• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

ダークモード/ライトモードの切り替え方法

iPod/iPad/iPhoneの画面を、背景色が白ベースの「ライトモード」と、背景色が黒ベースの「ダークモード」に切り替えることができます(iOS13以降)。 この切り替えは時間、あるいは日の出と日の入りを指定して、自動的に行うことも可能です。

ダークモード/ライトモードの効果

ダークモード/ライトモードの効果は、単にデザイン上の見栄えが変わるだけではなく、省電力の効果もあります。 各画素が発光して映像を作り出す、最新の「OLED(有機EL)ディスプレイ」を搭載したモデル(iPhone 11Pro / XS / X シリーズ)では、 ダークモードにすると点灯する画素が減るので、消費電力を下げる効果が期待できます。
いっぽう、従来の「LCD(液晶)ディスプレイ」を搭載したモデルでは、常にディスプレイ全面にわたってバックライトが点灯しています。 このため液晶シャッターを駆動する量が減る、ライトモードのほうが省電力の効果が高いと考えられます。

ダークモード/ライトモードの切り替え方法

iPad iPhone ダークモード/ライトモードの切り替えは 設定(設定)-(画面表示と明るさ) で行います。 「ライト」をタップするとライトモードに、また「ダーク」をタップするとダークモードに、その場で切り替わります。
iPad iPhone これがダークモードに切り替えたときの画面です。
ここで「自動」を タッチパネル:ON(オン) にすると、条件に従って自動的にダークモード/ライトモードを切り替えることができます。 その条件は、すぐ下の「オプション」で指定します。
iPad iPhone これが「オプション」の画面です。
「日の入りから日の出まで」を指定すると、その日の日の入りから日の出までの時間はダークモードに、そのほかはライトモードになります。
「カスタム」を選ぶと、ライトモードへの切り替え時刻と、ダークモードへの切り替え時刻を指定できます。

コントロールセンターからダークモードを切り替える

iPad iPhone コントロールセンターからワンタッチでダークモード/ライトモードを切り替えることができます。 詳しくは コントロールセンターの使い方 をご覧ください。

ダークモードに対応した壁紙を使う

iPad iPhone iOS内蔵の壁紙には、ダークモードに対応した壁紙があります。 「静止画」の中で右下にアイコンが付いているものは ダークモードに対応した壁紙です。 詳しくは 壁紙の設定/取り出し方法 をご覧ください。