• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

RADIO SETUP設定項目の解説

ここでは、OpenTX/EdgeTXプロポのRADIO SETUP画面の設定項目を解説します。
「初期値」欄の値は、Jumper T12 Pro (OpenTX Version 2.3.4 2019-12-27 17:12:20)の場合の初期値を記入しています。

日付・時刻・バッテリー電圧レンジ

日付・時刻・バッテリー電圧レンジ
メニュー機能初期値
Date今日の日付を設定します。この情報は、ログ採取時などに使用されます。 ログ採取の設定は スペシャルファンクション/グローバルファンクション の"SD Logs"アクションで行います。 2000-05-26
Time今の時刻を設定します。この情報は、ログ採取時などに使用されます。 ログ採取の設定は スペシャルファンクション/グローバルファンクション の"SD Logs"アクションで行います。 00:00:00
Batt.range (Battery meter range)バッテリー電圧レンジを設定します。バッテリー電圧の最小値と最大値を設定します。この情報は、メイン画面のバッテリー残量表示に使用されます。
2s LiPoバッテリーまたは18650/18350型2本の場合は、 6.6-8.4 で良いと思います。
6.0-8.0

Soundメニュー

Soundメニュー
メニュー機能初期値
Modeサウンドの鳴らし方を指定します。[All]:すべてのサウンドを鳴動。[NoKey]:キー操作以外のすべてで鳴動。[Alarm]:警告音のみ鳴動。[Quiet]:音を鳴らさない。NoKey
Volumeマスターボリュームを指定します。以下で指定する Beep, Wav, Bg の各サウンドの最大音量を指定します。(中央)
Beep Volumeビープ音のボリュームを指定します。(中央)
Beep Lengthビープ音の鳴動時間を指定します。(中央)
Beep Pitchビープ音の音程を指定します。ベース値に対する周波数の加算値で指定します。15Hz単位で指定できます。0~+300Hzの範囲で設定できます。+0Hz
Wav VolumeWavサウンド(しゃべり声)のボリュームを指定します。 Wav再生の指定は スペシャルファンクション/グローバルファンクション の"Play Track"アクションで行います。 (約90%)
Bg Volume (Background Volume)BGMのボリュームを指定します。 BGM再生の指定は スペシャルファンクション/グローバルファンクション の"Background Music"アクションで行います。 (約75%)

Variometerメニュー

ここでは、操縦する機体にその上昇、下降を検知するVariometerを搭載しているときに、その警告音の鳴動方法を指定します。Variometerはラジコングライダーなどで使用されます。
Variometerメニュー
メニュー機能初期値
VolumeVariometerの警告音のボリュームを指定します。(中央)
Pitch zero垂直速度が TELEMETRY画面 で定義されたSink MinとClimb Min の間(Center)にあるときに再生される警告音の音程(Hz)。 300Hz~1100Hzの範囲で設定できます。700Hz
Pitch max TELEMETRY画面 のClimb Max (Range Max)で定義されている最大垂直速度における音程。 700Hz~2900Hzの範囲で設定できます。 上昇率が増加すると、警告音の周波数は[Pitch zero]で指定した値から、ここで指定した最大値まで直線的に増加します。 この最大値は[Pitch zero]で指定した値より大きくなければなりません。1700Hz
Repeat zero警告音の鳴動間隔をミリ秒単位で指定します。 200(5ビープ/秒)~1000(1ビープ/秒)の範囲で指定できます。500ms

Hapticメニュー

Hapticメニュー
メニュー機能初期値
Modeプロポの振動(バイブレーション)のさせかたを指定します。[All]:すべてのサウンド鳴動時に振動させます。[NoKey]:キー操作以外のすべてで振動させます。[Alarm]:警告音のみ振動。[Quiet]:振動させません。NoKey
Length振動の長さを指定します。(中央)
Strength振動の強さを指定します。(中央)

Contrastメニュー

Contrastメニュー
メニュー機能初期値
Contrast画面のコントラストを指定します。10~30の範囲で指定します。20

Alarmsメニュー

Alarmsメニュー
メニュー機能初期値
Battery Lowプロポのバッテリー残量が少なくなった時のアラーム鳴動を指定します。電圧がここで指定した値まで低下したときにアラームが鳴ります。6.5V
Inactivityプロポを長時間操作しなかったときのアラームを指定します。ここで指定した時間(単位は分)操作しないとアラームが鳴ります。ゼロを指定するとアラームは鳴りません。10分
Memory LowLuaスクリプト使用時、メモリ不足になったときにアラームを鳴らすか否かを指定します。ON
Sound Off誤ってすべての音をオフに設定したときにアラームを鳴らすか否かを指定します。OFF
RSSI Shutdown (Check RSSI on shutdown)プロポと機体が接続中に、機体からのRSSI(Receiver Signal Strength Indicator:受信している信号の強度)信号が失われたときにアラームを鳴らすか否かを指定します。ON

Backlightメニュー

Backlight設定
メニュー機能初期値
Modeバックライトを点灯する条件を指定します。[OFF]:常に消灯します。 [Keys]:画面操作キーのいずれかをプッシュすると点灯します。 [Ctrl]:スティックまたはスイッチを操作すると点灯します。 [Both]:画面操作キー、スティックまたはスイッチを操作すると点灯します。 [ON]:常に点灯します。Both
Durationバックライトの点灯時間を「秒」で指定します。10秒
Brightnessバックライトの明るさを0~100の範囲で指定します。100
ON Brightnessバックライト点灯時の明るさを0~100の範囲で指定します。100
OFF Brightnessバックライト消灯時の明るさを0~100の範囲で指定します。100
Alarmアラーム発生時にバックライトを点灯するか否かを指定します。OFF

各種時間設定

各種時間設定
メニュー機能初期値
Splash Screen起動画面(初期値ではOpenTX/EdgeTXのロゴ画面)を表示する時間を「秒」で指定します。4秒
Pwr On delayプロポの電源をOnにするときに必要な、電源ボタンの長押し時間を指定します。0~3秒で指定できます。0秒を指定すると、電源ボタンプッシュで瞬時に起動します。2秒
Pwr Off delayプロポの電源をOffにするときに必要な、電源ボタンの長押し時間を指定します。0~3秒で指定できます。0秒を指定すると、電源ボタンプッシュで瞬時に停止します。2秒

GPS設定

GPS設定
メニュー機能初期値
Time zoneGPS受信機を搭載しているプロポに於いて、GPSを使用するために必要なタイムゾーンをUTC(世界標準時)からの差分(-12~12の整数)で指定します。日本は(+)9です。0
Adjust RTCGPS受信機を搭載しているプロポに於いて、プロポの時計を、GPS衛星から受信した情報で補正するか否かを指定します。OFF
GPS CoordsGPS受信機を搭載しているプロポに於いて、GPSの座標表示形式を指定します。[DMS]:度(Degree)分(Minutes)秒(Second)で表示。[NMEA]:度と小数点数による分で表示(NMEA:National Marine Electronics Association形式)DMS

各種環境設定

各種環境設定
メニュー機能初期値
Country codeプロポを使用する地域を US(アメリカ), JP(日本), EU(ヨーロッパ)から選びます。内蔵送信モジュールを、それぞれの地域の電波規制に準拠させるのに使用されます。US
Voice languageアラームなどで再生する音声の言語を選択します。microSDカードの「SOUNDS」フォルダの下の、どのフォルダを使うかを指定します。English
Unitsテレメトリー表示に使う単位を、Metric (メートル法)か Imperial (ヤード・ポンド法)から選びます。Metric
Play delay3ポジションスイッチの中央に割り当てた音声を発声するまでの時間をミリ秒で指定します。ここが短いと、3ポジションスイッチを端から端に切り替えたときに、中央位置の音声も再生されてしまいます。150msec
USB ModeプロポをUSBケーブルでパソコンに接続したときの動作を指定します。[Joystick]:「USBジョイスティック(HIDデバイス)」として動作します。[Storage]:「USBストレージデバイス」として動作します。パソコンから、プロポに内蔵したmicroSDカードや、モデル情報などを格納しているEEPROMにアクセスできます。[Ask]:どちらのモードで動作するかの選択肢が画面に表示されます。Ask

各種チャンネル設定

各種チャンネル設定
メニュー機能初期値
RX channel ord (Default channel order)新しいモデルを作るとき、 INPUTS画面 で受信機の仮想チャンネル1~4に Aileron, Elevator, Throttle, Rudderの4つをどの順番で割り当てるかを指定します。物理チャンネルへの割り当ては MIXES画面 で自由に変更可能なので、あまりこの設定を気にする必要はありません。またここを変更しても、すでに作成済みのモデルには影響しません。AETR
Mode スティックの割り当て、いわゆる操縦モードを1~4から選びます。ドローンパイロット、そしてアメリカのラジコンユーザーではモード2が使われることが多く、ヨーロッパや日本のラジコンユーザーではモード1が使われることが多いようです。ドローンの製品や説明書などはモード2を基本として作られています。これから始める人はモード2で練習することをお勧めします。
なお、ここを切り替えたときは、左右のスティック(ジンバル)の設定変更または交換も必要です。
1または2
(購入時に指定)

OpenTX/EdgeTXプロポの使い方

OpenTX/EdgeTXの使い方

OpenTX/EdgeTXの詳細解説

もっとドローンのことを知りたい