• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

リマインダーの使い方

リマインダーは、やるべきことをちょっと書き留めておくのに便利な備忘録リストです(iOS5.0以降)。 日時や場所を指定して、そのときになったら、またはその場所に着いたら通知を受けるように設定することもできます。
リマインダーはiOS13で全面リニューアルしました。 ここではその新しいリマインダーの使い方を説明します。

ほかのデバイス/パソコン/家族とリマインダーを同期する

あなたが複数のiPod/iPad/iPhoneを所有している場合は、アップルが提供する無料のクラウドサービスである iCloudにサインイン するだけで、すべてのデバイス間でリマインダーを同期することができます。 パソコンからも、WebブラウザからiCloudを開いてリマインダーにアクセスすることができます。 iCloudファミリー共有 を設定していると、自動的に家族ともリマインダーを共有することができます。 iCloudの使い方 音楽・アプリを家族で共有:iCloudファミリー共有の使い方

リマインダーアプリのインストール

  • リマインダー

    Apple 仕事効率化 無料

    iOS標準搭載の「リマインダー」アプリです。iPod/iPad/iPhoneから削除してしまったときは、App Storeからこれを再インストールします。

    詳細を見る(App Store)
アプリをダウンロードする方法 App Storeおすすめアプリ

リマインダーのクイックアクション

iPhone アイコンを長押しするか、または 「3D Touch」に対応したモデル(2015年発売のiPhone 6s / 6s Plus以降、ただしSE, XRを除く)では、 アイコンを強く押すと、図のようにクイックアクションを呼び出せます。 すぐにリマインダーの新規作成ができます。
また「ホーム画面を編集」をタップすると、ホーム画面の編集・アイコンの並べ替えができます(iOS13以降)。 タッチパネル操作方法の基本

iOS13でのリマインダーのアップグレード

iPhone iOS13から、iCloudを使って、ほかのユーザーと「共有リスト」を作れるようになりました。 この新機能を使用するには「アップグレード」が必要です。 iOS12以前からリマインダーを使っていると、 「新機能にはアップグレードが必要です」との警告画面が出ます。 「今すぐアップグレード」しましょう。
iPhone リマインダーのメニュー画面からも「アップグレード」が選べます。 これをタップすればすぐにアップグレードが完了します。
なお、「共有リスト」を使うには、共有するユーザー全員がiOS13以降にバージョンアップし、リマインダーのアップグレードを終えている必要があります。

リマインダーのアイテム登録

iPhone リマインダーのアイコンをタップすると、図のような画面になります。
「今日」「日時指定あり」「すべて」「フラグ付き」には、それぞれの条件に合うリマインダーがピックアップされます。 条件別にリマインダーをチェックしたいときに便利です。
その下の「iCloud」または「マイリスト」部分には、リマインダーのリストが並んでいます。 リマインダーは、好きな名前を付けたリストに分類することができます。
iPhone 新しいリマインダーアイテムを追加するには、リスト一覧の中から書き込みたいリストを選びます。 するとこのような画面になるので、画面下の「新規リマインダー」をタップします。
iPhone あとは備忘録を入力するだけです。「改行」するたびにつぎつぎと新しいアイテムが追加できます。
スペースキーの下の(マイク)キーをタップすると音声入力(Dictation)ができます。
右上の「完了」をタップすると、リマインダーの追加を終わります。
入力したアイテムをタップすると現れるマークをタップすると、その詳細設定ができます。
iPhone これがをタップすると表示される詳細設定の画面です。 通知の優先順位や、メモ、関連URLなども添付できます。
「指定日に通知」を タッチパネル:ON(オン) にすると、指定した日にアラームが鳴って通知してくれます。
さらに「指定時刻に通知」を タッチパネル:ON(オン) にすると、通知する時刻も選択できるようになります。
iPhone 上の画面で「指定場所で通知」を タッチパネル:ON(オン) にすると、このような画面になります。 指定した場所を「出発時」または「到着時」に、アラームが鳴って通知するよう指定することができます。 (iPhone 4以降のみ。iPhone 3GS以前、iPad/iPodは非対応)
画面上部で通知する場所を選びます。住所を入力するか、表示されている一覧から選択します。 画面中央のボタンで「出発時」または「到着時」のどちらかを指定します。
画面下部の地図上の青い円をドラッグすると、通知する範囲(目的地からの距離)を指定する事もできます。
iPhone 事前に (連絡先)の、 あなたのエントリの「住所を追加」画面で場所を登録しておくと、 上の「指定場所で通知」の選択肢に表示されます。 「自宅」や「勤務先」その他良く訪れる場所をいくつか登録しておくと便利です。 連絡先(電話帳/アドレス帳)の使い方
iPhone 指定された時間、または場所になると、このようにリマインダーが通知されます。 通知の方法(画面への表示のしかた)については、 Settings(設定)の[通知センター]で設定できます。
通知済みで、まだ「完了」されていないリマインダーは「通知センター」にリストアップされます。 アプリからの通知の設定変更:通知センターの使い方
iPhone 新たにアイテムを作成するときに、最初に開くリマインダーリストを指定しておくことができます。 これはSettings(設定)-[リマインダー]の「デフォルトリスト」欄で設定します。
このほか、この設定画面では、時刻指定のないアイテムの通知時刻を指定したり、完了しぞこなったアイテムを「期限超過」表示させる設定も可能です。

リマインダーの完了と削除

iPhone 終了したリマインダーは、ステータスを「完了」に変更しましょう。 単にリマインダーの左の「○」マークをタップすればOKです。 すると次回にリストを表示したときには、そのアイテムは消えています。
iPhone 画面右上の(その他)メニューから 「実行済みを表示」/「実行済みを非表示」を選ぶと、「完了」したアイテムの表示/非表示が切り替えられます。
「リマインダーを編集」をタップすると、編集画面となります。
「リストを削除」をタップすると、このリスト全体を削除する事ができます。
iPhone これが「リマインダーを編集」の画面です。
をタップすると「削除」ボタンが表示されます。そのアイテムを削除することができます。
iPod Wi-Fiを上下にドラッグすると、表示順序を変更できます。
iPhone 任意のアイテムを右から左にフリックすると、このように「フラグを付ける|削除」ボタンが現れます。 ここで「削除」をタップすると、このエントリのみを削除できます。 「フラグを付ける」をタップすると、リマインダーアプリ開始画面の「フラグ付き」リストから見られるようになります。 特に重要なアイテムには、フラグを付けておくと便利です。

新しいリマインダーリストを作る

iPhone リマインダーアプリ開始画面の下にある「リストを追加」をタップすると、新しいリマインダーリストを作ることができます。
iPhone リストの名前、色、そしてアイコンを選ぶことができます。
全てを設定し終えたら、右上の「完了」をタップすればOKです。

リマインダーリストのデザインを変更する

iPhone リマインダーリストのデザインを変更したいときは、 画面右上の(その他)メニューから 「リストの外観」を選択します。
iPhone するとリストの新規作成時と同様に、 リストの名前、色、そしてアイコンを選ぶことができます。
全てを設定し終えたら、右上の「完了」をタップすればOKです。

アイテムをほかのリストに移動する

iPhone 作成済みのアイテムを他のリストに移動するには、リストの中のアイテムをタップし、 をタップして詳細設定の画面を呼び出します。 そこで「リスト」欄をタップします。
iPhone するとこのような画面になるので、移動先のリストを選べばOKです。

アイテムの下にサブタスクを作る

iPhone 作成済みのアイテムの下にサブタスクを作ることができます。 複数のアイテムから成り立っているリマインダーについて、それぞれの通知を個別に行うことができます。 これには、リストの中のサブタスクを作りたいアイテムをタップし、 をタップして詳細設定の画面を呼び出します。 そして「サブタスク」を選択します。
iPhone するとアイテムの入力画面になるので、サブタスクを入力するだけでOKです。 このようにサブタスクが作れます。 なお、サブタスクの段数は1段までです。すなわちサブタスクの下にサブタスクを作ることはできません。

リマインダーのリストを並べ替える/グループを作る

iPhone リマインダーの起動画面にあるリストを並べ替えることができます。 リマインダーの起動画面で、右上にある「編集」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 をタップすると「削除」ボタンが表示されます。そのアイテムを削除することができます。
iPod Wi-Fiを上下にドラッグすると、表示順序を変更できます。
マークをタップすると、デザインを変更することができます。 リストの名前、色、そしてアイコンを選ぶことができます。
iPhone ここで画面左下の「グループを追加」をタップすると、既存のリストをまとめた「グループ」を作ることができます。
iPhone このような画面となるので、グループの名前を入力します。 空っぽのグループを作るときは、ここで右上の「作成」をタップすれば完了です。
既存のリストを含めたいときは「含める」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 をタップすると、そのリストが追加されます。 をタップすると、そのリストが削除されます。 左上の「<新規グループ」の部分をタップして元の画面に戻り、「作成」をタップすれば完了です。
iPhone このようにリマインダーリストのグループができます。

ほかのユーザーとの「共有リスト」を作る

iPhone 「共有リスト」は、作成済みのリストにユーザーを追加することで行います。 画面右上の(その他)メニューから 「人を追加」を選択します。
iPhone するとこのような画面になります。 追加したいユーザーに通知する方法を選びます。 通常は、メッセージかメールが良いでしょう。
iPhone メッセージを選ぶとこのようになります。 相手に「共有リスト」への招待が送信されます。 相手が承認すると、リストが共有できます。