• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

マップ(地図)で車を駐車した場所を表示する

マップ(地図)アプリでは、車を駐車した場所を表示することができます(iOS10以降)。 広い駐車場などで、どこに駐車したかわからなくなったときに役立ちます。
なお、マップ(地図)アプリの使い方全般についてはマップ(地図)アプリの使い方のページで解説しています。 併せてご覧ください。
駐車した場所を表示するには、車にBluetooth接続のカーオーディオ/FMトランスミッターやハンズフリーマイクなどが取り付けられている必要があります。 Bluetooth機器との接続が切れた場所を「駐車した場所」として表示します。 まずはiPod/iPad/iPhoneを、自動車に搭載したカーオーディオ等と接続してください。
事前準備
iPad iPhone この機能を使うには事前準備が必要です。 設定(設定)- マップ(マップ)画面で、 [駐車した場所を表示]を タッチパネル:ON(オン) にしておきます。
iPhone あとは何も操作する必要はありません。 自動車から離れてから マップ(マップ)を起動し、 検索ボックスの下を見ると「駐車中車両」という項目が表示されます。ここをタップすると・・・
iPhone 自動車の駐車位置がマーカーで表示されます。 「駐車場所を編集」をタップすると、地図上の駐車位置マーカーの位置を変更することができます。 「経路」をタップすると、現在位置から駐車位置までのナビゲーションが開始できます。 駐車位置は、Bluetooth電波の到達距離プラスGPSの精度の関係で、最大10~15m程度の誤差は出ます。 特に山間やビルの谷間など、GPSの誤差が起きやすいところでは、駐車したらまず、場所を忘れないうちに駐車位置マーカーを調整しておくと良いと思います。