• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchの初期設定:iPhoneとのペアリング

複数のApple Watchを使う場合

1台のiPhoneに2台以上のApple Watchをペアリングして使用することが出ます。 特に意識することなく、普通にペアリングすれば1台のiPhoneに複数のApple Watchが登録できます。 そして、自動的に身に着けたApple Watchがアクティブとなります。 なお、それぞれのApple Watchの設定は (Watch)-[マイウオッチ]画面に表示される、複数のApple Watchから選んで行います。

Watchアプリのインストール

アプリをダウンロードする方法 App Storeおすすめアプリ

Apple Watchの電源を入れる

iPhone 本体横についている丸いデジタルクラウンの下にある、サイドボタンを長押しすると、Apple Watchの電源が入ります。 画面にアップルのロゴが表示されます。 起動には約1分ほどかかります。画面が暗くなってしまったら、画面をタップしてください。
iPhone このような画面になると起動完了です。 手元に条件に合ったiPhoneを準備してください。 ここでiPhoneを近づけると、iPhoneの情報をApple Watchに転送することができます。 iPhoneで(Watch)アプリを起動します。
あるいは右下のをタップすると手動で設定することもできます。
iPhone iPhoneで(Watch)アプリを起動します。 初めての起動時には図のような画面となります。「ペアリングを開始」をタップします。
(Watch)アプリは、 iPhoneをiOS8.2以降にバージョンアップすると自動的にインストールされます。 Watchアプリを今すぐダウンロード iOSのバージョンアップ/アップデート手順
iPhone Apple Watchの画面がこのようになります。 この先はペアリングの開始から作業を続けてください。 ペアリングの開始

手動で設定


iPhone 最初の画面でをタップした場合は、以下のように手動で設定します。 まず言語の設定画面になります。 画面を上下にスクロールして「日本語」をタップします。
iPhone 確認画面になるので、右下の「レ(チェック)」をタップします。
なお、この設定は後から (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[言語と地域]で変更可能です。
iPhone つづいて地域の選択画面となります。「日本」をタップします。
なお、この設定も後から (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[言語と地域]で変更可能です。
iPhone しばらく待つとこのような画面になります。 「ペアリングを開始」をタップします。
iPhone このような画面になれば準備完了です。 手元に条件に合ったiPhoneを準備してください。

ペアリングの開始

iPhone iPhoneで(Watch)アプリを起動します。 初めての起動時には図のような画面となります。「ペアリングを開始」をタップします。
(Watch)アプリは、 iPhoneをiOS8.2以降にバージョンアップすると自動的にインストールされます。 Watchアプリを今すぐダウンロード iOSのバージョンアップ/アップデート手順
iPhone すでに別のApple Watchを使用中の時は、 (Watch)-[マイウオッチ]-[(ペアリング済みのApple Watchの名前)]を選ぶと、図のように複数のApple Watchが表示されています。 「新しいApple Watchとペアリング」をタップします。
iPhone するとカメラが起動します。 Apple Watchの画面を撮影します。
iPhone 一瞬でこのような画面になり、ペアリンクが完了します。 初めてApple Watchを使うときは「Apple Watchを設定」をタップして初期設定を行います。 すでにApple Watchを使っていたときは「バックアップから復元」「新しいApple Watchとして設定」から選べます。
過去のバックアップから復元
iPhoneやApple Watchを買い替えて機種変更した場合は、 「バックアップから復元」を選ぶと、iPhoneに保存されている、過去のApple Watchのバックアップから復元することができます。
iPhone ペアリンクが完了すると、Apple Watchの画面はこのようになります。

Apple Watchの初期設定

iPhone 最初は装着する腕の指定です。「左」または「右」をタップします。
なお、この設定は後から (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[ウオッチの向き]で変更可能です。
iPhone つづいてApple Watchに搭載されている「Apple Watch OS」の利用規約への同意画面です。 画面右下の「同意する」をタップします。

初めての初期設定

初めてApple Watchを使うときは、以下のような各種初期設定画面が現れます。 これらの画面はApple WatchのシリーズやiPhoneの設定によっては表示されないことがあります。 また2回目以降、2台目以降のペアリングでは表示されません。
ワークアウト経路追跡
iPhone Series 2以降の Apple Watch にはGPSが搭載されています。 これを使って、ウォーキングやランニングのワークアウト実施時に、その経路を記録するか否かを設定します。 まずは「経路追跡を有効にする」を選ぶので良いと思います。 Apple Watchでフィットネス:ワークアウト
Siri
iPhone Siri(シリ)とは、自然な言葉で語りかけて iPod/iPad/iPhone、AppleTV、HomePod を操作できる音声コントロール機能です。 これをApple Watchでも有効にするか否かをしていします。 まずは「Siriを使用」を選ぶので良いと思います。 人工知能 Siriの使い方:iPhoneを音声で操作

アクティベーションロックの解除

Apple Watch を他のユーザーから引き継いだ場合、または以前にiPhoneとのペアリングを解除せずに Apple Watch 本体だけで初期化した場合は、ここでアクティベーションロックの解除が必要です。
iPhone iPod/iPad/iPhoneは、最初に使用開始(アクティベート)したユーザのApple IDとパスワードを記録しており、この情報がないと、ほかのユーザが使用できないようになっています(アクティベーションロック)。 Apple Watchも、以前にiPhoneとのペアリングを解除せずに本体だけで初期化するとアクティベーションロックがかかります。 このような画面が表示されたときは、以前使用していたユーザーのApple IDとパスワードを入力します。 アクティベーションロックとその解除
iPhone つづいてApple IDの入力となります。 iPhoneに入力したApple IDが引き継がれているので、パスワードを入力するだけです。
なお、この設定は後から (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[Apple ID]で変更可能です。 Apple IDの作り方・使い方 Apple ID、パスワードを忘れた場合の解決策
iPhone Apple IDのセキュリティ向上のため「2ファクタ認証」を有効にしているときは、ここでも「2ファクタ認証」の手順が必要となります。 Apple IDセキュリティ強化:2ファクタ認証の使用方法

パスコードの設定

iPhone つづいて、Apple WatchとiPhoneで共有される情報の確認です。確認して「Ok」をタップします。
iPhone つづいて「パスコード」の設定です。 Apple Watchは、腕に装着しているときは「パスコード」を入力することなしにすべての機能が使えます。 腕から外しているときに、他人に勝手に操作されたくないときは、「パスコード」を設定しましょう。
iPhone と Apple Watch では異なる「パスコード」を指定することも可能です。 よりセキュリティを向上するためには、別の「パスコード」を指定するのも良いでしょう。
また、パスコードを設定しないと、Apple Watch で Apple Pay が使用できません。
なお、この設定は後から (Watch)-[マイウオッチ]-[パスコード]で変更可能です。 Apple Watchのパスコードロックの使い方 パスコードロックの使い方と解除方法
iPhone するとApple Watchの画面がこのように変わります。 任意の4ケタの数字を選びます。 なお、より桁数の長いパスコードを使用したいときは、 (Watch)-[マイウオッチ]-[パスコード]で「簡単なパスコード」を タッチパネル:OFF(オフ) にします。 ただし使えるのは数字だけです。アルファベットや記号などは使えません。
iPhone つづいて再入力の画面となります。 確認のため、先ほど選んだ4ケタの数字を再度入力します。

Apple Watchの初期設定(続き)

ここからは Apple Watch の機能紹介と詳細設定の画面が続きます。 これらの画面はApple WatchのシリーズやiPhoneの設定によっては表示されないことがあります。
iPhone Apple Watch の目玉機能「アクティビティ」の設定です。 この設定は、あとから (アクティビティ)アプリで設定可能です。 もしあとから設定する場合は「この手順をスキップ」をタップします。 アクティビティの設定方法については Apple Watchでフィットネス:アクティビティ をご覧ください。 Apple Watchでフィットネス:アクティビティ
iPhone watchOS5 では、新たに追加された「低心拍数の通知」を含む、心臓の健康監視に関する説明が表示されます。 目を通したら「続ける」をタップします。
iPhone Apple WatchでSuicaやクレジットカードを使った買い物ができる(ApplePay)の設定です。 この設定は、あとから (Watch)-[マイウオッチ]-[WalletとApple Pay] で設定可能です。 もしあとから設定する場合は「Apple Watch Appであとで設定」をタップします。 Apple Payの設定方法については Apple Payの使い方:SuicaをiPhoneで使う方法 をご覧ください。 Apple Payの使い方:SuicaをiPhoneで使う方法
iPhone 緊急時のSOSコールができることの説明です。 Apple Watchのサイドボタンを長押しすると、「警察(110番)」「海上保安庁(118番)」「火事、救急車、救助(119番)」のメニューが表示されます。
緊急SOS/メディカルIDの詳細については、緊急SOSの使い方:非常事態に緊急連絡先に通知するをご覧ください。 緊急SOSの使い方:非常事態に緊急連絡先に通知する
iPhone Apple Wacth用アプリの、インストール方法の選択画面です。 「すべてをインストール」を選ぶと、いまiPhoneにインストールされている、Apple Watchに対応したアプリが、Apple Watchにもインストールされます。
なお、この設定は後から (Watch)-[マイウオッチ]画面の一番下にある[利用可能なAPP]欄で、各アプリの[インストール]ボタンをタップすると、個別にインストールできます。 また、 (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[自動ダウンロード]で、 iPhoneに新しいアプリをインストールしたときに、Apple Watchにも自動的にインストールするよう設定可能です。
iPhone ここまで来るとiPhoneとApple Watchの同期が始まります。
iPhone 同期中は、Apple Watchの画面はこのようになります。 設定内容によりますが、同期には数分かかります。
iPhone Apple Watchの画面が拡大表示されている!?
同期した時、Apple Watchの画面が拡大表示となってしまう場合があります。 こんな時は、Apple Watchの画面を2本指でダブルタップすれば元に戻ります。 Apple Watchの画面を拡大する/元に戻す
iPhone iPhoneの画面がこのようになると同期完了です。 Apple Watchの画面は時計の画面となっているはずです。 「OK」をタップします。
iPhone iPhoneの画面は (Watch)-[マイウオッチ]-[(自分のApple Watchの名前)]が選ばれた画面になっています。 画面左上の「<マイウオッチ」をタップすると・・・
iPhone [マイウオッチ]のメニューとなります。 ここからあなたのApple Watchのあらゆる設定ができます。
またApple Watchとペアリングすると、iPhoneに (アクティビティ)アプリが表示されます。 Apple Watchの特徴のひとつである、アクティビティとワークアウトの管理ができます。 Apple Watchでフィットネス:アクティビティ Apple Watchでフィットネス:ワークアウト
以上でApple Watchの初期設定は完了です。

Apple Watchの名前を変更する

iPhone
初期設定が済んだ直後は、自動的に「[あなたの名前]のApple Watch」という名前が付けられています。 これは、 (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[情報]-[名前]で変更できます。

身に着ける腕と方向の設定

iPhone
Apple Watchの初期設定が終わったら、身に着ける腕と方向を設定しましょう。 (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[ウオッチの向き]画面を開いて、 身に着ける腕を「左手」/「右手」から選びます。 また方向を「左にDigital Crown」/「右にDigital Crown」から選びます。 初期値は左腕への装着になっています。 ここを正しく設定しないと、腕を上げたときに自動でApple Watchの画面がONになりません。
腕を上げたときに自動でApple Watchの画面をONにするか否かは、 (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[画面をスリープ解除]で設定できます。

常に最後に使ったアプリを起動する

(Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[画面をスリープ解除]画面で、 スリープ解除時に、最後に使ったアプリの画面を呼び出すか、あるいは時計表示にするか、を指定できます。 初期値は、アプリ使用後2分以内にスリープ解除すると、そのアプリ画面が表示される設定となっています。

時々は電源のOFF-ONを

iPod/iPad/iPhoneと同様、Apple Watchも長時間使用していると、徐々に動作性能が低下したり、バッテリの消費が早くなったり、動作が不安定になったりすることがあります。
こんな時は電源のOFF-ONをすると直ります。手順については下記のページをご覧下さい。 Apple Watchの初期化・復元・リセットのしかた

もっとApple Watchのことを知りたい