• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

書類などをスキャンして取り込む方法 | ファイルアプリの使い方

ここではiPod/iPad/iPhoneの中、そしてiCloud Driveや各種クラウドストレージに格納された、 あらゆるファイルを一覧表示できる「ファイル」アプリの、 書類などをスキャンして取り込む方法 を説明します。 カメラを使って、書類などをスキャンして取り込むことができます。
なお、「ファイル」アプリの使い方全般についてはファイルアプリの使い方のページで説明しています。併せてご参照ください。
iPad iPhone (ファイル)アプリを起動して、 ファイル一覧画面を下にドラッグすると現れる、またはブラウズ画面にある (その他) をタップすると、このようなメニューが表示されます。 「書類をスキャン」をタップします。
iPad iPhone するとカメラが起動して、書類を自動認識します。 「書類」と認識された部分が青い四角で塗りつぶされます。 iPad/iPhoneを構える角度や、できれば書類の背景を変えたりして、よりうまく認識するようにしてみてください。
うまく認識できたら、シャッターボタンをタップします。
iPad iPhone するとこのような画面になります。 必要に応じて角のマークをドラッグして範囲を微調整します。 範囲が指定できたら「スキャンを保持」をタップします。
撮影結果が気に入らないときは「再撮影」をタップして撮りなおします。
iPad iPhone つづいてこのような画面になります。 右下の「保存」をタップします。
iPhone ファイル名と保存先の指定画面となります。 必要に応じてファイル名を変更し、保存先を選択して「保存」をタップします。
(新規フォルダ) をタップすると、新しいフォルダを作ることもできます。
iPadでは直接既定の保存先フォルダに格納されます。
iPad iPhone スキャンした書類がPDF形式で格納されました。

もっとファイルアプリのことを知りたい