• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

MODEL OUTPUTS設定項目の解説

ここではOpenTX/EdgeTXプロポのMODEL OUTPUTS画面の設定項目を解説します。

MODEL OUTPUTS画面の機能

MIXES画面 で定義した各物理チャンネルに対する、パルス長の最大値・最小値・トリムなどの調整などを行う画面です。 論理的なコントロール信号を、実際のサーボの可動範囲に適合するよう調整します。 サーボの回転方向を反転することもできます。

MODEL OUTPUTS画面の解説

PC 「MODELメニュー」から「OUTPUTS」画面を開くとこのようになります。 CH1~CH32の32チャンネルの出力設定が一覧表示されます。 画面の一番上の「OUTPUTS」の文字の右には、現在選択している(カーソルが位置している)チャンネルの、実際の出力パルス長(μsec)が表示されています。 このチャンネルに割り当てたスティック・スイッチを操作すると、ここの値が変化します。
各フィールドの意味は、左から順に、下記の表に示す通りです。 いずれの項目も、 詳細設定画面 (後述)で入力します。
フィールド 項目 説明
1 Name チャンネル番号です。 チャンネルに名前を付けると、チャンネル番号の代わりに、その名前が表示されます。
2 Subtrim このチャンネルに設定されているサブトリムの値です。
3 Min PPM Center値(後述)に対するサーボ移動の下限値です。 通常は-100.0%~0.0%の範囲で表示されます。 ただし プロポのファームウェア更新 時に、ビルドオプション「ppmus」を有効にしていると、-512.0μsec~0.0μsecの範囲で表示されます。
4 Max PPM Center値に対するサーボ移動の上限値です。 通常は0.0%~+100.0%の範囲で表示されます。 ただし プロポのファームウェア更新 時に、ビルドオプション「ppmus」を有効にしていると、0.0μsec~+512.0μsecの範囲で表示されます。
5 Direction スティック・スイッチを操作したときの、出力値の増減方向を示します。 「→」は通常方向。「←」は逆方向(サーボ反転)です。
6 Curve このチャンネルに割り当てているカーブ番号です。 MODELメニューのCURVES画面で作成したカスタムカーブの番号を指定します。
7 Subtrim mode サブトリムの設定に伴って、最大値、最小値もシフトさせるか否かを表示します。 「」(EdgeTX)または「△」(OpenTX)が表示されているときはシフトさせない、 「=」が表示されているときはシフトさることを示しています。

PC 任意のチャンネル番号またはチャンネル名を選択して[ENTER]を押すと、このようなメニューが表示されます。 各メニューの意味は、下記の通りです。
Edit
選択中のチャンネルの、詳細設定画面を開きます。
Reset
選択中のチャンネルの、詳細設定を初期化します。設定を最初からやり直したいときに便利です。
Cpy trim->subtrim
選択中のチャンネルの、現在の トリムスイッチ の設定を、対応するOUTPUTS画面のサブトリム欄にコピーします。 コピーした後はトリムスイッチの設定をゼロ(中央)にしておく必要があります。 さもないとトリムが2倍に効いてしまいます。
なお、トリムスイッチが設定されていないチャンネルを選択しているときには、何も起きません。
Cpy stick->subtrim
選択中のチャンネルの、現在のスティックの入力を、対応するOUTPUTS画面のサブトリム欄にコピーします。
なお、トリムスイッチが設定されていないチャンネルを選択しているときには、何も起きません。
Cpy min/max to all
選択中のチャンネルの、Min/Max欄の設定値を、他のすべてのチャンネルにコピーします。
PC 「OUTPUTS」画面の一番下には、このように「Trims => Subtrims」と書かれた行があります。 ここを[ENTER]すると、4つのトリムスイッチの現在の設定を、まとめて対応する4つのチャンネルのサブトリム欄にコピーできます。
トリムスイッチについては トリムスイッチの使い方 のページをご覧ください。

MODEL OUTPUTS設定項目の解説

MODEL OUTPUTS screen
「MODELメニュー」から「OUTPUTS」画面を開き、任意のチャンネル番号またはチャンネル名を選択して[ENTER]を押し、[Edit]メニューを選ぶと、そのチャンネルの詳細設定画面が開きます。
画面の一番上の「OUTPUTS」の文字の右には、チャンネルの番号が表示されています。 その右には、このチャンネルの、実際の出力パルス長(μsec)が表示されています。 下記の各パラメーターを変更したり、このチャンネルに割り当てたスティック・スイッチを操作すると、ここの値が変化します。
項目 日本語 説明
Name 名称 このチャンネルに名前を付けることができます。4文字以内の英数字、空白、ハイフンで入力します。
Subtrim サブトリム このチャンネルのセンターポジションを調整するためのサブトリムを指定します。 -100.0%~+100.0%の範囲で指定します。 編集中にENTERを長押しすると、 グローバル変数 を選ぶこともできます。
Min 最小 PPM Center値に対するサーボ移動の下限値を指定します。チャンネルの出力パルスが、この下限値を下回ることはありません。 通常は-100.0%~0.0%の範囲で指定します。 プロポのファームウェア更新時に、ビルドオプション「ppmus」を有効にすると、-512.0μsec~0.0μsecの範囲で指定できます。 編集中にENTERを長押しすると、 グローバル変数 を選ぶこともできます。
Max 最大 PPM Center値に対するサーボ移動の上限値を指定します。チャンネルの出力パルスが、この上限値を上回ることはありません。 通常は0.0%~+100.0%の範囲で指定します。 プロポのファームウェア更新時に、ビルドオプション「ppmus」を有効にすると、0.0μsec~+512.0μsecの範囲で指定できます。 編集中にENTERを長押しすると、 グローバル変数 を選ぶこともできます。
Direction 方向 スティック・スイッチを操作したときの、出力値の増減方向を指定します。 「---」を選択すると通常方向。「INV」を選択すると逆方向(サーボ反転)となります。
Curve カーブ MIXES画面(ミキサー)からの入力値に対する出力値を決める、反応曲線を指定します。 MODELメニューのCURVES画面で作成したカスタムカーブの番号を指定します。 入力値は、ここで指定したカーブに従って変換されます。 「---」(無効)、CV1~CV32、および!CV1~!CV32(反転)のいずれかを指定します。
PPM Center PPM センター このチャンネルの中央値とするパルス長をμsecで指定します。 1000~2000の範囲で指定します。 ここを変更すると、上限値と下限値を含めた、サーボの可動範囲全体がシフトします。 またその様子はメイン画面の「CHANNELS(MIXERS) MONITOR」では確認できません。
デフォルト値は、中央値が1500μsec、最小値は PPM Center値 - 512μsec (Min値が-100%の場合)、 最大値は PPM Center値 + 512μsec (Max値が+100%の場合) です。
Subtrim mode 線形サブトリム サブトリムの設定に伴って、最大値、最小値もシフトさせるか否かを指定します。
」(EdgeTX)または「△」(OpenTX)(Asymmetrical:非対称) を選ぶと、中心値のみがシフトし、上限値、下限値は変わりません。そのため中心値から上半分と下半分ではスティックの反応(カーブの傾斜)が異なります。
「=」(Symmetrical:対称) を選ぶと、中心値のシフトに合わせて、上限値、下限値もシフトします。中心値の両側でスティックの反応は同じです。ただし上限値または下限値付近で、スティックの反応が無くなる(クリップされる)区間ができます。
例えばMinを-100%、Maxを+100%、サブトリムを+20にした場合は、 「」または「△」 を選ぶと、最小値が-100%、最大値が+100%のまま変化しません。スティックを動かすと、出力値は最小値から最大値までスムーズに変化します。ただし中心値から上半分と下半分ではスティックの反応が異なります。
一方「=」 を選ぶと、最小値が-80%、最大値が+100%(上限を超えた部分は+100%にクリップされる)になります。最大値に近い区間では、スティックを動かしても出力値が+100%のまま変化しなくなります。
このパラメーターの挙動については、OpenTXオフィシャルサイトの Outputsの解説ページ で、図を交えた説明が読めます。
これらの項目については、情報サイト OpenTX University RCdiy で詳しい説明を読むことができます。

OpenTX/EdgeTXプロポの使い方

OpenTX/EdgeTXの使い方

OpenTX/EdgeTXの詳細解説

もっとドローンのことを知りたい