• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Webサイトのパスワードを自動で入力する/忘れたパスワードを思い出す | Safariの使い方

ここでは、SafariでWebサイトのパスワードを自動で入力する/忘れたパスワードを思い出す方法を解説します。
なお、Safariの使い方全般については インターネットブラウザ:Safariの使い方 のページで説明しています。併せてご参照ください。 インターネットブラウザ:Safariの使い方

パスワードを自動で入力する

iPod/iPad/iPhoneは、Webサイトに入力したIDとパスワードを記憶しています。
iPad iPhone Settings(設定)- (パスワードとアカウント)-[パスワードを自動入力]を タッチパネル:ON(オン) にします。 すると、ログイン/サインインが必要なWebサイトを開くと、 過去に入力したIDとパスワードが自動的に入力できます。

パスワード一覧を管理する

iPad iPhone Settings(設定)- (パスワードとアカウント)-[WebサイトとAppのパスワード] をタップすると、これまでに入力したIDとパスワードの一覧が表示されます。
iPad iPhone 画面右上の「編集」をタップするとこのようになります。 サイト名を選択して左上の「削除」をタップすると、保存されているIDとパスワードを削除することができます。

サイト別にパスワードを管理する/忘れたパスワードを思い出す

iPad iPhone IDとパスワードの一覧画面で、任意のサイト名をタップすると、その詳細が表示されます。 IDとパスワード、関連するWebサイトのURLが表示されます。 忘れてしまったパスワードを見ることもできます。
パスワードを他のWebサイトで使いまわしていると、図のように「複数のWebサイト間でパスワードを再利用することは安全ではありません。」との警告が表示されます。 また、簡単なパスワードを使っていると、図のように「このパスワードは簡単に推測できてしまう可能性があります。」との警告が表示されます。
ここで「Webサイトのパスワードを変更」をタップすると、(Safari)でこのWebサイトを開きます。 パスワードを変更しましょう。
iPad iPhone 画面右上の「編集」をタップすると、ID、パスワード、関連サイトのURLを変更できます。 次回(Safari)を使ってこのWebサイトを訪れたときに、ここで変更した新しいID、パスワードが自動入力されます。

もっとSafariのことを知りたい