• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple SIM / eSIM / デュアルSIM の使い方

Apple SIMとは

Apple SIMとは、2014年に登場した、iPad向けの、アップル独自のデータ通信用SIMカードです。 これをSIMフリー機にセットしておけば、各キャリアのSIMカードに差し替えることなく、いつでもiPadの画面から、Apple SIMに対応しているキャリアとプランが選択・切り替えできるものです。 国内はもちろん海外旅行でも、世界90以上の国と地域で、iPad本体だけで即座に現地のデータ通信プランが購入できます。
しかし最近では下記 eSIM 搭載モデルの普及に伴い、Apple SIMのサポートは減少/統合方向です。

eSIMとは

micro,SMSなし
eSIM(イーシム:embedded SIM)とは、従来、物理的なプラスチックカードとして提供されてきたSIMカードを、電子回路としてデバイスの中に組み込んだものです。 携帯キャリアからSIMカードを提供してもらう代わりに、アプリなどを使用して、ネットワーク経由で、本体に内蔵された eSIM に契約内容を書き込みます。 キャリアや契約内容の変更が容易となるため、メインの回線契約で容量を使い切ったときや、海外で利用したい場合に、短期のデータ通信契約を結ぶのに便利です。
なお、iPadシリーズに搭載されているeSIMには、モデルによって、上記Apple SIMを電子回路化したものと、一般的なコンシューマモデルのeSIMの2種類があります。

Apple SIMの入手方法

Apple SIMは、アップルストアで発売されているSIMフリーのiPadシリーズ Cellularモデルの一部に同梱されていました。 また、国内のアップルストアでも1枚600円で購入できます(2015年11月17日より)。 さらに 9.7インチiPad Pro(2016年発売)10.5インチiPad Pro(2017年発売) のSIMフリーモデルでは、カードの形ではなく、電子回路(eSIM)として本体に内蔵されています。 eSIM本体内蔵モデルでは、SIMスロットに入れた物理SIMと、eSIM用のプランの両方が使えます。
なお、iPad Pro 3G(2018年発売)からは内蔵eSIMの仕様が一般的なコンシューマモデルのeSIMに変わり、"Apple SIM"とは異なるものとなりました。 従来のApple SIMのサービスを利用したいときは、アップルストアで発売されているApple SIMを装着する必要があります。

Apple SIM / eSIMの使えるデバイス

Apple SIM、eSIMが使用できるiPad/iPhoneのモデルは下記のとおりです。
Apple SIM / eSIMの対応モデル一覧
デバイス Apple SIM対応 Apple SIM内蔵 eSIM内蔵
iPhone SE (2020)
11 (2019)
11Pro/Pro Max (2019)
XR (2018)
XS / XS Max (2018)
iPad Pro 4 (2020)
3 (2018)
10.5" (2017)
12" (2017)
9.7" (2016)
12"初代 (2015)
10.5" (2017)
9.7" (2016)
4 (2020)
3 (2018)
iPad 7 (2019)
Air3 (2019)
6 (2018)
5 (2017)
Air2 (2014)
7 (2019)
Air3 (2019)
iPad mini 5 (2019)
4 (2015)
3 (2014)
5 (2019)
注意:Apple SIMが電子回路(eSIM)として本体に内蔵されているのは、「Apple SIM内蔵」モデルのうち、アップルストアで販売されているモデル(SIMフリー機)のみ。

iPhoneでのeSIM/デュアルSIMの使い方

iPhoneは、2018年発売の XS / XS Max / XR から eSIM を内蔵し、プラスチックカードのSIM(物理SIM)と合わせて2枚のSIMが同時に使える「デュアルSIM」に対応しました(iOS12.1以降)。 このため、2つのSIM(電話番号)を同時にセットして、どちらも待ち受け待機(Dual SIM Dual Standby (DSDS))できます。 例えば 会社用の電話と私用電話を1台にまとめたり、海外渡航時に、音声通話を日本の電話番号で、データ通信を現地の低価格なサービスで利用することもできます。 なお、中国・香港・マカオ向けのiPhoneにはeSIMではなく、2枚の物理SIMスロットを搭載しています。
ただし、現在日本国内の携帯キャリアはデュアルSIMに対応した通話サービスを開始していません。 代わりにデータ通信のみであれば、下記 Apple SIM / eSIMの使えるサービス で挙げたサービスが使用可能です。 メインのキャリアのデータ通信を使い切ったときに、不足分を短期間契約するような使い方は可能です。
また、デュアルSIM機能を利用するにはSIMフリー機でなければなりません。 キャリアから購入したiPhoneを利用する場合は、事前にSIMロック解除の手続きが必要です。

Apple SIM / eSIMの使えるサービス

Apple SIM / eSIM向けの主要な通信サービスには、下記のようなものがあります。
GigSkyのサービスの場合は、iPhoneに GigSky Global Mobile Data アプリをインストールすると、いつでもデータプランを申し込むことができるようになります。 例えば北米では最小1日300MBでUSD10、1GB(15日有効)でもUSD20で使えます。
この他にも、各国に現地で使えるeSIMサービスがどんどん充実してきています。 海外旅行時は、旅行先でサービスしているキャリアのWebサイトをご確認ください。
Apple SIM / eSIMの使える主要サービスの例
キャリア/会社 サービス
IIJ IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ(IIJmio)
ビックカメラ(IIJ) 日本初のeSIM「いいSIM」(ビックカメラ)
GigSky GigSky Data Plans for Dual SIM iPhone(GigSky)
GigSky GigSky for iPad Cellular(GigSky)
AlwaysOnline iPad Data Plans for Apple SIM(AlwaysOnline)
Soracom Mobile Prepaid Data eSIM for International Travel(Soracom Mobile)
FLEXIROAM FLEXIROAM フレキシローム(FLEXIROAM)
au/KDDI Apple SIMでauデータプリペイドサービスを利用する場合(au/KDDI)
Softbank eSIM/Apple SIM を利用した、4Gデータプリペイドのご利用方法(Softbank)

iPadシリーズでのApple SIM / eSIM の使い方

多くのサービスでは、専用アプリをインストールして、そこからオンライン契約を結ぶ形になっています。 そうでない場合は、下記の手順に従います。
iPad 設定(設定)- モバイル通信(モバイルデータ通信)を開きます。 そして「モバイルデータ通信を設定」をタップします。 このような画面になるので「モバイルデータ通信を設定」をタップします。
iPad 物理SIMをセットして、すでに他のデータ通信サービスを使用している場合はこのようになります。 「新規プランを追加」をタップすると、2回線目のサービスがeSIM上にオンライン契約できます。
iPad するとその場で使用可能な携帯キャリアの一覧が表示されます。 好みのキャリアを選択します。
iPad するとプランの詳細が表示されます。 あとは画面の説明に従って会員登録や購入手続きを行えば、即座にデータ通信が使用可能になります。

iPhoneシリーズでのApple SIM / eSIM の使い方

多くのサービスでは、専用アプリをインストールして、そこからオンライン契約を結ぶ形になっています。 そうでない場合は、下記の手順に従います。
iPhone 設定(設定)- モバイル通信(モバイル通信)を開きます。
iPhone 「モバイル通信プランを追加」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 契約のためのQRコードがある場合は、それをカメラで撮影し、以降画面の指示に従います。 アクティベーションコードを入手した場合は「詳細情報を手動で入力」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 アクティベーションコードを入力し、以降画面の指示に従います。