• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

FPVドローンシミュレーターVelociDroneの遊び方:ドローンレースの楽しみ方

VelociDrone Scenery [Future Hanger]-[VRL7 Track 1]
マイクロドローン/FPVドローン/レーシングドローン は、DJIやParrotなどの空撮用ドローンと比較すると非常に繊細な操作が必要で、 まともに飛行させるには、事前のシミュレータによる練習が欠かせません。
代表的なFPVドローンのシミュレーターとして「VelociDrone」というソフトが公開されています。 ここではこのVelociDroneの購入、ダウンロード、Windows11/10パソコンへのインストールからフライトまでの手順を解説します。

FPVドローンシミュレーターの種類

現在、有名なFPVドローンシミュレーターには以下の3種類があります。 いずれもドローンレーサー御用達のリアルで本格的なものです。 このほかにも以下のようなシミュレーターがあります。
FPVドローンレーシングシミュレーター VelociDrone - Scene : Industrial Wasteland / Track : VOC S1 Race 1

YouTubeで見る

VelociDroneをプレイするのに必要なもの

BetaFPV LiteRadio 2 controller in FPV Whoop Racing Advanced Kit 2
VelociDroneをプレイするには、最低限パソコンとゲームパッドが必要です。 パソコンのOSは、Windows 10以降(64bit版のみ)、Mac、 Linux (Debian / RedHat)に対応しています。 CPUの性能はインテルCore-i5 3.2GHz相当以上、メモリは8GB以上が推奨されています。 またゲームパッドは、パソコンにUSBケーブルで接続すると、WindowsのHID準拠ゲームコントローラーデバイスとして動作するものを準備します。 ただ、ゲームパッドではVelociDroneの操縦は困難です。ドローン用プロポを使用しましょう。 通常 FPVドローン用のプロポ はこの機能に対応しています。 あなたがお持ちのプロポの説明書を確認してください。

求められるグラフィックス性能


VelociDroneは3Dグラフィックスを使用するので、ビデオカードを増設するのがお勧めです。 最低限 Intel HD 530 (2015年出荷のインテル第6世代Coreプロセッサから搭載) 相当のGPU、 DirectX 11.0, Shader Model 5に対応したグラフィックス性能が必須。 Nvidia GTX1050tiクラス以上のビデオカード搭載が推奨されています。 高機能なビデオカードを搭載すれば、高画質かつスムーズな動きで楽しめます。 とはいえさほど重い3Dゲームでもないので、2015年頃発売のビデオカードの性能 (例:GeForce GTX960 / Radeon R9 380クラス) があれば、とりあえずプレイできます。

ライセンス購入、ダウンロード、インストール

PC VelociDroneのライセンスを購入してから、パソコンにインストールするまでの手順は、下記のページで説明しています。

マニュアルのダウンロード

PC VelociDrone オフィシャルサイト のメニューから[Support]-[User Manual]を選ぶと、PDF形式の英文ユーザーマニュアルをダウンロードすることができます。 このページでは紹介しきれない、VelociDroneの機能の説明を読むことができます。 ただしファイルサイズが9MB近くもあり、ダウンロードするには数分~十数分の時間がかかります。
また、VelociDroneは、よくある質問の答えが読める Solutions Knowledge Base のページ を公開しています。インストール、コントローラーの設定から、既知の問題、レースの楽しみ方まで、数々の質問に答えてくれます。

パソコンの買い替え/変更/複数パソコンでの使用について

PC VelociDroneは1つのユーザーアカウントに対して1ライセンスのみ購入可能で、1台のパソコンだけで使用可能です。 パソコンの買い替え/変更時には、事前に図の「My Licenses」画面で「Unassign License From Current Device」をクリックして現在のパソコンとの紐づけを解除しておくか、 あるいは新しいパソコンにインストールする時の指示に従って、ライセンスを移行します。
同時に2台以上のパソコンで使用したい場合は、アカウントもその数だけ作成して、個別に購入する必要があります。
なお、ライセンスを移行しても、元のパソコンで設定したドローンや、コースのお気に入り情報、飛行記録などは移行されません。 移行先のパソコンで設定しなおす必要があります。

初回起動とプロポ/コントローラーの設定

PC VelociDroneのインストールが終わったら、ソフトの初回起動時にライセンスの設定を行い、プロポ/コントローラーの設定を行います。 この手順は、下記のページで説明しています。

初フライト:遊び方の基本

PC とにかく1回飛ばしてみましょう。 メニュー画面から「SINGLE PLAYER」をクリックします。
なお、メニューの一番上にある「QUICK START」をクリックすると、前回最後に飛行したドローンとトラックで、すぐにフライトが始まります。
ドローンの選択
PC まずはドローンの選択です。 画面左のフィールドからフライトに使用したいドローンを選択します。
しかし最初は画面左のフィールドに1個だけしかドローンがありません。 画面左上の「ADD QUAD」をクリックします。
PC すると新たに追加可能なドローンの一覧が表示されます。 オプションコンテンツの「Micro Class Quads」のライセンスも購入していると、Tiny Whoopの名前が現れます。 ここではBetaFPV社のBeta75xを選んでみました。 ドローンをクリックしたら、画面右下の「SELECT MODEL」をクリックします。
なお、この画面でマウスをドラックしたり、スクロールホイールを回すと、視点を移動することができます。 ドローンをいろいろな方向から眺めることができます。
PC ドローンに好きな名前が付けられます。 名前を入力したら「SAVE」をクリックします。
PC 画面左のフィールドにドローンが追加されました。 ここから今回のフライトに使いたいドローンを選び、画面右下の「SELECT QUAD」をクリックします。
なお、画面左のフィールドには、同じモデルのドローンを、設定などを変えて複数追加することができます。
また、画面の右には、選択したドローンのパラメーターが表示されています。 「EDIT SETTINGS」ボタンをクリックすると、ドローンの設定画面「QUAD SETTINGS(機種別)」が表示され、パラメータを変更することができます。 ここで設定できるパラメータの詳細については VelociDroneの設定変更 : SETTINGS画面の解説・チューニング・高速化・高画質化 をご覧ください。
大きなドローンの方が速いの? : ドローンの選び方
単に直線を飛行するだけなら答えはYesです。 より大きなモーターと大きなプロペラを搭載したドローンがより速く飛行できます。
しかしレースのコースには、狭いゲートをすり抜けたり、急旋回や反転が必要な場所もあります。 このような場所では、小回りのきかない大きなドローンは不利になります。 このため多くのコースでは、ドローン(モーター、プロペラ)のサイズだけで順位が決まることはありません。 よりあなたが使い慣れたドローンが、より速く飛べるドローンです。
ただし、街全体が含まれるような極端に広いコースや、逆に家の中や、小屋の片隅に設けられたような極端に狭いコースでは、使用するドローンの大きさが勝負に大きな影響を与えます。 広いコースは大きなドローン、狭いコースは小さなドローンがより有利に飛べます。
65mm, 75mm, 3インチ の3種類程度のドローンを使い分けられるようになると、ほとんどのコースで速く上手に飛べます。
シーン、トラックの選択
PC つづいてシーンの選択です。 最初は「Football Stadium」が選択されています。 画面左上の「Football Stadium」と書かれているドロップダウンリストで、ほかの場所(シーン)が選択できます。 画面中央の一覧で、その場所に設定されたトラック(レースコース)が選べます。 画面下のスライドバーなどで、風の強さ、タービュランス(乱気流)、ガスト(突風)の頻度、風向などが選択できます。 画面右下の「SELECT SCENERY」をクリックするとフライト開始です。
なお、この画面の「Favorite(お気に入り)」欄をクリックすると、チェックマークを入れることができます。 Velocidroneには非常に多くのトラックが準備されています。 気に入ったトラックに出会ったら、ここにチェックマークを入れて覚えておきましょう。
トラックフィルタ
シーン選択画面では、画面上部の「Any Class」と書かれたドロップダウンリストで、特定のドローンのクラス(タイプ)向けのトラックが抽出できます。 「Unspecified」「Mega」「Micro」「Combat」「Freestyle」から選べます。 その隣の「Filter Tracks」と書かれているテキストボックスにキーワードを入力すると、名前にそのキーワードが含まれるトラックが抽出できます。 その隣の「Favourite」にチェックを入れると、「お気に入り」をマークしたトラックが抽出できます。 その隣の「New Tracks」にチェックを入れると、最近2週間に追加された新しいトラックが抽出できます。
シーンデーターの読み込み
PC 「SELECT SCENERY」をクリックするとシーンデーターの読み込みが始まります。 結構待たされます。 読み込むシーンにもよりますが、1分~2分くらいは待たされます。
ゲームスタート
PC これが「Football Stadium」でのゲームのスタート画面です。 コントローラーのスティックを操作するとフライトできます。 まずは自由にフライトを楽しんでください。 初めてFPVドローンを操縦する人は、あまりに敏感なスティックに驚くと思います。
なお、このトラックは初心者には難しすぎます。 VelociDrone初心者向けシーンの紹介 では、初心者の練習に向いたシーンなどを紹介しています。ご参照ください。
表示がおかしい!?
正しく画像が表示されないときは以下の操作を試してみてください。
視点を切り替える:[F]キー
カメラの角度を変更する(通常は30度程度です):[Page Up]/[Page Down]または[-]/[=]キー
レンズ/画角(FOV)を変更する(通常は120度程度です):[Insert]/[Delete]または[[]/[]]キー
位置をリセットする:[R]キー
その他キーボードで操作できる機能は キーボードショートカット一覧 をご覧ください。
シーン、トラックを切り替える
PC ゲーム画面で、画面右に並ぶアイコンから 景色(景色) のアイコンをクリックすると、シーン、トラックを切り替えることができます。 上で紹介した、シーン選択画面に戻ります。
なお、シーン、トラックを切り替えても、ドローンの位置は元の場所(座標)から変わりません。 このため、トラックを切り替えた直後は、周りに何もないところに放り出されることもあります。 そんな時は、キーボードで[R]キーを押すと、選択したトラックのスタートポイント(スターティンググリッド)に移動できます。
メニュー画面に戻る
PC 画面右に並ぶアイコンの一番上、 家(家) のアイコンをクリックするとこのような画面になります。 「YES」をクリックするとメニュー画面に戻ることができます。
あるいは[Esc]キーを押してもメニュー画面に戻ることができます。
ソフトを終了する
PC メニュー画面で一番下の「QUIT」をクリックするとソフトが終了します。

設定変更・チューニング・高速化・高画質化

PC VelociDroneのオプション設定画面には非常に多くの設定項目があり、解像度やフレームレートなど、いろいろなプレイ画面の設定を行うことができます。 またフライトモードを切り替えたり、ドローンの設定を変更することもできます。 この手順については、下記のページで説明しています。

操作方法の表示・ヘルプ画面

PC プレイ画面の操作方法を表示するには、画面右に並ぶアイコンから キーボード(キーボード) アイコンをクリックします。
PC するとヘルプ画面( キーボードショートカット一覧 )が表示されます。 たとえば
[PageUp][PageDown]キーで、カメラの角度を上下することができます。
[R]キーでスタートポジション、または最後に通過したゲートの位置に移動します。
[End]または[\]キーでプレイ画面のスクリーンキャプチャを「ドキュメント」フォルダーに格納します。
[F]キーで操縦者視点(line of sight)/FPVカメラを切り替えます。
[S]キーで観客視点(Spectator)のカメラに切り替えます。
[Insert][Delete]キーで、カメラのFOV(画角)を変更できます。
[A]キーでタイムアタックが開始・中断できます。
[M]キーでスティックの操作を表示できます。

BGMにインターネットラジオを流す

PC VelociDroneにはインターネットラジオプレイヤーが組み込まれています。 ゲーム中に画面右に並ぶアイコンから 音楽(音楽) アイコンをクリックするたびに、図のようなインターネットラジオプレイヤー画面が表示/非表示になります。
[Play]ボタンを押すとストリーミングが始まります。 あなたが聞きたいストリーミングサービスのURLをテキストボックスに入力し、[Change]ボタンをクリックすると、放送局を切り替えることができます。
たとえば Internet Radio (https://www.internet-radio.com/) の中から放送局を選びたいときは、放送局名の左にある".m3u"と書かれたリンクをローカルに保存し、得られた"live.m3u"ファイルをテキストエディタで開くと、その放送局のURLが分かります。

FPVドローンの操縦方法を学ぶ

VelociDroneのオフィシャルYouTubeチャンネル では、多くのチュートリアルビデオを公開しています。 「Flight Training」という名前で始まるビデオを順に視聴していくと、基本的な操作から順に、操縦方法を学ぶことができます。
Flight Training - part 1

YouTubeで見る

VelociDroneシーンの紹介

PC VelociDroneには非常に多くのシーン/トラックが準備されていますが、特に難易度などの指標がないため、初心者はどこから手を付けてよいか悩んでしまいます。 VelociDrone初心者向けシーンの紹介 のページでは、主に初心者の練習に向いたシーンなどを紹介します。
VelociDrone - Mini Warehouse - Micro Premium Pack

YouTubeで見る

タイムアタックに挑戦・ゴーストドローンと競争・掲示板にアップロード

ある程度フライトに慣れてきたら、タイムアタックに挑戦してみましょう。 タイムアタックでは、あなたは好きなトラックを好きな回数(最大10周)周回し、ラップタイムや合計飛行タイムを計測します。 あなたの飛行タイムをVelociDroneのレース結果掲示板:LEADERBORDにアップロードしたり、自分の過去のラップタイム(ゴーストドローン)と競争することもできます。
PC まずは、タイムアタックのために、いろいろ設定を行っておきましょう。 メニューから「OPTIONS」を選びます。
PC [MAIN SETTINGS]の画面で、タイムアタックに関する設定ができます。
Gate Navigation を"Yes"にすると、つぎに向かうべきゲートの位置を、矢印とドローンのアイコンで示してくれます。
Indicator Color で、つぎに向かうべきゲートを示すドローンのアイコンの色を、White(白), Yellow(黄色), Cyan(水色), Orange(橙色)の4色から選べます。
PC Gate Sound で、ゲートをクリアしたときのサウンドをnone(なし), swoosh(シュワッ), ping(ピコーン)の3種類から選べます。pingが分かりやすくてお勧めです。
Auto Leaderbord Time Upload を"Yes"にすると、GAME TYPE欄で「Single Class」を選んだときに、あなたの飛行タイムを自動でLEADERBORDにアップロードします。
Lap Time Announcement で、トラックを1周終えたときのタイムの表示方法を、Lap TimeまたはLap Delta(差分) Timeから選べます。
Single Player Race Countdown で、レーススタート時のカウントダウンの方法が指定できます。
Voice Announcements を"Yes"にすると、トラックを1周するごとに、タイムを音声で読み上げてくれます。
End of Race Statistics で、レース終了後の結果の表示方法を選択できます。
詳しくは VelociDroneの設定変更 : SETTINGS画面の解説・チューニング・高速化・高画質化 をご覧ください。
PC 以上の設定が済んだら、メニュー画面から「SINGLE PLAYER」を選び、レースに使用するドローンとトラックを選びましょう。 レースのラップ(周回)回数と、ゲームのタイプなどは、トラック選択時の、画面右下の部分で指定します。 もしトラックが長すぎて、使用しているドローンのバッテリーが足りないときは、ラップ数を減らして挑戦してみてください。
上の画面で「ARMING」を「Manual」にすると、実機のようにArmしないとドローンが操縦できなくなり、転倒時には「Flip After Clash」を使わないと起き上がれなくなります。 コントローラーのスイッチに「Arm Motors」を割り当ててArmし、「Flip After Clash」を割り当てて起き上がります。
コントローラーのスイッチに「Arm Motors」と「Flip After Clash」を割り当てる方法については VelociDroneの初期設定 : 初回起動とプロポ/コントローラーの設定 をご覧ください。
GAME TYPE欄に現れるキーワードの意味は下記のとおりです。
Keyword Description
Open Class ドローンのすべてのパラメータの変更が許可されます。 しかしLEADERBORDにレースタイムをアップロードすることはできません。
Single Class ドローンの Drag と Weight スライダーの設定は、セッション内のすべての選手に対して、同じレベルに設定されます。 またバッテリーシミュレーションが強制的に有効になり、クラッシュ時にはプロペラにダメージを受けます。 PIDの調整と、この他のすべての設定変更は許可されます。 良い成績を残した選手のタイムはLEADERBORDにアップロード可能です。
Event Mode 1回クラッシュすると、その選手は次のゲートでレッドフラグが立てられ、レースから除外されます。 その選手は飛行を続けることができますが、以降のゲート通過はカウントされません。 順位は、完了したラップ数、通過したゲート数、および時間によって決定されます。
Laps 指定されたラップ数(1-10ラップ)を、最速タイムで終えた選手が勝者です。 結果は「single lap (best lap)」LEADERBORDに1周分のベストタイムがアップロードされます。
Three Lap 1レース3ラップで争います。 Single Classでレースをすると、結果は「three lap」LEADERBORDに3周分合計のタイムでアップロードされます。
なお上の「Laps」モードでラップ数を3に指定した場合でも、「three lap」LEADERBORDにはアップロードされず、「single lap (best lap)」LEADERBORDに1周分のベストタイムがアップロードされます。
2 Minutes 2分間の間に、最も多くラップした人が勝者です。 2人以上のプレーヤーが同じラップ数を完了した場合、最も速い時間でラップを完了した選手が勝者です。
このほかにマルチプレイヤーモードやCombatゲームモード(オプションコンテンツ)のみで選択可能なキーワードもあります。
飛行タイムのアップロード
PC あなたの飛行タイムをVelociDroneのレース結果掲示板:LEADERBORDにアップロードしたり、そこでの順位を知りたいときは、GAME TYPE欄で「Single Class」を選びます。 ただし「Single Class」ではバッテリーシミュレーションがONになるので、飛行時間が制限されます。 初心者のうちは「Open Class」を選択するのがお勧めです。
ヒント
LEADERBORDに好成績を残したいときは、プレイヤーの少ない[Single Class]-[Laps]でタイムアタックするのがお勧めです。 逆に有名になりたいときは、プレイヤーの多い[Single Class]-[Three Lap]で好成績を出しましょう。
ゴーストドローンの設定
PC 画面右に並ぶアイコンの下から三番目、 時計(時計) アイコンをクリックすると、レース記録の保存に関する設定ができます。
[TIME ATTACK TOGGLE]をクリックするたびに[なし]-[BEST LAP]-[PREVIOUS LAP]と切り替わります。
[BEST LAP]で、あなたのこれまでのベストラップの飛行経路が、[PREVIOUS LAP]で、あなたの直前の飛行経路が保存され、次回のレース時にゴーストドローンとして表示されます。 自分の過去のラップタイムと競争できます。 競争相手が表示されると、レースにも熱が入ります。
なお、[TIME ATTACK TOGGLE]の設定は、ゲームを起動するたび、およびシーンを切り替えるたびにリセットされます([なし]になります)。 各トラックで自分の過去の飛行を保存・再生したいときは、飛行前に毎回セットしなおしてください。
PC 上の画面で[BEST LAP]または[PREVIOUS LAP]を選んだときは、[OPTIONS]-[QUAD SETTINGS]画面で「Trails Enabled」を"true"に指定するのがお勧めです。 ゴーストのドローンが飛行経路に「尾」を引くので、ゴーストの位置がより分かりやすくなります。
レーススタート
PC 画面右に並ぶアイコンの一番下にある フラッグ(フラッグ) アイコンをクリックするか、 キーボードで[A]キーを押すか、 またはコントローラーで「Race Start」を割り当てたスイッチをオンにすると、レースが始められます。
なお、レース中に[A]キーまたはこのアイコンをクリックすると、レースを中断できます。
PC カウントダウンが始まり、レースがスタートします。
PC つぎに向かうべきゲートの位置を、矢印とドローンのアイコンが示してくれます。 ドローンのアイコンが赤くなっているときは「裏側」です。反対側に回ってください。
PC このような、青や黄色の「もや」がかかっているゲートは「Recharge gate(再充電ゲート)」です。 バッテリーシミュレーションがONになっているときにこのゲートをくぐると、バッテリーがフル充電になり、プロペラのダメージが回復します。
「Recharge gate」はレースのトラック外に設置されている場合もあります。 バッテリー容量の小さいドローンでレースに参加するときは「Recharge gate」を探してみてください。
レース終了
PC レースが終了すると、あなたのラップタイムと合計タイムが表示されます。 この画面は、レース終了後であれば、画面右に並ぶアイコンから (表彰台) アイコンをクリックすると、いつでも再表示することができます。
「Single Class」モードでレースをして良い成績を出すと、あなたの記録がLEADERBORDに掲載されます。 このあとに「LEADERBORD UPDATE」画面が表示され、LEADERBORDにおけるあなたの順位、タイムが表示されます。
しかし[OPTIONS]-[MAIN SETTINGS]-[Auto Leaderbord Time Upload]を"No"に指定していると、タイムは自動ではLEADERBORDにはアップロードされません。 その代わりに、この図のようにあなたのタイムの右に「Upload」ボタンが現れます。 これをクリックすると、あなたの記録がLEADERBORDに掲載されます。
LEADERBORD
PC 画面右に並ぶアイコンから LEADERBORD(LEADERBORD) アイコンをクリックすると、このような画面になります。 現在選択中のトラックのLEADERBORDのトップ15プレイヤーが表示されます。
画面下部の[PREVIOUS][NEXT]ボタンをクリックすると、前の15位/次の15位のプレイヤー一覧が表示されます。 [FIRST]ボタンをクリックすると、トップ15プレイヤーの画面に戻ります。
[EXPORT]ボタンをクリックすると、LEADERBORDのトップ100位分の一覧表情報が、「ドキュメント」フォルダーにCSV形式のテキストファイルで保存されます。
PC なお、トップメニュー画面から「LEADERBORD」メニューをクリックすると、このような画面となります。 LEADERBORDにおけるあなたの記録が、新しい順に表示されます。 これまでにあなたが記録を残したシーン、トラック、タイム、順位、ラップ数が確認できます。
タイムアタックのコツ
最初はコースを覚えるため、のんびりと飛行しましょう。 だいたい2レース/6ラップくらい飛行するとコースを覚えるので、そこからスピードを上げつつ飛行コースを最適化していきます。 すると5~6レース/15~20ラップ目くらいで、その日の最高記録が出せると思います。 それ以降は疲れて集中力も低下するので、良い記録が出なくなります。一旦休憩しましょう。

ゴースト飛行データの再生・保存・読み込み

自分が過去に飛行した飛行データを再生したり、ファイルに保存したり、読み込むことができます。
PC 一度[TIME ATTACK TOGGLE]メニューで[BEST LAP]または[PREVIOUS LAP]を指定たうえでレースを終えると、トラック毎に自分の飛行経路が保存されます。 時計(時計) アイコンをクリックして[VIEW GHOST FLIGHT]メニューをクリックすると、保存された自分の飛行経路を再生することができます。 [PLAYBACK SPEED]で、再生スピードを切り替えることができます。
なお、一部のトラックでは、ここに[VIEW DEMO FLIGHT]のメニューが表示されます。 プロフェッショナルによるデモフライトの様子を見ることができます。
PC 上の画面で[FULL GHOST MANAGEMENT MENU]をクリックすると、このような画面になります。 [EXPORT]をクリックすると、その飛行データが「ドキュメント」フォルダに".ghost"形式のファイルとして保存されます。 ファイル名に日付などを付加しておけば、上書きされることなく飛行データを保存しておけます。 この画面で[IMPORT GHOST]を選べば、過去に保存したデータを読み込んだり、他のユーザーからデータをコピーさせてもらえば、その飛行データを読み込むことができます。

ライバルと競争する:NEMESISモードの遊び方

NEMESIS(宿敵)モードで、VelociDroneのLEADERBORDにアップロードされた、他のプレイヤーのベストタイムのデータと競争することができます。 自分のタイムに近い最大4人のプレイヤーのデータがダウンロードされ、レースすることができます。
PC まずは事前に、飛行したいシーン、トラックを「SINGLE PLAYER」モードで練習しておきましょう。 十分に練習して準備ができたら、メニューから「NEMESIS」を選びます。
PC レースで使用するドローンを選択します。 そして必要に応じて「EDIT SETTINGS」メニューから、ドローンのパラメーターを調整します。 ただし、NEMESISモードのレースは「Single Class - Three Lap」で行われます。
PC つづいてレースを行いたいシーン/トラックを選択し、画面右下の「SELECT SCENERY」をクリックします。 なお、NEMESISモードの時は、通常画面右下に表示される「GAME TYPE」の選択肢は表示されません。
PC 指定したシーン、トラックの画面に切り替わります。 レースをスタートします。
事前にこのトラックの「Three Lap」LEADERBORDに自分のタイムを残していると、そのタイムをもとにあなたの宿敵となるプレイヤーのデータのダウンロードが始まります。
あなたのタイムが残されていないときは、まず最初にあなたのタイムを測定します。 普通に単独でタイムアタックを行ってください。
その後2回目にレースをスタートすると、あなたの宿敵となるプレイヤーのデータのダウンロードが始まります。 ダウンロードには数分程度かかる場合もあります。
なお、NEMESISモードでも 時計(時計) アイコンをクリックすると[TIME ATTACK TOGGLE]の[BEST LAP]、[PREVIOUS LAP]が指定できます。 これを指定すると自分自身の過去データ(ゴーストドローン)もレースに参加させることができます。
PC そしていよいよ宿敵とのレーススタートです。 画面左には、宿敵となる最大4人のプレイヤーのニックネーム、タイム、順位が表示されています。 GAME TYPEが「Single Class」なので、バッテリーシミュレーションが有効になります。 右上にはバッテリー残量を示す円グラフが表示されます。
PC レースが終了すると、「SINGLE PLAYER」のタイムアタックと同様に、あなたのタイムが表示されます。 画面左には、自分より速くゴールしたプレイヤーには チェッカーフラッグ が、自分より遅くゴールしたプレイヤーには 赤いドクロマーク が表示されます。 あなたの記録がLEADERBORDに掲載されると、画面中央に「LEADERBORD UPDATE」が表示され、LEADERBORDにおけるあなたの順位、タイムが表示されます。
画面左のあなたの名前の前に リロード(リロード) ボタンが表示されたときは、これをクリックすると今回のレース結果に応じて新しい競争相手のデータがダウンロードされます。
なお、すべてのプレイヤーより速くゴールすると、今回のレース結果をもとに、新しい競争相手のデータが自動的にダウンロードされます。 レースを繰り返して、LEADERBORDでの順位をグングン上げていきましょう。
PC なお、一度NEMESISモードでプレイすると、次回通常の「SINGLE PLAYER」モードでプレイするときにも、GAME TYPEが「Single Class」のままになっています。 必要に応じて、「Open Class - Laps」などに戻してください。

タイムトライアルに参加する:Weekly time trialの遊び方

指定されたシーン/トラックで他のプレイヤーのデータと競争できる「Weekly time trial」がときどき開催されています。 新しく追加されたトラックの紹介に使われることが多いようです。 NEMESIS(宿敵)モードと同様に、VelociDroneのLEADERBORDにアップロードされた、自分のタイムに近い最大4人のプレイヤーのデータと競争することができます。
PC 「Weekly time trial」には、メニュー画面の左上から入ります。 ここには、現在開催されているタイムトライアルで使用されるシーン、トラック名と、終了までの残り日時、そしてあなたの順位が表示されています。
まずは事前に、このシーン、トラックを「SINGLE PLAYER」モードで練習しておきましょう。 十分に練習して準備ができたら、右上の「Enter」をクリックするとタイムトライアルに参加できます。
なお、Weekly time trialの開始時には、ドローンの選択画面は表示されません。 あなたが直前まで使用していたドローンが使用されます。
PC 「Enter」をクリックすると指定されたシーン、トラックの画面に切り替わります。 レースをスタートします。
事前にこのトラックのLEADERBORDに自分のタイムを残していると、そのタイムをもとにあなたと競争するプレイヤーのデータのダウンロードが始まります。
あなたのタイムが残されていないときは、まず最初にあなたのタイムを測定します。 普通に単独でタイムアタックを行ってください。
その後2回目にレースをスタートすると、あなたと競争するプレイヤーのデータのダウンロードが始まります。 ダウンロードには数分程度かかる場合もあります。
なお、Weekly time trialでも 時計(時計) アイコンをクリックすると[TIME ATTACK TOGGLE]の[BEST LAP]、[PREVIOUS LAP]が指定できます。 これを指定すると自分自身の過去データ(ゴーストドローン)もレースに参加させることができます。
PC そしていよいよレーススタートです。 画面左には、競争するプレイヤー4人のニックネーム、タイム、順位が表示されています。 GAME TYPEが「Single Class」なので、バッテリーシミュレーションが有効になります。 右上にはバッテリー残量を示す円グラフが表示されます。
PC 指定されたラップ数を周回して、レースが終了すると、あなたのタイムが表示されます。 チェッカーフラッグ が、自分より遅くゴールしたプレイヤーには 赤いドクロマーク が表示されます。 あなたの記録がLEADERBORDに掲載されると、このように画面中央に「LEADERBORD UPDATE」が表示され、LEADERBORDにおけるあなたの順位、タイムが表示されます。
画面左のあなたの名前の前に リロード(リロード) ボタンが表示されたときは、これをクリックすると今回のレース結果に応じて新しい競争相手のデータがダウンロードされます。
なお、すべてのプレイヤーより速くゴールすると、今回のレース結果をもとに、新しい競争相手のデータが自動的にダウンロードされます。 レースを繰り返して、LEADERBORDでの順位をグングン上げていきましょう。
PC なお、一度Weekly time trialをプレイすると、次回通常の「SINGLE PLAYER」モードでプレイするときにも、GAME TYPEが「Single Class」のままになっています。 必要に応じて、「Open Class - Laps」などに戻してください。
FPVドローンレーシングシミュレーター VelociDrone - Scene : Football Stadium / Track : Week16TT-CM18 by ChrisM

YouTubeで見る

飛行経路を表示・解析する:より速く飛ぶために

NEMESIS(宿敵)モードまたはWeekly time trialモードでは、自分やほかのプレイヤーの飛行経路を表示したり、任意のタイミングの飛行位置をチェックしたり、その飛行を再現することができます。
PC NEMESIS(宿敵)モードまたはWeekly time trialモードで、画面右に並ぶアイコンから LEADERBORD(LEADERBORD) アイコンをクリックすると、このような画面になります。 現在選択中のトラックのLEADERBORDが表示され、各プレイヤー名の右端に[Race]と[View]ボタンが表示されています。
[Race]ボタンをクリックすると、そのプレイヤーのデータをダウンロードして、あなたと一対一でレースができます。
[View]ボタンをクリックすると、そのプレイヤーの飛行を再現することができます。
Race Line Visualisation : レースラインの視覚化
PC 上の画面で[Race]ボタンもしくは[View]ボタンをクリックして任意のプレイヤーのデータをダウンロードした後であれば、[F1]キーを押すたびに、そのプレイヤーの最初のラップの飛行経路を表示/非表示することができます。 またNEMESIS(宿敵)モードまたはWeekly time trialモードでレースを行った後に[F2]キーを押すと、あなたの最初のラップの飛行経路を表示することができます。つづけて[F2]キーを二回押すと、今度はあなたの最後のラップの飛行経路が表示されます。 二人の飛行経路を同時に表示することもできます。 また、飛行経路を表示したまま再レースすることもできます。 別のプレイヤーのデータを読み込んでも、[F1]キーを押さない限り、画面には最初に表示したプレイヤーの飛行経路が表示され続けます。
経路の研究にはショートカットキーの[W]キー(位置固定)が役に立ちます。 注視したいポイントまでドローンを飛行させて、[W]キーを押すとそこで視点を固定することができます。
Line Analysis Slider : ライン分析スライダー
PC 一対一でレースを行った後、あなたの飛行経路を表示しているときに[F3]キーを押すと、画面左中央にスライダーが表示されます。 このスライダーを動かすと、レース中の任意のタイミングにおける、二人の飛行位置・飛行姿勢が分かります。 スライダーの左端がレーススタート時点、右端がそのラップの終了時点を示します。 この図のように、スライダーで指定したタイミングに対応する位置にドローンが表示されます。
PC NEMESIS(宿敵)モードまたはWeekly time trialモードのLEADERBORDで、任意のプレイヤーの[View]ボタンをクリックすると、このような画面になります。 [VIEW NEMESIS FLIGHT]をクリックすると、そのプレイヤーの飛行を再現することができます。 [PLAYBACK SPEED]欄で、再生スピードを変更することもできます。
PC このように、読み込んだプレイヤーの飛行が、スティックの操作とともに再現されます。 上位プレイヤーの飛行を見ることは、より速く飛ぶための参考になります。

オンラインでマルチプレイヤー対戦する

VelociDroneが運用するサーバー上で、マルチプレイヤー対戦を行うことができます。 ホスト(主催者)が開始した「セッション」に、その他のプレイヤーが参加する、という形でオンライン対戦を行います。 ひとつのセッションでは同時に7人までレースに参加可能、観客も含めると32人まで参加できます。 VelociDroneのユーザーであれば、誰でもホストになってセッションをスタートすることができます。 また「非公開セッション(hidden session)」機能を使えば、プライベートな仲間だけでオンラインレースを楽しむこともできます。 マルチプレイヤー対戦するのに、ネットワーク通信費用以外には、追加費用など必要ありません。
PC マルチプレイヤー対戦するには、メニューから「MULTIPLAYER」を選びます。
PC するとドローンの選択画面になります。 あなたがレースで使用したいドローンを選択し、画面右下の「SELECT QUAD」をクリックします。
サーバーのリージョンを選択
PC ドローンを選択するとこのような画面になります。 画面一番下のボックスはチャット画面です。世界中のVelociDroneプレイヤーとチャットすることができます。
まず最初に画面左上の「SERVER REGION」欄で、あなたが接続するサーバーのリージョン(地域)を選択します。 リージョンは「America」「Europe」「Asia」「Japan」「Australia」「Canada」「South America」「Korea」「Russia」から選べます。 ネットワーク通信速度を確保するために、居住地に一番近いリージョンを選択する必要があります。 日本在住のプレイヤーであれば「Japan」を選択します。 あなたは選択したリージョンで開催されているレースのみに参加することができます。
公開セッションに参加
PC リージョンを選択すると、選択したサーバー上で開催されている公開セッションの一覧が、画面中央に表示されます。 セッション名、ホストのプレイヤー名(RACE MANAGER)、シーン、トラック、参加者の数、レースのモードが表示されています。 一番右にある[Join Session]ボタンをクリックすると、そのレースに参加することができます。
ただしそのセッションにすでに7人の参加者がいた場合は、あなたは観客として参加します。 他のプレイヤーが退出するか、ホストプレイヤーによって、あなたが観客からレース参加者に切り替えられると、レースに参加できます。
なお、リストのすぐ上にある「FIND FRIENDS SESSIONS」欄で「FRIENDS」にチェックを入れると、あなたが友達登録しているプレイヤーの開催しているセッションを、抽出することができます。 これにチェックを入れると、友達プレイヤーの開催している非公開セッションも表示されます。
セッション名を指定して参加
PC 参加したいセッションの名前が分かっているときは、直接セッション名を指定して参加することができます。 画面右上の「JOIN SESSION」欄で、テキストボックスにセッション名を入力したうえで[JOIN SESSION]ボタンをクリックします。 プライベートな仲間でレースを行う非公開セッションには、ここから参加します。
ホスト(主催者)としてセッションをスタートする
PC 新たにセッションをスタートするには、画面中央上部の「CREATE SESSION」欄を使います。 テキストボックスに、あなたが考えたセッション名を入力したうえで[HOST SESSION]ボタンをクリックすると、セッションがスタートします。
もし入力したセッション名がすでに存在していた場合は警告されるので、別のセッション名を考えて、入力しなおします。 セッション名を指定しないと、文字列「Session」にランダムな数字が付加されたセッション名が自動的に生成されます。
非公開セッションをスタートする
PC 新たにセッションをスタートするときに「HIDDEN SESSION」にチェックを入れておくと、セッション一覧には表示されない「非公開セッション(hidden session)」としてセッションがスタートします。 非公開セッションは、セッション名を知っている人か、あなたを友達登録しているプレイヤーしか参加できません。 仲間で非公開セッションの名前を決めておけば、プライベートなレースを開催することができます。
なお、あなたが[MAIN SETTINGS]メニューの「Hide My ID from Friends」を「true」にしていると、あなたを友達登録しているプレイヤーのセッション一覧にも、あなたのセッションは表示されなくなります。
シーン/トラックの選択
PC シーン/トラックが選択できるのはホストプレイヤーだけです。 ホストプレイヤーが[HOST SESSION]ボタンをクリックすると、このような画面となります。 「SINGLE PLAYER」モードの時と同じようにシーン、トラック、レースモード、ラップ数などを選択します。 そして画面右下の[SELECT SCENERY]ボタンをクリックします。
レーススタート
PC シーン/トラックを選択(ホストプレイヤー)するか、または[Join Session]ボタンをクリック(その他のプレイヤー)すると、このような画面になります。
チャット(チャット) アイコンをクリックするたびに、チャットウインドウを表示または非表示にします。
レースを開始できるのはホストプレイヤーだけです。ホストプレイヤーが フラッグ(フラッグ) アイコンをクリックするか、 キーボードで[A]キーを押すか、 またはコントローラーで「Race Start」を割り当てたスイッチをオンにすると、レースが始められます。 5カウント (5-4-3-2-1) のあとにレースが始まります。
ホストプレイヤーは 景色(景色) アイコンをクリックしてシーン/トラックを変更することもできます。
なお、誰もプレイヤーが参加していなくても、一人でタイムアタックを楽しむことができます。 ホストプレイヤーは、他のプレイヤーが参加してくるまで、一人でフライトして待っていることが可能です。
参加メンバーの管理
PC プレイヤーリスト(プレイヤーリスト) アイコンをクリックすると、現在セッションに参加しているプレイヤーのリストを見ることができます。 自分を除く各プレイヤー名の右には、下記のようなボタンが表示されます。 ただし、ホストプレイヤー以外のプレイヤーの画面では[Friend]ボタンのみが表示されます。
[Kick]ボタンをクリックすると、そのプレイヤーをセッションから追い出すことができます。マナーの悪いプレイヤーを除外できます。
[Friend]ボタンをクリックすると、そのプレイヤーがあなたの友達に登録されます。
[Mgr]ボタンをクリックすると、そのプレイヤーにホストプレイヤーの権限を譲ります。
色の名前が書かれている部分をクリックすると、レース画面でのそのプレイヤーの表示色を変更できます。
[Flying]ボタンをクリックするたびに、そのプレイヤーをレース参加者または観客に切り替えることができます。
リスト左下の[Auto Enable Pilots]にチェックを入れると、7人に達するまで、セッションに参加してきたプレイヤーを自動的にレース参加者に加えます。 ここのチェックを外すと、プレイヤーのレース参加者または観客への切り替えは、ホストプレイヤーがコントロールします。
リスト右下の鍵アイコンをクリックすると、セッションへのプレイヤーの参加を制限します。以降、新しいプレイヤーが参加することができなくなります。
なお、何らかの理由でホストプレイヤーがオフラインになると、自動的に残りのプレイヤーの中から新しいホストプレイヤーが選ばれます。

キーボードショートカット一覧

Esc Key : メニューに戻る
[ESC]キーを押すと、現在のシーンを終了して、メインメニューに戻ります。
F Key : 視点切り替え
[F]キーを押すたびに、視点をFPVカメラまたは操縦者視点(line of sight)カメラに切り替えます。
B Key : バッテリー充電
バッテリーシミュレーションが有効になっているときに[B]キーを押すと、バッテリーがフル充電になります。 ただしレース中には、この機能は使えません。
1,2,3,4 and 5 Keys : フライトモード切り替え
[1]-[5]キーを押すと、フライトモードを切り替えます。 「QUAD SETTINGS」メニューの「Flight Controller」で「BetaFlight」を選択しているときには、 [1]キーを押すとAngleモード、[2]キーを押すとHorizonモード、[3]キーを押すとRateモードになります。
Pg Up | Pg Down Keys or - | = Keys : カメラの角度変更
[Page Up]/[Page Down]または[-]/[=]キーを押すと、ドローンのFPVカメラの角度を上下します。 市販製品では約30度に設定されていることが多いようです。高速に飛行できるトラックでは、角度をより大きくすると見やすくなります。
Home Key or + Key : カメラの角度リセット
[Home]または[+]キーを押すと、ドローンのFPVカメラの角度を0度(水平)にリセットします。
R Key : 移動/位置のリセット
レース開始前に[R]キーを押すと、ドローンがスターティンググリッドに移動します。 レース中、クラッシュしたときに[R]キーを押すと、ドローンが最後に通過したゲートに移動します。
End Key or Backslash Key : 画面キャプチャ
[End]または[\]キーを押すと、ゲームの画面をキャプチャして「ドキュメント」フォルダの下にPNG形式で保存します。 ただしメニュー画面はキャプチャできません。
T Key : 飛行経路
[T]キーを押すたびに、ドローンの飛行経路を示す光の「尾」を表示または非表示にします。
H Key : クロスヘアカーソル
[H]キーを押すたびに、画面の中央にクロスヘアカーソルを表示または非表示にします。 主にCombatゲームモード(オプションコンテンツ)用の機能です。
Shift H Key : クロスヘアカーソルデザイン
クロスヘアカーソル表示中に[Shift]+[H]キーを押すと、カーソルのデザインを切り替えます。
C Key : チャット
[C]キーを押すたびに、チャット画面を表示または非表示にします。
S Key : 観客視点
[S]キーを押すと、トラックに沿って複数設定されている観客視点(Spectator)カメラに切り替わります。 この時に[F]キーを押すとFPVカメラまたは操縦者視点(line of sight)カメラに戻ります。
Spacebar : 発射
マルチプレイヤーモードにおいては、下記[P]キーと同じ動作になります。 Combatゲームモード(オプションコンテンツ)では武器を発射します。
P Key : プレイヤーカメラ切り替え
マルチプレイヤーモードでFPVカメラまたは操縦者視点(line of sight)カメラを使用中に、[P]キーを押すたびに、別のプレイヤーのFPVカメラまたは操縦者視点(line of sight)カメラに、次々と切り替えていきます。 画面下部に表示されるプレイヤーの名前をクリックしても、そのプレイヤーのカメラに切り替えることができます。 [F]キーを押すと自分のFPVカメラまたは操縦者視点(line of sight)カメラに戻ります。
Insert | Delete Keys or [ | ] Keys : レンズ/画角(FOV)切り替え
[Insert]/[Delete]または[[]/[]]キーを押すと、FPVカメラのレンズ切り替え、または画角(FOV)変更を行います。 「QUAD SETTINGS」メニューの「True Lens」が「true」の時はレンズの切り替えを行い、「false」の時はFOVを変更します。 FOVは通常115度~127度程度が一般的です。
0 Key : 画面表示
[0(ゼロ)]キーを押すたびに、レース画面に表示されている各種数値を表示または非表示にします。
V Key : 画角(FOV)リセット
「QUAD SETTINGS」メニューの「True Lens」が「false」の時に[V]キーを押すと、画角(FOV)を80度にリセットします。 「QUAD SETTINGS」メニューの「True Lens」が「true」の時は、何も起きません。
A Key : レース開始/中止
[A]キーを押すたびに、レースを開始または中止します。
M Key : スティック表示
[M]キーを押すたびに、コントローラースティックの状態を表示または非表示にします。
I Key : アイコン表示
[I]キーを押すたびに、つぎに向かうべきゲートの位置を示すアイコンと矢印を表示または非表示にします。
Q Key : Quality ON/OFF
[Q]キーを押すたびに、 「SCREEN SETTINGS」メニューの「Auto Adjust Quality」をYesまたはNoに切り替えます。 これはすべてのシーンに影響します。
D Key : Quality Down
[D]キーを押すたびに、「SCREEN SETTINGS」メニューの「Quality Level」を一段下げます。 これは現在のシーンだけに影響します。
E Key : Quality Up
[E]キーを押すたびに、「SCREEN SETTINGS」メニューの「Quality Level」を一段上げます。 これは現在のシーンだけに影響します。
L Key : カスタムリセットポイントの設定
[L]キーを押すと、現在のドローンの位置にカスタムリセットポイントを設定します。 そして[R]キーを押すと、ドローンがそこに戻ってきます。 シーンを切り替えるかホーム画面に戻るとカスタムリセットポイントは消去されます。 トラックの特定の一部分を繰り返し練習したいときに役立ちます。
K Key : マイクのミュート(消音)
[K]キーを押すたびに、マイクのミュート(消音)をONまたはOFFにします。
F12 Key : FPS値表示
[F12]キーを押すたびに、画面上部中央に現在のFPS値、平均FPS値、最低・最高FPS値、メモリー使用量を表示または非表示にします。
Shift C : チャットパネルの位置リセット
[Shift]+[C]キーを押すと、チャットパネルの位置をリセットします。
Tab Key : ラップタイム、合計タイム表示
レース終了後に[Tab]キーを押すたびに、あなたのラップタイムと合計タイムを表示または非表示にします。 (表彰台) アイコンをクリックしたときと同じ内容を表示します。
J Key : LEADERBORD UPDATE表示
レース終了後、あなたのタイムがLEADERBORDにアップロードされたとき、[J]キーを押すたびに、LEADERBORD UPDATE画面を表示または非表示にします。 LEADERBORDが更新されなかったときには、何も表示されません(内容が空のLEADERBORD UPDATE画面が表示されます)。
Shift L : 操縦者視点の設定
[Shift]+[L]キーを押すと、現在のドローンの位置に操縦者視点(line of sight)カメラを設定します。
W Key : 位置固定
飛行中に[W]キーを押すと、ドローンが空中の現在位置に固定されます。コントローラーを操作すると姿勢は変えられますが、位置は変わりません。 もう一度[W]キーを押すと、位置の固定が解除されます。
F4 Key : プレイヤー参加許可
[F4]キーを押すと、マルチプレイヤーモードで、待っているプレイヤーに参加を許可します。
X Key : 発射
[X]キーを押すと、Combatゲームモード(オプションコンテンツ)で武器を発射します。
F1 Key : プレイヤー飛行経路表示
NEMESISモードで、LEADERBORDからプレイヤーの飛行データを読み込んだ後に[F1]キーを押すと、読み込んだプレイヤーの飛行経路を表示します。 詳しくは 飛行経路を表示・解析する:より速く飛ぶために ご覧ください。
F2 Key : 自分の飛行経路表示
NEMESISモードでレース終了後に[F2]キーを押すと、自分の最後の飛行経路を表示します。 詳しくは 飛行経路を表示・解析する:より速く飛ぶために ご覧ください。
F3 Key : 飛行経路解析モード
NEMESISモードで自分の飛行経路を表示しているときに[F3]キーを押すと、飛行経路の解析モードに切り替わります。 詳しくは 飛行経路を表示・解析する:より速く飛ぶために ご覧ください。
Left and Right Arrow Keys : 観客視点カメラ切り替え
観客視点(Spectator)カメラを使用中に左右矢印キーを押すと、複数の観客視点カメラを切り替えます。
Up and Down Arrow Keys or Mouse Scrollwheel : 観客視点カメラのズーム
観客視点(Spectator)カメラを使用中に上下矢印キーを押すか、マウスのスクロールホイールを回すと、ズームイン/ズームアウトします。

もっとドローンのことを知りたい