• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

B4UFLYアプリの使い方:アメリカでドローンを飛ばす

B4UFLY (App Store) とは、米国における250グラム以上のドローンの飛行禁止区域などが地図で確認できるアプリです。 米国でドローンを飛ばす予定がある人は、事前にインストールしておきましょう。
なお、米国を含む、国内および海外のドローンの飛行ルールについては、 ドローンの飛行ルール のページをご覧ください。 ドローンの飛行ルール:小型無人機等飛行禁止法と改正航空法 Show this page in English

B4UFLYアプリのインストール

  • B4UFLY

    Federal Aviation Administration ユーティリティ 無料

    米国連邦航空局(FAA)が提供する、UAV(無人航空機)パイロット向けアプリです。米国におけるUAVの飛行禁止区域などが地図で確認できます。事前に場所や時間を指定して、飛行禁止されていないかを確認することができます。

    詳細を見る(App Store)
アプリをダウンロードする方法 App Storeおすすめアプリ

B4UFLYアプリの使い方

iPhone B4UFLYの使い方は簡単。 iPhoneの位置情報を有効にして、B4UFLYアプリを起動すると、現在位置でドローンを飛ばしても良いか否かが確認できます。 このように画面下部にグリーンで「Good to go!」と表示されたら、飛行推奨地域です。
注意 B4UFLYアプリで、米国の領土以外の場所を指定すると、正しい判定結果は表示されません。 例えばドローンの飛行が禁止されている日本国内の空港を指定すると「Good to go!」になってしまいます。 米国の領土内における判定のみに使用してください。
iPhone 画面右上の アイコンをタップすると、このような画面になります。 地図に表示される各種エリアの説明が表示されます。
なお、画面左上の アイコンをタップすると、アプリのクレジットやデータ提供元(kittyhawk)、FAA(連邦航空局)の情報が読めます。 こちらには、特にドローンを飛ばすにあたって重要なメニューはありません。
iPhone 説明画面をスクロールさせると、このような画面になります。 地図の表示方法を「Light」「Dark」「Street」「Satellite」「Satellite Street」から選べます。 好みで切り替えてください。
iPhone 画面下部の「Good to go!」などと表示された部分をタップすると、このような画面になります。 その地点の飛行に関するアドバイスの他に、近隣の飛行注意/飛行禁止地域がリストアップされます。
iPhone リストの中の項目をタップすると、その詳細情報が読めます。 飛行禁止の理由などを読むことができます。
iPhone 地図上の任意の場所をタップすると、タップした場所の、飛行に関するアドバイスなどを読むことができます。 実際ににその場所に行く前に、飛行禁止か否かを確認することができます。

もっとドローンのことを知りたい