• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Zadigの使い方:STM32 BOOTLOADERのインストール方法

Windowsパソコンで、プロセッサにSTM32を使用した、FPVドローンやOpenTX/EdgeTXプロポにアクセスするには、「STM32 BOOTLOADER」というドライバーをインストールする必要があります。 通常このドライバーは自動的にはインストールされないので、手動でインストールする必要があります。 ここでは、「Zadig」というフリーソフトを使って、STM32 BOOTLOADERをWindowsパソコンにインストールする方法を紹介します。

ドライバーの確認

PC OpenTX/EdgeTXプロポの電源をOFFにしたままで、USBケーブルを使ってプロポをパソコンに接続します。 そしてWindowsがデバイスを認識するまでしばらく待ちます。 つづいてWindowsのデバイスマネージャーを開きます。
このように「ほかのデバイス」欄に「STM32 BOOTLOADER」が見えているときは、ドライバーが正しくインストールされていません。 下記の手順に従ってドライバーをインストールしてください。
なお、Windowsのデバイスマネージャーは[スタート]-[Windowsシステムツール]-[コントロールパネル]を開き、 [システムとセキュリティ]-[システム]-[デバイスマネージャー]から起動します。
USBケーブルは「データ通信用」を使うこと
USBケーブルには、すべての端子が結線された「データ通信用」と、電源系の端子のみが結線された「充電用」の2種類があります。 OpenTX Companionと通信するには「データ通信用」を使用する必要があります。 ケータイや充電器、バッテリーなどのオマケについているケーブルには「充電用」のものがあるので注意してください。

ドライバー:STM32 BOOTLOADERのインストール

PC ドライバーのインストールには「Zadig」というフリーソフトを使います。 Zadigのサイト (https://zadig.akeo.ie/) を開き、「Dowload」欄から最新のZadigをダウンロードします。 すると“zadig-2.5.exe”といった名前のファイルがダウンロードできるので、これをダブルクリックして起動します。
PC するとこのような画面になります。 「Zadig」自身のバージョンアップチェックを行うか否かの確認です。 お好みで選択してください。
PC そしてこのような画面になります。 インストールするドライバーとして「STM32 BOOTLOADER」が選択されています。 もし「STM32 BOOTLOADER」が選択されていないときは、メニューから[Options]-[List All Devices]を選択したうえで、ドロップダウンリストから「STM32 BOOTLOADER」を選択します。 そして「Install Driver」ボタンをクリックします。
テキストボックスが空白になってしまう?
パソコンにプロポを一度も接続したことがないと、この画面ですべてのテキストボックスが空白になってしまい、何も選べなくなることがあります。 まずパソコンと電源を切ったプロポをUSBケーブルで接続し、しばらく待ってからZadigを起動してみてください。
PC するとドライバーのインストールが始まります。 インストールにかかる時間は十数秒程度です。
PC このような画面が表示されたら、インストール完了です。
PC デバイスマネージャーを開くと、「ユニバーサル シリアル バス デバイス」欄に「STM32 BOOTLOADER」が見えているはずです。

OpenTX/EdgeTXプロポの使い方

OpenTX/EdgeTXの使い方

OpenTX/EdgeTXの詳細解説

もっとドローンのことを知りたい