• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

ファイルアプリの使い方

PC
iPod/iPad/iPhoneの中、そしてiCloud Driveや各種クラウドストレージに格納された、 あらゆる「ファイル」を一覧表示できる、Windowsの「エクスプローラー」や、Macの「Finder」に似たアプリです(iOS11以降)。 各アプリの共有(共有)メニューから 「“ファイル”に保存ファイルに保存」をタップすると、何でもこのファイルアプリに格納できます。 そしてオンラインストレージのBox、Dropbox、OneDrive、Google Driveや、SMBサーバー、APFSファイルシステム、iPad/iPhoneに接続したUSBメモリ、SDカード、ハードディスクも扱えます。 また、Zip形式ファイルの圧縮/解凍が、追加アプリなしで行えます。

ファイルアプリのインストール

  • ファイル

    Apple ユーティリティ 無料

    iOS標準搭載の「ファイル」アプリです。iPod/iPad/iPhoneから削除してしまったときは、App Storeからこれを再インストールします。 デバイス上やクラウド上など、保存されている場所にかかわらず、ファイルにアクセスして整理できます。“最近使った項目”表示には、最近作業したファイルが高解像度のサムネールで表示されます。パワフルな“ブラウズ”表示を使えば、タグでファイルを整理したり、フォルダ間でファイルを移動したり、検索したりできます。“ファイル”では、iCloudDriveのほか、Dropbox、Box、OneDriveなどの他社のクラウドストレージサービスにも簡単にアクセスできます。

iCloud Driveを使う・すべてのデバイスで同期する

iCloud Driveとは、アップル社の提供するサーバに、あらゆるファイルを格納しておけるクラウドストレージサービスです(iOS8以降)。 iCloud Driveに対応したアプリケーションで、デバイス間でデータを共有したり、またアプリ間でファイルを共有することができます (パソコン側はOS X Yosemite、またはWindows 7以降のみ対応)。
同じApple IDでiCloudにサインインしている iPod / iPad / iPhone / AppleWatch / Mac などのすべてのデバイスで、データを同期することができます。 iCloud で下記の設定を行うと、一つのデバイスで入力・編集した情報が、あなたがお持ちのすべてのデバイスで参照できます。 また機種変更時なども、iCloudにログインするだけで過去のデータが取り込まれます。
iTunes 設定(設定)画面で自分の名前をタップします。
iTunes このような画面になるので[iCloud]をタップします。
iPhone するとiCloudのメニュー一覧が表示されるので (iCloud Drive)を タッチパネル:ON(オン)にします。
なお、この設定はデバイスごとに指定可能です。 あなたが所有するすべてのデバイスで タッチパネル:ON(オン) にすれば、すべてのデバイスで同じデータを見ることができます。