このような画面となります。
画面上部には、翻訳の対象となる2つの言語(この例ではアメリカ英語とスペイン語)が表示されています。 言語を切り替えるには、この言語名をタップします。
iPhone 言語名をタップするとこのようになります。 任意の言語を選んで、右上の「完了」をタップします。
iPhone 言語の選択画面をスクロールすると、このように「オフラインで利用可能な言語」の一覧が表示されます。 各言語の右端にある (ダウンロード) アイコンをタップすると、その言語の翻訳に使われる言語パックをデバイスにダウンロードできます。 ダウンロードした言語は、ネットが繋がっていないところでも使えます。 海外旅行などで便利です。
iPhone 設定(設定)-(翻訳) 画面では、翻訳のためのインターネットアクセスに、モバイルデータ通信(携帯電話パケット通信)を使うか否か、 および翻訳時にインターネットアクセスを使わず、ダウンロードした辞書データだけを使って翻訳するか否か(オンデバイスモード) が指定できます。 オンデバイスモードを使うには、上の画面で言語パックをダウンロードしておく必要があります。

翻訳アプリの使い方

iPhone 使い方は簡単、翻訳したい単語や文章を文字入力またはペーストするか、 (マイク) アイコンをタップして話しかけるだけです。言語は自動検出されます。 翻訳結果が表示されるとともに、音声で読み上げられます。
iPhone 単語をタップすると、 内蔵辞書 が表示されます。 この状態で別の単語をタップすると、その辞書画面に切り替わります。
iPhone iPhoneを一旦横方向(ランドスケープ)にして、また縦方向(ポートレート)に戻すと、このようなアイコンが現れます。
(「よく使う項目」に追加) をタップすると、対訳が「よく使う項目」に保存されます。いつでもこの翻訳結果が呼び出せるようになります。
(辞書) をタップすると、単語を長押ししたときと同様、辞書が表示されます。
(再生) をタップすると、翻訳結果を音声で読み上げます。
iPhone 画面を下に向かってドラッグすると、過去の翻訳結果(履歴)が表示できます。
iPhone 文字以外の部分をタップするとこのようなメニューが表示されます。 翻訳結果をクリップボードにコピーしたり、「共有」メニューでシェアシートを開いて、メールやメッセージなどで送ることもできます。

「よく使う項目」の使い方

iPhone 画面下にある (よく使う項目) アイコンをタップするとこのような画面になります。 画面上部に、 (「よく使う項目」に追加) で保存した対訳が、その下には最近の履歴が表示されています。
iPhone 任意の対訳をタップすると拡大表示されます。
(「よく使う項目」から削除) をタップすると、対訳を「よく使う項目」から削除します。
(再生) をタップすると、翻訳結果を音声で読み上げます。
iPhone 対訳を右から左にフリックしても、「よく使う項目」から削除することができます。

「会話モード」の使い方

iPhone iPhoneを横方向(ランドスケープ)に持つと、会話モード(Conversation Mode)に切り替わります。 (マイク) アイコンをタップして話しかけるだけです。言語は自動検出されます。
iPhone (全画面表示) アイコンをタップすると、注目モード(Attention Mode)になります。 翻訳結果が全画面表示になります。

言語が正しく検出されないとき:自動検出をオフにする

iPhone (マイク) アイコンを使って話しかけても、言語が言語が正しく検出されないときは「自動検出」をオフにします。 言語の選択画面を開いて、一番下までスクロールすると「自動検出」オプションが現れるので、これを タッチパネル:OFF(オフ) にします。
iPhone このように各言語用のマイクボタンが現れるので、それぞれを押してから話しかけます。