• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

DJI Mavic Miniの説明書 : 重量199g/249gの2.7Kビデオ空撮ミニドローン

DJI Mavic Mini(マビック・ミニ)は、 今やドローン/映像関連デバイスの主要メーカーに成長した、DJI ( Da Jiang Innovations Science and Technology ) 社が 2019年10月30日09:00(EDT)に発表した、重量わずか199/249グラムで、解像度2.7Kのビデオが撮れる、3軸ジンバルを搭載したミニドローンです。

DJI Mavic Miniとは

DJI - Introducing Mavic Mini

YouTubeの大画面で見る
DJI Mavic Mini
DJI Mavic Mini(マビック・ミニ)とは 2019年10月30日(水)09:00EDT(日本では10月31日(木)10:30)に DJI社が発表した、超小型の空撮向けドローンです。
サイズは 245×290×55 mm(プロペラ含む)、折り畳み時には140×82×57 mmになる手のひらサイズ、 重量は約 249 g(日本モデルは199g)で、飛行時間は最大約30分(日本モデルは約18分(実質約14~15分))、電波到達距離は最大約4km(2.4GHz使用時は2km)、最高速度は約47km/h、GPSを搭載。 そして1200万画素の1/2.3″ CMOSセンサーを搭載し、2.7K@30fps, 1080p@60fpsのビデオ撮影ができます。 また、 風速20-25 mph(9-11 mps)の強風の中でも安定したビデオ撮影が可能(Sモード時) です。
Mavic Mini用に開発された、同梱の専用リモコンと新しい「DJI Fly」アプリでコントロールします。 専用リモコンにはディスプレイがないので、iOSデバイスまたはAndroidデバイスが必須です。
サイパン アクアリゾートクラブ アチュガオビーチ (DJI Mavic Miniによる空撮)
2019年8月上旬からMavic Mini登場のウワサが流れ続け、 8月16日のリーク情報と、 10月28日のリーク情報 で仕様がリークされました。 当初 4K 60fps 解像度のビデオ撮影が可能とされていましたが、10月24日の情報で、Mavic Air, Mavic 2との差別化のために、最大 2.7K 30fps 解像度に制限されたといわれています。
1100 mAバッテリ同梱の日本バージョンでは飛行時間が半減となるものの、重量が200g未満となるため、 ドローンの飛行ルール の制約も大幅に緩和されます。
(注意:プロペラガードを取り付けると200gオーバーとなります)

DJI Mavic Miniの撮影例

DJI Mavic Miniを使うと、こんな空撮ビデオが撮影できます。
ドローン空撮 MavicMini サイパン アクアリゾートクラブ

YouTubeの大画面で見る
桜Drone 2020 : 桜のドローン空撮 with DJI Mavic Mini

YouTubeの大画面で見る

DJI Mavic Miniの製品紹介

DJI Mavic Mini Fly More Combo Box Fly More Comboの箱です。日本版には「199g」の表記があります(箱の右下)。
注意:北米、中国向けモデルは、電波法の関係で、日本国内では屋外で飛行させられません。
DJI Mavic Mini Fly More Combo Package included Fly More Comboの同梱物一式です。 キャリングケースには、プロペラガードを除くすべてを格納することができます。
Comparison to DJI Mavic Mini and Parrot MiniDrones Airborne Night Parrot社から2015年に発売された MiniDrones Airborne Night との比較です。
Comparison to DJI Mavic Mini and Parrot Bebop Drone Parrot社から2014年に発売された Bebop Drone との比較です。
DJI Mavic Mini with Propeller guard プロペラガードを取り付けた状態です。 結構大きくなります。 重量も200gを超過してしまいます。
DJI Mavic Miniドローン開封からセットアップまで

YouTubeの大画面で見る

DJI Mavic Miniの価格と発売日

2019年10月30日09:00(US)/31日10:30(JP)より DJIオフィシャルサイト で予約受付開始。11月11日にまず北米から出荷開始されました。 価格は、Mavic Mini単体で46,200円(USD399.00)、Fly More Comboで59,400円(USD499.00)です。
  • DJI Mavic Mini

    DJI 2019/11/11 46,200円(USD399.00)

    同梱物: Mavic Mini本体、コントローラー、ジンバル プロテクター、バッテリ1個、予備プロペラ1セット、各種充電・接続ケーブル、予備のコントロールスティック1セット(2本)、予備のねじ(6本)、ねじ回し

    Amazon.co.jpで買う DJIオフィシャルストアで買う 楽天で買う

  • DJI Mavic Mini Fly More Combo

    DJI 2019/11/11 59,400円(USD499.00)

    同梱物: Mavic Mini本体、コントローラー、ジンバル プロテクター、バッテリ3個、2WAY充電ハブ、360°プロペラガード、キャリングケース、DJI 18W USB 充電器、予備プロペラ3セット、各種充電・接続ケーブル、予備のコントロールスティック1セット(2本)、予備のねじ(18本)、ねじ回し

    Amazon.co.jpで買う DJIオフィシャルストアで買う 楽天で買う

  • DJI Fly

    DJI 写真/ビデオ 無料

    DJI Mavic Mini ドローン用の操縦アプリです。DJI Flyアプリは、誰でもドローンを簡単に飛ばせるように設計されています。 直観的に操作できるインターフェースと広々と確認できるカメラビュー。すぐ飛行操作を習得できる、わかりやすい飛行チュートリアル。見栄えの良い飛行ロケーションや近くのGEO区域を確認できるサーチ機能。すぐに編集して共有できる、様々なツールとテンプレートを収録した高度編集機能。

  • VR PRO for SPARK/MAVIC/PHANTOM

    Michele Vagnetti 写真/ビデオ 無料(App内課金あり)

    このアプリでは、これまでにない方法でDJIドローンを飛ばすことができます!特に、最高のVR FPVフライトを提供するために設計されています。没入型のフライト体験に身を任せましょう! 好きなだけ無料でアプリを試してみてください(1回あたり100秒)。必要に応じて、無制限のVR飛行時間をロック解除できます(アプリ購入時)。 このアプリは、基本的に市場に出回っているすべてのVRヘッドセットで使用できます。 ビューはすべてのニーズに合わせて完全にカスタマイズ可能であり、位置、寸法、目の幅を設定できます。

    詳細を見る(App Store)
  • DJI Care Refresh : ケア・リフレッシュ (Mavic Mini用)

    DJI 2019/11/11 4,400円(USD39)

    事故補償サービスです。少額の追加料金を支払うことで、1年間に最大2回の製品交換サービスをご提供いたします。様々な事故をカバーし、より安心してご使用いただけます。 以下のいずれかの条件を満たす必要があります。新規購入かつアクティベーションが行われていない製品/アクティベート後96時間以内の機体またはジンバル/DJIアフターサービスセンターで修理した製品(修理完了後、サービス購入の通知を受取ってから72時間以内)

    Amazon.co.jpで買う DJIオフィシャルストアで買う 楽天で買う

  • DJI Select メンバーシップ

    DJI 2020/05/14 3,960円/年

    プレミアムメンバーシップサービスです。優先出荷、誕生日特典、迅速な修理など、メンバー限定の特典やスペシャルオファーなどをお楽しみいただけます。その他の製品割引やキャンペーン割引をご利用いただけます。 DJI製品を受け取ってから15日後以降に購入できます。

    DJIオフィシャルストアで買う

DJI Mavic Mini対応スマートフォン

DJI Mavic Mini対応スマートフォンは、iOS 10.0以降にバージョンアップしたiPhoneシリーズ、またはAndroid 6.0以降にバージョンアップしたAndroidスマートフォンです。 具体的な機種名は DJI Flyアプリのオフィシャルサイト(DJI) のいちばん下にある「互換性」の欄にリストアップされています。

DJI Mavic Miniのモデル番号

DJI Mavic Miniには、周波数5.8GHzのみに対応した、北米・中国向けモデルと、 周波数2.4GHzと5.8GHzの両方に対応した、欧州・日本向けモデルがあります。 また、バッテリーは、日本向けの1100mAhモデルと、その他の地域用の2400mAhモデルがあります。 日本(ロシア、イスラエル、ウクライナ、カザフスタン等を含む)では、屋外で周波数5.8GHzは使用できないので注意が必要です。
仕向地 北米・中国 欧州 日本
本体モデル番号 MT1SS5 MT1SD25
リモコンモデル番号 MR1SS5 MR1SD25
対応周波数 5.725-5.850 GHz 2.400-2.4835 GHz, 5.725-5.850 GHz
対応規格 FCC(北米)、SRRC(中国) CE(欧州)、MIC/CE(日本)
同梱バッテリー 2400 mAh (Li-ion 2S) 1100 mAh (LiPo 2S)
日本での使用 屋外では飛行禁止 改正航空法
規制対象
改正航空法
規制対象外

DJI Mavic Miniの充電時間と使用可能時間

充電時間 使用可能時間
コントローラー 120分 6時間(iOSデバイス)
2時間(Androidデバイス)
バッテリー(2400 mAh) 90分 30分
(無風の中を 14 km/h で飛行時)
バッテリー(1100 mAh) 50分 18分(実質約14~15分)
(無風の中を 12 km/h で飛行時)
(充電時間はいずれもQuick Charge 2.0 対応の 18W USB 充電器使用時)
バッテリーは自動的に放電されません。 バッテリーを10日間以上使用しない場合は、バッテリーレベルが39%から75%の範囲になるよう手動で放電する(飛行させる)ことをお勧めします。

DJI Mavic Mini向けのmicroSDカード

速度規格について


Mavic Miniのカメラの最大ビットレートは約40.36Mbpsです。 DJIオフィシャルサイト にも推奨SDカードが一覧表示されていますが、 2.7Kビデオを録画するには、UHS Class 3 (U3)、Video Class 30 (V30)、UHS-I以上の性能が必要です。 (U3) ロゴがあるmicroSDカードを準備しましょう。

容量規格について


ビデオの容量については、 FHD(1080p)-30fpsで1分あたり平均約248MB、2.7k(1530p)-30fpsで1分あたり平均約291MB程度となります。 バッテリー1個分(18分)の2.7Kビデオは総計約5.2GB程度、 バッテリー3個分(54分)では総計約15.7GB程度となります。 最低16GB、できれば64GBまたは128GBの、SDXCまたはSDUC規格に対応したSDカードを準備するのがよさそうです。

DJI Mavic Mini関連リンク集

もっとドローンのことを知りたい