• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

iCloudの使用を開始する。サインインの方法

ここではiCloudの使用を開始する方法を解説します。

iCloudの使用を開始する

iCloudのセットアップは非常に簡単、iOS5以降にバージョンアップしたiPod/iPad/iPhoneで、 iCloudの設定画面でAppleIDを使ってサインインするだけです。
iPad iPhone 設定(設定)画面の一番上にある[iPod/iPad/iPhoneにサインイン]をタップします。
iPad iPhone そしてあなたのApple IDとそのパスワードを入力して、右上の「次へ」をタップします。 すると 「 iPod/iPad/iPhoneを探す 」機能が有効になり、 アクティベーションロック がセットされます。
iPad iPhone 「2ファクタ認証」の設定を行っていないときは、このような画面になります。 セキュリティ向上のため、設定することをお勧めします。 「2ファクタ認証」を設定するときは「続ける」をタップします。 詳しくはApple IDセキュリティ強化:2ファクタ認証の使用方法のページをご覧ください。
「2ファクタ認証」を設定しないときは「その他のオプション」を選びます。
iPhone パスコードロックを設定しているときは、パスコードを聞かれるので入力します。
iPad iPhone 以上で設定完了です。 あとは放っておけば、各機能がネットワーク経由で自動的に動作します。
なお、iCloud Eメールとメモ、写真(フォトストリーム)の同期は、初期値では タッチパネル:OFF(オフ)になっています。 またiCloudバックアップは、初期値では タッチパネル:ON(オン)になっています。 設定(設定)-[(自分の名前)]-[iCloud]画面を呼び出して、 好みで設定変更して下さい。

iCloudのパスワードを忘れた時に備える

信頼のできる家族などを「アカウント復旧用の連絡先」として登録しておくと、あなたがApple ID/iCloudのパスワードやデバイスのパスコードを忘れた場合に、これをリセットするのに必要な「復旧用コード」を得ることができます。 また、子供やお年寄りなど、パスワードやパスコードを忘れてしまいそうな家族のために、あなたが「アカウント復旧用の連絡先」になってあげるのも良いアイデアだと思います。 詳しくは下記のページをご覧ください。

自分が死亡したときに備える:データの引継ぎ先を決めておく

信頼のできる家族などを「故人アカウント管理連絡先」として登録しておくと、あなたが死亡した場合に、Apple IDに関連したデータにアクセスするのに必要な「アクセスキー」を得ることができます。 また、家族や近親者のために、あなたが「故人アカウント管理連絡先」になってあげるのも良いアイデアだと思います。 詳しくは下記のページをご覧ください。

iCloudバックアップの設定

iCloudを有効にすると、自動的にiCloudバックアップも タッチパネル:ON(オン) になります。 iPod/iPad/iPhoneの中身が自動的にiCloudにバックアップされます。 しかし無料のiCloudの容量は5GBです。iPod/iPad/iPhoneにビデオや写真を格納していると、あっという間にiCloudの残り容量がゼロとなり、エラーが表示されます。 「iCloudストレージの保存容量がもう少しで上限に達します」というメールが届いてしまいます。 こんな時はバックアップする内容を見直すか、iCloudバックアップを タッチパネル:OFF(オフ) にして、パソコンのiTunesでバックアップを取ることをお勧めします。 詳しくは下記をご覧ください。

もっとiCloudのことを知りたい

iCloudの使い方全般についてはiCloudの使い方で説明しています。併せてご覧ください。