• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchでメッセージを使う

通知画面から読む

iPhone iPhoneでiMessage/SMS/MMSの使用と、その着信通知が設定されていれば、Apple Watchにも受信通知が届きます。 時計画面を上から下へスワイプすると、iPhone同様通知画面にメッセージが表示されます。
なお、iPhoneを操作していると、受信通知はiPhoneに届きます。 このとき、Apple Watchには通知は届きません。 iPhoneでのメッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方 アプリからの通知の設定変更:通知センターの使い方
iPhone 通知画面でメッセージをタップすると、(メッセージ)アプリが起動して本文が表示されます。 そのままドラッグまたはデジタルクラウンを回して、メッセージ本文を読むことができます。
メッセージに返信する方法についてはメッセージに返信するをご覧ください。
iPhone 通知画面の通知は、左にフリックすると現れる「×(消去)」ボタンでも消去できます。 ここで「...」と書かれたボタンをタップすると・・・
iPhone iPhoneと同様、通知方法を詳細に指定できます。
オフにする」を選ぶと通知そのものを無効にします。
目立たない形で配信」を選ぶと、 「通知センター」への表示以外はすべてオフになります。今後の通知は直接通知センターに通知します。 これらの具体的な設定内容についてはアプリからの通知の設定変更:通知センターの使い方 をご覧ください。 アプリからの通知の設定変更:通知センターの使い方

メッセージに返信する

iPhone (メッセージ)アプリを起動すると、このような画面になります。 返信方法は、音声の文字入力、絵文字、Digital touch(手書きアニメ)、スマートリプライ(既定メッセージ)、などから選べます。
スマートリプライ
iPhone ここで画面を上にスワイプするか、デジタルクラウンを回すと、スマートリプライ(既定メッセージ)を選んで返信することもできます。 既定のメッセージは20種から選べます。
事前にオリジナルのメッセージを作っておくこともできます。ペアリングしたiPhoneの (Watch)-[マイウオッチ]-[メッセージ]-[デフォルトの返信]画面で 既存の20種を書き換えるか、画面の一番下にある「返答を追加...」で追加・変更することができます。
もし日本語以外のメッセージが表示されているときは、画面を強く押して「言語を選択」を選ぶと切り替えられます。 既定メッセージの言語は、iPhoneでいま選ばれているソフトウェアキーボードの言語に連動します。 また、選択可能な言語の種類は、iPhoneの 設定(設定)-(一般)-[キーボード]-[キーボード]で追加したキーボードの数に連動します。
音声入力
iPhone をタップすると音声の文字入力ができます。 Apple Watchに向けて話しかけてください。 そして「送信」をタップすると文字として送信されます。
なお、(Watch)-[マイウオッチ]-[メッセージ]-[音声入力されたメッセージ] で「オーディオ」または「音声入力/オーディオ」を選ぶと、文字ではなく、音声がそのまま送付できます。
絵文字/ステッカー
iPhone をタップすると絵文字入力ができます。 左右にフリックすると絵文字の種類を切り替えられます。 デジタルクラウンを回すか、顔の上で指をドラッグすると、絵文字を変化させられます。 気に入った絵文字が見つかったら、右上の「送信」をタップします。
画面を左から右にスワイプすると、iPhoneでダウンロード済みの、最近使用したステッカーを選ぶこともできます。 iMessageアプリの追加購入:ステッカーなどの機能追加
スケッチ/Digital touch
iPhone をタップするとDigital touch(手書きアニメ)の入力ができます。 画面を指でなぞると、手書きアニメが入力できます。 右上の丸印をタップすると色を変えられます。
また画面をタップすると効果を加えることができます。 1本指、2本指でタップ、または長押ししてみてください。いろいろなパターンが描かれます。
書き終わったら画面左上の「完了」をタップすると送信されます。 Apple Watch で Digital Touch を使う(アップル) 手書きアニメ/ショートビデオを「メッセージ」で送る:Digital touchの使い方
Scribble(走り書き)
iPhone iPhoneの言語設定が英語の場合など、一部の言語では手書き文字入力ができます。 言語設定は、設定(設定)-(一般)-[言語と地域]で切り替えられます。 「Scribble」をタップすると・・・
iPhone このような画面になります。 画面中央の網掛け部分に文字を描いていくと、どんどんテキストに変換されて画面上部に表示されます。 デジタルクラウンを回すと、変換候補を切り替えることができます。
Tapback
iPhone 相手から届いたメッセージをダブルタップすると、このような画面になります。 ワンタップでアイコンで返信できる「Tapback」機能です。 好きなアイコンを選ぶと・・・ 「メッセージ」に効果を付ける方法
iPhone そのメッセージに選んだアイコンが貼りつきます。

メッセージアプリから読む

iPhone ホーム画面から(メッセージ)を起動すると、スレッド(話し相手)の一覧を見ることができます。
iPhone 任意のスレッド(話し相手)をタップすると、会話の履歴を見ることができます。 ここでも音声の文字入力、絵文字、Digital touch(手書きアニメ)、既定メッセージ、のいずれかで返信できます。
iPhone 画面を左にドラックすると送受信時刻が確認できます。
iPhone スレッド(話し相手)の一覧画面で、任意のスレッドを左にスライドすると、このような画面になります。 青いボタンは話し相手の「詳細」を表示ます。 「ゴミ箱」をタップすると、この相手との会話を丸ごと削除できます。
iPhone 青いボタンをタップすると、このような画面になります。ここからも電話やメッセージを送信できます。

メッセージを送信する/位置情報を送る

iPhone 新しい相手にメッセージを送るときは、スレッド(話し相手)の一覧画面を強く押すとこのようになります。 「新規メッセージ」をタップします。
iPhone 「連絡先を追加」をタップして、送信相手を選びます。 つづいて「メッセージを作成」をタップして、メッセージ本文を作成します。 ここでも音声の文字入力、絵文字、Digital touch(手書きアニメ)、スマートリプライ(既定メッセージ)、などの方法でメッセージ本文が作成できます。 最後に、画面の下のほうにある「送信」ボタンをタップすればOKです。
iPhone 会話中の場合は、会話画面を強く押すとこのようになります。 ここでも「返信」で、音声の文字入力、絵文字、Digital touch(手書きアニメ)、既定メッセージ、のいずれかで返信できます。 「詳細」をタップすると、相手の詳細が見られます。
iPhone 上の画面で「位置情報を送信」をタップすれば、あなたの居場所を示す地図が、相手に送信されます。 地図をタップすると (マップ)アプリで現在位置へのナビゲーションを開始できます。
なお、位置情報を送信するには、iPhoneで 設定(設定)-プライバシー(プライバシー)-[位置情報サービス]-[自分の位置情報を共有]を タッチパネル:ON(オン)にする必要があります。 マップ(地図)アプリの使い方

続きをiPhoneでやりとりする

iPhone Apple Watchでメッセージアプリを開いているときにiPhoneの待ち受け画面を見ると、左下にメッセージアイコンが現れます。 これを下から上にドラッグすると、Apple Watchで見ているメッセージの画面が開きます。 続きを即座にiPhoneでやりとりすることができます。
もしこのアイコンが表示されないときは、iPhoneでHandoff(ハンドオフ)の設定が行われていません。 (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[Handoffを有効にする]が タッチパネル:ON(オン) になっているか確認してください。 またiPhoneでiCloudの設定を行ってください。 Handoff(ハンドオフ):アプリの同期

もっとApple Watchのことを知りたい