• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

BLHeli Configuratorのインストールと使い方

BLHeli Configuratorを使うと、ファームウェアに BLHeli / BLHeli_S を採用しているドローンのESC(Electric Speed Controller)の設定を確認・変更できます。 ここでは、BLHeli ConfiguratorをWindowsパソコンにインストールする方法を紹介します。

BLHeli Configuratorのダウンロード

BLHeli ConfiguratorはGithubで配布されています。
PC Githubの BLHeli Configuratorのページ を開きます。 このような画面になるので「blheli-configurator」をクリックします。
なお、「blheli-configurator-nightlies」というリンクもありますが、これは Nightly build、いわゆるベータ版なので、動作が不安定であったりバグが含まれている可能性があります。 開発者向けのバージョンなので、一般ユーザーは使用しないでください。
PC 「blheli-configurator」のページが開くので、画面の右にある「Releases」をクリックします。 なお「Latest」をクリックすると最新版のページに移行できます。
PC 「blheli-configurator」のリリースページ が開きます。 この画面では、過去のバージョンを含め、任意のバージョンの blheli-configurator をダウンロードすることができます。 一番上にあるのが最新バージョンです。 この画面をスクロールすると・・・
PC 各OS別のダウンロードリンクがあります。 これをクリックすると圧縮ファイルをダウンロードすることができます。 お使いのOSにあったリンクをクリックしてください。
Windowsの場合は「_win64」(64bit Windows使用時)または「_win32」が含まれているファイル名をクリックします。 ダウンロードにかかる時間は、ネットワークの速度にもよりますが、約10分程度です。

BLHeli Configuratorのインストールと使い方

PC ダウンロードしたBLHeli Configuratorの圧縮ファイルを任意のフォルダで解凍すれば、インストールは完了です。 このようなファイルが展開されます。
「blheli-configurator.exe」をダブルクリックすると、アプリが起動します。
PC アプリが起動すると、このような画面になります。 安全のためにドローンのプロペラは外しておきます。 ドローンにバッテリーを接続して、ドローンを起動したうえで ドローンとパソコンをUSBケーブルで接続し、画面右上の「Connect」をクリックします。
PC するとこのような画面になります。 画面右下にある「Read Setup」をクリックすると...
PC ドローンのESCの情報がパソコンに読み込まれます。 モーターを4個搭載している場合は、画面右に4つの情報が表示されます。 この数が少ないときは、いずれかのESCが故障しています。
なお、ドローンにバッテリーが接続されていないと、ESCの情報は読み込まれません。
あとは任意のパラメーターを変更して、画面右下の「Write Setup」をクリックすれば、設定がドローンに反映されます。

モーターの回転方向を変更する

PC モーターの回転方向を変更するには、各ESCの「Motor Direction」欄で変更します。 「Normal」になっていたら「Reversed」に、逆に「Reversed」になっていたら「Normal」に変更すれば、回転方向が反転します。

モーター/ESC番号の確認方法

どのESCがどのモーターを制御しているかは、 Betaflight Configurator を使って確認します。 確認するにはモーターを回転させるので、安全のためにプロペラを外しておきます。
PC Betaflight Configuratorを起動し、ドローンとパソコンをUSBケーブルで接続し、画面右上の「接続」ボタンをクリックします。 そして画面左のメニューから「モーター」を選択します。 するとこのような画面になります。
ドローンにバッテリーを接続し、画面右下に現れる「リスクを認識し、プロペラは全て外しました...」の左のスライダーをONにします。 そして画面に並ぶスライダーを、ほんの少し上にスライドさせると、対応するモーターが回転します。 この時のモーターの番号が、ESC(Electric Speed Controller)の番号に対応しています。
スライダーをクリックしたうえで、キーボードの上下矢印キーを押すと、ほんの少しずつそのスライダーを動かすことができます。

もっとドローンのことを知りたい