• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watch文字盤の変更方法

Apple Watchの文字盤は、次の手順で作成します。
  • 「文字盤ギャラリー」でベースとなるデザイン(=コレクション)を選択
  • 「ディテール」「カラー」「コンプリケーション」をカスタマイズ
  • 「マイ文字盤」に登録
  • Apple Watch上で「マイ文字盤」から選択して切り替え
この操作は、iPhone、Apple Watchどちらでもできます。 ここではこの手順を詳細に説明します。

文字盤ギャラリーで文字盤を作る

iPhone 文字盤の作成は、ペアリングしたiPhoneの (Watch)-[文字盤ギャラリー]で行うのが簡単です(iOS10,watchOS3以降)。 多くのベースとなるデザイン(=コレクション)が並んでいます。このなかからお気に入りの文字盤を選びます。
iPhone するとカスタマイズ画面になります。 変更できるデザインの項目は、文字盤によりさまざまですが、多くは「ディテール」「カラー」「コンプリケーション」の3種類になります。 思いのままに各項目を変更してみてください。
iPhone 画面をスクロールすると「コンプリケーション」の設定画面が現れます。 コンプリケーションとは機械時計の用語で、複雑時計のことを示します。
Apple Watchでは、好きな情報を表示させることができる、文字盤の中に設定された複数のエリアを「コンプリケーション」と呼びます。 日付やカレンダー、天気に世界時計、さらには株価やバッテリ残量まで、いろいろな情報を表示させることができます。
この例では8か所に任意の情報を表示させることができます。 まず表示を変更したいエリアの名前(「左上」「右下」など)をタップします。
iPhone するとそのエリアに設定可能な「コンプリケーション」のリストが表示されます。 実に多くの情報から選択が可能です。
文字盤にアプリの情報を表示する
Apple Watch用アプリの中には、「コンプリケーション」にアプリの情報を表示できるものもあります。 どのアプリの「コンプリケーション」を有効にするか否かは、 (Watch)-[マイウオッチ]-[コンプリケーション]で指定します。
文字盤にモノグラムを表示する
コレクションの中にはコンプリケーションに「モノグラム(記号)」を選択できるものがあります。そこには (Watch)-[マイウオッチ]-[時計]-[モノグラム]で指定した、最大4文字の任意の文字列を表示することができます。 時計メーカーのロゴマークみたいなものです。 ここにアップルロゴを入れるのもよいですね。
iPhone 文字盤が完成したら、最後に「追加」をタップすると「マイ文字盤」に追加されます。 「マイ文字盤」に登録された文字盤は、即座にApple Watchにも転送されます。
iPhone Apple Watchで画面を端から左右にフリックすれば、いつでも「マイ文字盤」に登録済みの、ほかの文字盤に切り替えられます。

文字盤の一覧表示と整理

iPhone 作成/カスタマイズした文字盤の一覧は、ペアリングしたiPhoneの (Watch)-[マイウオッチ]の「マイ文字盤」欄で確認できます。 ここで右上の「編集」をタップすると・・・
iPhone このような画面になります。 をタップすると「削除」ボタンが表示され、それをタップするとその文字盤を削除できます。
文字盤の右端の を上下にドラッグすると、表示順序を変更できます。
最後に画面右上の「完了」をタップすると編集結果が保存されます。

文字盤を共有する:友人などに送る

iPhone 作成/カスタマイズした文字盤を家族や友人と共有することができます。 「文字盤ギャラリー」またはカスタマイズ済みの「マイ文字盤」から、共有したい文字盤を選び、画面右上の (共有)をタップします。
iPhone このような画面になります。 文字盤をメールやメッセージで送ったり、 (ファイル)アプリ に保存したりできます。

Apple Watchで文字盤をカスタマイズ

iPhone Apple Watchを時計表示にします。 時計表示になるまでデジタルクラウンをクリックします。
iPhone 時計表示画面を長押しします。 すると文字盤の選択画面になります。
ここで画面を左右にフリックしてタップすれば、「マイ文字盤」に登録済みの、別の文字盤に切り替えることができます。
(共有)をタップすると、 家族や友人と共有する ことができます。
ここで「編集」ボタンをタップすると、デザインのカスタマイズができます。
iPhone 変更できるデザインの項目は、文字盤によりさまざまですが、多くは「ディテール」「カラー」「コンプリケーション」の3種類になります。
まず、画面を左右にフリックして、カスタマイズするデザイン項目を選択します。
つづいて、デジタルクラウンを回して、選択した項目のデザインを切り替えます。
デジタルクラウンをクリックすると、選択結果が確定されます。
iPhone これは「コンプリケーション」の選択画面の例です。
この例では8か所に任意の情報を表示させることができます。 まず任意の表示エリアをタップし、つづいてデジタルクラウンを回すと、そこに表示させる情報を選ぶことができます。
デザインが完成したら、デジタルクラウンをクリックすると、文字盤が確定されます。

Apple Watchで文字盤を新規登録・管理

iPhone Apple Watchでも、新たに文字盤を選択してカスタマイズし、「マイ文字盤」に登録することもできます。
時計表示画面を長押しして文字盤の選択画面を表示し、これをいちばん右までフリックして「新規」を選びます。 そしてデジタルクラウンを回すか、画面を上下にフリックして、ベースとなるコレクションを選びます。 そしてそのコレクションをカスタマイズすればOKです。
iPhone 使用しないコレクションを「マイ文字盤」から削除することもできます。
文字盤の選択画面で、それを上に向かってスワイプします。 削除ボタンが現れたらそれをタップします。
iPhone たとえばコレクション「モジュラー」を使い、すべてのコンプリケーションをOFFにし、カラーを赤にすると、 暗闇でもまぶしくない、映画館向けのデザインを作ることができます。 これを登録しておき、映画館に入るときに呼び出せば、周りにも迷惑かけずに済みます。
なお、コントロールパネルからをタップすると「シアターモード」になります(WatchOS 3.3以降)。 消音モードになり通知音は鳴らなくなり、また手首を持ち上げても文字盤が明るくなりません。

意図的に時間を進める

iPhone Apple WatchはiPhoneと同期してインターネットのタイムサーバから常に正確な時間を読み込みます。 しかしこれを意図的に進めることができます。
(設定)-[時間]を選ぶとこのような画面になります。 「+0分」と書かれているところをタップします。
iPhone このような画面になります。 デジタルクラウンをまわすと、最大+59分まで、分単位で進めることができます。
なお、ここで変更されるのは文字盤の表示だけです。 アラームその他、時刻に関係する機能は、すべて正しい時刻で動作します。

もっとApple Watchのことを知りたい