• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

ファイルをダウンロードする:ダウンロードマネージャーを使う | Safariの使い方

ここでは、Safariでファイルをダウンロードする:ダウンロードマネージャーを使う方法を解説します。
なお、Safariの使い方全般については インターネットブラウザ:Safariの使い方 のページで説明しています。併せてご参照ください。

ファイルをダウンロードする

ファイルをダウンロードしようとすると、ダウンロードマネージャーによりバックグラウンドで処理が行われます。 そして(ファイル)アプリの「ダウンロード」フォルダに格納されます(iOS13以降)。
iPad iPhone Webサイトの、画像やファイルへのリンクをタップすると、ダウンロードの確認画面が表示されます。 「ダウンロード」をタップします。
iPad iPhone ダウンロードが始まると、画面の右上にダウンロードアイコンが表示され、進捗が確認できます。
参考:ここで表示しているWebページは 「eBookshelf Generator 電子書籍の本棚」 です。
iPad iPhone ダウンロードアイコンをタップすると、これまでにダウンロードしたファイル名の一覧が表示されます。 ファイル名または虫眼鏡アイコンをタップすると・・・
iPad iPhone (ファイル)アプリ の「ダウンロード」フォルダが開き、ダウンロードしたファイルを見ることができます。
ここでファイル名をタップすると、その内容が表示されます。 Zip圧縮ファイルをタップすると、その場で解凍されます。
iPad iPhone ここでファイル名を長押しすると、このようなメニューが表示されます。 各種ファイル操作が行えます。
このファイルを別のアプリで開きたいときは、 (共有) をタップします。
iPad iPhone すると 共有メニューが開きます。 アプリ一覧から、使用したいアプリを選びます。
写真・ビデオの場合は、この下に表示される「画像を保存」メニューを選ぶと、 Photos(写真)アプリの「マイアルバム」に格納されます。
iPad iPhone 一覧に使いたいアプリが見つからなかったときは、アプリアイコンの一番右端にある「その他」をタップすると、このようにすべての候補が表示されます。 このなかから、開くのに使いたいアプリを指定します。 するとそのアプリが起動し、ファイルが読み込まれます。

ダウンロード先のフォルダを指定する

iPad iPhone ダウンロード先のフォルダは Settings(設定)-(Safari) -[一般]-[ダウンロード]で指定できます。 保存先には、iPod/iPad/iPhoneに接続したUSBメモリやSDカードも指定できます。