• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Webサイトの情報を友人に送る/共有する | Safariの使い方

ここでは、SafariでWebサイトの情報を友人に送る/共有する方法を解説します。
なお、Safariの使い方全般については インターネットブラウザ:Safariの使い方 のページで説明しています。併せてご参照ください。

Webサイトの情報を友人に送る/共有する

iPad iPhone (共有) マークをタップします。
iPad iPhone このようなメニューが表示されます。 最近連絡を取った人の顔写真やアプリのアイコンが並んでいます。 これをタップすると、表示しているWebサイトを友人に送る/共有することができます。
AirDrop
近くにiPod/iPad/iPhoneユーザーがいて、デバイスを操作していると、 マーク付きで、その人の顔写真が表示されます。 この顔写真をタップすると、AirDropを使って近くのiPod/iPad/iPhoneユーザーと、このページを共有できます。
メール/メッセージ
「メール」「メッセージ」をタップすると、現在表示しているページのアドレスをメールメッセージで送ることができます。 知人などに、現在見ているページを教えてあげるのに便利です。
iPad iPhone この画面で「オプション」をタップすると、共有する方法を選択できます。
iPad iPhone このような画面になります。 「自動」を選ぶと、共有先のアプリに合わせて自動変換されます。 「PDF」を選ぶと、PDF形式で共有されます。 「Webアーカイブ」を選ぶと、“.webarchive”形式のファイルになります。対応するアプリを使って開くと、Webサイトの画面が再現されます。