• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

MODEL SETUP設定項目の解説

ここではOpenTX/EdgeTXプロポのMODEL SETUP画面の設定項目を解説します。

MODEL SETUP設定項目の解説

項目 日本語 説明
Model name 機体モデル MODELに名前を付けます。10文字以内の英数字、空白、ハイフンで入力します。
Model image モデルイメージ このMODELに画像を割り当てます。 この画像はメイン画面や MODELSEL画面 で、選択中の機体の画像として表示されます。 詳しくは 起動画面(Splash Screen)/背景画像(Background Image)/モデル画像(Model Image)の設定・変更方法 をご覧ください。
Timer1/2/3 タイマー1/2/3 タイマーを設定します。各モデルに最大3種類のタイマーが設定できます。 詳しくは プロポのタイマーの使い方 をご覧ください。
Function Switches ファンクションスイッチ ファンクションスイッチを搭載したプロポで、その動作を設定します。 詳しくは ファンクションスイッチの使い方 をご覧ください。
E.Limits (Extended Limits) 拡張制限 OUTPUTS画面 のサーボ可動範囲を150%(1500±768μsec)に拡張します(標準では100%(1500±512μsec))。
E.Trims (Extended Trims) 拡張トリム トリム でスティック可動範囲のすべてをカバーできるようにします(標準のトリム調整範囲はスティック可動範囲の±25%)。[Reset]を選択すると、すべてのトリム設定値をゼロにします。
Show Trims トリム表示 メイン画面にトリムの設定値をグラフィック表示します。
Trim Step トリム間隔 トリムボタンを押したときの トリム の増減量を指定します。 [Course] 1.6%。 [Medium] 0.8%。 [Fine] 0.4%。 [Extra Fine] 0.2%。[Exponential] 中央近くでは0.2%、中央から離れるに従いステップ値が指数関数的に増加します。
T-Reverse (Throttle Reverse) スロットルリバース スロットルの増減方向を反転します。 すなわちスティックを一番下にすると100%、一番上にすると-100%になります。
T-Source (Throttle Source) スロットル値 タイマー のトリガーとして THs, THt, TH% を選択したとき、実際に参照される入力を指定します。 [THR] スロットル。 [Sx] スイッチ。 [CHxx] チャンネル。
T-Trim-Idle (Throttle Trim for Idle) THRトリムアイドル スロットルのトリム設定範囲を-100%から-51%にします。 内燃機関エンジンを使用している時に、アイドル値を制御するために使用されます。
T-Trim-Sw (Throttle Trim Switch) スロットルトリムスイッチ スロットルのトリムを設定するスイッチを、エルロン、ラダー、エレベーター用のトリムスイッチで代用します。 操縦中に微妙なトリム調整が必要な場合に、より操作しやすいスイッチを割り当てることができます。
Checklist チェックリスト表示 プロポの起動時、またはモデルの切り替え時に、モデルと同じ名前で、microSDカードのMODELSフォルダーに格納されたテキストファイル(".txt")の内容を表示します。 なお、プロポの画面の幅を超えるテキストは表示されません。
T-Warning (Throttle Warning) スロットル警告 プロポの起動時、またはモデルの切り替え時に、スロットルスティックがアイドル(-100)位置にないときに警告します。
Cust-Pos (Custom Throttle Warning - Position) プロポの起動時、またはモデルの切り替え時に、スロットルスティックが任意の位置にないときに警告します。位置は下のPos%で指定します。
Pos% 上のCust-Posで、警告を出さないスロットル位置を指定します。-100~100の範囲で指定します。
S-Warning (Switch Warning) スイッチ警告 プロポの起動時、またはモデルの切り替え時に、スイッチの位置が指定の状態になっていないときに警告します。 ここを変更する場合は、S-Warningフィールドを選択したうえで[ENTER]を長押しすると、現在のスイッチの状態が反映されます。 さらに各スイッチのフィールドを選択したうえで[ENTER]を押すと、スイッチごとに警告の有効/無効を切り替えます。 例: [A↑] スイッチSAが上でないときに警告。 [B-] スイッチSBが中央でないときに警告。
Pot warn. (Potentiometer Warning) ダイヤル警告 プロポの起動時、またはモデルの切り替え時に、ダイアル(Pot:Potentiometer)の位置が指定の状態になっていないときに警告します。 [Off] 警告は行いません。 [Man (Manual)] この画面で各ダイアルのフィールドを選択したうえで[ENTER]を押すと、その時のダイアルの状態が保存され、これをもとに警告します。 [Auto] プロポの電源OFF時、または別のモデルを呼び出す前に、その時のダイアルの状態が保存され、これをもとに警告します。
Ctr Beep (Centre Beep) センタービープ 指定したスティックまたはダイアル(Pot:Potentiometer)が中央になったとき、または中央を通過するたびにビープ音を鳴らします。
Glob Funcs (Global Functions) グローバルファンクション RADIOメニューの GLOBAL FUNCTIONS画面 で設定した機能を有効にします。
ADC filter ADCフィルターの有効/無効を切り替えます。 詳しくは モデル作成・ドローンとのバインド・テスト飛行 をご覧ください。
Internal RF 内部送信システム プロポに内蔵されている送信機を設定します。 詳しくは モデル作成・ドローンとのバインド・テスト飛行 をご覧ください。
External RF 外部送信モジュール プロポのモジュールベイに取り付けた、外付け送信機を設定します。 詳しくは モデル作成・ドローンとのバインド・テスト飛行 をご覧ください。
Trainer トレーナーポート プロポをトレーナー(教師)モードとして使用する場合のマスター(教師)/スレーブ(生徒)の指定と、接続方法(ケーブル/送信機)を設定します。
トレーナーモードの有効/無効は SPECIAL FUNCTIONS / GLOBAL FUNCTIONS の"Trainer"アクションを使って切り替えます。
これらの項目については、情報サイト OpenTX University RCdiy で詳しい説明を読むことができます。

OpenTX/EdgeTXプロポの使い方

OpenTX/EdgeTXの使い方

OpenTX/EdgeTXの詳細解説

もっとドローンのことを知りたい