• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Safariの使い方の基本 | Safariの使い方

ここでは、Safariの使い方の基本を解説します。
なお、Safariの使い方全般については インターネットブラウザ:Safariの使い方 のページで説明しています。併せてご参照ください。

Safariのクイックアクション

iPhone (Safari) アイコンを長押しするか、または 「3D Touch」に対応したモデル(2015年発売のiPhone 6s / 6s Plus以降、ただしSE, XRを除く)では、 アイコンを強く押すと、図のようにクイックアクションを呼び出せます。 新規タブプライベートブラウズブックマークリーディングリスト、 の4つの機能に直接アクセスできます。
また「ホーム画面を編集」をタップすると、ホーム画面の編集・アイコンの並べ替えができます(iOS13以降)。

URL(アドレス)を直接入力

まずはWebサイトのURL(アドレス)を直接入力してアクセスしてみましょう。
iPad iPhone Safari(サファリ)を起動して、Webサイトをアクセスしてみましょう。 画面上部のURL欄にURLを入力するだけです。
もしURL欄が表示されてないときは、画面最上部の時計表示をタップして下さい。
iPad iPhone URL欄を指先でタップすると、キーボードが現れ、URL(アドレス)が入力できます。 「http://」は省略することが可能です。 入力が終わったら「開く」ボタンをタップするとそのWebサイトが開きます。
URL欄の右端に表示される をタップすると、現在のURLをクリアします。最初から入力し直したいときに便利です。
iPod keybordをタップするとキーボードを切り替えることができます。 URL(アドレス)を入力するときは、[英語フルキーボード]が便利です。
タッチパネルモデルのキーボードの詳しい使い方は 文字入力の方法/キーボードの使い方のページで紹介しています。ご参照ください。

Safari操作方法の基本

iPad iPhone 当サイト「iPod/iPad/iPhoneのすべて」のトップページにアクセスするとこんな感じです。
画面をスクロールさせると、自動的に画面上下のステータスバーが消えて、ページを画面全体に表示します(iOS7以降)。
Safariの基本操作は下記のとおりです。
ページの先頭にジャンプ
画面最上部の時刻表示をタップする。
画面を拡大表示
画面をピンチアウト/ダブルタップする。
画面の拡大を戻す
画面をピンチイン/ダブルタップする。
ページ内のフレームをスクロールさせる
2本の指を画面に当ててスライドする。
リンク先のページを開く
ページ内のリンクをタップする。
高速にスクロール
画面を上下にフリックする。
文字入力
Webページ内の入力欄をタップするとキーボードが現れます。
「フリック」や「ピンチアウト」などの、タッチパネルの操作方法については、 タッチパネル操作方法の基本のページで紹介しています。ご参照ください。
iPad iPhone ページ内のリンクを長押しすると、リンク先のページのプレビュー(縮小)画像が表示されます(Peek機能)。 このプレビュー画像をタップすると、そのページを開きます(Pop機能)。 また同時に次のようなメニューが表示されます。
新規タブで開く
新しい画面を開き、そこでリンク先のページを表示します。
リンク先のファイルをダウンロード
リンク先のファイル(HTMLファイル等)を、ダウンロードマネージャーを使ってダウンロードします。
リーディングリストに追加
現在のページがリーディングリストに追加されます。
“写真”に追加
Webページ上の選択した画像を(写真)アプリに保存します。
コピー
Webページ上の選択した文字列や画像などをクリップボードにコピーします。なおURLをコピーするには下の[共有...]メニューを使います。
共有...
共有メニューを開きます。選択したURLや文字列、画像などをメールやメッセージで送信したり、メモに追加したり、クリップボードにコピーすることができます。
リンクのプレビューを非表示/表示
選択するたびに、プレビュー(縮小)画像の非表示/表示を切り替えます。非表示を選ぶと、代わりにURLが表示されます。
3D Touchに対応したモデルでは、リンクを強く押すとリンク先の画面が覗き見(Peek)できます。さらに強く押し続けるとそのページに移動(Pop)します。
クリップボードの使い方(コピー/ペーストの方法)は 文字入力の方法/キーボードの使い方のページで紹介しています。ご参照ください。
iPad iPhone ページ内の画像を長押しすると、その画像が表示されるとともに、このようなメニューが表示されます。
共有...
共有メニューを開きます。選択した画像などをメールやメッセージで送信したり、メモに追加したり、クリップボードにコピーすることができます。
“写真”に追加
Webページ上の選択した画像を(写真)アプリに保存します。
コピー
画像をクリップボードにコピーします。メールなどに画像を添付することができます。
(写真)に格納した画像の扱い方については 写真アプリの使い方のページで紹介しています。ご参照ください。

インターネットで検索する

iPad iPhone 何か知りたいこと、調べ物があるときは、インターネットの検索機能を使います。
Webサイト閲覧中に、画面最上部の時計表示をタップするとURL欄が表示されます。 このURL欄に検索したいキーワードを入力すると、検索エンジンGoogleで検索ができます。
スペースキーの左の(マイク)キーをタップすると音声入力(Dictation)ができます。
うまく目的の情報に到達する検索のコツは、関連する複数の単語をスペースで区切って入力することです。
iPad iPhone 使用する検索エンジンは、Google、Yahoo!、Bing等から選択できます。 切り替えるには、 Settings(設定)-(Safari) -[検索エンジン]で設定します。

横長表示/再読み込み

iPad iPhone 本体を横に向けると、表示も横長になります。 より大きな文字で画面を見ることができます。
URL欄の右の (矢印) マークをタップすると、このページを再読み込みします。 画面表示がおかしいときは、再読み込みして見て下さい。

進む/戻る/履歴の一覧を見る

iPad iPhone 画面の下または上にある、矢印マークをタップすると、以前表示していたページへ進む/戻ることができます。
またこれらの矢印を長押しすると、最近閲覧したページの履歴一覧を見ることができます。
矢印マークが画面に表示されていない時は、画面を下方向にスクロールしてみてください。