• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

フライトモードの使い方/トリム・グローバル変数の使い方

ここではOpenTX/EdgeTXプロポのフライトモードの使い方とトリム・グローバル変数の設定方法を解説します。

フライトモードとは

フライトモード(FLIGHT MODES)とは、トリムとグローバル変数の設定をまとめて切り替える機能です。 トリムとグローバル変数の設定値のセットを複数準備しておいて、飛行中にスイッチなどを使って切り替えることができます。 トリムの切り替えは主にラジコングライダーで使用されます。 グローバル変数は、MODEL設定画面のあらゆる場所で使うことができます。これを切り替えることで、飛行特性などを変化させることができます。
各MODELごとにFM0~FM8の9セットのフライトモードを設定することができます。
なお、FPVドローン特有のフライトモード(Angle/Horizon/Acro/Air)は、ここでいうフライトモードとは異なるものです。 詳しくは下記をご覧ください。

トリムとは

トリムとは、ジンバルのセンターポジションを調整する機能です。 ラダー、エレベーター、スロットル、エルロンに対して1つずつトリムがあり、これを変更することにより、一時的にジンバルのセンターポジションをずらすことができます。
トリムの設定値は、MODEL毎に1セットあり、さらに9種類のフライトモード毎に個別の値が記憶されます。
詳しくは、 トリムスイッチの使い方 をご覧ください。

グローバル変数とは

グローバル変数(GVARS : Global Variables)とは、MODELの設定画面のあちこちで使える変数です。 カーブのパラメータなど、設定画面で数値を入力する項目の多くで、数値の代わりにグローバル変数を指定することができます。 通常、数値の編集中に[ENTER]キーを長押しすると、グローバル変数の選択に切り替わります。
たとえば複数の項目に同じグローバル変数を指定しておけば、あとからまとめて値を変更することができます。 また、グローバル変数は SPECIAL FUNCTIONS を使うと、スイッチやダイアルなどを使って操縦中に値を変更することができます。 操縦中に設定パラメータなどを微調整したいときに役に立ちます。
グローバル変数は、MODEL毎にG1~G9の9個が使え、さらに9種類のフライトモード毎に個別の値が設定できます。

フライトモードを設定する

PC 「MODELメニュー」から「FLIGHT MODES」画面を開くとこのようになります。 FM0~FM8の9種類のフライトモードが一覧表示されます。
各フィールドの意味は、左から順に、下記の表に示す通りです。
フィールド 説明
1 フライトモードの番号です。 現在有効になっているフライトモードは、太字で表示されます。
2 フライトモードの名前です。 好きな名前を付けることができます。 詳細設定画面で入力します。
3 このフライトモードを有効にするためのトリガーです。スイッチなどが指定できます。 詳細設定画面で入力します。
FM1~FM8の8個のフライトモードには、トリガーを設定して有効/無効を切り替えることができます。 同時に複数のフライトモードが有効になったときは、より上の行に定義されているフライトモードが使われます。 これら8個すべてのフライトモードが無効になったときは、FM0が有効になります。
FM0以外のフライトモードは、それを有効にするトリガーが設定されていないと使用できません。 上の画面の例では、FM0~FM3の4つのフライトモードが使えます。
4 このフライトモードに設定されているトリムの状況です。左から順に、R,E,T,Aのトリムの状況を示しています。 詳細設定画面で入力します。
ここに直接各トリムの値が表示されるわけではありません。 トリムは、任意のフライトモードを有効にしたうえで、メイン画面で表示/変更します。 ここに表示される文字の意味は下記のとおりです。
:(コロン)」に続く数字は、別のフライトモードのトリムを流用することを示しています。 たとえば「:0」と表示されていれば、FM0を有効にしたときにメイン画面で設定したトリムの値が流用されることを示します。 FM0の行に書かれた「:0」は、FM0自身が独自のトリム値を持っていることを意味しています。
+(プラス)」に続く数字は、このフライトモードのトリムには、数字で指定されたフライトモードのトリムが加算されることを示しています。 別のフライトモードのトリム値に対して、相対的にトリムを設定することができます。 たとえば「+2」とあれば、このフライトモードで設定したトリム値に、FM2で設定したトリム値が加算されることを示します。
--」は、このフライトモードではトリム設定が無効になることを示しています。 メイン画面でこのトリムスイッチを操作しても、何も起きなくなります。
5 最後の桁には、トリムの状況に重ねて、Fade In / Fade Out (後述)の設定状況が表示されます。 詳細設定画面で入力します。
I」は、このフライトモードのトリムにFade Inが設定されていることを示しています。
O」は、このフライトモードのトリムにFade Outが設定されていることを示しています。
*」は、このフライトモードのトリムにFade In / Fade Outの両方が設定されていることを示しています。

PC フライトモード一覧画面で、任意のフライトモードを選択し、[ENTER]キーを押すと、このような詳細設定画面になります。
各フィールドの意味は、下記の表に示す通りです。
項目 日本語 説明
Mode name 名称 このフライトモードに名前を付けることができます。6文字以内の英数字、空白、ハイフンで入力します。
Switch スイッチ このフライトモードを有効にするためのスイッチを指定します。 ここになにも指定していないときには、このフライトモードは無効になります。
Trims このフライトモードで使用するトリムの状況を指定します。 左からR,E,T,Aの順で、「:0」~「:8」、「+1」~「+8」、「--」のいずれかを指定します。
Fade in フェードイン このフライトモードが有効になるときに、値を段階的に変化させます。 値の変化が完了するまでの時間を「秒」で指定します。 0.0秒から25.0秒の範囲が指定できます。
Fade out フェードアウト このフライトモードが無効になるときに、値を段階的に変化させます。 値の変化が完了するまでの時間を「秒」で指定します。 0.0秒から25.0秒の範囲が指定できます。
Global variables グローバル変数を設定します。 詳しくは グローバル変数を設定する をご覧ください。
Fade outが設定されたフライトモードから、Fade inが設定されたフライトモードへ切り替える時の遷移時間は、両方の値を加算した時間となります。 そしてその出力値は、つぎの2つの値を合計したものとなります。 一つは、切り替え前のフライトモードの値に対して、100%から徐々に0%に変化する重みが乗算された値。 そしてもう一つは、切り替え後のフライトモードの値に対して、0%から徐々に100%に変化する重みが乗算された値です。
PC Fade in / Fade out の効果を確認するには、メイン画面の「CHANNELS(MIXERS) MONITOR」(Output Monitor)画面を使います。 この画面で Fade in / Fade out を指定したフライトモードに切り替えると、設定に従って徐々にチャンネルの出力値が変化していく様子が確認できます。
PC メイン画面のInput Monitor画面では、Fade in / Fade out を指定したフライトモードに切り替えても、トリムのグラフィック表示は瞬時に切り替わってしまいます。 Fade in / Fade out の効果を確認することはできません。

フライトモードごとにトリムを設定する

PC フライトモードごとにトリムを設定するには、メイン画面を使います。 フライトモードのトリガーとなるスイッチを操作すると、メイン画面のバッテリー残量表示の右に、現在有効になっているフライトモードの名前(この図の例では「Level1」)が表示されます。 そして画面の周囲には、そのフライトモードで設定されているトリムの値がグラフィック表示されます。 この画面の例ではスロットルのトリムが無効(「--」)に設定されているので、その設定値は表示されていません。
この状態でトリムスイッチを操作すると、そのトリム設定が選択中のフライトモードに格納されます。 そして次回このフライトモードを選択したときに、トリム設定が復元されます。
PC フライトモード設定画面の一番下には、「Check FMn trims」という行が表示されています。 「FMn」の部分には、現在有効になっているフライトモード番号が入ります。 この行にカーソルを合わせて[ENTER]キーを押すと、チャンネル出力における現在のフライトモードのトリム設定が、一時的に無効になります。 トリム設定の効果を確認するときに使用します。

グローバル変数を設定する

PC グローバル変数の設定画面は、フライトモードの詳細設定画面の後半にあります。 G1~G9の9個のグローバル変数には、各フライトモード毎に異なる値をセットすることができます。
各フィールドの意味は、左から順に、下記の表に示す通りです。
フィールド 説明
1 グローバル変数の番号です。
2 グローバル変数の名前です。 好きな名前を付けることができます。 詳細設定画面で入力します。
3 このグローバル変数の状況です。 この画面で直接値を編集することができます。
「Own」と表示されているときは、現在のフライトモードで独自の値が設定されていることを示しています。 「FMn」と表示されているときは、そのフライトモード番号の設定値が流用されることを示しています。
FM0のグローバル変数は常に独自の値を持ちます。「Own」以外に切り替えることはできません。 その他のフライトモード番号のグローバル変数は、他のフライトモードからの流用が可能です。
4 このグローバル変数の現在の値です。 この画面で直接値を編集することができます。

PC グローバル変数一覧画面で、任意のグローバル変数の番号(G1~G9)を選択し、[ENTER]キーを押すと、このような詳細設定画面になります。
各フィールドの意味は、下記の表に示す通りです。
項目 日本語 説明
Name 名称 このグローバル変数に名前を付けることができます。3文字以内の英数字、空白、ハイフンで入力します。
Unit ユニット このグローバル変数の単位を選択します。 「-(指定なし)」または「%」が選べます。 単にこのグローバル変数の数値が表示されるときに、「%」を付けるか否かを指定するだけです。
Precision Prec このグローバル変数の精度を選択します。
0.0」を選ぶと、-102.4~+102.4の範囲の値を持つことができます。
0.--」を選ぶと、-1024~+1024の範囲の値を持つことができます。
Min / Max 最小 / 最大 このグローバル変数の取りうる値の範囲を制限することができます。 上の「Precision」の設定に従い、-102.4~+102.4、または-1024~+1024以下の値が指定できます。
Popup ポップアップ有効 ここにチェックを入れると、操縦中にこのグローバル変数の値が変化したときに、メイン画面にポップアップウインドウが表示されます。 変化したグローバル変数の名前と、その新しい値が表示されます。
FM0~FM8 各フライトモードにおける、このグローバル変数の値を指定します。 あるいは「FMn」を指定すると、他のフライトモードの値からの流用を指定します。 [ENTER]キーを長押しするたびに、値の入力またはフライトモード番号の入力に切り替わります。
この部分は、どのフライトモード番号の詳細設定画面から開いても、同じグローバル変数であれば同じ画面が表示されます。

操縦中にグローバル変数の値を変更する

PC 「MODELメニュー」の「 SPECIAL FUNCTIONS 」画面で、任意のグローバル変数を変更するような設定を行うことができます。 アクションに「Adjust」、引数にグローバル変数番号を指定したSPECIAL FUNCTIONSを設定すれば、いろいろな条件で、操縦中にグローバル変数の値を変更することができます。 スイッチの操作で特定の固定値をセットしたり、数値を加算・減算したり、MIXES画面で設定したミキサーの値に従ってグローバル変数の値を変化させたりできます。 この図の例では、ダイアルS2を回すと、グローバル変数G2の値が変化します。

OpenTX/EdgeTXプロポの使い方

OpenTX/EdgeTXの使い方

OpenTX/EdgeTXの詳細解説

もっとドローンのことを知りたい