• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchの低電力モードと省電力モード:バッテリーを長持ちさせる

低電力モードと省電力モード

Apple Watchのバッテリー残量が10%を切ると警告が表示され、「低電力モード」または「省電力モード」に移行するか否かを尋ねられます。
低電力モード
iPhone watchOS9(2022年)以降では、いくつかの機能を維持したまま消費電力を抑えられる「低電力モード」が使用できます。 バッテリーが約2倍長持ちします。
低電力モードを有効にすると、常時画面ON機能や、各種センサー、Wi-Fiをオフにします。 通知のチェック頻度も低下します。 心拍の計測頻度も低下します。
しかしその他のほとんどの機能は継続して使用可能。 Apple PayやSuica/PASMOも使用できます。
「低電力モード」が使用できるのは、watchOS9以降にアップデートした、Series 4以降のモデルです。
省電力モード
iPhone watchOS8(2021年)以前では、ほとんどの機能が停止する「省電力モード」が使用できます。
省電力モードを有効にすると、画面はデジタルの時刻表時のみとなり、時計機能以外のすべての機能が停止します。 Apple PayやSuica/PASMOも使用できなくなるので、電車に乗るときなどはご注意ください。 「省電力モード」から通常モードに戻るには、Apple Watchを充電後、サイドボタンを長押しして電源OFF->ONします。
なお、iPhoneにも 低電力モード があります。

ワークアウト省電力モード

iPhone (ワークアウト)を起動すると心拍の計測がまめに実施されるため、バッテリの消耗が早くなります。 こんな時は、心拍の計測頻度を下げて、消費電力を抑えることができます。 長時間のワークアウトを行うときに設定します。
watchOS9(2022年)以降では、上記の「低電力モード」と同じです。これをオンにすることで、心拍の計測頻度も下がります。
watchOS8(2021年)以前では、「ワークアウト省電力モード」を有効にすると、心拍の計測頻度のみを下げることができます。
これは Apple Watchの(設定)- (ワークアウト) -[低電力/省電力モード] または iPhoneの(Watch)-[マイウオッチ]- (ワークアウト) -[低電力/省電力モード] でON/OFFできます。

低電力モードを有効にする方法

iPhone Apple Watchの画面を下の端から上に向かってスワイプすると、図のようなコントロールセンター画面が表示されます。 ここで「○○%」と書かれているバッテリー残量表示をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 「低電力モード」を タッチパネル:ON(オン) にします。
iPhone すると低電力モードの説明が表示されます。 この画面をスクロールすると...
iPhone このようなボタンが表示されます。 「オンにする」をタップすると、すぐさま低電力モードが有効になります。 「オンにする期間...」をタップすると...
iPhone 低電力モードを有効にする日数が選べます。
iPhone 低電力モードが有効になると、文字盤の上部中央に、黄色い丸印が表示されます。
iPhone また、コントロールセンターのバッテリー残量表示も黄色になります。

バッテリーメニュー:健康状態の確認/充電の最適化

iPhone Apple Watchの(設定)- (バッテリー) をタップすると、このような画面になります。 バッテリー残量の履歴がグラフ表示されます。 この画面でも低電力モードを有効にすることができます。
なお、この画面は、iPhoneの(Watch)アプリにはありません。
バッテリー充電の最適化
iPhone 上の画面で「バッテリーの状態」をタップすると、このような画面になります。
「最大容量」欄では、バッテリーの健康状態が確認できます。 フル充電した時の容量が表示されます。
バッテリーはフル充電もしくは空の状態で長時間置かれると劣化してしまいます。 「バッテリー充電の最適化」を タッチパネル:ON(オン) にしておくと、 ユーザーのデバイスの使用状況を解析して、100%未満(80%程度)の状態を長く維持することにより、バッテリーの寿命を延ばしてくれます。 例えばこの機能を有効にすると、毎日夜寝る前に充電器にセットしているときは、夜、充電器にセットされたときにまず80%まで充電を行い、起床の30分前までに100%まで充電します。
なお、iPhoneにも バッテリーメニュー があります。 このメニューから、バッテリーの状況を確認することができます。

もっとApple Watchのことを知りたい