• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

拡大鏡/虫めがねの使い方:iPhoneで接写/マクロ撮影する方法

iPod/iPad/iPhoneに搭載されたカメラを、拡大鏡/虫めがねとして使うことができます(iOS11以降)。 本やチラシなどに印刷された、小さな文字を読むのに役立ちます。 また、 (カメラ) アプリを使う場合より被写体に寄ることができるので、接写/マクロ撮影ができます。

拡大鏡を使用する準備

iPad iPhone 「拡大鏡」を使用するには 設定(設定)- (アクセシビリティ)- [拡大鏡]画面を開き、「拡大鏡」を タッチパネル:ON(オン) にします。
するとiPhoneではサイドボタンのトリプルクリックで、またiPadではホーム画面に追加される アイコンのタップで、拡大鏡アプリがスタートします。
iPad iPhone または、 コントロールセンター のオプションの「拡大鏡」を有効にします。するとここからワンタップで拡大鏡が起動できるようになります。

拡大鏡の使い方

iPad iPhone (拡大鏡)が起動するとこのような画面になります。 iPod/iPad/iPhoneのカメラで撮影した映像が表示されます。 黄色いボタンが表示されたスライドバーを左右にドラッグすると、画像が拡大・縮小されます。
iPad iPhone スライドバーが表示されているコントローラー部分は折りたたむことができます。 コントローラー部分を上下にドラッグすると、2段階に折りたたみ/展開します。

拡大鏡の画像の調整

iPad iPhone をタップすると、画面の明るさが調整できます。
なお、各コントロールアイコンが白いときは初期値のまま、黄色いときは値が変更されていることを示します。
iPad iPhone をタップすると、画面のコントラストが調整できます。 +方向にドラッグすると、白い部分はより明るく、黒い部分はより暗くなります。
iPad iPhone をタップすると、各種フィルターを適用することができます。 コントローラー部分に表示されたサムネイル(縮小画像)を左右にドラッグすると、フィルターが切り替わります。
グレイスケール(白黒)にしたり、色調を変えたり、明暗反転したりできます。
iPad iPhone をタップすると、LEDフラッシュをON/OFFできます。 暗い部屋にいるときなど、「明るさ」の調整で追いつかないときは、LEDフラッシュを点灯してみてください。

拡大鏡の設定

iPad iPhone をタップすると、設定画面が開きます。
を上下にドラッグすると、各コントロールアイコンの表示順序を変更できます。 をタップすると、「削除」ボタンが表示されます。 画面からそのコントロールアイコンを隠すことができます。
一旦隠したアイコンは、 をタップすると、元に戻ります。
iPad iPhone 上の画面で「フィルタ」をタップすると、このような画面になります。 (フィルタ) で選択肢として表示するものを選ぶことができます。

拡大鏡で写真を撮る

iPad iPhone 拡大鏡で写真を撮ることができます。
写真を撮影するには、白い二重丸のアイコン:シャッターボタンをタップします。
iPad iPhone するとこのような画面になります。
シャッターボタンの「×」をタップすると、撮影した画像を廃棄します。
をタップすると、この画像をアプリ内に一時保存したうえで、つづけて別の写真が撮影できます(iOS14以降)。
画面右上の (共有)をタップすると・・・
iPad iPhone このような画面になります。 その写真を メッセージ メール で送ったり、各種操作ができます。
近くにiPod/iPad/iPhoneユーザーがいて、デバイスを操作していると、 マーク付きで、その人の顔写真が表示されます。 この顔写真をタップすると、 AirDrop を使って近くのiPod/iPad/iPhoneユーザーと、この写真を共有できます。
「画像を保存」をタップすると、 (写真)アプリ に格納されます。
「プリント」をタップすると、 AirPrint対応のプリンタで印刷できます。
「“ファイル”に保存」をタップすると、 (ファイル)アプリ に格納することもできます。
iPad iPhone をタップすると、このような画面になります。 シャッターボタンの「+」をタップすると、別の写真を追加撮影します。
ここで アイコンの位置に表示されている「表示」をタップすると・・・
iPad iPhone これまでに撮影し、アプリ内に一時保存されている写真の一覧が表示されます。 ここを左右にドラックすると、それぞれの写真が全画面表示されます。