ホームアプリの使い方:HomeKitでスマートホーム、家電を音声コントロール

ホームアプリ/HomeKitとは

電灯、コンセント、温湿度計、人感センサ、暖房機なと、Wi-FiやBluetoohを使ってリモートコントロールできるHomeKit対応リモコンアクセサリを、 iPadやiPhoneから簡単にコントロールできるようにしたアップルの規格をHomeKitと呼びます。
また、このHomeKit対応アクセサリをまとめて、時間、場所、シーン(朝、夜、お出かけ時など)、各種センサからの入力情報や条件に基づいて、 一括でOn/Offしたりモードを切り替えたりできるのが(ホーム)アプリです。 そして(Siri)を使えば、ホームアプリに登録したアクセサリを音声でコントロールできます。 また自宅に置いた Apple TV や iPad を「ホームハブ」に設定すると、外出先からもこのホームハブ(とiCloud)を経由して、自宅内のホームオートメーションアクセサリを操作できます。 図のように、AppleWatchからでも、いつでも自宅のコントロールができます。
HomeKit対応アクセサリにはHomeKit(Works with Apple HomeKit)ラベルが付いています。 このようなホームオートメーションアクセサリを購入したら、ホームアプリで一括コントールしましょう。
なお、HomeKit は2014年6月のアップル開発者向けイベントWWDC2014で、iOS8とともに発表されました。 またホームアプリは、WWDC2016で、iOS10とともに発表されました。 「ホーム」の解説ページ(アップル)

ホームアプリのインストール

アプリをダウンロードする方法 App Storeおすすめアプリ

事前準備

「ホーム」アプリを使ってHomeKit対応アクセサリをコントロールするには、事前に以下の設定が必要です。 あと、 設定(設定)- [プライバシー]-[位置情報サービス]-[ホーム]を「このAppの使用中のみ許可」しておきます。 また、ここで紹介しているすべての機能を使うには、使用するすべてのデバイスをiOS11以降にバージョンアップしておく必要があります。