• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

「メッセージ」「FaceTime」で写真/ビデオにエフェクトをかけて送る

ここではメッセージアプリ、FaceTimeアプリで写真/ビデオにエフェクト(特殊効果)をかけて送る方法を解説します。
なお、メッセージの使い方全般についてはメッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方のページで説明しています。併せてご参照ください。 メッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方

写真/ビデオにエフェクトをかけて送る

(メッセージ)アプリの場合は (カメラ)アイコンをタップしてカメラを起動し、 (エフェクト) をタップします。
(FaceTime)アプリの場合は ビデオ通話中に FaceTime(エフェクト) をタップします。
すると、iMessageアプリを使ってエフェクト(特殊効果)をかけて送ることができます(iOS12以降)。
アニ文字(Animoji)・ミー文字(Memoji)
iPhone をタップすると、フロントカメラで自分の顔をアニ文字(Animoji)・ミー文字(Memoji)に置き換えた写真が撮れます(FaceID搭載モデルのみ)。 写真を撮影したら、左下のアイコンでさらに「エフェクト」をかけたり、「編集」をタップして画質調整したり、「マークアップ」で絵や文字を書き加えたりできます。 そして(送信)ボタンをタップすると送信されます。 動く顔文字を送る:アニ文字(Animoji)・ミー文字(Memoji)の使い方・作り方
フィルタ
iPhone をタップすると、写真にコミック風、インク風、水彩画風など、各種効果をかけることができます。
テキスト
iPhone をタップすると、写真に文字を書き込むことができます。 「テキスト」と書かれたところ3か所をタップすると、文字の太さが選べます。 入力した文字はドラッグすると表示位置を変えたり、大きさや角度を変えることができます。 文字を消したいときは、入力した文字をタップするとその左上に表示される「×」をタップします。 繰り返し操作することにより、いくつも文字を書き込むことができます。
図形
iPhone をタップすると、写真に図形を貼り付けることができます。 画面の下部をスクロールすると、いろいろな図形から選べます。 貼り付けた図形はドラッグすると表示位置を変えたり、大きさや角度を変えることができます。 図形を消したいときは、貼り付けた図形をタップするとその左上に表示される「×」をタップします。 繰り返し操作することにより、いくつも図形を貼り付けることができます。
アクティビティ
iPhone をタップすると、写真にApple Watchのアクティビティのアイコンを貼り付けることができます。 画面の下部をスクロールすると、いろいろなアイコンから選べます。 貼り付けたアイコンはドラッグすると表示位置を変えたり、大きさや角度を変えることができます。 アイコンを消したいときは、貼り付けたアイコンをタップするとその左上に表示される「×」をタップします。 繰り返し操作することにより、いくつもアイコンを貼り付けることができます。 Apple Watchでフィットネス:アクティビティ
GarageBand
iPhone をタップすると、写真にGarageBandの楽器などのイラスト図形を貼り付けることができます。 画面の下部をスクロールすると、いろいろな図形から選べます。 貼り付けた図形はドラッグすると表示位置を変えたり、大きさや角度を変えることができます。 図形を消したいときは、貼り付けた図形をタップするとその左上に表示される「×」をタップします。 繰り返し操作することにより、いくつも図形を貼り付けることができます。

使えるエフェクトを増やす

ここで紹介した以外にも、最初からいくつかのエフェクトが準備されています。 また、(メッセージ)アプリ内でiMessageアプリを追加購入して、いろいろな効果やステッカーなど使った「メッセージ」を送ることができます。 詳しくは下記をご覧ください。

もっとメッセージ(iMessage/SMS/MMS)のことを知りたい