• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

ドローン新製品ニュース

[NEWS] DJIから Mavic Air 2 登場

DJI Mavic Air 2
DJI社は米国東部標準時2020年4月27日09:30PM / 日本時間2020年4月28日10:30AMに、 かねてからウワサが続いていた Mavic Air 2 (DJI) を発表しました。
重量は570g(重い!!)、 最高飛行速度は68.4 km/h 、最長飛行時間は34分に達します。48メガピクセルのカメラを搭載し、8K解像度タイムラプス動画、4K解像度24~60fpsのビデオが撮影可能。 障害物センサー:高度操縦支援システム (APAS) 3.0とインテリジェント飛行モードを搭載。通信可能距離は6 kmに達します。 コントロールは Mavic mini と同じく DJI Fly アプリ を使います。 そして価格は本体105,600円、Fly Moreコンボ132,000円。 2020年4月28日10:30AMより予約受付開始。出荷は15~20日後(国内では5月21日)となっています。

[NEWS] DJIから重量199g/249gの 2.7Kビデオ撮影 ミニドローン(DJI Mavic Mini)登場

DJI - Introducing Mavic Mini

YouTubeの大画面で見る
DJI Mavic Mini
DJI ( Da Jiang Innovations Science and Technology ) 社は 2019年10月30日(水)09:00EDT(日本では10月31日(木)10:30)に、 重量199g/249gの超小型の空撮向けドローン、DJI Mavic Miniを発表しました。
サイズは 245×290×55 mm(プロペラ含む)、折り畳み時には140×82×57 mmになる手のひらサイズ、 重量は約 249 g(2400 mAhバッテリ)または199 g(1100 mAバッテリ)で、飛行時間は最大約30分、電波到達距離は最大約4km、最高速度は約47km/h、GPSを搭載。 そして1200万画素の1/2.3″ CMOSセンサーを搭載し、2.7K@30fps, 1080p@60fpsのビデオ撮影ができます。
1100 mAバッテリ同梱の日本バージョンでは飛行時間が半減するものの、重量が200g未満となるため、 ドローンの飛行ルール の制約も大幅に緩和されます。

[NEWS] 52gでフルHDカメラ搭載新型AirSelfie AIR PIX 登場

AIR PIX
重量わずか52グラムで、1080pフルHDカメラを搭載したミニドローン「AIR PIX」が2019年5月30日に クラウドファンディングサイト:indiegogo に登場しました。 AirSelfie社は過去にも720pカメラ搭載のミニドローン「AirSelfie」をリリースしていますが、今回はそのバージョンアップ版です。 これは空撮用や操縦用ではなく、セルフィー(自撮り)に特化した、三脚のいらない空飛ぶ自撮り棒?です。 サイズはiPhoneより小さく、飛行時間は6分。飛行距離は約18.2m。 アプリには撮影した写真やビデオを、簡単に加工したりシェアする機能も備わっています。 もちろん重量が200g未満のため、ドローンの飛行ルール:改正航空法の制約を受けることもありません。 早期申し込み価格は1機$79(約8,560円)、indiegogo価格は1機$89(約9,650円)でキャンペーンは6月27日終了。2019年8月ごろリリース予定です。   FaceBookでAIR PIXをシェア(indiegogo)   TwitterでAIR PIXをシェア(indiegogo)

[NEWS] 120gでフルHDカメラ&ジンバル搭載 Micro Drone 4.0 登場

Micro Drone 4.0
重量わずか120グラムで、1080pフルHDカメラとジンバルを搭載した空撮用ミニドローン「Micro Drone 4.0」が クラウドファンディングサイト:indiegogo に登場しました。 重量が200g未満のため、ドローンの飛行ルール:改正航空法の制約を受けることもありません。 現在の提供価格は1機$165(約1万8千円)で2019年8月ごろ量産開始、その約3か月後に配布開始予定。 一般発売は2019年10月ごろを予定しており、価格は$200(約2万2千円)以下となる見込みです。
詳しくは Micro Drone 4.0 ドローンとは のページをご覧ください。

[NEWS] DJI、高機能ドローン Mavic 2 Pro と Mavic 2 Zoom を発表

Mavic 2 Pro
DJIは2018年08月23日、かねてよりウワサされていた、Mavic Proの後継機となる高機能ドローン、Mavic 2 Pro と Mavic 2 Zoom を発表しました。 重量は900g強。飛行時間31分。最大4K/30fpsの動画が撮影可能。さらに Mavic 2 Pro にはハッセルブラッド 1インチCMOS カメラが、また Mavic 2 Zoom には 24-48 mm(35mm判換算)のズーム機能が搭載されています。 国内では Mavic 2 Pro が ¥189,000、Mavic 2 Zoom が¥162,000 でいずれも9月7日より発売開始予定です。

[NEWS]仏Parrot、新型4Kビデオドローン:ANAFI発表

ANAFI
フランスのビデオドローンのパイオニア、Parrot社は、2018年6月7日、新型4Kビデオドローン:ANAFIを発表しました。 2014年のBebop Drone以来4年ぶりのフルモデルチェンジ。 ブレードは折り畳み式で3秒で飛行準備完了。折りたたむとペットボトルと同じくらいの大きさになります。 バッテリはスマーフォン同様USB Type-Cで充電可能。 4K HDR 100Mbpsのビデオ撮影、 21メガピクセルの写真撮影、180度回転するジンバル、2.8Xズーム、25分の飛行時間、AIにアシストされたフライトモードを搭載し、 約14m/sec(31mph)の風の中でも飛行可能、最大速度は 53km/h(33mph)(スポーツモード)。電波到達距離は約4km(2.5マイル)。 コントローラーは「Parrot Skycontroller 3」が付属。
重量は320g(MAVIC AIRより100gも軽い)。価格は81,630円(USD699.99)。北米では2018年7月2日/国内では7月16日に発売予定です。