• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

iCloudファミリー共有を有効/無効にする方法

ここでは、iCloudファミリー共有を有効/無効にする方法について説明します。
なお、iCloudファミリー共有の全般については、 音楽・アプリを家族で共有:iCloudファミリー共有の使い方 のページで解説しています。あわせてご覧ください。

iCloudファミリー共有を有効にする

まずは、iTunes / App Store での支払に使うクレジットカードのオーナー(管理者:お父さん?)のデバイスで、iCloudファミリー共有を有効にします。
iTunes 設定(設定)画面で自分の名前をタップします。
iPhone つづいて[ファミリー共有を設定]を選択します。
iPhone このような画面になります。 「今すぐ始める」と書かれているところをタップします。
iPhone このような画面になります。 ファミリー共有で共有したい機能のひとつを選択します。 まずは「iTunes & App Storeの購入」を選べばよいでしょう。
iPhone このような画面になります。 コンテンツの共有に使用するApple IDの確認です。 管理者のApple IDが表示されていることを確認して「続ける」をタップします。
iPhone つづいて支払方法の確認です。 管理者のクレジットカードが表示されていることを確認して「続ける」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 管理者の準備は完了です。 つづいて最初の家族メンバを追加しましょう。 「ファミリーメンバーを招待」をタップします。
なお、ここで「今はしない」をタップすると、最初からやり直しになります。

最初のファミリーメンバーを招待する

iPhone まず管理者のクレジットカードのセキュリティコード(CVV/カードID)の入力を求められます。 クレジットカードの裏などに描かれている数字3桁のコードを入力します。
ここで続けてiCloudパスワードの入力を求められる場合があります。
iPhone すると メッセージ アプリが起動して、ファミリーメンバーの招待状がセットされます。 をタップすると 連絡先 画面が開くので、招待する相手のメールアドレス/電話番号を選びます。 そして(送信)ボタンをタップすると送信されます。
iPhone 以上で招待する側の作業は完了です。

招待される側の操作


iPhone 招待される側には先ほど送信したメッセージが届きます。
iPhone メッセージ アプリを開いて、届いたメッセージをタップします。
iPhone 「ファミリーに登録する」をタップします。
iPhone このような画面になります。 自分がこれまでに購入したアプリなどを家族で共有するか否かの選択です。 「購入アイテムを共有」をタップします。
iPhone 以上で招待される側の設定も完了です。 2人目以降のメンバーを追加する場合、または13歳未満の子供向けのApple IDを作る場合は、下記をご覧ください。

iCloudファミリー共有を無効にする

iCloudファミリー共有を無効にする前には、「ファミリー共有」のメンバをすべて削除(脱退)しておきましょう。 この方法については iCloudファミリー共有に家族メンバを追加/削除する のページで解説しています。あわせてご覧ください。
iTunes 設定(設定)画面で自分の名前をタップします。
iTunes このような画面になるので[ファミリー共有]をタップします。
iPhone 「ファミリーメンバー」欄から、管理者(自分)を選択します。
iPhone 「ファミリー共有を停止」をタップします。
iPhone 確認画面が表示されます。再度「共有を停止」をタップするとファミリー共有が無効になります。

もっとiCloudのことを知りたい

iCloudの使い方全般についてはiCloudの使い方で説明しています。併せてご覧ください。