• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

アプリの並び替え/ホーム画面を編集/ホーム画面にフォルダを作る/Appライブラリを活用する

アイコンが並ぶホーム画面は、そのアイコンの配列を自由に変更することができます。 ここではホーム画面上でのアプリの並び替えと、ホーム画面にフォルダを作る方法を解説します。

ホーム画面のアプリを並び替える方法

iPhone ホーム画面で、何もないところを長押しします(iOS14以降)。
または任意のアプリケーションのアイコンを押し続けていると、図のようなメニューが表示されます。 この中から「ホーム画面を編集」をタップします。
iPhone するとすべてのアプリのアイコンがブルブルと震えはじめます。 これを Jiggle(揺れる) mode : ジグルモード と呼びます。 この状態でアプリのアイコンをドラッグすると、並び替えができます。
画面の下に4つのアイコンが並ぶ「ドック」にも、任意のアプリを入れることができます。
並べ替え操作を終了するには、右上の「完了」をタップ(FaceID搭載モデル)、またはホームボタン(iPod nanoの場合はスリープボタン)を押します。
また、削除可能なアプリケーションには、そのアイコンの左上に「×」マークが付きます。これをタップすると アプリを完全に削除する ことができます。
ホーム画面にウィジェットを置く
iPhone iPhoneの場合は、ホーム画面にウィジェットを置くことができます(iOS14以降)。 詳しくは ウィジェットの使い方:アプリからの通知の追加・編集・削除 をご覧ください。

新しいホーム画面を作る


ホーム画面は複数(最大11画面)持つことができます。アイコンを画面の右端までドラッグすると、次のページが開かれ、そちらに移動することができます。 複数のホーム画面をつくると、画面下に「・(ドット)」が並びます。ここをタップすると別のホーム画面に移動することができます。 あるいはホーム画面を左右にフリックしても別のホーム画面に移動することができます。

ホーム画面をリセットする


並べ替えたホーム画面を初期状態に戻すには、 設定(設定)-(一般)-[リセット]-[ホーム画面のレイアウトをリセット]で行います。

壁紙だけのホーム画面を作る


ホーム画面のすべてのアイコンを別のページに移動することも可能です(iOS8以降)。 アイコンが一つもない、壁紙だけのホーム画面を作ることができます。

ホーム画面をページ単位で表示/非表示にする

iPhone ホーム画面は、ページ単位で表示/非表示にすることができます(iOS14以降)。 「ホーム画面を編集(Jiggle mode)」になっているときに、画面下部のドットの並びをタップします。
iPhone するとホーム画面の一覧が表示されます。 表示したいホーム画面にはチェックを入れ、非表示にしたいホーム画面のチェックを外します。
ホーム画面の編集を終了するには、右上の「完了」をタップ(FaceID搭載モデル)、またはホームボタンを押します。

ホーム画面に「フォルダ」を作る方法

ホーム画面上に「フォルダ」を作り、その中にアイコンを格納することが出来ます(iOS4以降)。 「ホーム画面を編集(Jiggle mode)」 状態にして、アイコン同士を重ねると、自動的に「フォルダ」が作られ、その中にそのアイコンが格納されます。 関連したアプリを一つのフォルダにまとめることによって、ホーム画面をすっきりと整理することが出来ます。 一つのフォルダには最大135個(iOS7以降)、16個(iOS6)または12個(iOS5以前、iPadは20個)のアイコンを格納することが出来ます。 画面全体を「フォルダ」で埋め尽くすと、最大29,704個(iOS7以降)、3,524個(iOS6)または2,160個(iOS5以前、iPadは4,480個)のアプリをインストールすることが出来ます。 フォルダの名前は重ねたアプリのカテゴリ名から自動的に設定されます。その名前をタップすれば、名前を変更することも出来ます。
  • フォルダの名前は、重ねたアプリのカテゴリ名から自動的に設定されます。その名前をタップすれば、名前を変更することも出来ます。
  • 「フォルダ」を削除するには、そのフォルダの中のすべてのアイコンをフォルダの外に出すだけでOKです。
  • 「フォルダ」は、ホーム画面の一番下の列:「ドック」に設置することもできます。 「ドック」はホーム画面のどのページにも表示されるので、よく使うアプリをまとめたフォルダを置くと便利です。
なお、iPod nanoでは「フォルダ」の作成は出来ません。

アプリを隠す:Appライブラリを活用する

iPhone ホーム画面をつぎつぎと右から左にフリックしていくと、一番右のページに「Appライブラリ」というページが現れます(iOS14以降)。 これはインストールされたすべてのアプリを、提案(おすすめ)、最近追加した項目、そしてエンターテイメント、ソーシャルなどのカテゴリなどで自動で分類するページです。
各分類の中では、よく使う、またはおすすめのアプリのアイコン3つが大きく表示され、その他のアイコンは右下に小さく表示されます。
また画面上部には検索ボックスがあります。 アプリを名前から検索することができます。
iPhone この画面を上から下にドラッグ、または検索ボックスをタップすることで、アルファベット順のリスト表示できます。
iPhone 「ホーム画面を編集(Jiggle mode)」モードにして、アプリの削除を行おうとすると、このようなメニューが表示されます。 ここで「Appライブラリへ移動」をタップすると、ホーム画面からはアイコンを削除しますが、Appライブラリからはそのアプリを起動することができます。
ホーム画面から、そのアプリを隠すことができます。 使用頻度が低いアプリを片付けておくのに便利です。
iPhone 設定(設定)-[ホーム画面]で、 新たにインストールするアプリを、ホーム画面に追加するか、Appライブラリのみに追加するかを指定することもできます。