• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

ドローン入門

ここでは主にホビー向けのドローンに関する基本情報を紹介します。

ドローンとは

BetaFPV Meteor75 Lite Tiny Whoop in FPV Whoop Racing Advanced Kit 2
ドローンとは「無人航空機」のことを示します。 おもちゃ屋さんで買えるトイ・ドローンから、数百万円、数千万円する産業用ドローン、さらには軍事・研究用ドローンまで、無人で飛行する航空機はすべてドローンという名称でくくられます。 形状も4枚羽根のクワッドコプターから、8枚、16枚と多くのプロペラを持つもの、飛行機(固定翼)型、ヘリコプター型と、多種多様です。
ここではこの中から、特に個人の趣味で飛行させる、4枚羽根のクワッドコプター:ホビードローンについて説明します。

ホビードローンの種類

ホビードローンは、明確な分類方法が定まっているわけではないですが、その価格帯や使用目的で、大きく下記の3種類に分類できます。
トイ・ドローン (Toy Drone)
Eachine E10
数千円~1万円程度までの価格で購入できるドローンです。 通常コントローラー(プロポ)もセットになって販売されています。 主に屋内で、飛行そのものを楽しみます。 カメラが搭載されているものもありますが、多くは低解像度です。 性能・品質はピンからキリまで。 安くても非常に安定して飛行するものがあれば、まったく飛行が安定しないもの、数回飛ばしたら壊れてしまうようなものまでいろいろです。 DJI社の協力を得て開発された Ryze Tello Powered by DJI (Amazon.co.jp) は、非常に安定した飛行をしてくれます。
このタイプのドローンの重量は数十グラム程度。飛行時間はフル充電で数分~10数分程度です。 Eachine や Hubsan などのメーカーが有名です。
マイクロドローン / Cine Whoop / Tiny Whoop
BetaFPV Beta85X
マイクロドローン / Cine Whoop(シネフープ) / Tiny Whoop(タイニーフープ) と呼ばれるカテゴリーのドローンがあります。 片手に乗っかる小さいボディに高出力モーターと操縦用のカメラを搭載し、FPVゴーグルで操縦します。 アクションカメラを背負って空撮したり、ドローンレースに使用されます。 ドローン本体は1万円~数万円で購入できますが、別途ラジコン用送信機(プロポ)とFPVゴーグルが必要です。 高出力モーターゆえに操縦は非常にシビアで、飛行させるには相当な練習を繰り返す必要があります。 スピードと小ささ、機動力を生かして、通常の空撮用ドローンでは撮影できないような驚異的な空撮を行うこともできます。
このタイプのドローンの重量は数十グラムから数百グラム程度。飛行時間はフル充電で数分~10数分程度です。 Emax や BetaFPV などのメーカーが有名です。 詳しくは マイクロドローン入門 : Cine Whoop / Tiny Whoop / FPVドローンの飛ばし方 のページをご覧ください。
空撮用ドローン
DJI Mini 2
高画質のカメラを搭載し、おもに空撮(上空からのビデオ撮影)を行うことを目的としたドローンです。 通常カメラには3軸ジンバルを搭載し、高速移動中でも、まるでカメラが空中に固定されているかのような、ブレのない安定したビデオが撮影できます。 ホビードローンの元祖 から正当進化した、各社とも最新技術を投入してくるカテゴリのドローンです。 パイロットが空撮に専念できるよう、飛行は非常に安定しており、 少しの練習 でだれでも簡単に飛行させることができます。 放っておいても安定してホバリングするので、Self-leveling(自己安定)ドローンとも呼ばれます。
ほとんどのモデルはスマートフォンをコントローラとして使用し、ドローンとはWi-Fi, Bluetooth またはメーカー独自プロトコルで接続します。 価格は数万円~十数万円程度。 また高級機になると数十万円となり、価格も用途も産業用ドローンとの境界はあやふやです。
このタイプのドローンの重量は数百グラム程度。飛行時間はフル充電で10数分~30分程度です。 DJI や Parrot, Autel, Skydio などのメーカーが有名です。
DJI社の DJI Mavic mini DJI Mini 2 は、このカテゴリの中では最も小さくローコストなモデルのひとつです。
ドローン空撮 MavicMini サイパン アクアリゾートクラブ

YouTubeの大画面で見る

ドローンの飛行ルール

現在、国内ではドローンの飛行を規制する2つのルールがあります。 重量に関係なく、トイドローンを含むすべてのドローンは、2016年4月1日公布の 「小型無人機等飛行禁止法」(警察庁) を守る必要があります。 また飛行時の重量(バッテリー込み)が200g以上のドローンは、2015年12月10日施行の 改正航空法の「無人航空機の飛行ルール」(国土交通省) に沿う必要があります。
特に重量200g以上のドローンは、申請なしに飛行できる場所が限られているのでご注意ください。
詳しくは ドローンの飛行ルール:小型無人機等飛行禁止法と改正航空法 のページをご覧ください。

ドローンの操縦方法

ドローンはコントローラーについている2本のスティックと、いくつかのスイッチを使って操縦します。 2本のスティックでは、以下の4つの機能を操作します。
ドローンの操縦方法
舵の名称 挙動の名称 ドローンの動作
スロットル (Throttle) - プロペラの回転速度をコントロールします。機体の飛行高度が変わります(上昇/下降)。
ラダー (Rudder) ヨー (Yaw) 機体の向きを変えます。機体が右または左に旋回します。
エレベーター (Elevator) ピッチ (Pitch) 機体を前後に移動します。
エルロン (Aileron) ロール (Roll) 機体を左右に移動します。
PC
これらの機能のスティックへの割り当て方法には「モード1」~「モード4」の4通りがあります。 ドローンの操縦では主にモード2が使われます。 これは通常コントローラーの設定で変更できます。
このほか、プロペラの回転をON/OFFするARMスイッチや、各種飛行モードの切り替えなどを行うスイッチでコントロールします。 これらのスイッチの機能や位置は、ドローンやコントローラーによってまちまちです。

ドローンにカメラを搭載する

insta360 GO
低価格なトイ・ドローンや、小さなマイクロドローンにカメラを搭載して空撮するのは、ドローンユーザー憧れの一つですが、 これまで小さなドローンに搭載できる優れたカメラはありませんでした。 最近になってようやく、 insta360 GO (insta360.com) のような小型のカメラが発売されるようになってきました。 今後同様な製品が増えてくると思います。
下のビデオはBetaFPV社が公開しているもので、マイクロドローン Beta85X V2 (BetaFPV) に insta360 GO を搭載して撮影したものです。
BETA85X V2 & INSTA360 GO | Cinematic Filmmaking

YouTubeの大画面で見る
重量36gの4K撮影ポケットカメラ
AKASO Keychain 5年間にわたり低価格のアクションカメラやドラレコを開発している AKASO 社は、重量36gで、連続40分の4K 30fps撮影が可能な、ポケットサイズのVlogカメラ「AKASO Keychain」を開発しています。 クラウドファンディングサイト:indiegogoで 出資を受付中 、日本への送料込みで114USD(約12,000円)です。 ドローンに搭載して簡易な空撮を行う程度なら使えそう。 2020年12月に出荷予定です。
この他にもAmazonではAKASO製の、 1万円で買えるGoProそっくりのアクションカメラ AKASO V50 Amazon.co.jpで買う などが売っていたりします。
  • OUCAM 小型カメラ 1080P

    OUCAM 4788円

    【超小型カメラ】oucam超小型隠しカメラは4.2*4.2*1.16cmで、重さ18gで、更に一番薄いところが6nmです。ご自宅、倉庫、事務室などの気が付けないところで置きます。防犯に有効になります。【1080P高画素 赤外線 暗視カメラ】小型防犯カメラはフルHD 1080P超画質を備えて、2つ940nm赤外線LEDライドを採用されて、低照度環境ではっきりと録画・撮影できます。声も録音できます。【動体検知 スパイカメラ】小型スパイカメラは最新な高感度のモーション検知機能を備え

    Amazon.co.jpで買う

もっとドローンのことを知りたい