• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchでフィットネス:ワークアウト

注意: ワークアウトを起動すると心拍の計測がまめに実施されるため、バッテリの消耗が早くなります。 長時間のワークアウトを行うときは、 (Watch)-[マイウオッチ]-[ワークアウト]画面を開き、 [省電力モード]を タッチパネル:ON(オン)にすると、 心拍センサーがオフになります。

フリーゴール・ワークアウトの開始

事前準備
事前に、 (アクティビティ)のセットアップと、 iPhoneの (Watch)-[マイウオッチ]-[ヘルスケア]画面から生年月日・性別・身長・体重を入力しておきましょう。 詳しくはApple Watchでフィットネス:アクティビティをご覧ください。
iPhone (ワークアウト)を起動します。 メニューが表示されるので、取り組みたいワークアウトを選びます。
おすすめは、近所への買い物や通勤通学時にもトライできる「ウォーキング フリーゴール」です。
iPhone 取り組むワークアウトの名前がメニューにない時は、リストの最後にある「ワークアウトを追加」を選びます。
iPhone するとさらに多くのメニューが現れます。 タップしてスタートすると、 次回から(ワークアウト)を起動したときに、そのメニューが表示されるようになります。
iPhone 「その他」を選ぶと、独自のワークアウトを設定できます。 ワークアウト完了時に、新たな名前を付けることができます。 Apple Watchには、60種を超える「その他」のワークアウトの名前が準備されています。
iPhone メニューを選ぶといきなり3秒のカウントダウンが始まり、ワークアウトのスタートです。 カウントダウンをスキップしたいときは、この画面をタップします。
iPhone ウォーキングの場合は、画面に経過時間や消費カロリー、心拍数などが表示されていきます。 1km歩くごとにApple Watchがブルッと震えて通知してくれます。 好きなだけウォーキングしましょう。
ワークアウトの終了方法についてはワークアウトの終了と記録をご覧ください。
バッテリーの消費を抑える
iPhone ワークアウトを起動すると心拍の計測がまめに実施されるため、バッテリの消耗が早くなります。 「ワークアウト省電力モード」を設定すると、心拍の計測頻度を下げて、消費電力を抑えることができます。 長時間のワークアウトを行うときに設定します。
「ワークアウト省電力モード」の設定は、 (Watch)-[マイウオッチ]-(ワークアウト)画面で、 [省電力モード]を タッチパネル:ON(オン)にします。

ワークアウト画面表示を変更する

iPhone (Watch)-[マイウオッチ]-(ワークアウト)-[ワークアウト表示]画面で、 ワークアウト実施中にApple Watchの画面に表示するパラメータを選択・変更できます。
たとえば[ワークアウト表示]画面の一覧から「屋外ウォーキング」を選ぶと、このような画面になります。 表示を変更するには、右上の「編集」をタップします。
iPhone 「含めない」欄の、パラメータ名の左の をタップすると追加されます。
「指標」欄の、パラメータ名の左の をタップすると削除されます。
を上下にドラックすると、表示の順序を変更することができます。
画面に表示できるパラメータの数は限られているので、どれかを追加するには、先にどれかを削除する必要があります。

ゴールを指定してワークアウト

iPhone 各ワークアウトには「フリーゴール」以外のメニューも準備されています。 右上の「...」をタップすると・・・
iPhone 特定のパラメータを目標とするワークアウトが開始できます。 「ウォーキング」の場合は、「キロカロリー」「距離」「時間」から目標を選べます。
iPhone つづいて目標値の設定画面となります。 好きな目標とその数値を設定して「開始」をタップします。 あとは何もする必要がありません。 Apple Watchを身に着けてワークアウトをするだけで、あなたの活動量を計測し、進捗状況を報告してくれます。
iPhone 画面には進捗状況を報告してくれます。 ワークアウトの目標に到達するとアラームで通知されます。

ワークアウトの自動スタート・停止

iPhone ワークアウトに相当する運動を約10分(ワークアウトのタイプによる)継続すると、Apple Watchが自動的にワークアウトを検出して、このような画面が表示されます(iOS12以降)。 ここで「(ワークアウト名)を記録」をタップすると、運動開始時間にさかのぼってワークアウトを記録スタートしてくれます。 この機能を使うには、 (Watch)-[マイウオッチ]-(ワークアウト)画面で、 「ワークアウトの開始を通知」を タッチパネル:ON(オン)にします。
iPhone 同様に (Watch)-[マイウオッチ]-(ワークアウト)画面で、 「ワークアウトの停止を通知」を タッチパネル:ON(オン)にしておくと、 運動をやめたときに通知してくれます。 この画面で「ワークアウトを終了」をタップすると、ワークアウトの終了となります。

ワークアウトの一時停止

iPhone デジタルクラウンとサイドボタンを同時にクリックすると、ワークアウトが一時停止します。 再度両方を同時にクリックすると、ワークアウトが再開します。 ただし、このアクションは Apple Watchの画面キャプチャを撮る 操作と被っています。 このため、Apple Watchの画面キャプチャを有効にしていると、操作のたびに画面キャプチャも撮られてしまいます。 これを避けたい場合は、下記の「ワークアウトの終了」画面を呼び出して「一時停止」「再開」アイコンをタップしてください。

ワークアウトの終了と記録

iPhone ワークアウトを一時停止または終了するときは、画面を左から右にフリックします。 するとこのような画面になるので「一時停止」か「終了」を選択します。
「ロック」をタップするとタッチパネルからの入力をロックします。 ワークアウト中に不用意に画面に触れたり、水が当たることによって、ワークアウトが中断することを防ぎます。 ロックを解除するにはデジタルクラウンをぐるぐると回します。
「新規」を選ぶと、さらに別のワークアウトをスタートすることができます。
なお、Apple Watchの画面キャプチャを撮るとワークアウトが一時停止します。 そんな時は「再開」してください。
iPhone 「終了」を選ぶと、成果が表示されます。
iPhone 画面を上に向かってフリックまたはデジタルクラウンを回すと、詳細情報が表示されます。
iPhone 画面の一番下には「完了」ボタンがあります。 これをタップすると今回の記録が保存されます。

ワークアウトのセグメント分割

iPhone ワークアウトの実施中、それを複数の「セグメント」に分けることができます。 たとえばランニング中、コースの一部に急坂があり、そこでの運動量を個別に確認したいとき。 あるいはジムで、複数のマシンを次々に使う時、各マシンでの運動量を知りたいとき。 こんな時はワークアウトの実施中、その画面をダブルタップすればOKです。 ダブルタップするたびに新たな「セグメント」が設定され、 あとでiPhoneから全体の運動量とは別に、各セグメントごとの実施時間と運動量を確認することができます。

ワークアウト開始時に自動的に音楽をスタートする

iPhone (Watch)-[マイウオッチ]-(ワークアウト)画面で、 「ワークアウトプレイリスト」を選ぶと、iTunesまたはAppleMusicからiPhoneに転送されている音楽プレイリスト一覧が表示されます。 ここから好みのプレイリストを選んでおくと、ワークアウト開始時に自動的に音楽がスタートします。

ジムのフィットネス機器と連携する:GymKitの利用

iPhone トレーニングジムなどに置いてあるフィットネス機器とApple Watchを接続して、フィットネス機器で採取したデータをApple Watchに取り込むことができます。 もし、フィットネス機器に「Connects to Apple Watch」や「NFC」のマークがある場合は、Apple Watchを近づけてみてください。 GymKit対応機器であった場合は「ピコーン」と音がして、すぐさまApple Watchとの連携が確立します。 あとは普通にフィットネス機器でトレーニングを行えば、その結果が、Apple Watchに取り込めます。
この機能を有効にするには、 (Watch)-[マイウオッチ]-(ワークアウト)画面で、 「フィットネス機器を検出」を タッチパネル:ON(オン) にします。

iPhoneでワークアウトの結果を見る

iPhone Apple Watchとペアリングすると、iPhoneに (アクティビティ)アプリが表示されます。 より大きな画面で詳細に成果が確認できます。
iPhone 「ワークアウト」欄から、実施済みのワークアウト名をタップすると、このように詳細結果が表示されます。 画面をスクロールすると「マップ」が表示され、ワークアウトの経路が確認できます。 その「マップ」をタップすると拡大表示され、移動速度によって色分けされます。
Apple Watch Series 2 以降 には GPSが搭載されているので、iPhoneを持たずにApple Watchだけ身に着けてワークアウトに出かけても、この下の「マップ」欄に地図上での移動経路が表示されます。

もっとApple Watchのことを知りたい