• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Firefly Baby Quad and BETAFPV SMO 4K - 100g未満の4K空撮マイクロドローン

Firefly Baby Quadは、離陸重量100g未満のマイクロドローン/FPVドローンです。 これに BETAFPV SMO 4Kカメラ を搭載すると、4K空撮マイクロドローンが完成します。

Firefly Baby Quadとは

Firefly Baby Quad and BETAFPV SMO 4K Camera
Firefly Baby Quadとは、2021年7月に、中国深センの Flywoo社 が発売した マイクロドローン/FPVドローン です。 ホイールベースはたったの80mm、手のひらサイズの小ささながら、4Sバッテリーに対応したFC/ESCと、1203-5500KVの強力なモーターを搭載し、 BETAFPV SMO 4Kカメラ やInsta360 GO 2、GoProネイキッドカメラを搭載しても、軽快に飛行することができます。
離陸重量100g未満(バッテリー以外の取り外し可能な付属品の重量は含まない)に収まるので、2022年6月20日より適用される 改正航空法の「無人航空機の飛行ルール」 の、重量が100g以上のドローンに適用される規制の対象から除外されます。 そのため監視オブザーバーを置くことなく、単独でFPV飛行が可能です。
今回、モーターがRobo1202.5からNin V2 1203PRoに強化された、バージョン1.2モデルを入手したので、ご紹介します。
  • Flywoo Firefly Baby 80mm 1.6" 4S Micro Quadcopter

    Flywoo 21,032円

    ホイールベース:80mm / バッテリー:4S / 重量:47g
    Firefly Baby Quad V1.2は、Insta360 GO、SMO 4Kカメラ、およびその他の多くの小型アクションカメラを搭載するように設計されたナノサイズのFPVドローンです。 このマイクロシネマティックドローンの重量はわずか47gで、柔軟性と安定性がありますが、同時にパワーに溢れ、比類のないコントロールを提供します。

    Flywooで買う Banggodで買う Amazon.co.jpで買う(JP) Amazon.comで買う(US) 楽天で買う

  • BETAFPV SMO 4K Camera

    BETAFPV 2020/12 33,889円

    最大解像度: 4k (4000x3000 pixel, 24/25/30fps) / 重量:30g
    FPVドローン用に設計された高度な超軽量アクションカメラ! Insta360テクノロジーを使用してBETAFPVによって開発されたSMO4Kカメラは、重量がわずか30gで、FPVドローンに完全に適合します。 これにより、パイロットはより速く、より長く、より多くの操縦を行うことができ、パイロットに並外れた飛行体験と強力な視覚的インパクトをもたらします。

    BetaFPVで買う Insta360で買う Banggodで買う Amazon.co.jpで買う(JP) Amazon.comで買う(US) 楽天で買う

Firefly Baby Quadの紹介

PC パッケージと同梱品一式です。 一番右に少し見えているのがカラフルな梱包箱。 そのすぐ左隣にドローン本体とプロペラ。その左はスペアのネジセット・結束バンド・バッテリーストラップです。 さらにその左に並ぶのは追加で注文したオプション品で、バッテリー(4S-300mAh)2個、SMO 4Kカメラ用マウント、スペアのプロペラです。
ドローンにはバッテリーストラップとプロペラガードが組付けられていますが、プロペラは取り外されています。
PC 今回入手した機体は、アナログVTXと今話題の ExpressLRS(ELRS)受信機 を搭載したモデルで、バッテリーを含む重量は95g。 プロペラガードを外すとさらに10gほど軽くなり、航空法でいうところの離陸重量は85gほどとなります。
今回入手したバッテリーは300mAh版(HV 75C)で重量37.7gですが、450mAh版を選ぶと重量55.2gであるため、離陸重量が100gを超えてしまいます。
4S-300mAhバッテリー使用時の飛行時間は約4.5分、SMO 4Kカメラを搭載すると約3.5分でした。 なお3Sバッテリーでもそれなりに飛行できますが、3S-300mAhでのSMO 4Kカメラを搭載した場合の飛行時間は約2.5分となります。
PC SMO 4Kカメラ用マウントは、本体の上面フレームを取り外したうえで、3本のナットでねじ止めします。 全てのネジは1.5mmのアーレンキー(六角ナット)。 カメラマウントは、SMO 4Kカメラ用のほかに、Insta360 GO用、Insta360 GO 2用、ネイキッドGoPro6/7用の3種類が買えます。
PC SMO 4Kカメラ用マウントを取り付けたところです。 このドローンには、標準でSMO 4Kカメラ用の電源ケーブルが接続されています。 自分で配線を追加することなく、SMO 4Kカメラが使用できます。
PC 全てを組み上げて後ろから見たところです。 SMO 4Kカメラ用の電源ケーブルはやや長いので、マウントに挟み込んで、プロペラへの巻き込みを防ぎます。 VTX用のアンテナはRHCPのマッシュルームアンテナ、電源コネクタはXT30です。
PC 機体を横から見たところです。 小さい本体の下にはバッテリー、上にはカメラが飛び出し、ずんぐりとした不格好なシルエットです。 しかし飛行性能は高く、特にPID値やRate値を調整しなくてもスムーズに飛行します。
PC DJI Mini 2 との比較です。 DJI Mini 2がとても大きく見えます。
PC EMAX Tinyhawk II (75mm)との比較です。 フットプリントはFirefly Babyの方が小さいです。

Firefly Baby Quadミニレビュー

飛行性能


飛行性能は高く、一般的な75mmのTinyWhoopと同じように軽快に飛行できます。 小回りが利くので、屋外だけでなく、家の中でも思い通りに飛行を楽しむことができます。 SMO 4Kカメラを搭載すると若干軽快さが失われますが、ほとんど操縦感覚は変わりません。 ただし、モーターの音がとても甲高くうるさいです。

ELRS受信機


搭載されているELRS受信機は Flywoo社のEL24P。 プリインストールされているファームウェアはELRSバージョン1ですが、WiFi経由のアップデートでバージョン2に更新することができます。 ファームウェアビルド時のデバイス名は「DIY_2400_RX_ESP8285_SX1280」を選択します。

Betaflight


FCのファームウェアはBetaflight4.2.8。特にアップデートの必要はありません。 ただし初期値ではArmがAUX1(CH5)にアサインされていません。ELRSを使うときはAUX1(CH5)に設定しなおす必要があります。 また、初期値ではAir modeが常時有効になっていますが、このままだとArmした瞬間にドローンが地上で飛び跳ねてしまいます。 Air modeはOFFにするか、スイッチで飛行中にON/OFFできるように変更する必要があります。 Cinelifter(シネリフター)として使うのであれば、Air modeはOFFで良いと思います。
Testing Flywoo Baby Quad - Don't be fooled by its small size, it's got some power :)

YouTubeで見る

Firefly Baby Quadの仕様

Firefly Baby Quad Specification
itemdescription
ManufacturerFlywoo
Weight47g
Wheelbase80mm
FC & ESCGOKU F411 16*16 STACK - ( FC+13A ESC )
STM32F411, 5V/2A BEC, black box, WS2812LED
Input Voltage 2-6S
FrameFirefly Baby Quad Frame (Analog Verison)
MotorsNin V2 1203Pro 5500KV
PropsGemfan 1636 40mm-4 V2.0
VTXGoku VTX625 450mw
CameraCaddx Ant (Analog) / Caddx Nebula Nano V2 (Digital)
AntennaAtomic 5.8GHz Antenna Length 30mm (RHCP)
Recommended Battery4S 450mAh / 4S 300mAh

もっとドローンのことを知りたい