• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

天気アプリの使い方

ここではアップル純正の天気アプリの使い方を紹介します。 iPadでも天気アプリが使えます(iPadOS16以降)。 iPhoneと同じように使用できます。

天気アプリのインストール

  • 天気

    Apple 天気 無料

    iOS標準搭載の「天気」アプリです。iPod/iPad/iPhoneから削除してしまったときは、App Storeからこれを再インストールします。

「天気」のクイックアクション

iPhone アイコンを長押しするか、または 「3D Touch」に対応したモデル(iPhone 6s / 6s Plus(2015年)~iPhone XS / XS Max(2018年)、ただしSE, XRを除く)では、 アイコンを強く押すと、図のようにクイックアクションを呼び出せます。 登録した地域の天気をすぐに呼び出すことができます。
また「ホーム画面を編集」をタップすると、 ホーム画面の編集・アイコンの並べ替え ができます(iOS13以降)。

天気予報を見る

iPad iPhone 「天気」アイコンをタップすると、登録されている地域の、現在の天気、今後24時間および10日間の天気予報が表示されます。
Settings(設定)-プライバシー(プライバシーとセキュリティ)-[位置情報サービス]の「天気」を タッチパネル:ON(オン)にすると、GPSで現在地を割り出して、その天気も表示してくれます。
地名のすぐ下には、1時間ごとの予報が出ています。ここを左右にフリックすると、24時間後の予報までを見ることができます。
その下には今後10日間の天気予報が表示されます。
iPad iPhone 1時間ごとの予報、または10日間の予報の一覧から、任意の時間または日にちをタップすると、このような画面になります(iOS16以降)。 より詳しい予報がグラフとともに表示されます。
iPad iPhone 上の画面で アイコンをタップすると、このようなメニューが表示されます。 気温、UV指数、風、降水量、体感温度、湿度、視程、気圧など、多くの情報の予報がグラフとともに表示されます。
iPad iPhone 最初の画面で上にフリックすると、このような追加情報が表示されます(iOS8以降)。 一部対応地域では「大気の汚染度(大気質指数 : Daily Air Quality Index (DAQI))」という、大気汚染の状況を示す数値も表示されます(iOS12以降)。
地図には降水量、気温、空気質のマップが表示されています(iOS15以降)。 この下にはUV指数、風、降水量、体感温度、湿度、視程、気圧など、多くの情報が表示されています(iOS15以降)。
iPad iPhone どの情報も、タップするとより詳しい予報がグラフとともに表示されます。

地図で気温・降水量・大気の汚染度を見る

iPad iPhone 最初の画面で地図を、または画面左下のをタップすると、地図上で降水量、気温、空気質を見ることができます(iOS15以降)。 マップ(マップ)アプリ と同じように、ピンチイン・ピンチアウトで拡大縮小、ドラッグで表示位置を動かすことができます。
画面右上のをタップすると、GPS情報をもとに現在位置に移動します。
画面左上の「完了」をタップすると、天気アプリのホーム画面に戻ります。
降水量の画面では、今後12時間の予報がアニメーション表示されます。 画面の下部にあるトラックバーをタップするとアニメーションが停止し、ドラッグすると好きな時間の予報を見ることができます。
iPad iPhone 画面右上の をタップすると、このようなメニューが表示されます。 表示する情報を降水量または気温、空気質から切り替えることができます。
iPad iPhone 画面右上の をタップすると、このような画面が表示されます。 登録済みの地域 について、降水量または気温、空気質が一覧表示されます。

予報を見る地域を追加・編集する

iPad iPhone iPhoneの場合は画面右下のを、 iPadの場合は画面左上のを タップすると、このように登録済みの地域が一覧表示されます。 画面上部の(検索ボックス)をタップすると、地域を追加できます。
iPad iPhone これが地域の追加画面です。 地域の名前の入力は日本語でも英語でもOKです。名前の一部を入力すると、候補一覧が表示されます。 この候補の中から、お目当ての地域名を選びます。
をタップするとキーボードが [日本語フルキーボード]-[テンキー(携帯タイプ)]-[英語フルキーボード]と切り替えられます。
図は[英語フルキーボード]を選んだところです。
iPad iPhone 地域名を選ぶと、このような画面になります。 間違いなければ、画面右上の[追加]をタップすると、リストに追加されます。
iPad iPhone iPhoneでは、複数の地域が登録されると、画面の下に「・(ドット)」が表示されます。 このドットをタップするか、画面を左右にフリックすると、地域を切り替えることができます。
iPad iPhone 地域の一覧編集画面で、地域名を右から左にフリックすると「削除」ボタンが現れます。 このボタンをタップすると、その地域名を削除することができます。 また地域名を長押しして、そのまま上下にドラッグすると、表示順序を変更することができます。

地域の表示順序を入れ替える

iPad iPhone (iPhone)または (iPad)をタップして地域一覧表示にしているときに、 画面右上に表示される をタップすると、このようなメニューが表示されます(iOS15以降)。 気温の単位を「華氏(°F)」「摂氏(°C)」に切り替えることができます。なお、 設定(設定)-天気(天気) 画面でも華氏、摂氏を切り替えることができます。
ここで一番上の「リストを編集」をタップすると・・・
iPad iPhone このような画面になります。 都市名の左の をタップすると「削除」ボタンが表示され、それをタップするとその都市名を削除できます。
都市名の右端の を上下にドラッグすると、表示順序を変更できます。
最後に画面左上の「完了」をタップすると編集結果が保存されます。

悪天候や雨の強さの通知を受け取る

この機能は、まずはアメリカ、イギリス、アイルランドから提供開始されます。
iPad iPhone (iPhone)または (iPad)をタップして地域一覧表示にしているときに、 画面右上に表示される をタップすると、このようなメニューが表示されます(iOS15以降)。 「通知」をタップすると・・・
iPad iPhone このような画面になります。 現在地、もしくは登録した地域について、悪天候や雨の強さの通知を受け取ることができます。 通知は、地域別にON/OFFできます。画面下の一覧から、設定したい地域名をタップしてください。
ただし通知に対応していない地域は、このリストには表示されません。
iPhone iPhone このように通知が届きます。 通知をタップすると (天気) アプリが開きます。

ウィジェットを登録する

iPad iPhone 天気アプリは「通知センター」のウィジェットに対応しています。 わざわざアプリを立ち上げなくても、通知センターから見ることもできます(iOS5.0以降)。 詳しくは下記の各リンクをご覧ください。

メモ、株価、天気関連アプリケーション

iPod/iPad/iPhoneに標準装備されているメモ、株価、天気は簡単な機能しかありません。 これらを大幅に強化してくれる、いろいろ便利なアプリが公開されています。 より使い勝手の良いアプリを使えば生産性もアップ!!
以下のページでは、iPod/iPad/iPhoneで利用可能なメモ、株価、天気関連のおすすめアプリを紹介します。