• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

サーバーに接続する方法 | ファイルアプリの使い方

ここではiPod/iPad/iPhoneの中、そしてiCloud Driveや各種クラウドストレージに格納された、 あらゆるファイルを一覧表示できる「ファイル」アプリの、 サーバーに接続する方法 を説明します。 ファイルアプリは、NASなどのSMBサーバー、APFSファイルシステムのネットワークドライブに接続して、その中のファイルを操作することもできます(iOS13以降)。
なお、「ファイル」アプリの使い方全般についてはファイルアプリの使い方のページで説明しています。併せてご参照ください。

サーバーをアクセスする

iPad iPhone (ファイル)アプリを起動して、 ファイル一覧画面を下にドラッグすると現れる、またはブラウズ画面にある (その他) をタップすると、このようなメニューが表示されます。 「サーバーへ接続」をタップします。
iPad iPhone サーバーのドメイン名またはIPアドレスを入力し、右上の「接続」をタップします。
iPad iPhone ユーザーの種類(ゲストまたは登録ユーザー)を選択します。 登録ユーザーの場合は、名前(ID)とパスワードを入力します。 そして右上の「次へ」をタップします。
iPad iPhone NASに接続できました。
iPad iPhone (ブラウズ) 画面に切り替えると、「共有」欄に接続しているサーバーが見えています。
切断するときは、サーバー名の右端にある (取り出し)アイコンをタップします。

外出先から自宅/職場のサーバーをアクセスする

以上で、同じ自宅/職場内LANにあるサーバーに接続することができました。 外出先から自宅/職場のサーバーに接続するには、さらに下記の設定・確認が必要です。
  • プロバイダから自宅/職場に払い出されているIPアドレスが、グローバルIPアドレスであること
  • 自宅/職場LANへのDDNSドメイン名または固定IPアドレスが確保されていること
  • 自宅/職場にVPNサーバが設置されていること
最近のWi-FiルーターやNASでは、無料でDDNSやVPNサーバが設定でき、比較的簡単にこれらの条件をクリアすることが可能です。 これらの設定方法については、以下の各ページをご参照ください。

VPN下の共有フォルダへアクセスできない

これにはいろいろな原因が考えられますが、落とし穴になりやすいのが、インターネット接続に使用しているプロバイダのサービス制限です。 たとえば会社で支給されているモバイルルータ経由などでは、サービス制限により、VPN下の共有フォルダへのアクセスに限らず、いろいろな制約がある可能性があります。

もっとファイルアプリのことを知りたい