• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

プロポのタイマーの使い方

ここでは、OpenTX/EdgeTXプロポのタイマーの使い方を紹介します。
Jumper T-Pro, T-Lite, T12, T16, RadioMaster Zorro, TXシリーズ や FrSky Taranisシリーズなど、OpenTX/EdgeTXを採用しているプロポであれば、どれでも同様の操作が可能です。 ただしキースイッチの割り当て/機能は機種によって異なり、画面/メニュー構成はインストールされているOpenTX/EdgeTXのバージョンによって異なります。
  • RadioMaster Zorro 2.4GHz 16CH ホールジンバル

    RadioMaster 2022/02 9,411円

    搭載ファームウェア:EdgeTX(OpenTX)
    人間工学に基づいたデザイン、完璧な表示位置にある大きな明るいLCDスクリーン、トラベル調整可能なHALLセンサージンバル、ナノサイズの外部RFモジュールベイを備えています

    RadioMasterで買う Banggodで買う Amazon.co.jpで買う(JP) Amazon.comで買う(US) 楽天で買う

タイマーの設定画面

OpenTX/EdgeTXプロポでは、モデルごとに、様々な条件で起動できる、3つのタイマーを搭載しています。 よく使われるのが、残り飛行可能時間を測るため、スロットルが操作されている時間をカウントダウンするものです。
PC タイマーは各モデルごとに3つ設定することができます。 モデルの SETUP画面 を開くとこのようになります。
一つのタイマーには、このような設定項目があります。 以下に、それぞれの設定値を説明していきます。

トリガー

「Timer1」と書かれている場所のすぐ右のフィールドで、トリガー(タイマーの起動条件)を選択できます。
選択肢 意味
OFFタイマーは使用しません。
ON常にカウントを続けます。
THsスロットルを操作中(ゼロ以外の位置の時)にタイマーを作動させます。スロットルをゼロに戻すとタイマーも停止します。トリムの影響は受けません。
TH%スロットルの値に従ってタイマーの作動速度を変化させます。フルスロットル時は実時間で、スロットル50%時は半分のスピードでカウントします。
THtスロットルがゼロ以外の位置になったときにタイマーをスタートし、その後はカウントを継続します。トリムの影響は受けません。
SA↑SAスイッチが上/前の位置にあるときにタイマーを作動させます。同様にSB~SHのスイッチも指定できます。
SA-SAスイッチが中/中央の位置にあるときにタイマーを作動させます。同様にSB~SHのスイッチも指定できます。
SA↓SAスイッチが下/後ろの位置にあるときにタイマーを作動させます。同様にSB~SHのスイッチも指定できます。
tRlラダーのトリムスイッチを左にクリックしたとき、タイマーを作動させます。
tRrラダーのトリムスイッチを右にクリックしたとき、タイマーを作動させます。
tEdエレベーターのトリムスイッチを下にクリックしたとき、タイマーを作動させます。
tEuエレベーターのトリムスイッチを上にクリックしたとき、タイマーを作動させます。
tTdスロットルのトリムスイッチを下にクリックしたとき、タイマーを作動させます。
tTuスロットルのトリムスイッチを上にクリックしたとき、タイマーを作動させます。
tAlエルロンのトリムスイッチを左にクリックしたとき、タイマーを作動させます。
tArエルロンのトリムスイッチを右にクリックしたとき、タイマーを作動させます。
FM0 - FM8 フライトモード FM0 - FM8が有効になったときにタイマーを作動させます。 このMODELにフライトモードが設定されていないと、この選択肢は現れません。
Tele テレメトリデータ が生成されているとき(受信機と通信できているとき)にタイマーを作動させます。
Actスティック、スイッチ、ボタン、トリムスイッチ、ダイアル等の物理入力機器を操作したときにタイマーを作動させます。
  • トリガー名の前に「!」マークが付いているものは、条件の反転を意味します。 例えば「!SA-」は「SAスイッチが中/中央の位置にないとき(=上か下の時)」を意味します。
  • 「THs」「TH%」「THt」は、スロットルの代わりにスイッチやダイアル(Pot:Potentiometer)、別のチャンネルの値をトリガーにすることができます。 これは MODEL SETUP画面 の T-Source (Throttle Source)欄で指定します。

カウント時間

「Timer1」と書かれている場所の右の「00:00」フィールドで、タイマーのカウント時間(分:秒)を指定します。 「00:00」を指定すると、トリガーさせたときにタイマーがカウントアップします。 「00:00」以外(分、秒)を指定すると、トリガーさせたときにタイマーがカウントダウンします。 カウントダウン時に、タイマーが00分00秒に達すると、画面が点滅し、マイナス値でカウントダウンが継続します。

Name (名前)

タイマーに任意の名前を付けることができます。

Persist. (Persistent:持続)

タイマー値は合計値をカウントすることもできます。 モデルの切り替え時、あるいはプロポの電源を落とすときにタイマー値を保存し、再度そのモデルで飛行するときに、保存されていた値を復元するように指定できます。
選択肢 日本語 意味
Off持続なしタイマー値はモデルの切り替え時、あるいはプロポの電源を入れたときにリセットされます。
Flight持続(フライト)タイマー値はモデルの切り替え時にリセットされます。
Manual reset持続(手動リセット)タイマー値はずっと持続されます。手動でリセット可能です。

Minute (Minute Call:音声時報)

ここにチェックを入れると、1分ごと(00秒を経過するたび)にビープ音や音声(下記Countdown欄の設定による)で通知されます。

Countdown (カウントダウンの通知方法)

選択肢 日本語 意味
Silent消音タイマーがゼロになるまで何も通知しません。ゼロになると1回ビープ音が鳴ります。
Beepsビープタイマーがゼロになる 30, 20, 10秒~1秒前にビープ音が鳴ります。そしてゼロになると1回長いビープ音が鳴ります。
Voice音声タイマーがゼロになる 30, 20, 10秒~1秒前、ゼロになったときに音声が再生されます。
Hapticバイブレーションタイマーがゼロになる 30, 20, 10秒~1秒前、ゼロになったときにプロポが振動します。

OpenTX/EdgeTXプロポの使い方

OpenTX/EdgeTXの使い方

OpenTX/EdgeTXの詳細解説

もっとドローンのことを知りたい