• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

USBメモリー、SDカードなどを使用する方法 | ファイルアプリの使い方

ここではiPod/iPad/iPhoneの中、そしてiCloud Driveや各種クラウドストレージに格納された、 あらゆるファイルを一覧表示できる「ファイル」アプリの、 USBメモリー、SDカードなどを使用する方法 を説明します。 iPod/iPad/iPhoneに接続したUSBメモリー、SDカード、USB接続ディスクなどを使用することができます(iOS13以降)。
なお、「ファイル」アプリの使い方全般についてはファイルアプリの使い方のページで説明しています。併せてご参照ください。

USBメモリーなどの接続方法

PC

ファイルシステム


対応するファイルシステムは ExFAT, FAT32, HSF+, APFS です。 NTFSでフォーマットされたデバイスは認識しない のでご注意ください。

USB Type-Aデバイス


市販のUSB Type-AコネクタのUSBメモリなどは、 Lightning - USBカメラアダプタ を使ってiPod/iPad/iPhoneに接続します。 ただしiPhoneでは電力不足となる場合があります。その場合は 電力が供給可能なUSBハブを挟む と使用可能になります。 それでも消費電力の大きなHDDやSSDは、iPhoneでは使用できない場合があります。

iPad


iPadでは電力供給が十分なので、HDDやSSDも接続可能です。 USB Type-Cコネクタを搭載したiPad Proに、Type-AコネクタのUSBメモリなどを接続する場合は、市販の Type-C - Type-A 変換コネクタ(Amazon.co.jp) が使用可能です。
さらにiPadに USBマルチハブ を接続し、ハブの一つのポートから電力を供給すれば、 複数のUSBメモリ、HDD、SSDを同時に接続してアクセスすることが可能です。

SDカード


SDカードは、 Lightning - USBカメラアダプタ に市販のSDカードリーダーを繋ぐか、 Lightning - SDカードカメラリーダー を使って接続します。

電力不足でエラーになるとき

iPad iPhone 接続するUSBデバイスによっては「接続されたデバイスは消費電力が大きすぎます」「Cannot Use Accessory TransMemory: This accessory requires too much power.」といったエラーが表示されることがあります。 こんな時は、下図のように、ACアダプタなどで電力が供給可能なUSBハブを挟むことにより、使用できるようになる場合があります。
アップル純正の「 Lightning - USB 3カメラアダプタ 」を使えば、接続中に電力を供給することも可能です。 アダプタのLightningコネクタに充電器を接続して、給電しながら使用します。

電力供給可能なUSBハブを挟む方法

USBメモリーなどの使い方

iPad iPhone (ファイル)アプリで USBストレージを使用するのに、特に準備や設定は必要ありません。 iOS13以降であれば、単にiPad/iPhoneの Lightning / Type-C 端子にストレージを接続するだけで認識されます。
iPad iPhone このように認識されました。 ドライブ名は、ストレージをフォーマットした時のものが見えています。

もっとファイルアプリのことを知りたい