• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchの初期設定:iPhoneとのペアリング

複数のApple Watchを使う場合

1台のiPhoneに2台以上のApple Watchをペアリングして使用することが出ます。 特に意識することなく、普通にペアリングすれば1台のiPhoneに複数のApple Watchが登録できます。 そして、自動的に身に着けたApple Watchがアクティブとなります。 なお、それぞれのApple Watchの設定は (Watch)-[マイウオッチ]-[すべてのWatch]画面に表示される、複数のApple Watchから選んで行います。

Watchアプリのインストール

iPhoneとのペアリングには(Watch)アプリを使います。 これは、iPhoneをiOS8.2以降にバージョンアップすると自動的にインストールされます。

Apple Watchの電源を入れる

iPhone 本体横についている丸いデジタルクラウンの下にある、細長いサイドボタンを長押しすると、Apple Watchの電源が入ります。 画面にアップルのロゴが表示されます。 起動には約1分ほどかかります。しばらく待ちましょう。
起動後に時間がたって画面が暗くなってしまったら、画面をタップすると点灯します。
iPhone このような画面になると起動完了です。 手元に、モデルやiOSバージョンなどの 条件に合ったiPhone を準備してください。 必要に応じで事前にiPhoneを バージョンアップ しておいてください。 iOS15から、メジャーバージョンアップは自動ではインストールされません。手動でインストールする必要があるのでご注意ください。
ここでiPhoneをApple Watchに近づけます。 そしてiPhoneで(Watch)アプリを起動します。
(あるいはApple Watchの画面右下のをタップすると手動で設定することもできます。)
iPhone 初めてApple Watchをペアリングする時は、iPhoneを近づけるだけで、Apple Watchの画面に、もやもやと動くアニメーションが表示されます。 この先は iPhoneとのペアリングを開始する の手順に従って作業を続けてください。
すでにApple Watchを使用中で、新たに追加購入した場合は、iPhoneを近づけるだけではアニメーションは表示されません。 すでにApple Watchを使用中で、新たに追加購入した場合 の手順に従ってペアリングしてください。

手動で設定する場合


iPhone 最初の画面でをタップした場合は、以下のように手動で設定します。 まず言語の設定画面になります。 画面を上下にスクロールして「日本語」をタップします。
iPhone 確認画面になるので、右下の「レ(チェック)」をタップします。
なお、この設定は後から (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[言語と地域]で変更可能です。
iPhone つづいて地域の選択画面となります。「日本」をタップします。
なお、この設定も後から (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[言語と地域]で変更可能です。
iPhone しばらく待つとこのような画面になります。 「ペアリングを開始」をタップします。
iPhone 画面にはもやもやと動くアニメーションが表示されます。 このような画面になれば準備完了です。 手元に条件に合ったiPhoneを準備してください。

iPhoneとのペアリングを開始する

iPhone iPhoneで(Watch)アプリを起動します。
初めてApple Watchをペアリングする時には、ここに「ペアリングを開始」ボタンが表示されるので、それをタップします。
iPhoneの機種変更 などで、一旦Apple WatchとiPhoneのペアリングを解除し、それを再度ペアリングするときは「既存のWatchとペアリング」をタップします。
Apple Watchの機種変更などで、新しいApple Watchをペアリングするときは「新しいWatchとペアリング」をタップします。

いずれの場合も、以降の手順は ペアリングの開始 をご覧ください。

すでにApple Watchを使用中で、新たに追加購入した場合

iPhone すでに別のApple Watchを使用中で、さらに新しいApple Watchを追加する時は、 (Watch)-[マイウオッチ]画面を開きます。 そして左上の「すべてのWatch」をタップします。
iPhone すると、このiPhoneとペアリングしているすべてのApple Watchが表示されます。 この画面の一番下にある「Watchを追加」をタップします。

ペアリングの開始

iPhone 上の各画面で「ペアリング」「Watchを追加」などのボタンをタップすると、このような画面になります。 「自分用に設定」するか、「ファミリーメンバー用に設定」するかを選びます。
「ファミリーメンバー用に設定」(ファミリー共有設定)するには、そのApple WatchがwatchOS7以降にアップデートされた、Series 4 以降の「GPS+Cellularモデル」である必要があります。
ファミリー共有設定(Family Setup)とは?
これはiPhoneを持たない家族のために、管理者のiPhoneでApple Wachをセットアップしてあげる機能で、 1台のiPhoneに、複数ユーザー向けのApple Wachがペアリングできます。 例えばiPhoneを持たない家族にApple Watchのみを与えて、メッセージなどで連絡したり、GPS位置情報で現在位置を確認することができます。 子供やお年寄りの見守りに使えます。
なお、この機能を使うには、そのApple WatchがwatchOS7以降にアップデートされた、Series 4 以降の「GPS+Cellularモデル」である必要があり、携帯電話会社(キャリア)とApple Watch専用の携帯電話回線契約を結ぶ必要があります。
iPhone するとカメラが起動します。 もやもやと動くアニメーションが表示されているApple Watchの画面を撮影します。
iPhone しばらく撮影を続けるとペアリンクが完了し、Apple Watchの画面はこのようになります。
iPhone そしてiPhoneはこのような画面になります。 初めてApple Watchを使うときは、ここに「Apple Watchを設定」ボタンが表示されるので、これをタップして初期設定を行います。 以降の手順は Apple Watchの初期設定 をご覧ください。
iPhone あなたがすでに別のApple Watchを使っているときは、iPhoneはこのような画面に切り替わります。
続ける」をタップすると、現在使用中のApple Watchから設定を移行することができます。 この場合、以降の手順は 現在使用中のApple Watchから設定を移行する場合 をご覧ください。
設定をカスタマイズ」をタップすると、過去のバックアップから復元、または新しいApple Watchとして設定することができます。 この場合、以降の手順は 過去のバックアップから復元、または新しいApple Watchとして設定する場合 をご覧ください。

現在使用中のApple Watchから設定を移行する場合

iPhone 現在使用中のApple Watchから設定を移行する場合は、Apple WatchとiPhoneのペアリングが完了した後、 この画面で「続ける」をタップします。
iPhone すると「Apple Watch接続中です。」と表示され、つぎにこのような画面になります。 「アカウントにサインイン中です」と表示されます。 結構待たされます。
以降の手順は パスコードの設定 からとなります。 パスコードの設定 をご覧ください。

過去のバックアップから復元、または新しいApple Watchとして設定する場合

iPhoneやApple Watchを買い替えて機種変更した場合は、Apple Watchを、iPhoneに保存されている過去のバックアップから復元することができます。 Apple Watchのバックアップは、 ペアリングを解除 するときに、iPhoneに格納されます。
参考 : iPhoneに保存されているバックアップを確認する方法
iPhone 現在あなたのiPhoneに格納されている、Apple Watchのバックアップを確認するには、 設定(設定)-(一般) -[iPhoneストレージ]画面を開き、アプリ名一覧から(Watch)を選びます。 するとこのような画面となり、どのApple WatchのいつのバックアップがiPhoneに保存されているかがわかります。
なお、この画面で任意のバックアップの名前を右から左にドラッグすると「削除」ボタンが現れます。 バックアップを個別に削除することができます。
iPhone 過去のバックアップから復元、または新しいApple Watchとして設定する場合は、Apple WatchとiPhoneのペアリングが完了した後、 この画面で「設定をカスタマイズ」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 復元したいバックアップをタップします。
なお、新しいApple Watchとしてすべての項目を新たに設定したいときは 「新しいApple Watchとして設定」をタップします。 この場合、以降の手順は Apple Watchの初期設定 をご覧ください。
iPhone すると画面の下に「続ける」ボタンが表示されるので、これをタップします。 以降の手順は Apple Watchの初期設定 をご覧ください。

Apple Watchの初期設定

装着する腕の指定
iPhone 最初は装着する腕の指定です。「左」または「右」を選んで「続ける」をタップします。 ただし「バックアップから復元」する場合は、この画面は表示されません。 バックアップに保存された設定値が使用されます。
AppleWatchを装着する腕の指定方法によって、 アクティビティ の運動量計測結果が不正確になったり、 緊急SOS で間違った「転倒検出」を受け取ることが増えたりします。 より正確に計測したい場合は、利き手ではない側にAppleWatchを装着してください。
なお、この設定は後から (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[ウオッチの向き]で変更可能です。
iPhone つづいてApple Watchに搭載されている「Apple Watch OS」の利用規約への同意画面です。 画面右下の「同意する」をタップします。
iPhone つぎにこのような画面になります。 「アカウントにサインイン中です」と表示されます。 結構待たされます。

アクティベーションロックの解除

Apple Watch を他のユーザーから引き継いだ場合、または以前にiPhoneとのペアリングを解除せずに Apple Watch 本体だけで初期化した場合は、ここで アクティベーションロック の解除が必要です。
iPhone iPod/iPad/iPhoneは、最初に使用開始(アクティベート)したユーザのApple IDとパスワードを記録しており、この情報がないと、ほかのユーザが使用できないようになっています(アクティベーションロック)。 Apple Watchも、以前にiPhoneとのペアリングを解除せずに、本体だけで初期化するとアクティベーションロックがかかります。
このような画面が表示されたときは、以前このApple Watchを使用していたユーザーのApple IDとパスワードを入力します。
iPhone つづいてあなたのApple IDの入力となります。 あなたのiPhoneに入力したApple IDが引き継がれているので、パスワードを入力するだけです。
なお、この設定は後から (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[Apple ID]で変更可能です。
iPhone Apple IDのセキュリティ向上のため「2ファクタ認証」を有効にしているときは、ここでも「2ファクタ認証」の手順が必要となります。

パスコードの設定

iPhone つづいて「パスコード」の設定です。 Apple Watchは、腕に装着しているときは「パスコード」を入力することなしにすべての機能が使えます。 腕から外しているときに、他人に勝手に操作されたくないときは、「パスコード」を設定しましょう。
iPhone と Apple Watch では異なる「パスコード」を指定することも可能です。 よりセキュリティを向上するためには、別の「パスコード」を指定するのも良いでしょう。
また、パスコードを設定しないと、Apple Watch で Apple Pay (クレジットカード、Suica/PASMO) が使用できません。
なお、この設定は後から (Watch)-[マイウオッチ]-[パスコード]で変更可能です。
iPhone 「パスコードを作成」または「長いパスコードを追加」をタップすると、Apple Watchの画面がこのように変わります。 「パスコードを作成」を選んだときは、任意の4ケタの数字を選びます。 「長いパスコードを追加」を選んだときは、5ケタ以上の任意の桁数の数字を選びます。 「長いパスコード」でも使えるのは数字だけです。アルファベットや記号などは使えません。
なお、あとからより桁数の長いパスコードを使用したくなったときは、 (Watch)-[マイウオッチ]-[パスコード]で「簡単なパスコード」を タッチパネル:OFF(オフ) にします。
iPhone つづいて再入力の画面となります。 確認のため、先ほど選んだパスコードを再度入力します。

各種機能の設定

ここからは Apple Watch の機能紹介と詳細設定の画面が続きます。 ここで表示される画面は、使用しているApple WatchのシリーズやwatchOSのバージョン、iPhoneの設定によって変化します。
文字の太さとサイズ
iPhone 文字の太さとサイズの選択画面です。お好みで設定してください。 ただし「現在使用中のApple Watchから設定を移行する」場合および「バックアップから復元」する場合は、この画面は表示されません。
なお、この設定は、後から (Watch)-[マイウオッチ]-(画面表示と明るさ) で設定・変更可能です。
アクセシビリティ
iPhone 次はアクセシビリティの設定画面です。お好みで設定してください。
AssistiveTouch (アシスティブ・タッチ) 」を有効にすると、Apple Watchを画面に触れずに片手で操作することができるようになります。
また、ここには表示されていませんが 「 ズーム機能 」というものもあります。有効にすると、2本指で画面をタップするだけで、画面を拡大表示することができます。
なお、この設定は、後から (Watch)-[マイウオッチ]-[アクセシビリティ] で設定・変更可能です。
iPhone つづいて、Apple WatchとiPhoneで共有される情報の確認です。確認して「Ok」をタップします。 ただし「現在使用中のApple Watchから設定を移行する」場合は、この画面は表示されません。
フィットネスとヘルスケア
iPhone Apple Watch の目玉機能「フィットネス」と「ヘルスケア」の設定です。
なお、この設定は、後から (フィットネス) または (ヘルスケア) アプリの[アカウント]-[ヘルスケアの詳細]画面で設定可能です。 もしあとから設定する場合は「この手順をスキップ」をタップします。
iPhone つづいて、Apple Watchのマイクを使って周囲の騒音をモニターするノイズアプリの設定です。 ただし「現在使用中のApple Watchから設定を移行する」場合および「バックアップから復元」する場合は、この画面は表示されません。
なお、この設定は、後から (Watch)-[マイウオッチ]-[ノイズ] 画面で設定可能です。
緊急SOSとバックトレース
iPhone 緊急SOS、転倒検出、衝突検出、バックトレース機能の説明です。
緊急時には、Apple Watchのサイドボタンを長押しすると、「警察(110番)」「海上保安庁(118番)」「火事、救急車、救助(119番)」のメニューが表示されます。
また、Apple Watchの加速度計を使ってユーザーの転倒や交通事故との遭遇を検知し、その後ユーザーが動かなかったときは、自動的に緊急通報(119番)を発信することができます。
さらに (コンパス) アプリでは、道に迷ったときに、元の位置に戻ることができる「バックトレース」機能が使えます。
緊急SOSの詳細については、緊急SOSの使い方:非常事態に緊急連絡先に通知するをご覧ください。
バックトレースの詳細については、Apple Watchのコンパス(方位磁石)/水平儀の使い方をご覧ください。
なお、この設定は後から (Watch)-[マイウオッチ]-[緊急SOS]で変更可能です。
Apple Pay
iPhone Apple Watchで、Suica/PASMOなどの電子マネーやクレジットカードを使った買い物ができる(ApplePay)の設定です。 Apple Payの設定方法については Apple Payの使い方:Suica/PASMOをiPhoneで使う方法 をご覧ください。 ただし「現在使用中のApple Watchから設定を移行する」場合は、この画面は表示されません。
あとから設定する場合は「あとでApple Watch Appでセットアップ」をタップします。
なお、この設定は、後から (Watch)-[マイウオッチ]-[ウォレットとApple Pay] で設定可能です。
電子マネーやクレジットカードは手動で復元する必要があります
Apple Watchを「現在使用中のApple Watchから設定を移行する」場合および「バックアップから復元」した場合でも、Apple Payに登録していた電子マネーやクレジットカードは自動で復元されません。 個別に手動で復元または移行する必要があります。
常時表示ディスプレイ
iPhone 常時表示ディスプレイ機能の説明です。 この機能を有効にすると、腕を上げていないときでも、若干画面を暗くした状態で、ディスプレイに時間等の情報が表示されます。 この機能が使えるのは、Apple Watch Series 5以降(SEシリーズを除く)です。
なお、この設定は後から (Watch)-[マイウオッチ]-(画面表示と明るさ)-[常にオン]画面で、 常時表示のオン/オフと、腕を上げていないときにも情報を更新するアプリの選択ができます。
アプリの並べ方
iPhone ホーム画面での、アプリの並べ方の選択です。
「グリッド表示」を選ぶと、アプリのアイコンのみが並びます。狭いApple Watchの画面で多くのアプリから一つをピックアップするのに便利です。
「リスト表示」を選ぶと、アプリのアイコンと名前がリスト形式で並びます。アイコンだけでアプリが判別できない場合や、 AssistiveTouch (アシスティブ・タッチ) を使って片手でアプリを選択したい場合に便利です。
なお、この設定は、後から (Watch)-[マイウオッチ]-[App表示] で設定可能です。

iPhoneとApple Watchのデータ同期

iPhone つづいて、iPhoneとApple Watchのデータ同期が始まります。 同期には10分ほどかかります。 この先は放置で構いません。 「Watchのことを詳しく知る」をタップすると、Apple Watchの説明が読めます。
iPhone 同期中は、Apple Watchの画面はこのようになります。 設定内容によりますが、同期には数分かかります。 この画面をスクロールすると、Apple Watchの説明が読めます。
Apple Watchの画面が拡大表示されている!?
iPhone 同期した時、Apple Watchの画面が拡大表示となってしまう場合があります。 こんな時は、Apple Watchの画面を2本指でダブルタップすれば元に戻ります。
iPhone 同期が完了するとApple Watchが振動します。 Apple Watchの画面は時計の画面となっているはずです。 そしてiPhoneの画面はこのようになります。 「OK」をタップします。
iPhone iPhoneの画面は (Watch)-[マイウオッチ]-[すべてのWatch]画面になっています。 画面左上の「完了」をタップすると・・・
iPhone [マイウオッチ]のメニューとなります。 ここからあなたのApple Watchのあらゆる設定ができます。
またApple Watchとペアリングすると、iPhoneに (フィットネス/アクティビティ)アプリが表示されます。 Apple Watchの特徴のひとつである、アクティビティとワークアウトの管理ができます。
以上でApple Watchの初期設定は完了です。

Apple Watchの名前を変更する

iPhone
初期設定が済んだ直後は、自動的に「[あなたの名前]のApple Watch」という名前が付けられています。 これは、 (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[情報]-[名前]で変更できます。

身に着ける腕と方向の設定

iPhone
Apple Watchの初期設定が終わったら、身に着ける腕と方向を確認・設定しましょう。 (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[ウオッチの向き]画面を開いて、 身に着ける腕を「左手」/「右手」から選びます。 また方向を「左にDigital Crown」/「右にDigital Crown」から選びます。 初期値は左腕への装着になっています。 ここを正しく設定しないと、腕を上げたときに自動でApple Watchの画面がONになりません。
腕を上げたときに自動でApple Watchの画面をONにするか否かは、 (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[画面のスリープ解除]で設定できます。

AppleWatchでFace IDのロックを解除する

iPhone
Face ID(顔認証)によるiPhoneのパスコードロックは、顔認証の代わりに、AppleWatchを使って解除することができます。 2020年の新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延に伴うマスク着用の常態化により、顔認証によるパスコードロック解除機能が不便になったことを受けて、iOS14.5 (2021年4月リリース)でこの機能が搭載されました。 事前に一度セットアップしてしまえば、あとはAppleWatchを身に着けているだけで、自動的にiPhoneのロックが解除できます。
これは、デバイスごとに個別に設定する必要があります。 古いAppleWatchから設定を移行した場合も、この設定は移行されません。
詳しくは下記をご覧ください。

常に最後に使ったアプリを起動する

(Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[画面のスリープ解除]画面で、 スリープ解除時に、最後に使ったアプリの画面を呼び出すか、あるいは時計表示にするか、を指定できます。 初期値では、アプリ使用後2分以内にスリープ解除すると、そのアプリ画面が表示される設定となっています。

時々は電源のOFF-ONを

iPod/iPad/iPhoneと同様、Apple Watchも長時間使用していると、徐々に動作性能が低下したり、バッテリの消費が早くなったり、動作が不安定になったりすることがあります。
こんな時は電源のOFF-ONをすると直ります。手順については下記のページをご覧下さい。

もっとApple Watchのことを知りたい