• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

音楽・アプリを家族で共有:iCloudファミリー共有の使い方

最大6人までのユーザを「ファミリー共有」メンバとして、あなたのiCloudアカウントに参加させることができます(iOS8以降)。 メンバ間では、iTunes/App Storeからダウンロード購入した音楽、映画、本、アプリケーションを共有できるようになります。 また支払方法も1人のクレジットカードなどに統一できます。 さらに家族がダウンロード購入したいときに、それを承認/拒否することも可能です。
また、家族専用のフォトストリーム、カレンダーが生成され、簡単に写真や予定を共有することができます。 ファミリー共有の画面から13歳未満のお子様向けのApple IDを作ることも可能です。
さらに「友達を探す」アプリから、家族の現在位置をすぐに確認することが可能です。 もちろんいつでも自分の位置を「隠す」こともできます。 また、「Find iPhone」アプリから、なくした家族のiPod/iPad/iPhoneの場所を探すこともできます。 ファミリー共有の紹介ページ(アップル) iCloudファミリー共有のサポートページ(アップル) A Guide to Family Sharing(アップル)

iCloudファミリー共有の使い方

iCloudファミリー共有では、まず最初に1人の「管理者」が機能を有効にし、つづいてその「管理者」が残りの5人を「家族」として招待します。 すると管理者が支払いに使用しているクレジットカードで、家族の iTunes / App / ブック Store からのダウンロード購入の支払いも行われるようになります。 なお、iCloudファミリー共有で使用するApple IDは、従来から管理者がiCloudで使用していたものでも良いし、新たにiCloudファミリー共有のために作成したものでも構いません。

もっとiCloudのことを知りたい

iCloudの使い方全般についてはiCloudの使い方で説明しています。併せてご覧ください。