• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchの基本:アップルウオッチって何ができるの?

Apple Watchでできること

高機能なデジタル腕時計の機能に加え、次のようなことができるデバイスです。

ヘルスケア&フィットネスデバイス


あなたの健康と運動を管理してくれます。 最初に身長、体重などを設定するだけで、あとは放っておいてもあなたの活動量や心拍を計測し、適切なアドバイスをしてくれます。 また、ウォーキング、ランニングをはじめ、各種フィットネスメニューが準備されており、消費カロリーなどを教えてくれます。 ジムなどでは、GimKitに対応したトレーニング機器からフィットネス情報を取り込むことも可能です。 そしてユーザーの転倒や心拍の異常を検知し、緊急時には消防や家族に自動的に通報もしてくれます。

iPhoneのサブディスプレイ


メールやメッセージの到着、アラーム、タイマー、天気、株価の確認をはじめ、鉄道運行状況、雨雲の接近、ニュースヘッドライン、国際宇宙ステーションの頭上通過時刻、オンラインゲームのイベント開始通知まで、iPhoneにインストールしたアプリからの通知が、iPhoneを取り出さなくても手元で確認できる補助画面として機能します。

iPhoneのリモコン


音楽演奏、iPhoneの電話番号を使った音声通話、カメラのリモートシャッター、メッセージの送信、その他iPhoneのちょっとした操作を手元でできる、iPhoneのリモコンとして機能します。パソコンのiTunesやApple TV、HomeKitに対応した家電もコントロールできます。

電子マネー、切符、定期券として


2016年発売の Series 2 から非接触ICカード技術の Felica (NFC Type-F)チップを搭載しています。 Apple Pay機能で、iD、QUICKPay、Suicaなど、Felica対応の各種電子決済サービスが使えます。 iPhoneを持たずとも、Apple Watchだけでバスや電車に乗ったり買い物をしたりできます。

家族、子供との連絡・管理手段として


2020年9月に公開された「 ファミリー共有設定(Family Setup) 」機能を使うと、iPhoneを持たない家族のために、管理者のiPhoneでApple Wachをセットアップしてあげることができます。 Apple Wachを与えた家族、子供との連絡や位置情報の確認などができます。 保護者は、子供がApple Wachで電話できる相手を指定したり、自動位置通知を設定したりできます。 また、子供のApplePayに親がお金をチャージしたり、Apple Musicやカレンダーの予定を家族と共有したり、トランシーバーアプリで通話することも可能です。 この機能を使うには、そのApple WatchがwatchOS7以降にアップデートされた、Series 4 以降の「GPS+Cellularモデル」である必要があり、キャリアとApple Watch専用の携帯電話回線契約を結ぶ必要があります。

Apple Watchの操作方法

"デジタルクラウン(digital crown)"と呼ぶ、竜頭のようなデザインの回転式スイッチを、画面タッチと併用してコントロールします。 内蔵センサを使い、ユーザが画面を見ようと腕を上げると画面が明るくなります。 目覚まし時計やメール、電話の着信などの各種通知は、バイブレーションで、装着しているユーザだけにこっそり通知。 Siriを使って音声でコントロールすることも可能です。 バッテリは1回の充電で18時間持続。パワーリザーブ(省電力)モードでは72時間持ちます。

Apple Watchを使うために必要なもの

Apple Watchを使うときに必要なものはiPhoneのみです。 ただしSeriesによって必要なiPhoneのモデルとiOSバージョンが異なります。
Apple Watch モデル必要なiPhone
Series 6/SEiPhone 6s以降 (iOS14以降)
Series 5iPhone 6s以降 (iOS13以降)
Series 4「GPS+Cellularモデル」iPhone 6以降 (iOS12以降)
Series 4「GPSモデル」iPhone 5s以降 (iOS12以降)
Series 3「GPS+Cellularモデル」iPhone 6以降 (iOS11以降)
Series 3「GPSモデル」iPhone 5s/5c/5以降 (iOS11以降)
Series 2iPhone 5s/5c/5以降 (iOS10以降)
Series 1iPhone 5s/5c/5以降 (iOS10以降)
初代iPhone 5s/5c/5以降 (iOS8.2以降)

Apple Watchを買うには

アップルストア各店舗 アップルオンラインストア Amazon AppleWatchショップ などで購入できます。 また、Cellularモデルについてはソフトバンク、au、docomoの3大キャリアでも購入可能です。
アップルストア各店舗では 事前にアップルのWebサイトで予約することで、試着・店頭購入することができます。

Cellularモデルの回線契約

Apple Watch Cellularモデルでは、iPhoneがそばになくても Apple Watch 単体で携帯電話回線を使った音声通話・データ通信ができます。 iPhoneの電話番号がApple Watchでも使えます。
これには、Apple WatchとiPhoneのサービスプロバイダ(キャリア)が同一であることが必要です。 またCellularモデルで携帯電話サービスを利用するには、iPhoneとは別に、追加でApple Watch用の通信サービスプランへの加入が必要です。 サービスプロバイダによっては、Apple Watch Cellularモデルでは通信機能を利用できない場合があります。 また、ローミングは通信事業者のサービスエリア外では使用できません。つまり国内キャリアで契約したApple Watch Cellularモデルは、海外ではApple Watch 単体での携帯電話回線を使った通信はできません
Apple Watch Cellularモデルが対応している通信事業者と利用条件については、Apple Watch 通信事業者をご覧ください。 2020年9月時点では、国内では NTT docomo、au/KDDI、Softbankの3社のみ対応しています。 格安SIMなどのMVNOキャリアは対応していません

Apple Watchのセットアップと使い方

当サイトでは、Apple Watchのセットアップと使い方を詳しく紹介しています。 ご参照ください。
また、アップルは、Apple Wachの使い方を解説する Apple Watch サポートのページを公開しています。
さらに、アップルのマニュアルダウンロードページ では、詳しいオンラインマニュアルを開いたり、それをiBook(ePub)形式にしたファイルをダウンロードすることができます。

Apple Watch用アプリ

従来はApple Wachには専用アプリというものはなく、App Storeで、iPod/iPad/iPhoneアプリとして入手できました。 Apple Wachに対応したiPod/iPad/iPhoneアプリをあなたのiPhoneにダウンロードすると、Apple Wachでもそのアプリが使えるようになります。 しかし2019年9月にリリースされるWatchOS6では、専用のApp Storeが搭載され、Apple Watch単体でアプリのダウンロード・インストールができるようになります。