• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

iPhoneをTVやコンポに接続:AirPlayの使い方

AirPlayの使えるデバイス

AirPlayを楽しめるのは、iTunes10.2 以降と、iOS4.2以降にバージョンアップした
  • iPod touch (2008年発売の第二世代以降)
  • iPhone (2009年発売の3GS以降)
  • iPad/iPad mini全モデル
  • Apple TV全モデル
です。
また、 AirPlay2を楽しめるのは、 iOS11.4以降をインストールしたiPod/iPad/iPhone および tvOS 11.4 以降をインストールした第四世代以降のApple TV、11.4 以降にバージョンアップしたHomePod です。
なお、市販のミニコンポ・オーディオ機器にもAirPlay対応製品があります。 製品番号/モデル名の解説

AirPlayとは

iPad
AirPlay(エア・プレイ)とは、iPod/iPad/iPhoneそしてパソコンのiTunesから、Wi-Fi経由でオーディオ機器やテレビなどに、音楽・写真・動画を出力する機能の名称です。 当初は音楽配信機能のみをもつAirTunesという名称で、アップルから2004年6月に発表されました。 その後、2010年9月にiOS 4.2の発表に合わせて写真・動画配信機能が追加され、AirPlayと名称が変わりました。 さらに、2018年7月のiOS11.4リリースで、複数のスピーカー(AppleTV含む)に対して、同時に同じ音楽を演奏させることができる“AirPlay2”に進化しました。
AirPlayを楽しむには、音楽・動画を出力する機器として、AppleTVAirPlay対応のオーディオ機器を準備する必要があります。 対応製品には「Works with Apple AirPlay」ロゴが掲示されています。 iPod/iPad/iPhoneと AirPlay対応オーディオ機器 を家庭内のネットワークに接続し、AirPlayを有効にすると、iPod/iPad/iPhoneで再生されていた音楽・写真・動画が、指定されたAirPlay機器で流れ始めます。 このときiPod/iPad/iPhoneとAirPlay機器は別々の部屋にあってもかまいません。
AirPlayで音楽だけでなく動画や写真も楽しみたいならAppleTVの利用がおすすめ。iPhoneで再生していたビデオの続きを、AppleTVに接続した大画面デジタルテレビで楽しむことができます。 AirPlay でビデオをストリーミングする方法やデバイスの画面を Apple TV にミラーリングする方法(アップル) AirPlay でオーディオをストリーミングする方法(アップル) AirPlay を使って複数のスピーカーでオーディオを再生する(アップル) AirPlay のシステム条件(アップル) AirPlay対応オーディオ機器を探す(Amazon.co.jp) AirPlay 2は今までと何が違う? ワイヤレス音楽&映像の新しい体験(AVWatch)

AirPlay2の機能を使用する

AirPlay2の機能を使用するには、AirPlay2に対応したオーディオ機器が必要です。
また、それらの機器を(ホーム)アプリに登録しておく必要があります。 詳しくは下記の各ページをご覧ください。 ホーム App でスピーカーを追加・管理する(アップル) ホームアプリの使い方:HomeKitでスマートホーム、家電を音声コントロール

画面ミラーリング:iPhoneの画面をTVに表示する

AppleTV AirPlayを有効にするには、まずAppleTVやHomePodなどのAirPlay対応機器と、iPod/iPad/iPhoneを同じ家庭内ネットワークに接続します。
AppleTVの場合は、 設定(設定)-[AirPlay]-[AirPlay]画面で、AirPlayをオンにします。 また、 設定(設定)-[一般]-[情報]-[名前]で、AppleTVに好きな名前を付けることができます。 複数のAppleTVを持っている人は、個別に名前を付けましょう。
iPhone iPod/iPad/iPhoneの場合は「コントロールセンター」を表示させます。 すると図のような画面になるので「画面ミラーリング」をタップします。
これは、ビデオや写真に限らず、iPod/iPad/iPhoneの画面に表示されているすべてを、そのままAppleTV経由でTVにも表示する機能です。 AirPlayミラーリングに対応しているのは、iOS5.0以降にバージョンアップしたiPad2以降、iPhone4S以降と、ソフトウェア4.4以降にバージョンアップしたAppleTVのみです。 コントロールセンターの使い方
iPhone 「画面ミラーリング」をタップするとこのような画面になります。 AirPlayに対応したビデオ/オーディオ機器名の一覧が表示されます。 出力先に使用したい機器の名前をタップします。 以上で準備は完了です。
AirPlayを中止してiPod/iPad/iPhone本体での再生に戻したいときは、この画面で「ミラーリングを停止」を選択します。
AirPlayに対応した機器が家庭内LANに繋がっているのに一覧に表示されないときはネットに接続できない時の対処方法のページをご参照下さい。 ネットに接続できない時の対処方法
iPhone AirPlayミラーリング中は、iPod/iPad/iPhoneのホーム画面で、一番上の時計表示部分が青くなります。 また、画面右上には AirPlay(AirPlay)アイコンが表示されます。
iPhone また、コントロールセンター画面右上には AirPlay(AirPlay)アイコンが表示されます。

AirPlayを楽しむ

通勤、通学時にiPod/iPad/iPhoneで楽しんでいたビデオなどのつづきを、帰宅後すぐにApple TVで大画面で楽しむことが出来ます。 また、家族や友達、親戚などが持ち寄ったiPod/iPad/iPhoneのビデオや写真などを、Apple TVに接続したデジタルテレビで楽しむことが出来ます。

ビデオをAirPlay


iPhone 「画面ミラーリング」を有効にして、 (Apple TV) または (ビデオ) を起動して再生させると、そのビデオが指定した機器(例:AppleTV)に表示されます。
AirPlayで別の機器にビデオを再生しているときは、iPod/iPad/iPhoneの画面はこのようになっています。 ミュージックアプリの使い方 Apple TVアプリの使い方 ビデオアプリの使い方

音楽をAirPlay


iPhone 音楽の場合は、 (ミュージック)アプリで音楽を選ぶと、 画面の下部に (AirPlay)アイコンが表示されています。 これをタップすると・・・ ミュージックアプリの使い方
iPhone 使用可能な音楽再生デバイス名の一覧が表示されます。 iPhone本体、AirPlay対応機器、Bluetoothイヤホンなどがまとめて表示されます。 このなかかから再生したいデバイスを選択するだけでOKです。
AirPlay2に対応している場合は、同時に複数のデバイスが選択可能です。

写真をAirPlay


iPhone 写真の場合は、 (写真)アプリで任意の写真を選び、 共有(共有)アイコンをタップすると「AirPlay」が選べます。
iPhone AirPlayに対応した画像再生デバイス名の一覧が表示されます。 デバイスを選択すると、そちらにも写真が表示されます。
iPhone あとはiPhone上で写真を左右にフリックしていけば、別の写真に切り替えることができます。
共有(共有)アイコンをタップし「スライドショー」を選ぶと、写真を自動的につぎつぎと表示することができます。 写真アプリの使い方

iTunesをAirPlay


パソコンのiTunesに格納されている音楽やビデオを、家庭内LANを通して、AppleTV、HomePod その他AirPlay対応機器に送信し、再生することができます。 下記の各ページも合わせてご参照ください。 iTunesのビデオ・音楽をAppleTVで楽しむ(第4世代以降) iTunesのビデオ・音楽をAppleTVで楽しむ(第二、第三世代)
iPad iTunesの画面上部にある AirPlay(AirPlay)アイコンをクリックすると、 あなたの家庭内LANに接続されている、AirPlayに対応したデバイスの一覧が表示されます。 このなかからビデオ・音楽を演奏したいデバイスを選択します。 AirPlay2に対応しているデバイスの場合、同時に複数のデバイスを選択することができます。
iTunesからAppleTVが見えなくなる!?
iTunes12/tvOS11以降、iTunesでAirPlayデバイスの選択を行っていない場合、iTunes起動後しばらく時間がたつと、iTunesの画面から AirPlay(AirPlay)アイコンが消えてしまいます。 あるいはデバイス一覧のAppleTV名がグレーアウトして選択できなくなってしまいます。 おそらくiTunesまたはAppleTVのバグと思われます。 こんな時は、AppleTVとパソコンを再起動し、AppleTV起動直後にiTunesを立ち上げるとアイコンが戻ってきます。
iPad AppleTVを選んだ場合はこのような画面になります。 AppleTVの画面に4ケタのコードが表示されるので、それを入力します。
iPad 演奏・表示先が切り替わっているときは、AirPlayアイコンが青くなります。
この状態でiTunesでビデオや音楽の再生操作を行うと、AppleTVで再生されます。 しかし環境によっては「AppleTVに接続するときにエラーが起きました」となる場合があります。 このようなときは、「ホームシェアリング」機能を使って、AppleTV側からiTunes内のコンテンツをアクセスしてください。 あるいは下記のページを参照してトラブルを解決して下さい。 ネットに接続できない時の対処方法

うまくAirPlayできない!!

ネットワークの構成や機器の状態によっては、うまくAirPlayが機能しないことがあります。 こんな時はまずAirPlay対応機器(AppleTV)の電源OFF->ON(コンセントの抜き差し)、 iPod/iPad/iPhoneの再起動、iTunesアプリの終了->再起動、パソコンの再起動をやってみてください。 これでだめなら、無線LANルータやハブなど、ネットワーク機器の電源OFF->ONもやってみてください。 そのほか、下記のページを参考にして下さい。 ネットに接続できない時の対処方法 AirPlay を使えない場合やデバイスの画面をミラーリングできない場合(アップル)

パソコンでAirPlay

パソコンでAirPlayが楽しめる、AirPlayクライアントソフトがいくつが発売されています。 このようなソフトをMacまたはWindowsパソコンにインストールすると、パソコンにiPod/iPad/iPhoneの画面を表示することができるようになります。 パソコンがAirPlayの受信機として動作します。 さらにその画面を動画として録画できるので、アプリ開発者が説明ビデオなどを作成するのにも便利です。 「X-Mirage(1,760円)」や「Mirroring360(USD11.99)」などがあります。 X-Mirage 日本公式サイト Mirroring360(Splashtop)

AirPlay関連アプリ

  • Air Playit - Streaming Video

    iPad

    iPhoGame Dev, inc. エンターテインメント 無料

    パソコンにある動画ファイルを、ネット経由でiPod/iPad/iPhoneで楽しむことができるアプリです。 LANだけでなく、外出先からインターネット経由での接続も可能です。 Air Playitのオフィシャルサイトからサーバソフト“Air Playit Server”をダウンロード/インストールし、iPhone/iPodからそのサーバーを登録すればOK。 MKV, AVI, WMV形式をはじめ、320種類ものビデオ/オーディオ形式のファイルを、事前に変換しておくことなく、ライブコンバージョン機能で、その場で変換しながら再生することができます。 (そこそこの性能のパソコンが必要です。iTunesStore等からダウンロード購入した、著作権保護されたビデオは再生できません。) これを使えばiPhone/iPodの容量を気にしたり、時間をかけて事前にiPhone/iPod用にビデオを変換しておく必要はありません。

    詳細を見る(App Store) 詳細を見る(iPad用:App Store)
  • Air Video

    iPad

    InMethod ユーティリティ 350円

    パソコンにある動画ファイルを、ネット経由でiPod/iPad/iPhoneで楽しむことができるアプリです。 Air Videoのオフィシャルサイトからサーバソフト“Air Video Server”をダウンロード/インストールし、iPhone/iPodからそのサーバーを登録すればOK。 LANだけでなく、外出先からインターネット経由での接続も可能です。 mp4, m4v, mov, avi, wmv, asf, mpg, mpeg, mkv, 3gp, dmf, divx, flv形式のビデオを、事前に変換しておくことなく、ライブコンバージョン機能で、その場で変換しながら再生することができます。 (そこそこの性能のパソコンが必要です。iTunesStore等からダウンロード購入した、著作権保護されたビデオは再生できません。) これを使えばiPhone/iPodの容量を気にしたり、時間をかけて事前にiPhone/iPod用にビデオを変換しておく必要はありません。

    詳細を見る(App Store) 詳細を見る(Free版:App Store)
  • TVOut Genie!

    iPad

    JwalSoft Inc. ビジネス 450円

    AppleTVユーザー必携!iPod/iPad/iPhoneの画面を、AppleTV(AirPlay対応機器)またはVGA/コンポーネント/コンポジット/HDMIケーブル経由で、テレビに表示できるアプリです。 通常iPad2+Apple Digital AV Adapterの組み合わせ以外では、テレビに表示できる画像は動画と写真程度に限られていました。 しかしこのアプリを使えば、サファリ、メールその他、iPod/iPad/iPhoneのあらゆる画面をテレビに表示できます。

    詳細を見る(App Store)

AirPlay関連製品を開発・製造する

iPod/iPad/iPhone向けの周辺機器、アクセサリなどを開発・製造するには、アップル社と MFi(Made For iPod/iPad/iPhone)プログラム契約を結び、ライセンスを獲得する必要があります。 さらにAirPlay関連製品を開発するには、AirPlay Suppriment契約を結ぶ必要があります。 これによってアップル社からAirPlay関連製品開発に必要な情報提供を受けることができます。 各契約についてライセンス費用などは発生しません。無料です。
ただし、現在アップル社はAirPlayについてはオーディオの配信技術のみライセンスを行っています。 動画配信機能はサードパーティには開示されていません。
また、AirPlay Suppriment契約を結ぶには、アップル社の審査に通る必要があります。 個人はもちろん、企業であっても、AirPlay機能を搭載した最終製品を出荷するセットメーカーにしかライセンスは供与されません。 たとえばAirPlay機能に対応した部品やSoCの開発、販売を行なおうとするメーカーは審査に通らないようです。 MFi Program(アップル)